【スプリンターズS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎ワンスインナムーン
競馬は調教だけではないのは百も承知で本命に推奨したい。調教が全てでないとわかっていながらも今回のワンスインナムーンの調整過程は素晴らしいもので、2週前、1週前、最終追い切り全てにおいてトップレベルの動きを披露。スピード乗りはもちろんのこと、瞬発力も兼ね備えた走りには身震いするほど。陣営は「ここがこの馬の集大成」と意気込んでるし、1週前追い切りが終わった時点で「今までにない瞬発力」と斎藤誠調教師は歯切れの良いコメントを残した。今年に入ってからは闘争心が失われていた感じがあったが、それも前走で払拭した感じだし、昨年と同じローテーションも好印象。私個人としてはワンスインナムーンを追い切りの動きだけで本命に推奨しているのではなく、昨年3着とコース適性も実証済みだし、相手関係、展開、馬場も考慮して決めたもの。昨年の1.2着馬は当時と比べて若干見劣るし、もし去年のレースが、その2頭が全盛期だったとしたらワンスインナムーンは4歳で成長途上だったはず。年齢も5歳になり完成の域に達した今回なら、成長下降気味の2頭を負かす力は十分にあると感じる。枠も内目の枠に入ったので、スタートさえ決まれば、あとはスピードを生かした競馬をするだけ。中穴っぽいが、有力各馬を完封して欲しい。

スポンサードリンク

【シリウスS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎オメガパフューム
3歳だが能力は十分にあると思う。前走のJDDではルヴァンスレーヴに0.3秒差の2着。3歳ダート世代屈指の実力馬と好勝負を演出。直線はもう伸びないかなと思ったら、そこから一伸び、二伸びも盛り返した勝負根性は買い材料。道悪もこなしているし、脚質も合っていると思う。このレースは差しが決まるレースだし、先週の阪神のダートも差しが決まっていたので、ここは向きそう。前走の鞍上の川田騎手はグレイトパールへ行ったが、信頼関係が構築されてるコンビなのでそこは仕方ないし、マイナスには捉えてない。枠も内枠と良い枠に入ったと思うし、明日のダートコースの状態は重〜不良になりそうな感じ。前が飛ばしそうな感じだし、展開も向きそうだし、脚抜きが良くなったらなお良い。ダート界の新勢力として古馬陣を一掃して欲しい。

スポンサードリンク

【シリウスS 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

カゼノコ 栗東 CW 良
3頭併遅 82.3-67.1-52.3-38.6-12.6 一杯 B
中間から乗り込まれているし、最終追い切りも時計は良いが、動きにパンチがない。叩き2戦目にはなるが、ここはまだ途上といった感じだし、馬券もヒモまでか。

グレイトパール 栗東 CW 良
単走 83.2-66.9-52.6-38.6-12.7 G前追 B
中間から乗り込み量は豊富も、まだ動きが重たい感じ。休み明けだし、仕上がりは完璧ではなさそう。とはいえ能力は高いし、抑えておきたい1頭。

ナムラアラシ 栗東 CW 良
2頭併遅 88.1-71.0-56.1-41.3-13.0 一杯 B
馬也の併走馬に遅れを取ってしまった。阪神コースは得意舞台だが、中4週での出走は1回も馬券になったことがないのが不安。

ウェスタールンド 栗東 坂路 良
単走 55.4-40.3-26.1-12.9 強め B
中間追いから最終追い切りまで平凡な感じ。前走の方が良い感じはあるが、勢いのまま重賞取りなるか。ダート変わり2連勝は面白い存在になりそう。

オメガパフューム 栗東 坂路 良
2頭併入 55.1-39.9-25.7-12.9 馬也 A+
最終追い切りは良く見えた。前走もダート界を担う存在になると思っているルヴァンスレーヴに次ぐ2着。3歳でも能力はあるし、2ターンの競馬も経験済み。力を出し切れれば、好走できる力はあると思う。

クインズサターン 栗東 坂路 良
単走 54.1-39.2-25.6-12.8 G前追 A
中1週も引き続き調子はキープしてる感じ。重賞でも好走している馬なだけに、展開さえハマれば怖い存在になりそう。脚抜きの良い馬場になれば尚更。

コパノチャーリー 栗東 坂路 良
単走 53.3-39.2-26.0-13.4 馬也 A
時計以上に動けてる印象。近走は安定してきてるし、スムーズに逃げれれば、面白い存在になり得る。

