【阪神牝馬S 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

ラッキーライラック 栗東 CW 良
2頭併先 81.4-65.0-51.0-38.2-11.7 強め A
1週前の内容としてはボチボチ良い。時計も良いし、走り自体も悪くはなかったが、まだ反応面で良化の余地を残している印象。目標はヴィクトリアマイルだし、ここは余力残しの仕上げなのか、最終追い切りで見極めていきたい。

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の注目馬はこちらをクリック】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

スポンサードリンク

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

スポンサードリンク

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

スポンサードリンク

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【皐月賞 2019/調教考察[2週前追い切り]】

スポンサードリンク

ニシノデイジー 美浦 南W 良
単走 67.0-52.2-38.1-12.7 馬也 S
2週前追い切りの内容としては素晴らしいもの。個人的には最近の追い切りの中では1番良く映った。状態はひと叩きされかなり上向いてそうだし、かなりの上積を感じる。1週前追い切り、最終追い切りでどこまで良くなるか要注目していきたい。

アドマイヤジャスタ 栗東 CW 良
2頭併入 81.5-65.5-50.6-37.6-11.7 強め B
2週前の内容としてはまずまず良い。追走する感じは良いが、追われてからの反応がまだ鈍い。後2週あるので、その辺りが改善されて軽快さが出てくれば。

アドマイヤマーズ 栗東 CW 良
単走 83.2-67.4-52.0-37.9-11.6 強め B
2週前の内容としてはまずまず良いし、終い重点だが動き自体は悪くない。まだまだ良化の余地を残す動きだし、ここからピッチを上げていけば。

サートゥルナーリア 栗東 CW 良
3頭併入 86.3-69.8-54.2-39.2-11.4 馬也 S+
2週前の内容とは思えないような破格の動き。大阪杯に出走したエアウィンザーは最終追い切りだった訳だが、その仕上がり切っているエアウィンザーに対し上回る動きを披露。全体時計は遅く、終い重点とはいえ、上級古馬相手に2週前にこれだけ走られては参ったとしか言いようがない。サートゥルナーリアの鞍上も手綱を引っ張り切りだったし、抑えるのに一苦労するくらい馬の前身姿勢も素晴らしいもの。1週前追い切り、最終追い切りで更に良くなると思うと今から恐ろしい1頭。

サトノルークス 栗東 CW 良
3頭併遅 82.7-67.4-52.3-38.1-12.0 一杯 B
2週前の内容としてはまずまずの内容。かなりしっかり追われるも反応はイマイチ。しっかりやったこのひと追いで良くなっていけば。1週前追い切り、最終追い切りも注目。

スポンサードリンク

 

【皐月賞 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらから

 

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサードリンク

【今週末の注目馬はこちらをクリック】

スポンサードリンク

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【大阪杯 2019/本命馬】

スポンサードリンク

4.エポカドーロ
前走をひと叩きして、相当な上積に期待出来そうなこの馬を本命に。前走の中山記念は上手く乗ったとはいえ、自身も前半5F通過が60秒フラットと、若干前について行き過ぎた感は否めない。勝ち時計も速かったし、この馬には合わないレースだったことも確か。休み明けで最後の坂でもバテていたように見えたし、明らかに休み明けの動き、内容だったと思う。その中山記念をひと叩きされ、1週前追い切りでもCW4F51.0、最終追い切りではCW4F51.7のラスト1Fが11.2と切れに切れた。最終追い切り騎乗の岩田望来の手応えも良さそうだし、助手の方もかなりの上積を感じている様子。今回は枠の並びからもハナに行く可能性が高いと思うし、自らレースを作れるのが魅力的。前に馬を置かなくても、日本ダービーのような粘りっこい競馬が出来るし、阪神の内回りも合っていると思う。神戸新聞杯は出遅れ、菊花賞は距離の壁、中山記念は休み明けのソフト仕上げとこの馬らしい走りを見せれていない部分で人気落ちしている気もするし、久々に条件、態勢が整った今回は買いに感じた。この馬自体、ある程度好走条件が揃わないと好走出来ない点はあるが、今回はそこそこ好走条件が揃った印象はある。大まかに述べると、馬場が渋る点、それにより時計がかかる点、叩き2戦目で上積が見込める点、レースを作れそうな点の4点。この馬にとってはプラスの点が多いのし、近走よりパフォーマンスレベルを上げてくる確率が高い気がする。藤原厩舎は先週の高松宮記念も木曜追いで結果を示したし、メイチ仕上げに関してはかなり定評のある厩舎に感じる。この馬も木曜追いとパターンは同じだし、井内さんの述べている大阪杯好走調教馬のパターンにもしっかり当てはまっている。皐月賞以来、2度目のGl制覇に態勢は整った。

