【NHKマイルC 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

NHKマイルC 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

NHKマイルC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

NHKマイルCの対抗・穴馬はこちらをクリック(随時更新)

 

 

 

ヴィッテルスバッハ 美南W 不良 石神
2頭併先 83.0-66.9-52.3-39.1-13.0 強め A
中間:B
最終追い切りはしっかりと併せ馬で先着。伸びも上々だったし、格下とはいえしっかり突き放せたのは好印象。前走よりも状態が上向いている印象も受けるし、上積も感じられる。

グランアレグリア 美南W 重 C.ルメール ◆自己ベスト
2頭併先 68.8-53.5-38.9-12.4 馬也 S ↑
中間:B
最終追い切りは素晴らしいフットワークで前走以上に良く映った。前走は被される前に仕掛けるレースを想定し、先行する形を取っていたが、今回は追走する形に戻っていた。これは馬が成長し、被されても動じなくなったからという可能性もあるし、並んで走ってもスピード乗りは申し分なく、併走馬を突き放した。楽々自己ベストを更新したし、仕上がりは文句なし。

スポンサードリンク

イベリス 栗CW 不良 浜中 ◆自己ベスト
単走 79.7-64.5-50.8-38.0-12.2 馬也 A+
中間:A+ ◆中間自己ベスト(栗CW)
最終追い切りは余力たっぷりの良い動き。アーリントンCから間隔が詰まっていて本数は2本しか消化出来ていないが、1週前に自己ベスト、最終追い切りは1週前の時計を更に塗り替え自己ベストを更新。この時計は水曜追いの栗CWでの1番時計だし、本当に具合が良いということ。最終追い切りは馬場が悪い中、馬也でこの内容を消化出来てしまうのだから、仕上がりに関しては申し分ないと感じる。

ダノンチェイサー 栗CW 重 川田
2頭併先 53.4-38.5-11.6 強め A
中間:A ◆中間自己ベスト(栗CW)
最終追い切りの動き自体はとても良いが、気になるのは4F追いという点。この馬は毎回6Fから時計を出すのがいつもの調整パターンなのだが、今回は4F追いと負荷を少なくしている。これは日本ダービーを見据えた仕上げにも感じるし、余裕残しの仕上げであることは間違いなさそう。とはいえ、追ってからの反応や中間の内容もそこまで悪くないので、力は出せる仕上がりにありそう。

トオヤリトセイト 栗CW 不良 福永
単走 75.3-57.5-41.3-12.6 馬也 B
中間:C
最終追い切りはまずまず。欲を言えばもうひと追い欲しい印象を受ける。動きも若干重いかなというイメージもあるし、間隔が詰まっているとはいえ、追い切りをこの1本しか消化出来なかったのは割引材料。

スポンサードリンク

ハッピーアワー 栗CW 不良 助手
単走 85.7-68.6-52.8-38.8-12.3 A
中間:B
最終追い切りの動きを見る限り、前走の出来を維持出来ている印象を受ける。1週前にしっかり負荷をかけているので、最終追い切りは終い重点の内容で十分。最終追い切りも馬也で手応えは終始余裕だったし、追えば伸びそうな雰囲気があった。

ミッキーブラック 栗CW 不良 岩田康
3頭併遅 83.0-67.0-52.1-38.3-12.3 強め B
中間:C
最終追い切りは良い頃の動きとは程遠い内容。2歳時の方がレースぶりも調教も良かったイメージがある。この中間の内容を見ても復調した気配や変化はあまり感じられないのが本音。

アドマイヤマーズ 栗坂 不良 助手
単走 56.6-41.3-26.8-12.9 馬也 A
中間:A+ ◆中間自己ベスト
最終追い切りは馬也で余力のある動きを披露。中間に自己ベストを更新しているし、最終追い切りは馬場も悪かったので、軽めの調整程度。前走から間隔も詰まっているので、体はある程度出来ていると思うし、仕上がりに関しては前走以上に感じる。

 

NHKマイルCの対抗・穴馬はこちらをクリック(随時更新)

スポンサードリンク

 