スポンサードリンク

サンライズソア 栗東 坂路 良
2頭併先 53.4-39.2-25.5-12.8 G前追 A+
休み明けでも仕上がりに問題はない。最終追い切りでビシッと合わせて来た感じ。前走は好メンバーが揃う中での勝利。本番はチャンピオンズカップかも知れないが、阪神に変わるのも悪くないし、重賞2連勝へ向け視界良し。

ストライクイーグル 栗東 坂路 良
2頭併先 56.4-41.3-26.6-13.2 G前追 B
動きは悪くない。ただ、休み明けと阪神コースがあまり良くはないので割引も必要。ヒモまで。

ヒラボクラターシュ 栗東 坂路 良
単走 54.1-39.4-25.8-13.2 馬也 A
前走は古馬相手に勝利。中1週も引き続き調子は維持出来ている感じに見えるし、相手は強化されるが、やれても不思議ない。

ヒロブレイブ 栗東 坂路 良
単走 56.8-41.9-27.7-14.0 馬也 C
叩き2戦目にしては、乗り込み量は足りない気もするし、内容も良くない。阪神コースも成績不振だし、ここは見送れるか。

ミキノトランペット 栗東 坂路 良
2頭併先 55.3-39.9-25.5-12.9 強め A+
併せ馬を軽く置き去りにする軽快な動き。元々追い切りは動く馬だが、評価できる。休み明けと阪神コースがあまり良くないのが不安要素だが、安定感は魅力。是非抑えたい1頭。

ヨシオ 栗東 坂路 良
単走 53.4-39.3-25.9-13.3 馬也 B
一生懸命に走ってる感じはするが、動きにもうワンパンチ足りない印象。近走は安定してるが、阪神コースの成績があまり良くないのが気掛かり。前で競馬が出来るのは良いと思うので、抑えまで。

ラインルーフ 栗東 P 良
単走 85.8-69.9-55.2-41.0-12.4 馬也 A+
1週前に負荷はかけられているし、ここはサラッとやる程度。軽めでもスピード乗りのある良い内容。前走は後にOPを勝つコパノチャーリーに8馬身差の快勝。重賞でも同じ走りが出来るのかと言われると疑問だが、ダートでは安定感があるし阪神コースはパーフェクト。是非馬券に入れたい1頭。

スポンサードリンク

【スプリンターズS 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

キングハート 美浦 南W 稍重
2頭併入 69.3-54.0-39.9-13.1 馬也 C
鞍上が手綱を緩めても前進する姿勢は見られなかったし、迫力に欠ける動き。オーシャンS以降、成績も良くないし、本来、追い切りはもっと動く馬。ここは素直に見送りか。

セイウンコウセイ 美浦 南W 稍重
単走 52.6-38.2-12.3 強め A
時計の掛かるWコースでとても良い動き。少し首を横に振る素振りを見せたのも癖と捉えて良いと思う。高松宮記念を勝った時と比べると中間の内容から最終追い切り、どれを取っても見劣るが、今回手綱を取る池添騎手は前走より良いと手応えを感じているし、一発はあるかもしれない1頭。

ナックビーナス 美浦 南W 稍重
2頭併入 66.8-50.7-36.5-12.3 馬也 A+
時計も素晴らしいし、動きも軽快。ここに向けて仕上がった感はあるし、力は存分に発揮出来そう。陣営も言うように、今がこの馬の完成期だし、鞍上は日本競馬で連対率50%オーバーのJ.モレイラ騎手。馬券には必ず入れたい1頭。

ムーンクエイク 美浦 南W 稍重
2頭併入 67.9-53.3-40.0-13.6 馬也 B
最終追い切りの動きは軽快で悪くない。1200mの速い流れも前走で経験したので、今回はレースの流れに乗れれば面白い存在になりそうだが、ルメール騎手は「直線の短いコースはだめ」と言っていたのが気掛かり。

レッドファルクス 美浦 南W 稍重
2頭併先 53.5-39.2-12.8 G前追 A
1週前のモタモタする感じは抜けて、軽快な動き。今年は結果が出ていないし、全盛期と比べると年齢的な老いも感じる。レッドファルクスを知り尽くしてるM.デムーロ騎手が乗れないのも痛手だが、3連覇へ向けまずまず仕上がりと見ている。同一Gl3連覇を是非見てみたい。