 

【大阪杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらから

【大阪杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらから

【大阪杯 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

スポンサードリンク

 

 

 

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

スポンサードリンク

【応援クリックしてもらえると嬉しいです!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

スポンサードリンク

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

【大阪杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ステルヴィオ 美浦 南W 良
3頭併先 53.3-38.5-12.3 G前追 A+
最終追い切りは良い動き。1週前に猛時計を出し負荷はかけられているし、最終追い切りは終い重点でも合格を出せる内容。鞍上に不安はあるも、馬自体の能力は相当高く、大阪杯はマイル適性のある馬が良く走るので、舞台適性も感じる。
前々走中間:A+
前々走最終:S
前走中間:A
前走最終:A+

ブラストワンピース 美浦 南W 良
2頭併入 49.7-35.7-12.2 強め S ↑
最終追い切りは素晴らしい動き。有馬記念と同じくらい動きは良いし、大阪杯仕様の仕上げにしてきたなという印象を受ける。2週続けて4Fを51秒以下でまとめてきたし、休み明けでも仕上がりに抜かりはない。恐らくここは目標だと思うし、阪神での重賞勝ちもある点や内回りコースもこなせている点からも評価は高い1頭。
前々走中間:A
前々走最終:A+
前走中間:A
前走最終:A

エアウィンザー 栗東 CW 良
3頭併入 85.8-69.4-53.9-38.8-11.4 G前追 A+
最終追い切りは良い動き。併せた真ん中の馬が皐月賞を2週間後に控えたサートゥルナーリアだったが、手応えでは完璧に劣勢ムード。これはサートゥルナーリアが凄すぎるだけか、エアウィンザーが良化途上なのかはわからないが、エアウィンザーの手応えはあまり良くは映らなかった。ラストは11.4と切れたように感じるが、時計ほどは動いていないようにも感じた。とはいえ、2走前は大阪杯と同舞台のチャレンジCで圧巻のパフォーマンス。初のGlで相手やペースなども2走前とは異なってくるが、この舞台には適性を感じるし、叩き2戦目で前進に期待。
前々走中間:A
前々走最終:A+
前走中間:A+
前走最終:S

エポカドーロ 栗東 CW 良
2頭併先 83.0-66.6-51.7-37.7-11.2 G前追 S ↑
最終追い切りは素晴らしい動き。この馬自身は調教動くタイプだが、個人的にはこの馬史上1番の出来に感じる。前走を叩いた上積はかなり見込めそうだし、2000m内回りという舞台設定もかなり合ってそう。1頭自らそこそこのペースを作りそうな馬がいるので、この馬の好走パターンにも当てはまる。この馬は前に馬を置いて先行する方が良いし、皐月賞の再現が出来れば好走も可。
前々走中間:B
前々走最終:A+
前走中間:A+
前走最終:S

キセキ 栗東 CW 良
単走 68.2-53.1-39.0-11.7 G前追 A+
最終追い切りは終い重点も良い動き。1週前に速い時計を出せているし、この中間は本数もこなせているので仕上がりは良さそう。追われたのは最後の数十メートルだったが、馬からのリアクションも良かった。本格化した今、自分の競馬に徹してどこまでやれるか非常に興味深い1頭。
前々走中間:S
前々走最終:S
前走中間:A
前走最終:A+

