【CBC賞 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

是非ご覧下さい!

スポーツ紙の名前も、もちろん動画内で話してます!

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

 

帝王賞の簡易調教評価はこちらをクリック(水曜日)

優駿スプリントの簡易調教評価はこちらをクリック(火曜日)

スポンサードリンク

土曜日の調教回顧はこちらをクリック

日曜日の調教回顧はこちらをクリック

CBC賞の1週前追い切りはこちらをクリック

スポンサードリンク

ラジオNIKKEI賞の1週前追い切りはこちらをクリック

 

 

 

 

 

アウィルアウェイ 3本(栗坂3本) B
中間の内容はまずまずに感じます。近走を見てもらしくない競馬が続いてますし、早熟感も否めないのが本音です。調教の動きも2歳時とあまり変わりませんし、動きにもうワンパンチ欲しいです。最終追い切りでグンと良くなるようなら注目したいですが。

 

 

 

 

 

 

アレスバローズ 5本(栗坂5本) A+
昨年の覇者。この中間の内容はとても良い内容を消化出来ていると思います。1週前追い切りでもラスト2F[12.0-11.9]という素晴らしい加速ラップを踏めていますし、昨年と同じかそれ以上の状態まできていると見てます。最終追い切りの動きも非常に楽しみな1頭です。

 

 

 

 

 

 

キョウワゼノビア 0本 F
出てくれば連闘になります。ここでは評価は出来ませんので、出てくるようなら最終追い切りの内容に重点を置いて評価をしようと思います。

 

 

 

 

 

 

グランドボヌール 4本(栗CW1本/栗坂3本) A ◆中間自己ベスト(栗坂)
この中間の内容は悪くないです。坂路とコースでしっかりと負荷をかけられていますし、坂路では自己ベストを更新するなど内容も良いです。1200mに変わる事や中京コースになる点も良いですし、最終追い切りの動き次第では巻き返しに期待出来そうな1頭です。

 

 

 

 

 

 

コパノディール 0本 F
調教情報がなく評価はなしです。出てくるようなら最終追い切りに重点を置いて評価します。

 

 

 

 

 

 

ショウナンアンセム 3本 A
中間の内容はまずまず良いです。間隔が空いた割には本数が少ない気もしますが、1週前追い切りでは自己ベストに迫る時計をマーク出来ていますし、状態は上向きつつあるかなというイメージです。高松宮記念で3着と好走してますし、同舞台なら当然注目しなければならない1頭だと見ています。最終追い切りの動きにも注目したいです。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

セイウンコウセイ 4本(美南W3本/美坂1本) A
中間の内容は悪くないです。1週前追い切りは変則的でしたが、しっかりと負荷をかけてきましたし、久々でも悪くない内容を消化している印象を受けます。この舞台は得意舞台ですし、最終追い切りの動き次第では当然浮上してくる1頭だと見ています。

 

 

 

 

 

 

タマモブリリアン 3本(栗坂2本/函館ダ1本) B
中間の内容はまずまずです。北海道での競馬が薬物の影響で使えずに栗東へ帰厩。除外の影響で無駄な輸送がありましたし、順調さを欠いていることは事実です。その影響は調整過程にも出ていますし、馬の精神面が心配なところではあります。最終追い切りの動きを見てから取捨を決めたい1頭です。

 

 

 

 

 

 

トウショウピスト 2本(美坂1本/函館W1本) C
この馬も北海道競馬で除外になった影響は大きいと思います。調整過程に順調さを欠いてますし、帰厩してからまだ1度も追い切りを消化出来ていない点はかなり気になる点ではあります。最後に追い切りをしたのは6月12日(水)ですから、除外による輸送等での馬の精神面が心配です。最終追い切りでどこまで良くなるかが鍵になりそうです。

 

 

 

 

 

 

ビップライブリー 0本 F
調教情報がなく評価はなしです。出てくるようなら最終追い切りに重点を置いて評価します。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

メイショウケイメイ 4本(栗坂4本) A ◆中間自己ベストタイ(栗坂)
この中間はいつも通り坂路で入念に乗り込まれ、良い状態にあると見ています。毎回調教では良い動きを見せてくれるのですが、この中間も自己ベストタイの時計をマークするなど、順調に仕上がりは進んでいる印象を受けます。最終追い切りの動きも注目したいです。

 

 

 

 

 

 

ラインスピリット 2本(栗坂2本) B
中間の内容は平凡に感じます。間隔が空いている割には本数も少ないですし、負荷も足りていない気がします。1週前追い切りでは自己ベストに迫る時計をマークしましたが、終いで大幅な減速ラップになってしまいましたし、本調子にはまだ達していないかなという印象を受けます。最終追い切りでどこまで良化してくるかが鍵になりそうです。

 

 

 

 

 

 

ラベンダーヴァレイ 0本(※栗プール1本) F
中1週のため、1週前はプール調整。体は出来ていると思いますので、最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。

 

 

 

 

 

 

レッドアンシェル 4本(栗CW2本/栗坂2本) A
中間の内容は良いです。坂路で自己ベストに迫る好時計をマーク出来ていますし、終いも綺麗な加速ラップを踏めています。1200mでも結果が出ましたし、重賞でも善戦出来る能力の持ち主。最終追い切りの動きにも注目していきたいです。

 

 

 

帝王賞の簡易調教評価はこちらをクリック(水曜日)

優駿スプリントの簡易調教評価はこちらをクリック(火曜日)

土曜日の調教回顧はこちらをクリック

日曜日の調教回顧はこちらをクリック

CBC賞の1週前追い切りはこちらをクリック

ラジオNIKKEI賞の1週前追い切りはこちらをクリック

 

今週末の重賞の対抗・穴馬はこちらから

 

YouTubeも始めました!

チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場のYouTubeチャンネルはこちらをクリック !

 

記事内で疑問点や質問したい事があればTwitterサブアカウント(@yuta87oikiri2)のDMまで宜しくお願いします!
些細な事でも結構です!
本アカウント(@yuta87oikiri)のフォローも宜しくお願いします!

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。