キャンベルジュニア 美浦 南W 重
単走 53.2-38.3-12.8 G前追 A+
大きな馬体を目一杯使った迫力ある走りを披露。1度1200mを使われた今回なら、レースの流れにも乗りやすいと思うし、中山の成績は優秀なので期待したい。時計以上の動きで迫力満点なので、馬券には是非組み込みたい1頭。

ワンスインナムーン 美浦 坂路 稍重
2頭併先 51.5-37.6-24.4-12.2 G前追 S+
今回のメンバーの中で、中間内容から最終追い切りまで文句なしで1番良い。最終追い切りは坂路で行い、仕掛けるとグーンと加速し、併走馬を子供扱い。斎藤誠調教師も「1週前追い切りでは初めてあんな瞬発力をみた。今回がこの馬の集大成。」と言っていたし、それは間違いなさそう。昨年も同レースで良い競馬をしたし、昨年以上の出来なら勝ちを意識しても良い。石橋騎手はここ最近調子の良いジョッキーだし、この馬のスピードを存分に生かした競馬をしてもらいたい。

アレスバローズ 栗東 坂路 良
単走 56.2-40.5-25.7-12.4 馬也 B
過去2走も1週前追い切りもS評価を付けるほどの抜群動きを毎回披露してくれるが、今回は終始引っかかる素振りを見せていたし、いつもの迫力ある脚の捌きが見受けられなかった。映像を1回見ただけでいつもと違う感じがあった。夏の2連勝は素晴らしかったが、お釣りがあるのかは疑問だし、疲労が溜まっていてもおかしくない。今回は馬場も渋ると思うので、ディープ産駒は買いにくいし、乗り替わりも魅力ではない。1週前は良かったので、現状ヒモまで。

スポンサードリンク

ダイメイプリンセス 栗東 坂路 良
2頭併先 54.2-39.2-25.3-12.7 G前追 A+
併走馬ラブカンプーを子供扱いにして悠々先着。とは言ってもラブカンプーは追い切りであまり動かないタイプでレースに行くと走るタイプなのであまり参考にはしたくないが、時計以上に迫力のある追い切りに見えた。牝馬は相性の良いレースだし、スピードはメンバー屈指のものを持っていると思う。今回は前目で粘り込む競馬をするとの事で、枠次第では好レースに期待出来そう。

ティーハーフ 栗東 坂路 良
単走 54.6-40.4-26.7-13.9 G前追 C
良い時は調教でも良く動くのに対し、今回は鞭を打たれても前進姿勢は見えないし、右にモタれるるばかり。中山は合わないし、見送れる。

ヒルノデイバロー 栗東 坂路 良
2頭併入 56.7-40.6-25.5-12.6 G前追 B
最終追い切りは悪くない。中間も悪くはないし、走る時は相手なりに走ってしまう馬。馬場が渋るのは歓迎だし、それに重ねて展開、枠などの恩恵を受ければ好走も考えられる。

ファインニードル 栗東 坂路 良
単走 52.5-38.2-25.1-12.7 馬也 A
最終追い切りはそんなに良くなかった。川田騎手は「追い切りは良くはなかったが気にしてない」と述べているし、気にしなくて良いのか。高松宮記念の時はもっと良かった気がするし、むしろ前走の方が今回よりも良く見えた気もした。しかしながら、陣営は前走ほとんど仕上げていないと言っているし、今回がメイチで間違いはない。春秋スプリントGl制覇へ、期待は大きい。

ラインスピリット 栗東 坂路 良
単走 54.1-39.1-25.3-12.7 G前追 B
中間、最終追い切り共に平凡な内容。舌も出して走っていたし、集中して走っていない可能性もあるので、鞍上強化の理由だけで買うのは避けた方が良さそう。能力的にも足りるか微妙。

ラブカンプー 栗東 坂路 良
2頭併遅 54.8-39.9-26.0-13.6 強め B
最終追い切りは併走馬のダイメイプリンセスにちぎられる。調教の動きは毎回良くないのだが、レースでは好走をする馬ではある。とは言え、直前まで疲労が抜けなければ回避の意向もあった馬なので、少なからず、夏の連戦で疲労があったことは確か。なので、上積にもあまり期待できないし、まして坂路で良い動きが出来ないのに中山の急坂で良いパフォーマンスが出来るのかも疑問。坂路と芝では馬場が違うので比較するには難しいが個人的にはそのような見解。

レッツゴードンキ 栗東 坂路 良
単走 53.3-38.7-25.5-12.9 G前追 A
昨年の軸馬。今回の最終追い切りはまずまず。昨年のスプリンターズSと比較すると昨年の方が良かったかなと思うし、1週前追い切りでは脚が上がってしまっていた。良い時のレッツゴードンキは中間から良い内容を消化して最終追い切りも良い動きを披露してくれるのだが、今回は今ひとつ。叩き台のキーンランドCも離されての5着だし、今年は軸までとはいかなさそう。

外 ラッキーバブルズ 中山 芝 稍重
単走 54.1-37.6-11.9 G前追 A+
最終追い切りは軽めでやってくるのかと思ったら想像以上にビシッとやってきたのでビックリ。走りも軽快だし、疲れなどは微塵も感じさせない走り。むしろ脚の捌きも速く、調子は良さそう。香港のレースでは日本の馬に先着しているし、馬場や枠、展開などの恩恵を受けれれば十分馬券圏内。

スポンサードリンク

【シリウスS 2018/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

ウェスタールンド 4本
中間の内容は平凡。最終追い切りでどこまで。本質は短距離向き、平坦なコースが良いと述べているし、ここはどうか。

オメガパフューム 7本
本数はこなせてるものの、内容は平凡。最終追い切りでどこまで。

カゼノコ 8本
中間の内容は悪くない。本数も多いし、しっかり乗り込まれてる。最終追い切りも楽しみ。

クインズサターン 0本
出走するかわからないが、中1週だし、ローテーション的に不安。阪神は同じ舞台で3着の経験があるし、悪くないと思う。最終追い切り次第。

グレイトパール 9本
お馴染み、川田騎手×中内田調教師のコンビ。中間は乗り込み量は豊富だが、内容はそこまで良くはない。能力は高いし、最終追い切りの動き次第では重い印は当然。

コスモカナディアン 4本
中間の内容は良い。気分良く先行出来れば、残れる力はある。最終追い切りも期待したい。

コパノチャーリー 4本
中間の内容は良くない。最終追い切り次第。

サンライズソア 5本
中間の内容は平凡。最終追い切りは毎回しっかりやって来る方で、良い動きをして来ると思うので楽しみ。動きが良ければ、当然重い印は必要。

シャイニービーム 3本
中間の内容は平凡。最終追い切りでどこまで。

ストライクイーグル 3本
中間の内容は良くない。最終追い切りでどこまで。

タガノグルナ 0本
出走するのか分からないが、中1週とローテーション的に不安。最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

タガノディグオ 3本
中間の内容は悪くない。阪神コースも良いし、淡々と逃げれれば、しぶとそう。最終追い切り次第。

ナムラアラシ 6本
阪神コースは合ってるし、叩いた上積にも期待できそう。中間の内容は悪くないし、最終追い切りも期待したい。

ヒラボクラターシュ 0本
出てきたら楽しみだが、中1週だしローテーション的に不安。最終追い切り次第。

ヒロブレイブ 1本
中間の内容は平凡。最終追い切りでどこまで。

マイネルオフィール 0本
出走するのか分からないが、こちらも中1週だし、ローテーション的に不安。最終追い切りでどこまで。

ミキノトランペット 4本
この中間は動きが重かったらしく、そこが不安要素。最終追い切りでもそのような面が見られるようなら切れるか。

ムーンクレスト 3本
中間の内容は悪くないが、ダートがどうか。最終追い切り次第では抑えまでか。

メイショウウタゲ 1本
中間の内容は良くない。距離延長も良くないし、今回は見送れるか。最終追い切りでどこまで。

ヨシオ 0本
出走するかわからないが、近走は安定してるし、最終追い切り次第では。

ラインルーフ 5本
中間の内容は悪くないし、前走以上の出来にありそう。ダートでは元々良いものを持っていた馬だし、前走も楽勝してるだけに楽しみな1頭。最終追い切りも楽しみ。

リーゼントロック 2本
中間の内容は平凡。最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

【スプリンターズS 2018/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

アドマイヤゴッド 2本
出走不可

アレスバローズ 3本
中間の内容は悪くないし、ここ最近はこの馬に対してSしか付けていないイメージ。最終追い切りは毎回良いので、期待したい。

カイザーメランジェ 0本
出走不可

キャンベルジュニア 3本
前走で1200mを経験し、流れに乗れたのも大きな収穫。中間の内容も悪くないし、いよいよ完成の域に入ってきたと助手も手応えを感じている。最終追い切り次第。

