【NHKマイルカップ 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】
スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NHKマイルカップ出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウイングレイテスト
中間:中3週 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、中3週にしてはしっかりと負荷をかけられていますし、攻めた内容を消化出来ていると思います。攻めは常に動くタイプとはいえ、1週前追い切りもこの馬なりに動けていましたし、ここに向けて態勢は整いつつあると思います。あともうひと追いありますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、活気十分で乗り手の手綱がはちきれそうなほど手応えは良く映りました。前脚が高くまで上がり、馬が自ら速く走ろうとする意欲が伝わってきます。出来としては文句ないと思いますし、前走の内容からも舞台替わりで逆転も可能に感じます。攻め駆けするタイプとわかっていても評価してしまう惚れ惚れする動きでしたし、個人的には追い切りの動きから左回りの方が合っているように感じました。手前を替えてからのギアの変わり方が素晴らしく良く映りましたし、実戦にいって良さとして生きるようなら楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギルデッドミラー
中間:中2週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、中2週と間隔が詰まりながらも意欲的に乗り込めているという点は評価したいです。こなしている内容にはまだ良化の余地があると思いますが、中2週ですから許容範囲ですし、最終追い切りでしっかり上向いてくれば良いと思います。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプとはいえ、捌きの良いフットワークで登坂しました。引き続き状態は良いと思いますし、むしろもう一段階上の出来で出走してくる可能性もあると思いますので、高く評価します。追い切りの感じからは折り合いも問題なかったですし、促されてからのラストの脚も際立っていましたので、直線が長くなるのも良さそうなイメージはあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクセッション
中間:中6週 B
最終:美南W 稍重 併せ先着 馬也 B
中間の内容からみていきますと、間隔は空いているものの、乗り込み量は少なく、負荷もそこまでかけられていない印象を受けます。攻めはもっと動くタイプという認識ですし、良い頃と比較するとやや見劣る内容が目立ちます。最終追い切りではどこまで上向いてくるかに注目したいです。その最終追い切りですが、併せ馬というよりは単走という形に見えましたが、動き自体は悪くなかったと思います。ただ、良い時は終い1Fを12秒前半や11秒台に乗せてきますので、この中間1本もそれに該当する追い切りが消化されてないという点は少し気になります。加えて、これは個人的な見解になりますが、コーナーワークが求められる競馬場の方が持ち味を発揮出来るのではないかとも感じました。というのも、最終追い切りの走りはコーナーリングの場面が1番良く映ったので、真っ直ぐ長い距離を走るというよりは、小回りでコーナリングからの加速が求められるレースの方があっているように気がしました。戦績からもわかるように、新馬戦は府中で勝利しているとはいえ、中山での成績が際立っていますから、広い府中のコースが合っているかはまだわかりません。この中間の内容からも、強くは推しづらい1頭に感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノインプレッサ
中間:中5週 B
最終:栗坂 良 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、坂路とプール併用で攻め量は豊富なのですが、動き自体はまだ良化の余地が残されているような気がします。元々攻めは地味なタイプとはいえ、1週前追い切りで行われた併せ馬での遅れた方は少し気になりますし、まだ少し物足りなさを感じてしまいました。最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、坂路では毎回そこまで派手に見せないタイプとはいえ、G1出走にあたってこの内容だと少し物足りなさを感じてしまいます。戦績からも、現状は時計の出るような軽い芝よりは多少力の要る馬場の方が合っている気もしますし、追い切りから見受けられる手脚の重さはこの舞台を使うにあたり多少気になる点ではあります。この中間はソエの回復を待ちながらの調整ということもあり、現状ではまだ強調したい点が少なく、まだ良くなる余地を残している動きに感じますので、初の長距離輸送、多頭数、左回りという状況でどれだけ走れるのか見てみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャインガーネット
