【高松宮記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

キングハート 美浦 南W 良
2頭併先 80.4-65.1-50.7-37.4-12.7 G前追 A+
1週前追い切りはとても良く映った。久々に調教でもしっかり動いたなという印象があるし、復調気配が伺えた。近走は不振も展開さえハマれば良い脚は持っているので、ハイペース必至の今回は狙い目か。人気薄だろうし、最終追い切り次第では。

セイウンコウセイ 美浦 南W 良
単走 78.6-65.2-52.3-39.7-13.3 一杯 B
1週前追い切りの内容としては物足りない印象。勝った年の中間の調整過程は素晴らしかったし、当時と比べるとさすがに見劣る内容。今回はハイペースに巻き込まれる可能性も高そうだし、2年前のパフォーマンスを発揮することは容易ではなさそう。最終追い切りでどこまで。

ペイシャフェリシタ 美浦 坂路 良
単走 57.2-41.7-26.6-12.7 馬也 A
ラップ [15.5-15.1-13.9-12.7]
1週前追い切りとしては悪くない。調教は動くタイプなだけに少し物足りない気もするが、使われているので及第点は与えられる内容。最終追い切りは毎回良く動くので、注目してみていきたい。

ヒルノデイバロー 栗東 CW 稍重
2頭併遅 77.1-62.7-50.3-38.9-13.9 G前追 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。時計は悪くないが、追われての馬からのリアクションは物足りなかった。このひと追いで変わってくれば。走りにムラがあるので、最終追い切りはしっかりチェックしたい。

ラインスピリット 栗東 CW 稍重
単走 79.7-64.1-50.3-38.1-13.3 G前追 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。良い頃と比べると動きに活気がない気がするし、このひと追いでパッとしてくれば。左回りも極端に成績が悪いので、この舞台はどうか。最終追い切り次第で。

スポンサードリンク

アレスバローズ 栗東 坂路 良
単走 52.5-37.7-24.1-12.0 G前追 S
ラップ [14.8-13.6-12.1-12.0]
1週前追い切りの内容としては十分な内容。栗東坂路組で唯一の加速ラップをマーク。昨年のCBC賞の最終追い切りがかなり良かったので、その時と比較して最終追い切りは見ていきたい。中京1200mは重賞を勝っている舞台だし、展開次第では十分馬券になる馬だと思っている。前走で復調の兆しが伺えたし、あとはこのひと追いでどこまで状態が上がってくるか。最終追い切りは非常に楽しみ。

ダノンスマッシュ 栗東 坂路 稍重
2頭併先 49.7-36.6-24.3-12.5 強め A+
ラップ [13.1-12.3-11.8-12.5]
長目からしっかりと追われて自己ベストを更新。1週前追い切りの内容としては十分過ぎるし、自己ベストということで、馬の成長も著しいことは間違いなさそう。1週前の動きからはもう一段上がありそうだし、もっと素軽い動きが出来るはず。このひと追いでだいぶ変わってくると思うし、最終追い切りは非常に楽しみな1頭。

ティーハーフ 栗東 坂路 稍重
2頭併遅 51.4-37.7-24.8-12.7 G前追 A
ラップ [13.7-12.9-12.1-12.7]
1週前追い切りの内容としては悪くない。年齢的な衰えは感じないし、展開ひとつで善戦は可能に感じる。併走馬に遅れはしたものの、馬自体は動けているので、あまり気にする必要はなさそう。最終追い切りで更に動けるようになれば展開はハマりそうし、大穴で期待は持てそう。

スポンサードリンク

ミスターメロディ 栗東 坂路 稍重
2頭併遅 51.1-37.5-24.7-12.7 馬也 A+
ラップ [13.6-12.8-12.0-12.7]
1週前追い切りの内容としては十分。併走馬に遅れをとったが、手応えは優勢だったし、追えばいつでも交わせた感じ。中京は重賞勝ちのある舞台だし、1200mに対応可能なら好勝負になっていい。鞍上も左回りの方が良いと言っているし、スピードを生かしてどこまでやれるか。最終追い切りも楽しみ。

スポンサードリンク

レッツゴードンキ 栗東 坂路 良
単走 49.4-36.8-24.6-12.5 G前追 S
ラップ [12.6-12.2-12.1-12.5]
1週前追い切りとしては素晴らしい動き。4F49秒台でも終いのタレ幅は少ないし、素晴らしい1週前追い切りになったと感じる。馬の前進意欲も感じられるし、動きから年齢的な衰えは微たりとも感じない。昨年と似た調整過程で、完全にここメイチの仕上げに感じる。Glを再び獲るチャンスはもう数少ないし、ここへ向けた本気度は調整過程からもしっかり見受けられる。最終追い切りは更に良くなると思うし要注目。

ロジクライ 栗東 坂路 良
2頭併先 49.4-36.4-24.1-12.4 G前追 A+
ラップ [13.0-12.3-11.7-12.4]
1週前追い切りの内容としては十分過ぎる感じ。追われてからの反応も素晴らしいし、調教は動くなという感じ。全体時計も詰めて短距離仕様にシフトした仕上げにも感じるし、距離短縮に対応出来れば善戦も可能か。さすがに初めて経験する調教ハイペースだと思うし、容易くはいかないと思うが、最終追い切りも注目していきたい。

 

【高松宮記念 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらから

【高松宮記念 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

【高松宮記念 2019/本命馬】はこちらから

 

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサードリンク

【高松宮記念の軽視したい馬はこちらをクリック】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。