スポンサードリンク

ペルシアンナイト 栗東 CW 良
2頭併先 84.0-66.9-52.6-38.9-11.5 G前追 A+
最終追い切りは終い重点は気になるも、動き自体は軽快で良い動き。中間の内容も薄いし、この最終追い切りは全体時計をしっかり出してきて欲しかったのが本音。とはいえ、昨年2着の舞台だし、M.デムーロ騎手がこの馬の能力を買っているのも高評価。叩き良化型だし、ここでパフォーマンスを上げてくる可能性は高そう。
前々走中間:B
前々走最終:A
前走中間:A+
前走最終:A+

ムイトオブリガード 栗東 CW 良
3頭併先 82.6-66.5-51.8-37.9-12.2 G前追 A
最終追い切りは決して悪くないはが、良い時と比べ若干見劣る印象を受けた。距離も長い方が良いのだろうし、中距離の一流馬相手にどこまでやれるか。
前々走中間:A+
前々走最終:A+
前走中間:A+
前走最終:A+

アルアイン 栗東 坂路 良
2頭併先 52.0-37.9-24.6-12.0 馬也 A+
最終追い切りはとても良い動き。中間の内容こそ軽かったものの、最終追い切りでしっかりとやって態勢は整った印象。中2週ということもあり、そんなに負荷かけなくても大丈夫。昨年3着の舞台で適性は感じるし、叩き2戦目でさらに前進を期待。前走よりも軽快さは増しているし、立ち回りひとつで善戦可能。
前々走中間:B
前々走最終:A
前走中間:A+
前走最終:A

スポンサードリンク

サングレーザー 栗東 坂路 良
単走 58.7-42.5-27.2-12.7 馬也 A+
最終追い切りは終い重点もとても良い動き。脚の捌きも軽快だし、この馬自身休み明けの方が走るタイプ。中間の本数は少ないが、休養先の山元TCでしっかり乗り込まれて帰厩しているし、仕上がりは問題なさそう。昨年のマイラーズCも休み明けでレコード勝ちを収めたし問題ない。大阪杯はマイルで実績のある馬が好走を果たしているし、その辺りの適性も感じられる。好走する可能性はありそう。
前々走中間:A
前々走最終:A
前走中間:A
前走最終:A+

スポンサードリンク

スティッフェリオ 栗東 坂路 良
2頭併遅 51.8-38.2-25.1-12.6 G前追 B
最終追い切りはまずまずの動き。ダンビュライトと併せたが、動きは終始ダンビュライト優勢だった。この馬自体元々調教は動かないタイプだが、過去2走とは相手が違うし、ここは見劣る印象。
前々走中間:A+
前々走最終:B
前走中間:B
前走最終:A

ステイフーリッシュ 栗東 坂路 良
2頭併先 51.9-37.7-24.8-12.6 G前追 A
最終追い切りは良い動き。追われてから反応するまでに時間を要したが、加速してからはしっかり伸び続けた。仕掛けどころが難しい馬で乗り替わりは痛手だと思うが、この馬の持ち味のロングスパートが生きれば。距離はやや短い印象だし、使い詰めということで上積も他の馬よりも少ないと思うので、厳しい1戦になる事は間違いなさそう。
前々走中間:B
前々走最終:A
前走中間:B
前走最終:A+

ダンビュライト 栗東 坂路 良
2頭併先 51.8-38.1-25.0-12.6 馬也 A+
調教は動くタイプとはいえ、この中間の内容を見る限り状態は相当良さそう。最終追い切りも併せたスティッフェリオを圧倒。能力的には足りないと思うが、出来の良さと充実さで前進があれば。
前々走中間:B
前々走最終:A+
前走中間:C
前走最終:A

マカヒキ 栗東 坂路 良
単走 51.8-37.5-24.3-12.3 G前追 A
最終追い切りは悪くない動き。半年をかけて徐々に状態は上向いているらしく、この馬なりに良い動きを見せた最終追い切り。とはいえ、1番良かった頃(ダービー時)と比べると見劣ると弱音を吐いている点は気になる。クラシックで勝ち星を挙げた馬は古馬になってから2000m以上のGl勝ちがないのが現状。近走の走りからも善戦は可能な気はするが、勝ち負けまでとなるとどうか。
前々走中間:A
前々走最終:A
前走中間:B
前走最終:B

ワグネリアン 栗東 坂路 良
単走 54.2-39.6-25.5-12.4 馬也 A
最終追い切りはいつも通り軽めだが、その走りから仕上がりは悪くなさそう。半年以上の休み明けで、尚且つペースアップの激しいGlレースが復帰初戦というのは容易くないとは思うが、能力で補える可能性も十分考えられる。中間の内容からは、やや慎重な姿勢も感じられるが、ダービー馬の意地を見たい。
前々走中間:A+
前々走最終:A+
前走中間:A+
前走最終:A+

 

【大阪杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらから

スポンサードリンク

【大阪杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらから

 

【大阪杯の注目馬はこちらをクリック】

 

 

 

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【ダービー卿CT 2019/本命馬】

スポンサードリンク

◎2.フィアーノロマーノ
能力云々より、調教の動きからこの馬を本命に。1週前追い切り、最終追い切りともに坂路でとても良い動き。1週前に関しては全体時計が50.9秒にもかかわらず、ラスト2Fで11.9-11.5というとてつもないラップを踏んだ。最終追い切りも終い重点とはいえ、ラスト2Fを12秒台で加速ラップを刻んだ辺りは調子の良さが伺える。坂路で加速ラップを踏めることは中山コースでは物凄くプラスに働くと個人的には思っている。今回のメンバーを見渡す限り、OPレベルと言っても過言ではないようなメンバーが揃った印象。このメンバーなら十分戦えると思うし、斤量も55.0kgと魅力。今回は飛ばす馬がいるし、ペースもそこそこ流れそうな印象。展開も向くと思うし、メンバーも手頃な今回は好走に期待したい。5歳でもキャリアは10戦と浅く、成長の上積にも期待が出来る。

 

【ダービー卿CT 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【ダービー卿CT 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【ダービー卿CTの対抗・穴馬はこちらをクリック】

スポンサードリンク

【友達追加はこちらから!】友だち追加

スポンサードリンク

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

スポンサードリンク

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【桜花賞 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

グランアレグリア 美浦 南W 良
2頭併先 69.3-53.0-39.0-12.5 G前追 A+
この馬の1週前追い切りにしては濃い内容を消化出来た印象。余力たっぷりで終いは鞍上が促すとスッと加速。素晴らしい動きだったし、牝馬同士なら十分見直せる。この馬は被されると良くないということが前走の負けと引き換えに収穫出来た。C.ルメール騎手も癖を掴んだと思うし、最終追い切り次第では上位の評価も。

シェーングランツ 美浦 南W 良
2頭併入 67.1-51.6-38.4-12.5 G前追 B
1週前追い切りの内容としてはまずまずの動き。追われてから反応するまでに時間を要すのがこの馬の特徴。エンジンがかかり切ってもイマイチ伸び切れない点は近走同様。他にも良い決め脚を持っている馬が揃う今回は埋もれてしまう可能性が高そう。鞍上が馬の特徴を生かし上手くエスコート出来れば。最終追い切りでどこまで良くなるか。

フィリアプーラ 美浦 南W 良
2頭併入 68.8-54.0-39.7-13.1 馬也 A
1週前追い切りの内容としては十分。促されるとスッと加速したし、余力も十分感じられた。フェアリーSのメンバーレベルは低かったが、直線で伸び勝ったのは評価。最終追い切り次第で。

アクアミラビリス 栗東 CW 良
単走 98.8-82.2-66.2-51.3-38.1-12.1 G前追 A+
1週前追い切りの内容としては十分。脚の回転もスムーズだし、フォームもバランスが良く、追われてからの反応も上々。このひと追いで更に良くなりそうな雰囲気。個人的にはまだ底を見せてない印象があるし、一発あっても良いとみている。最終追い切りも要注目したい1頭。

クロノジェネシス 栗東 CW 良
2頭併入 99.2-83.4-67.5-52.4-38.7-11.7 馬也 S
1週前追い切りでも十分過ぎるくらい良い動き。追わずに併走馬に楽々並走する辺りはさすがGl2着馬。追われたらかなり伸びそうな雰囲気も感じられたし、余力たっぷりの動き。前走は8割ほどの出来だったと陣営は述べていたし、前走を叩いた上積は絶大か。それでも勝ちきるのだから能力は相当高いと思うし、最終追い切りも非常に楽しみ。

スポンサードリンク

ジュランビル 栗東 CW 良
2頭併先 83.4-67.0-52.2-38.2-11.9 馬也 A+
1週前追い切りの内容としては上々の動き。調教は動くタイプだが、前走の1週前追い切り同様に動けている。マイルになって良くはなさそうだし、最終追い切りも楽しみ。

ダノンファンタジー 栗東 CW 良
単走 78.3-63.7-50.7-38.6-12.9 馬也 A+
1週前の内容としては十分な内容。調教では引っかかる面があるが、レースに行くと大丈夫と陣営は述べているし、私もレースに行けば大丈夫との判断。今までの1週前追い切りと比べても全体時計をグンと縮めてきているし、ひと叩きして状態は上向いてそう。最終追い切りも非常に楽しみ。

ビーチサンバ 栗東 CW 良
2頭併先 84.0-68.2-52.8-38.6-11.5 G前追 A
1週前追い切りの内容としては悪くない動き。しっかり追われて反応も良かったし、このひと追いで更に良くなれば逆転もありそう。元々陣営も桜花賞辺りに良くなりそうと昨年の暮れに述べていたし、順調にその時を迎えられそう。最終追い切りも要注目。

スポンサードリンク

メイショウケイメイ 栗東 CW 良
単走 84.7-67.8-52.3-38.3-11.6 G前追 B
1週前追い切りの内容としては悪くない。レースや調教の走りを見ても距離は短い方が良さそう。調教は毎回動くし、過度な評価は禁物か。最終追い切りでどこまで。

メイショウショウブ 栗東 CW 良
2頭併先 83.2-66.8-52.4-38.3-11.9 G前追 B
1週前追い切りの内容としては悪くない。かなりしっかり追われて脚を伸ばすも、良い時の伸びではなかったように感じた。とはいえ、前走は出遅れて出していくというチグハグな内容だったし、最終追い切り次第では。

アウィルアウェイ 栗東 坂路 良
単走 53.3-38.0-24.8-12.4 G前追 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。距離が延びるのはプラスに働くかどうかわからないが、叩き2戦目の上積は見込める。1週前追い切り時点ではそこまで魅力的には感じなかったので、最終追い切りでどこまで。

アズマヘリテージ 栗東 坂路 良
2頭併先 52.7-38.9-25.4-13.1 G前追 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。併せ馬に先着したものの、動き自体はそこまで良くは映らない。馬が集中して走れていない印象も受けたし、伸びにもパンチが足りない感じ。このひと追いで最終追い切りの動きが良くなれば。

スポンサードリンク

シゲルピンクダイヤ 栗東 坂路 良
単走 52.6-38.2-24.6-12.1 G前追 A
1週前追い切りの内容としてはまずまず。前走の最終追い切りがかなり良く映っただけに、その時と比較すると、まだ見劣る印象を受ける。このひと追いで前走の最終追い切りくらい動けてくれば。前走は休み明けでもしっかり仕上げて権利を取りに来た印象を受けるだけに今回上積はどうか。最終追い切りでその辺りをチェックしていきたい。

ノーワン 栗東 坂路 良
2頭併先 54.1-39.4-25.7-12.7 馬也 A+
1週前追い切りの内容としては上々。馬也で余力も見受けられたし、それでいて迫力も十分。前走は狭い所を縫うように抜け出し、牝馬にしては根性のある勝ち方。マイルも守備範囲だと思うし、上手く立ち回れば善戦も可能に感じる。最終追い切りも楽しみ。

プールヴィル 栗東 坂路 良
2頭併先 53.1-38.7-25.1-12.3 馬也 A
1週前追い切りの内容としては十分。前走はかなり良い仕上がりだったが、引き続き調子は維持出来ている印象。マイルになってどうかだが、阪神JFでもこなせていたし、立ち回りひとつで善戦は可能か。阪神JF上位組との逆転は難しいとは思うが、最終追い切り次第で。

スポンサードリンク

ラヴズオンリーユー 栗東 坂路 良
2頭併先 51.4-37.5-24.4-12.0 強め A
1週前追い切りの内容としては悪くない。追われてからもジリジリとだがしっかり脚を伸ばしたし、休み明けでも仕上がりは悪くなさそう。とはいえ、キャリアは浅いし、メンバーレベルはグンと上がる今回は評価しにくい。出てくるのであれば最終追い切り次第で。

レットアステル 栗東 坂路 良
単走 51.6-37.8-24.9-12.8 G前追 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。全体時計は悪くないが、終いの反応はイマイチだったし、まだ良化の余地を残している印象。メンバーレベルが上がりどうかだし、最終追い切り次第で。

 

【桜花賞 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらから

【桜花賞 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

【桜花賞 2019/本命馬】はこちらから

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の重賞の注目馬はこちらをクリック】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【ダービー卿CT 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

キャプテンペリー 美浦 南W 良
単走 71.1-55.6-40.4-13.8 馬也 B
最終追い切りは悪くはないが少し軽い気もする。中山適性はあるし、このレベルのGlllなら善戦は可能。展開も向き外枠からスムーズな競馬が出来れば。

ショウナンライズ 美浦 南W 良
単走 70.6-55.6-41.0-13.7 馬也 B 
最終追い切りは馬也で余力十分。中1週ということで、こんなもんで良いと思うし、マイペースの逃げを打てるようなら。

ダイワキャグニー 美浦 南W 良
2頭併入 68.8-52.4-38.1-12.3 馬也 A
最終追い切りは馬也で軽快かつ余力十分の動き。ここでは実力は上位だし、中山コースに対応出来れば善戦も。

プリモシーン 美浦 南W 良
3頭併入 54.0-39.1-12.1 G前追 A
最終追い切りはスピード感溢れる良い走り。休み明けでも仕上がりは良さそうだし、この相手なら実力は上位。展開も向けばなお良い。

マルターズアポジー 美浦 南W 良
3頭併先 68.0-52.3-38.1-12.3 G前追 A
最終追い切りは久々にとても良い動き。前走も悪い内容ではなかったし、中山マイルも重賞勝ちのある舞台だし、レベルがガクッと落ちる今回、逃走劇があっても。穴なら抑えたい。

スポンサードリンク

ミュゼエイリアン 美浦 南W 良
2頭併先 67.9-52.5-39.2-13.3 馬也 B 
最終追い切りは悪くない動き。いつも調教は動くし、レースには調教の動きがあまり直結しない印象を受ける。能力面でもう一押し足りない気もするし、自分の競馬に徹してどこまで。

ヤングマンパワー 美浦 南W 良
2頭併入 69.4-54.1-39.8-12.9 馬也 B 
最終追い切りは悪くない動き。このメンバーなら実績は上位だし、マイルに戻して見直したい。このメンバーなら善戦は可能に感じる。

ロードクエスト 美浦 南W 良
単走 68.0-52.5-38.5-12.5 馬也 B 
最終追い切りは馬也で軽快かつ余力十分の動き。中山のマイルは重賞勝ちのある舞台だし、近走も悪くないのでこのメンバーなら見直せる。

