【鳴尾記念 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】
スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳴尾記念出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アドマイヤジャスタ
中間:中2週 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週にもかかわらず、攻め控えられていない点は評価したいですが、攻めは常に動くタイプですので、過剰に評価するのは禁物だと思っています。最終追い切りもある程度動いてくると思いますが、その点に気を付けながら見ていきたいです。その最終追い切りですが、攻めは毎回動いてくるタイプですので、これくらいの動きでは過剰に評価したくないと思うのが本音です。状態は悪くないと思いますが、絶好時と比べると物足りませんし、近走はいくら攻めで動いてもレースでは走ってきませんので、今回も現状でどういった競馬が出来るのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカズカップ
中間:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ遅れ 一杯 B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、特に変わりなくといった感じで、強調したい点はありません。現状でどういった競馬が出来るかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアウィンザー
中間:中3週 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、引き続きこなしている内容は質が高く、状態は維持出来ていると感じます。久々をひと叩きされての効果を最終追い切りで見られるかどうか、注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、動きは良いですし、非常にレベルの高い併せ馬を消化出来ているのですが、この馬はかなり攻めで動く馬ですから、過剰に評価するのは禁物かなと思い、やや抑えめの評価です。完調ではないと思っていますが、力は出せると思いますし、相性の良い舞台ですから、馬券には組み込みたい1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キメラヴェリテ
中間:中6週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路主体ではあるものの、こなしている内容は悪くありません。1週前追い切りでしっかり追われていますし、このひと追いで更に上向いてくると思いますから、最終追い切りにも注目したいです。その最終追い切りですが、1週前追い切りでしっかりと追っている分、軽めにはなりましたが、動き自体は良かったと思います。斤量も魅力ですし、コース適性もあると思いますから、楽に自分の形に持ち込めるようなら渋とさを発揮してくれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイモンラムセス
中間:3ヶ月 C
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、坂路主体で乗られていますが、本数も少ないですし、強調したい点もありません。年齢的にもそう大きく変わってこないと思いますし、最終追い切りでどこまで良くなってくるかだと思います。その最終追い切りですが、力が逃げている走りにも映りますし、良い時はラップ的にももう少し動けますから、年齢的にもそう変わってきた様子はありません。これが引退レースですし、気分良く、無事に走り切って欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノフェイバー
中間:中3週 A
最終:栗CW 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、攻めで動くタイプらしく、良い内容を消化出来ています。トラックと坂路併用で乗り込まれ、質の高い内容を消化出来ていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、時計的には悪くないのですが、動きにはまだ良化の余地が残されているように映りますし、絶好時と比較するとやや物足りないイメージです。加えて、攻めは動いてもというタイプですから、過剰に評価するのは禁物に感じますし、現状でどういった競馬が出来るのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノルークス
中間:7ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 併せ遅れ 強め A
中間の内容からみていきますと、久々にはなりますが、良い内容を複数本消化出来ていると思いますし、力は出せる仕上がりで出てくるのではないでしょうか。3週続けてビッシリと負荷をかけられていますし、追うごとに上向いてきている印象ですので、最終追い切りの動きにも注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、ハイレベルな併せ馬で遅れをとってしまいましたが、相手は今週G1に出走予定の馬ですし、全く気にする必要はないとみています。この馬自身はしっかりとした脚取りで動けていましたし、久々でも仕上がりは良好だと思いますから、どういった走りが出来るのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェシー
中間:中3週 C
最終:栗CW 良 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、良い頃と比べるといくらか物足りない攻め内容が目立っている印象です。本調子には一息といった印象ですので、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、攻めは動くタイプですから、そう考えると物足りない内容に感じます。乗り込み量は豊富で評価出来ますが、良い時はもっとトラックで動きますし、そこまで大きく変わってきた様子はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テリトーリアル
中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はありませんが、坂路でしっかり動いてきましたし、この馬なりに順調だと思っています。活気は良い頃と比べて不足していると思うのですが、そんな中でどういった競馬が出来るのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドミナートゥス
中間:中6週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路で意欲的に追われているという点はかなり好感が持てます。ひと叩きされての上昇が見込めますし、動きも良くなってくると思いますので、最終追い切りの動きにも注目したいです。その最終追い切りですが、少し走りのバランスが悪い気もするのですが、スピードに乗せたらそれを維持することが出来るタイプに感じます。長期休養明けを2戦して、良い頃に戻りつつあると思いますから、更にパフォーマンスを上げてこれるようなら楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリコロールブルー
中間:6ヶ月 B ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗P 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、久々にしては乗り込まれていますし、時計も出せているのですが、終いが甘くなっているように、まだ良化の余地を残している印象です。良い時は馬也で楽に動けるタイプですから、そこと比較すると物足りないですし、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、動きはそこまで悪くないですが、ポリトラックコースでこの時計ですから、やや物足りないと感じます。休み明けの感は否めませんし、いきなりフルパワー全開とはいかないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パフォーマプロミス
中間:13ヶ月 B
最終:栗坂 良 単走 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、乗り込み量は豊富ではありますが、こなしている内容はまだ物足りません。攻め駆けするタイプですから、この内容だと少し物足りませんし、良くなる余地は残されていると思いますので、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、動き自体は悪くありませんし、久々でもあらかた力は出せるとみています。1年以上の休み明けですから、多少の割引は必要でしょうが、逆に穴と化すのであれば、相手に入れてみて良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックスピネル
中間:中3週 B
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め A
中間の内容からみていきますと、間隔が詰まっているにもかかわらず、坂路で意欲的に追われている点は良いと思いますが、状態はそこまで上がってきているようには思えません。ただ、ビッシリ追われたことで上向いてくる可能性はあると思いますし、最終追い切りに注目です。その最終追い切りですが、併走馬に煽られ気味ではありましたが、終い2F24秒台に乗せてきましたし、状態は良いとみています。前々の競馬をしてくると思いますから、昨年のような競馬が出来れば見せ場はあって良いと思います。今年は同型が多いのがどうかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラヴズオンリーユー
中間:中2週 F
最終:栗CW 良 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、終い重点ではあったものの、前走以上に状態は上がってきていると感じます。動きに躍動感を感じますし、中2週でも上昇気配を感じますので、ここでは力を出し切ってくれると感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッドガラン
中間:中3週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路主体ではあるものの、こなしている内容は良いですし、引き続き状態は維持出来ていると思います。前走の仕上がりも良かったと思っていますので、大幅な上積みはどうかと思いますが、状態は高いレベルで安定していますので、最終追い切りにも注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、前走時も動きは良かったですが、今回も引き続き良い動きですし、変わりなく順調といった印象です。阪神コースは相性が良いですし、引き続き状態は良いと思っていますので、パフォーマンスの向上に期待です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッドジェニアル
中間:2ヶ月 A
最終:栗CW 良 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、休み明けではありますが、乗り込み量は豊富ですし、ここに向けて順調に馬は作られているという印象です。負荷としては十分ですし、追うごとにどんどん良くなってきている印象ですので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻めは動くタイプではあるのですが、この中間も良い内容が目立っています。舞台設定はベストではないと思いますが、状態は良いと思っていますので、現状でどういった競馬が出来るのか注目したいです。

 

 

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

 

 

 

 

追い切りBEST4
1位ラヴズオンリーユー
2位サトノルークス
3位キメラヴェリテ
3位ドミナートゥス

  

 

 

 

※無断転載禁止

スポンサーリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました