【セントライト記念 2018/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

アドマイヤアルバ 5本
本数はある程度消化してるものの、併走馬に遅れをとっており、動きとしてはまだ満足な出来ではなさそう。最終追い切りでどんな動きを披露するか楽しみ。

エストスペリオル 6本
本数はこなしてるものの、内容はそんなに良いものではなさそう。最終追い切りでどこまで。

オウケンムーン 7本
中間から本数もこなし、内容も良さそう。ダービーの時よりも出来は良さそうに感じる。最終追い切りも引き続き期待。

ギベオン 8本
中間から良い内容をこなしてる印象。1週前にはエポカドーロとハイレベルな併せ馬を消化。距離延長がどうかだが、能力は実証済み。最終追い切りも楽しみ。

グレイル 9本
セントライト記念出走メンバーの中では中間から1番負荷がかけられてる。元々調教駆けするタイプだが、時計面も上々。最終追い切りも期待。

ケイティクレバー 1本
夏休みはなく、コンスタントに使われてるので中間は1本しか時計を出してない。ここは能力も足りてないと思うし、休み明けの能力上位馬には敵わなさそう。最終追い切り次第でヒモまで。

コズミックフォース 6本
16番人気でダービー3着は素晴らしいが、この中間の動きは上昇途上感がある。ここを叩いて次のレースで狙いたい感じ。だが、最終追い切り次第では侮れないし、もちろん重い印も必要。馬券には組み込みたい。

ジェネラーレウーノ 7本
中間から猛時計を出しているし、動きは休み明けでも良さそう。ダービーは中途半端なレースだったので今回はハナを切ると陣営は言う。中山適性はあるし、最終追い切りも楽しみ。頭まで。

スポンサードリンク

ショウナンラーゼン 3本
中間の動きはそんな目立つものではない。本調子がどのくらいなのかわからないが、ここは能力で劣るか。最終追い切りが良くても馬券には組み込めないか。

ゼーゲン 4本
遅咲きの2戦2勝馬。まだ底を見せてないのが怖い。中間の内容も悪くないし、最終追い切り次第では怖い存在になりそう。

タニノフランケル 5本
中間は悪くない。だが、重賞に出るとパッとしないので、そこは不安。最終追い切りが良くても今回はヒモまでか。

ダブルフラット 3本
中間もパッとしないし、能力も足りない感じ。最終追い切りでどこまで。

トラストケンシン 3本
中間の動きは悪くないが、能力的にどうか。最終追い切りでどこまで。

ブレステイキング 6本
ミルコがギベオンの騎乗依頼もありながら、こちらへ騎乗するということなら面白い1頭か。中間も派手ではないが良い内容を消化してる感じがする。最終追い切りも期待したい。

メイショウロセツ 3本
中間はあまり良い内容とは言えない。最終追い切りでどこまで。

レイエスプランドル 3本
中間はイマイチな内容。最終追い切りでどこまで。

レイエンダ 6本
この中間は良い内容とは言えないが、能力未知だし、レイデオロの下という事で話題性は凄い。最終追い切りでしっかりやれれば、ここも勝負になる能力の持ち主。無敗で秋のGl戦線へコマを進める事が出来るか。個人的に最終追い切りはとても期待している。

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です