キングハート 3本
出走不可

グレイトチャーター 1本
出走不可

スノードラゴン 3本
もう10歳だし、年齢的な上積は見込めない。左トモの不安でトライアルレースに使えなかったのは誤算だが、その分、中間で負荷をかけている。最終追い切り次第でヒモまでか。

セイウンコウセイ 3本
函館SS以来の割には本数をこなせていない印象を受ける。昨年の高松宮記念の時は中間からとても良い内容を消化出来ていたのに対し、今回は平凡な内容。最終追い切りでどこまで。

ダイメイプリンセス 3本
中間の内容は悪くないが、夏場に使われてきたので大きな上積は見込めなさそう。夏場の2レースは最終追い切りが良かったので、今回も最終追い切りは注目したい。

タマモブリリアン 3本
出走不可

ティーハーフ 3本
良い時は中間から良い内容を消化するイメージだが、今回は平凡な内容。中山の相性も悪いし、今回はパス出来そう。最終追い切りでどこまで。

ナックビーナス 3本
中間の内容は悪くない。今年はこの馬史上1番脂の乗ってる年だし、最終追い切りに期待。

ヒルノデイバロー 4本
中間の内容は悪くない。相手なりに走れるし、最終追い切り次第。

ファインニードル 2本
前走は6割くらいの出来であの快勝っぷり。今回は明らかにメイチで来ると思うし、春秋スプリントGlを連覇できる資格があるのはこの馬のみ。最終追い切りが凄く楽しみ。

ブラヴィッシモ 3本
出走不可

ムーンクエイク 2本
前走は初の1200mで戸惑ったが、速い流れを経験できたのは収穫。中間の内容は平凡だが、京王杯SCをレコード勝ちした馬だけに、一変が怖い。鞍上もルメール騎手だし、最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

ラインスピリット 1本
前走は苦手な道悪で5着と底力を見せた。今ならGlでもやれると師は口にしてるし、鞍上も武豊騎手と心強い。中間は平凡な内容だが、最終追い切りに期待したい。

外 ラッキーバブルズ 4本
日本に着いてからは食欲も旺盛でリラックス出来てる様子。当然向こうである程度乗り込んで来てると思うし、こちらに来てからはキャンター、ゲート試験をこなしたので、最終追い切りでしか走りは確認できないので非常に楽しみ。香港馬と言ったら、宝塚記念でワーザーを切って本命ミッキーロケットが頭で来たのにスカるという事件を起こしたので、注意したい1頭。

ラブカンプー 3本
セントウルステークス後、多少の疲れがあったものの、小柄な馬体なので回復は早かった様子。しかし、夏場に好走を続けただけに今回も好走出来るかと聞かれると首を傾げたくなる。メイチでここへ臨む馬もいるわけだし、その辺りは最終追い切りで判断したい。と言っても追い切りは動かない馬なので判断が難しいところではある。

レッツゴードンキ 4本
スプリントGl、3戦連続での2着が続くこの馬。中間は内容は悪くないが、終いの脚がモタついているのが気になる。20日のWでの追い切りは終いの脚はモタついたものの、6ハロン77.3は傑出した数字。この一追で変わると思うし、キーンランドカップを叩いた意図はこの大一番のためである。最終追い切りでは終いのキレる、ドンキらしい走りに期待している。

レッドファルクス 4本
中間の内容は去年もそんなに良くなかったので気にする必要はないが、ミルコが騎乗停止は痛いところ。最終追い切りでどこまで上昇して来るか見もの。

ワンスインナムーン 4本
中間の内容、1週前追い切り共に素晴らしいのがこの馬。師もこれまでにない瞬発力を見せてくれたと言っているし、ここがこの馬の集大成と自信のある強気なコメントも飛び出した。個人的にテンから流れてスピードの生きるレースになれば十分勝機はあると感じる。最終追い切りは1番楽しみにしている馬。