中間:2ヶ月 A+
最終:美坂 稍重 併せ遅れ 馬也 B
中間の内容からみていきますと、約2ヶ月と間隔は空きましたが、前走時の中間より意欲的に乗り込まれていますし、大目標に向けて順調な仕上がりにあると感じます。2週続けてウッドチップコースで好内容を消化出来ており、1週前追い切りでは促されてからの瞬発力、スッと反応出来る機動力も際立っていましたので、このひと追いで更に仕上がりは進むと思われます。最終追い切りもどういった内容を消化してくるのか非常に楽しみにしている1頭です。その最終追い切りですが、動き自体は悪くないですが、折り合いをやや欠いていた点は多少気になる点ではあります。前走1400mで速いところを経験させた分、馬が行きたがるようになっていますから、レースへ行って悪い方へ出ると嫌な予感はします。とはいえ、ワンターンでペースも締まりやすいレースですから、気にし過ぎるのも良くないかもしれません。最終追い切りはいくらか攻め控えられましたが、それまでにしっかり乗り込んで悪くない出来にはあると思いますので、現状でどこまでやれるかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャチ
中間:中3週 B
最終:美南W 稍重 併せ先着 一杯 A
中間の内容からみていきますと、順調に乗り込めてはいるものの、全体時計が遅く、終い重点になってしまっている点は少し気になります。使い詰めということで、そう大きな上積みにも期待出来ないと思いますし、最終追い切りでどこまで上向いてくるかに注目です。その最終追い切りですが、攻め駆けするタイプらしく、良い動きだったと思います。乗り手からのアクションにもしっかり応えていましたし、G1の最終追い切りとしては合格点を出せる内容だったと思います。高速馬場がどうかですが、馬場でも渋れば浮上しそうな1頭に感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストーンリッジ
中間:中5週 A
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用で乗り込まれ、順調に仕上がりは進んでいる印象を受けます。とはいえ、この馬自身がかなり攻め駆けするタイプなので、全体的に見るとまだ良化の余地が残されている調整内容だと思いますし、最終追い切りでしっかり上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め駆けするタイプなだけに、この併せ馬の遅れは気になる点ですが、動き自体はシャープでしっかり動けていましたので、併せた相手が動き過ぎたという認識で良さそうです。大きく変わってきた印象はないですけど、この馬なりに順調な調整過程を歩めていると思いますし、現状持てる力は出せるのではないかと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソウルトレイン
中間:中3週 A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれ、ここに向けて良い仕上がりにあると感じます。2週続けて好内容を消化出来ていますし、間隔が詰まっていながらこれだけ攻めれるというのは状態の良い証にもなると思います。長く渋とい脚を使うイメージですが、展開次第ではやれて良い馬だと思いますし、最終追い切り次第では更に評価をしたい1頭です。その最終追い切りですが、終い重点ではありましたが、良い動きでしたし、ここに向けて態勢は整っていると思います。1つ気なるのは、追い出されると右に張る面がある事です。右回りはラチがあるので良いのですが、左回りになった時に、壁を作ってしっかりと追えない可能性もなくはないと感じました。攻めの動きは悪くないのですが、そこが唯一気になる点ですので、レースに行って悪い方へ出なければ長く良い脚を伸ばしてくれると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイセイビジョン
中間:中2週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、中2週でもしっかり坂路で負荷をかけられていますし、前走以上の気配を感じています。前走時は攻めで全く動けておらず、いかにも休み明けというモッサリとした動きで勝ち切りましたから、ひと叩きした上積みはかなりあると思っています。1週前追い切りの動きもシャープになっていましたし、このひと追いで更に良くなると思いますから、最終追い切りにも注目したいです。その最終追い切りですが、前走とは打って変わって、攻めで動けるようになっています。京王杯2歳ステークスや朝日杯フィーチュリティステークス時と比較するとまだ途上感はあるのですが、それでも勝っている前走より状態は良いと思いますし、前哨戦をひと叩きして確実に状態は上向いていると感じます。能力は高い馬ですし、高速決着でも結果を出している馬ですので、当然注目視しなければならない人気馬だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニシノストーム
中間:2ヶ月半 B ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南P 良 単走 馬也 B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、自己ベストが出ているものの、乗り込み量は少なく、急仕上げというイメージがあります。2週続けて好時計をマークしてきたという点は評価したいですが、攻めは動く短距離志向の馬でもありますから、過剰に評価するのは禁物だと思います。最終追い切りでどこまで上向いてくるかに注目です。その最終追い切りですが、非常にゆったりとした走りで時計も出ていますし、悪くはないのですが、時計以上に良く映ることはありませんでした。使い詰めでグンと上向いた印象もありませんし、この自己ベストはいずれも低水準の中でのものですから評価はしづらいです。マイルに変わってどんなパフォーマンスを披露してくれるか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーモニーマゼラン
中間:中3週 A
最終:美坂 稍重 併せ先着 馬也 A
中間の内容からみていきますと、こなしている内容自体は悪くないですし、状態は維持出来ていると思います。とはいえ、前走時の中間が素晴らしく、個人的にかなりの高評価でしたので、それを踏まえると今回はやや見劣る印象です。攻めは常に動く馬でもありますし、過剰に評価するのは禁物だと思いますので、最終追い切りはその点に注意しながら見ていきたいと思います。その最終追い切りですが、やはり坂では動くなという印象で、良い動きだったと思います。ただ、坂では毎回動きますので、注意して見なければなりませんし、前走時の動きと比較しても高水準とはいえ、大きく変わってきた印象はありません。その前走は完全に差し有利の展開でしたから、引き続き状態の良さそうな今回は狙っても良い1頭だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンスリターン
中間:中2週 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、中2週と間隔が詰まりながらも攻めた内容を消化出来ていますし、引き続き状態は維持出来ていると思います。ただ、1週前追い切りの動きでは少し物足りませんので、最終追い切りでは更なる上昇に期待したいところであります。その最終追い切りですが、大きく変わってきた印象はありませんが、引き続き状態は保てている動きに映ります。中2週にもかかわらず、最後まで長めを追われたという点も評価したいですし、併せ馬でもキッチリ先着を果たしてきたという点には好感を持っています。G1や重賞、どんなレースでも適性を問わずに走れている馬ですから、ここでも引き続き善戦は可能に感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボンオムトゥック
中間:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路では動くタイプらしく、良い動きだったと思います。前走時からそう大きく変わってきた印象はありませんが、引き続き状態は良いと思いますし、現状でどこまで走れるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイショウチタン
中間:中5週 B ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、好時計は出ましたが、間隔の空いている割に攻め量は少ないですし、急仕上げ感は否めない状況です。加えて、元々攻めも動くタイプですから、過剰に評価はしたくないですし、最終追い切り次第で取捨は決めたいと思います。その最終追い切りですが、抑えの効いた走りで動きは良く、引き続き状態は維持出来ていると思います。苦手な距離延長に加え、グンと相手のレベルが上がりますので、その点は気になるところではありますが、現状でどこまで走れるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラインベック
中間:中2週 A
最終:栗P 良 併せ先着 馬也 A
中間の内容からみていきますと、ポリトラックコース中心という点は気になるのですが、中2週にしては意欲的な内容が目立っていますし、この馬なりに順調に仕上がりは進んでいる印象です。2週続けてしっかりと追われていますので、最終追い切りでは更なる上昇に期待しています。その最終追い切りですが、大きく変わってきた印象はないものの、動き自体は良かったですし、引き続き良い状態で出走出来るのではないでしょうか。この中間も良い内容を何本か消化していますし、マイルに短縮して良さが出ればパフォーマンスの向上に期待が出来そうです。人気薄なら抑えもアリかなと思う1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラウダシオン
中間:2ヶ月 A+
最終:栗CW 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、攻めは動くタイプとはいえ、かなり入念に調整されていますし、引き続き好状態で出走出来るのではないでしょうか。こなしている内容も凄く良いですし、2週続けて好内容も消化できていますから、最終追い切りでは更に上向いてくると思いますし、最後まで注目して見ていきたい1頭です。その最終追い切りですが、促されてからの反応も良かったですし、久々でも良い仕上がりで出走出来るのではないでしょうか。2週続けてM.デムーロ騎手が攻め馬に跨ったという点も好感が持てますし、態勢は整っていると思いますので、後はこの相手にどれだけやれるのか注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルフトシュトローム
中間:中3週 B
最終:美南W 稍重 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、中3週と間隔が詰まっているということもあってか、あまり目立つような内容は消化出来ていません。状態維持に努めている印象ですし、前走が権利を獲得するためにしっかり仕上げて挑んだ1戦だとすれば、大幅な変わり身には期待出来ないのではないかとも思ってしまいます。まだもうひと追いありますから、そこでどれだけ上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、D.レーン騎手を背に追い切りが行われ、しっかりと上向いてきた印象を受けます。胸前の発汗はテンションの高いあらわれでもありますが、前走も同様でしたし、あまり気にしなくても良いと思います。それよりも、動きに迫力が増してきましたし、前走以上の気配を感じました。左回りも追い切りでは問題なかったですし、しっかり追えば更に弾けそうな雰囲気もありましたから、レース当日の走りが今から楽しみです。注目視しなければならない人気馬だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レシステンシア
中間:中3週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、こなしている内容は悪くないものの、やはり前走の桜花賞がメイチの作りだったのではないかと思ってしまいます。前走の時計の出し方も凄かったですし、あれだけタフな競馬にもなりましたから、今回大きな上積みが残されているかと言われると疑問です。1週前追い切りでも良い時計が出ましたが、この馬とすれば平凡な時計ですし、個人的には物足りなさを感じます。最終追い切りでは前走の桜花賞から上昇したのか、下降したのかという点にフォーカスをあてて、考察していければと思っております。その最終追い切りですが、長距離輸送や桜花賞からの臨戦過程を考慮してのものだと思うのですが、この中間は状態維持に努めた印象が強く、かなり軽い最終追い切りとなりました。桜花賞の競馬が予想以上にタフだったという事に加え、このローテーションもなかなか響いていると考えられるのではないでしょうか。動き自体は悪くないのですが、これだけ攻め控えられたのは初めての事ですし、このローテーションとはいえ、終いも伸ばせなかったというのは少々気になってしまいます。初の長距離輸送や直線の長い東京コースに変わって、どれだけの走りを披露してくれるのか非常に興味深いところではありますが、彼女の中で今回はとても良い状態とは言えないと思いますので、それに伴ってパフォーマンスを落とす可能性も十分考えられると思っています。相手に回しても面白いかもしれません。

 

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

 

 

 

中間追い切りBEST4
1位シャインガーネット
2位ラウダシオン
3位ソウルトレイン
3位タイセイビジョン


最終追い切りBEST4
1位ウイングレイテスト
2位ルフトシュトローム
3位ギルデッドミラー
3位タイセイビジョン

総合追い切りBEST4
1位ウイングレイテスト
2位ギルデッドミラー
3位ルフトシュトローム
3位タイセイビジョン

  

今週も天皇賞(春)に続きこのような形を取らせて頂きます。
改めまして、NHKマイルカップの記事御購読頂き誠に有難う御座います。
こちらは特典の買ボーダーライン突破馬になります。
是非参考にしてみて下さい。
※日曜日の天気・馬場を見て、多少変更ある場合もあるかもしれません。
その際はツイートにてお知らせ致します。
2.タイセイビジョン
4.プリンスリターン
6.ギルデッドミラー
10.ハーモニーマゼラン
14.ルフトシュトローム
16.ストーンリッジ
18ウイングレイテスト

※無断転載禁止

スポンサーリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました