【函館2歳S 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

函館11R 第50回 函館2歳ステークス Glll 最終追い切りタイム・評価

 

アスターペガサス 函館 W 稍重

2頭併先   65.3-51.5-37.4-12.4   強め   A+

Wを最終追い切りに持ってきた馬が多かったが、その中でも時計は最優秀。時計だけで良し悪しを判断する事は出来ないが、少なからず状態は良さそうだし、上位に食い込んでくる確率は高そう。何度も追い切りに小崎Jが跨りに来てるのも魅力。

 

イチゴミルフィーユ 函館 W 稍重

2頭併先   56.5-42.0-13.2   馬也   A

タイムは平凡だが、馬也で併せた馬を寄せ付けないで、良い伸びをみせた。ヨハネスブルグ産駒は洋芝は合うイメージだし、前々で自分の競馬が出来れば。

 

カルリーノ 函館 W 稍重

単走   (キリ)   馬也   B

キリであまり良く見えないが、最後の直線は馬体を確認できた。イマイチ気合が足りない感じもする。悪くはないが、カルリーノより良い追い切りをしてる馬が今回は多くてこの評価に至った。マツリダゴッホ産駒はスピードが速い仔ができやすいので、ここは血統面で狙ってみても面白そう。前走で破ったテンバーテソーロはもう未勝利を勝ち上がってるように、前走はハイレベルなメンバーを破ってきている。

 

ガイセン 函館 W 稍重

2頭併遅   73.1-56.6-41.7-12.3   馬也   B

個人的に短距離レースで併せた馬に遅れをとる馬は買いたくないのが本音。ラスト1F12.3をマークしてるものの、見た目ほどスピード感溢れるような走りには見えなかった。

 

スズカカナロア 函館 W 稍重

単走   69.0-53.0-39.0-12.5   G前追   B

そんな目立たない追い切り。前走の最終追い切りの方が動けてた印象。中1週だからそんなハードにはやっていないのかもしれないが、少々他馬より見劣りする。

 

トーセンオパール 函館 W 稍重

3頭併先   70.3-54.4-40.9-12.6   馬也   A+

ストライドの大きいボリュームある動き。馬也でもスピード感溢れる走りを披露。前走の最終追い切りは時計も良かったが、今回は時計が出ていない。しかし、気にする必要はあまりないと思う。そう思わせるほど、良い動き。

 

ニヴィアン 函館 W 稍重

単走   71.0-55.9-41.6-14.3   馬也   B

スポンサードリンク

時計面からも動きからも、あまり魅力的ではない感じ。

 

ラブミーファイン 函館 W 稍重

単走   55.0-39.8-13.1   馬也   A

おなじみDr.コパさんの2頭出しの内の1頭。動きが良くて、タイム以上に走れてる印象。初年度のジャスタウェイ産駒で、まだ特徴はあまりわからないが、お父さん似なら1800mから1200mの距離短縮はこなせるのではないか?と思う。ジャスタウェイ自身天皇賞(秋)を勝ったりしてるが、本質はマイルだと思ってるし、スピードが必須の函館芝1200mなら今回の距離短縮がプラスに出てもおかしくない。

 

ラブミーリッキー 函館 W 稍重

2頭併先   70.9-55.4-40.8-12.6   馬也   A+

Dr.コパさんの2頭目。松岡Jが何度も追い切りをつけにきてる馬。私はこちらの方を評価している。1週前から好タイムをマーク。前走はダート1000mだし、父サウスヴィグラスだし、芝は平気なの?と思うが、1週前に函館の芝コースで楽にラスト1F11.5をマークしているし、芝をこなせない事はないと思った。また、2歳の1200mなんてテンから飛ばすレースになるのは目に見えるし、だったらこの時期ダートから来てる馬も買えるなという判断。ゆくゆくはダート戦線へ行くと思うが、ここは好勝負を期待。

 

ラブリロンリロンス 函館 W 稍重

2頭併先   70.2-55.5-41.2-13.5   G前追   C

併せた馬に先着も、あまり良く見えず。

 

ナンヨーイザヨイ 函館 芝 稍重

2頭併先   70.8-54.6-40.0-12.1   馬也   A

直線追い出すまで掛かっていた。もしこれが1600mのレースに使うとなるとこの癖は厄介だが、函館の2歳限定の1200mなら多少掛かり癖があっても大丈夫だと思う。直線向いてからは、良い反応を見せた。持ち時計も1番だし、しっかり走れば上位に食い込んでくる可能性はありそう。

 

ヒストリコ 函館 芝 稍重 

2頭併先   65.0-49.8-36.8-11.8   G前追   B+

時計は文句なしだが、そこまで良い動きには見えなかった。芝コースで追えばこのくらいの時計は出ると思うし、大して驚く時計でもない。初戦はダート戦だったし、芝コースへの変わり身に期待してみたい。

 

※ホールドユアハンド 、レコードチェイサー、ロードワンダー、ジゴロ、エムティアンの追い切りは出たらTwitterでお知らせします!

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です