スポンサードリンク

【神戸新聞杯 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎タイムフライヤー
元々、ホープフルSを勝った時はC.デムーロが絶賛していた馬。それからは不振続きも年が明けてからの3戦の敗因は明確。休み明けで挑んだ若葉Sはペースが遅い上に大外を回されての5着。そのレースがオーバーワークとなり、後のクラシックでも影響し、状態が戻りきらなかったのが原因。春3戦の追い切りを見ても、時計は出ていたが、併走馬と五分五分の動きであったり、仕掛けてから動きが重いところが目立っていた。今回はリフレッシュされ、8月の終わりからここを目標に乗り込まれてきた。中間から和田騎手が跨り、軽快な動きを披露。最終追い切りも坂路で猛時計を出し、自己ベストも更新。動きに軽さが戻ってきてるし、この馬史上1番の出来といった感じ。東京よりも阪神の外回りの方が合ってそうだし、距離も大丈夫そう。少頭数で競馬もしやすいだろうし、久しぶりに好レースを期待したい。

スポンサードリンク

【産経賞オールカマー 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎ダンビュライト
今週も淡々と逃げる馬がいるので、セントライト記念の様な展開になって欲しいと期待しつつ予想している。そこで浮上するのがダンビュライト。この馬の中山実績は1-0-2-0と馬券外になったことはなく、全て重賞という点からも中山巧者ぶりが伺える。中間、最終追い切り合わせて10本の坂路調教を消化。中間の内容も良かったし、最終追い切りは自己ベストも更新した。音無調教師は「もう大きな成長はどうかと思うがAJCCくらい動ければチャンスはある」と言っていたが、自己ベストを更新してるので調子は良いこと間違いないし、成長はしてると感じる。この馬は終いでモタつく面を見せる時があるが今回は終いの脚も軽快で好調ぶりをアピール。他馬の有力馬が緩い仕上げの中、こちらはキッチリ仕上がってるし、鞍上も武豊J。先週の中山は稍重でサンデーとキングマンボの配合が良く馬券になってた。今週も馬場は良くはなさそうなので、決め脚勝負にはなりにくいとも感じるし、好位で競馬が出来、道悪もこなせるこの馬に期待したい。

スポンサードリンク

【スプリンターズS 2018/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

キャンベルジュニア 美浦 南W 良
単走 68.0-52.9-38.9-12.8 G前追 A
戦車のような馬体を豪快に使い、大きなフォームで良い走り。距離に不安はあるも、1週前でほぼほぼ仕上がってる感じ。最終追い切りも引き続き期待。

セイウンコウセイ 美浦 南W 良
単走 69.3-53.1-39.2-13.2 一杯 B
コーナーを曲がった時の勢いは良かったものの、追われてからの反応は絶好時の追い切りと比べると見劣る。決して悪くはないので、最終追い切りでどこまで上昇してくるか。

ナックビーナス 美浦 南W 良
3頭併遅 66.6-51.4-37.0-12.7 G前追 B
1週前ということで、まだ本調子の出来にはなさそう。鞍上はJ.モレイラだし、間違いなく人気の1頭になると思う。最終追い切り次第で馬券の取捨を見極めたい。

ムーンクエイク 美浦 南W 良
単走 68.9-53.9-40.5-13.4 馬也 B
1週前追い切りの時点では馬券に入れたいと思う魅力は感じない。重賞勝ちはあるものの、京王杯SCだし、レコード勝ちで人気も引っ張ってる感じ。1200mでは今ひとつか。

レッドファルクス 美浦 南W 良
2頭併遅 83.6-67.8-52.9-39.0-13.6 一杯 B
まだ仕上がり途上という感じ。1週前時点では同レース3連覇には首を傾げたくなる感じ。最終追い切りは期待したい。

ワンスインナムーン 美浦 南W 良
2頭併先 84.7-69.3-54.5-39.9-12.6 G前追 S+
1週前で圧巻の動き。追い出してからの瞬発力が半端ではなかった。昨年3着の舞台だし、間違いなくここに焦点を合わせてきてる感じ。夏場は不振だったものの、展開が噛み合わなかった感じはするし、ローテーションは昨年と同様。最終追い切りは去年も良かったし、今回もすごく楽しみ。レーティングポイントのおかげで出走が叶ったのも、今はこの馬に運が付いてる証拠。現時点での私の軸候補。

スポンサードリンク

スノードラゴン 美浦 坂路 良
単走 51.3-38.0-25.4-12.9 馬也 A
10歳になっても動きに衰えは感じない。時計も良いし、動きも悪くない。昨年は9歳で4着なら10歳でも、そのくらいは走れると思うし、最終追い切り次第。