ヴァルディゼール 栗坂 不良 助手
単走 54.3-39.2-25.6-12.5 一杯 A
中間:A
最終追い切りは終いの脚は上々。ただ、この馬が好走する時の最終追い切りは坂路で52秒台という好時計をマークしてくるし、それで終いもしっかり伸ばしてくる。しかし、崩れた前走も今回も54秒台で終い重点だったというのは気になる点。決して動きは悪くないが、この馬の調整パターンから逸脱しているのだとしたら、今回も崩れる可能性はあるとみている。もう1つ強調したいのは、北村友一騎手が最終追い切りで跨らなかった点。北村友一騎手はGlの最終追い切りは必ずと言って良いほど感触を確かめるために跨りにくるので、その辺りもやや不安。

カテドラル 栗坂 重 助手
単走 57.2-40.6-26.3-12.5 馬也 A+
中間:B
最終追い切りは前走時同様終い重点で良い走り。前走で後ろからの競馬の方が良いということがわかったし、脚を溜めて爆発させるというレースに似たような調整で好感が持てる。馬の動きは申し分ないし、出来は良い状態にありそう。

クリノガウディー 栗坂 不良 藤岡佑
単走 53.4-38.9-25.0-12.1 強め A
中間:B
最終追い切りは終いの伸び脚が目立った。間隔が詰まっているので、終い重点でも問題ないと感じる。最後の脚は回転も速く、とても良く映った。良い状態を維持出来ている印象。

スポンサードリンク

グルーヴィット 栗坂 不良 D.レーン
2頭併先 51.3-37.1-24.1-12.2 強め A
中間:B
最終追い切りは終始手応えが楽に映った。併走馬は調教で動くアシュリン(古1600万下)だったが、こちらの方が手応えで優勢。元々調教駆けするタイプとはいえ、古馬相手にこれだけの動きが出来る点は評価。この時計も水曜の栗坂での2番目に良い時計だし、状態はかなり良さそう。促されてからの伸び脚があまり目立たなかったので、速いスピードを持続出来るタイプの可能性もあり。

ケイデンスコール 栗坂 重 助手
単走 55.3-39.8-25.2-12.5 強め A
中間:B ◆中間自己ベスト(栗CW)
最終追い切りはしっかりと追われて脚を伸ばした。終いの伸びは上々だったし、ひと叩きした効果は感じられる。中間もCWで自己ベストを更新するなど、濃い内容を消化出来ている点は評価。

プールヴィル 栗坂 重
単走 56.6-42.2-27.8-13.4 馬也 B
中間:B
1週前は良かったが、最終追い切りはいつもより軽いなという印象を受けた。体は既に出来ているとは思うが、最終追い切りはやや軽いと思うし、連戦で間隔が詰まっているからこのような薄い内容になった可能性も。

ファンタジスト 栗坂 不良 助手
単走 53.1-38.3-24.7-11.9 一杯 B
中間:B
最終追い切りはこの馬にしてはまずまずの内容。個人的にはこのレースに力を入れて仕上げてくるのかなという印象があったが、過去2戦の方が仕上がりは良かった印象を受ける。春3戦目で粗方仕上がっているとはいえ、坂路での猛時計が1本もなかった点は違和感。デビュー以来、坂路で動きに動いていた馬が、ここに来て薄目の内容を消化している点は割引材料。

マイネルフラップ 栗坂 不良 松岡
単走 58.1-42.1-26.6-12.6 馬也 A+
中間:A
最終追い切りは終い重点とはいえ、とても良い動き。軽く促されただけでも反応はかなり良いし、脚取りもスムーズ。1週前にしっかり負荷をかけた内容を消化出来ているので、最終追い切りはこんなもんで十分。追えば伸びそうな雰囲気が漂っていたし、前走の出来をキープかそれ以上に良さそう。

ワイドファラオ 栗坂 重
単走 55.8-41.2-27.0-13.1 馬也 B
中間:B
最終追い切りは地味な内容。とはいえ、中間である程度負荷はかけられているし、間隔が詰まっていながらも良い調整過程を踏めている印象はある。前走をひと叩きした上積も見込める。

ロードグラディオ 栗芝 重 助手
単走 69.5-52.6-37.4-11.9 馬也 B
中間:C
馬のフットワークは悪くないが、芝追いでこの内容は平凡という印象。中間の内容も特に推せる点はないし、総合的に見てもイマイチか。

 

 

〜推し調教上昇馬〜
👊マイネルフラップ
👊イベリス
👊グランアレグリア
👊カテドラル

 

 

NHKマイルC 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

NHKマイルC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

NHKマイルCの対抗・穴馬はこちらをクリック(随時更新)

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。