アレスバローズ 栗東 坂路 稍重
単走 52.6-38.1-24.5-12.1 G前追 S
毎回追い切りは良くて、サマースプリントシリーズの2戦ともS評価を与えた馬。夏に使われてるだけあって、1週前追い切りでも、とても良く動けてる。最終追い切りも期待。菱田騎手の件で、個人的には川田騎手に戻って貰いたい感はある。

ダイメイプリンセス 栗東 坂路 稍重
2頭併先 53.5-38.4-24.4-12.2 馬也 A
併走馬が一杯に追う中、馬也で先着。個人的には最終追い切りでしっかりやってくる馬だと思ってるので、最終追い切りが楽しみ。1週前でも良い動き。

ティーハーフ 栗東 坂路 稍重
2頭併遅 52.6-38.7-25.5-13.1 強め C
鞭を打たれても、この馬らしい反応がないし、動きが重たい。最終追い切りでどこまで。

ヒルノデイバロー 栗東 坂路 稍重
2頭併入 51.9-37.5-24.3-12.4 一杯 C
時計は悪くないものの、追われてからの反応が鈍い。最終追い切りでどこまで上昇してくるか。

ファインニードル 栗東 坂路 稍重
単走 54.8-39.3-25.2-12.5 馬也 A+
トライアルレースを使ってるし、軽めの調整程度。時計は平凡も馬也で軽快な動きを披露。スプリントGl春、秋連覇へ視界良好。

ラインスピリット 栗東 坂路 稍重
単走 53.4-38.2-25.0-12.7 G前追 B
前回も舌を出してて、今回もそれは変わらず。動きは良くも悪くもない。最終追い切りでどこまで上昇してくるか。

レッツゴードンキ 栗東 CW 稍重
単走 91.8-77.6-64.1-51.2-38.8-13.5 G前追 B
なぜCWと思ったのと同時に坂路の時ほど動いてないなと感じた。最終追い切りは坂路で行うと思うし、そこで良し悪しを判断したい。去年は直行して2着だったから、キーンランドカップを叩いた意図はスプリンターズSを取るためだと思うし、期待したい。

スポンサードリンク

【神戸新聞杯 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ゴーフォザサミット 美浦 南W 良
3頭併入 69.8-53.8-39.9-13.3 馬也 B+
絶好時と比べると見劣るが、悪くはない。ヒモまでか。

ビッグスモーキー 栗東 CW 良
単走 80.2-65.3-51.7-39.0-12.1 G前追 B
時計は良いが、動きは重く感じる。芝の重賞レベルで走れるのかは疑問。

メイショウテッコン 栗東 CW 稍重
3頭併先 52.7-39.0-12.3 馬也 A+
馬也で軽快な動きを披露。仕上がりは良いし、このメンバーでどれだけやれるか。馬券には入れたい1頭。

アドマイヤアルバ 栗東 CW 稍重
2頭併先 87.4-70.6-55.5-40.6-12.1 G前追 A
動きは良い。長く脚を使うスタミナレースになればこの馬にもチャンスはあると思うが、今回はどうか。展開面が大事になってくると思うし、じっくり予想して取捨を決めたい。

エタリオウ 栗東 坂路 良
単走 53.5-39.0-25.2-12.4 馬也 A+
脚の捌きがとても速く、前進姿勢に迫力がある。中間の内容もとても良いし、ここは初戦から勝負になりそう。

スポンサードリンク

ステイフーリッシュ 栗東 坂路 良
単走 53.8-39.0-24.9-12.5 馬也 B+
中間の内容も悪くないし、最終追い切りも悪くはない。長い距離は向くと思うし、右回りもプラスか。

タイムフライヤー 栗東 坂路 良
単走 51.6-36.7-23.7-12.1 強め A+
元々調教駆けする馬だが、動き、タイム共に素晴らしい。春はオーバーワークだったと陣営は言ってるし、リフレッシュされた今回、Gllなら全然勝負になる出来にあると思うし、2400m、右回りに変わるのもプラス。

ワグネリアン 栗東 坂路 良
単走 53.6-39.1-24.5-11.9 馬也 A+
終い重点も、ラスト1F楽に12秒台を切る動き。中間も負荷がかけられてるし、ダービー程の仕上がりではないものの、初戦からある程度の力は出せそうな出来。

エポカドーロ 栗東 芝 良
2頭併入 69.5-53.2-38.0-11.5 馬也 A+
中間の内容もすごく良いし、この最終追い切りも馬也でラスト1F11.5は上々。初戦から勝負になると思う。

スポンサードリンク