スポンサードリンク

ドーヴァー 美浦 坂路 良
単走 52.8-37.9-24.6-12.1 G前追 A+ 
最終追い切りはかなり良い動き。鞍上は不安も、前走の走りから中山マイルでは高いパフォーマンスを見れそう。連勝中の勢いも怖いし、この相手関係を見てもやれていい。

ゴールドサーベラス 美浦 南P 良
単走 52.1-37.7-11.8 G前追 B 
最終追い切りの動きは良く、出来は前走以上に感じる。中山適性も感じるし、このレベルのGlllなら一発あっても。

カツジ 栗東 CW 良
単走 82.3-66.4-50.8-37.4-11.6 強め B 
最終追い切りは良い動き。毎回調教は良いが結果には結び付いていない。近走は不振だが実績は上位だし、スタートを決め、展開さえハマれば善戦可能。

ヒーズインラブ 栗東 CW 良
単走 79.0-63.7-49.9-37.1-11.9 一杯 A
最終追い切りは迫力ある良い動き。昨年の覇者だし、出来も良さそうなので、連覇にも期待出来そう。この相手なら十分やれると感じる。

エイシンティンクル 栗東 坂路 良
単走 52.7-38.1-25.0-12.4 馬也 B 
最終追い切りは前走よりも良化。元々調教は動くタイプだが、前走は動かなさ過ぎた印象。本来夏場の方がパフォーマンスを上げる印象。前走は休み明けも響いただろうし、叩き2戦目で変わり身に期待。

スポンサードリンク

ダイアトニック 栗東 坂路 良
単走 54.5-39.4-25.0-12.0 馬也 A
最終追い切りは軽快で良い動き。距離延長と中山コースに対応出来れば、いきなりの重賞でも善戦は可能に感じる。レベルは低いし、この馬の競馬をしてどこまでやれるか。

フィアーノロマーノ 栗東 坂路 良
単走 52.0-37.7-24.4-12.0 G前追 A+ 
1週前に続き最終追い切りもかなり良い動き。調教駆けするタイプとはいえ、1週前は破格の内容。ここへ向けて仕上がりはかなり良さそうだし、メンバーにも恵まれた今回は一発あっても不思議ない。

スポンサードリンク

マイスタイル 栗東 坂路 良
2頭併先 52.0-37.6-24.3-12.4 G前追 A
最終追い切りは良い動き。近走はこの馬の競馬が出来てない。前目で競馬すれば渋といし、2走前のようにマイルも守備範囲。乗り替わりで前進に期待したい。

ギベオン 栗東 芝 良
単走 65.5-50.9-37.4-12.6 馬也 B 
最終追い切りは普段より軽い気もするが、余力は感じられる内容。ここに入れば実力は上位だし、マイル実績がある点からも楽しみな1頭。

 

【ダービー卿CT 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【ダービー卿CTの穴馬候補はこちらをクリック】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【大阪杯 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

アルアイン 3本(坂路3本) C
中間の内容は平凡で、中2週とはいえ少し軽い内容に感じる。昨年のスワーヴリチャードと同ローテだが、スワーヴリチャードは1週前からハードトレーニングを消化出来ていたし、その辺りには不安を感じる。前走は力負けの感じもするし、叩いた上積はあるとはいえ、中間に1度も良い内容の追い切りが出来ていない点はマイナス材料に感じる。中間軽めにやってるのは池江先生の策略の可能性もあるので、最終追い切りで出来を見極めたい。

エアウィンザー 2本(坂路2本) A+
中間は本数こそ少ないものの、しっかりと良い内容を消化出来ている点は高評価。金鯱賞組の中では1番良い調整過程を踏めているし、ひと叩きして調子も上向き。乗り替わりは不安も、最終追い切り次第では見直しも十分。

エポカドーロ 3本(CW1本/坂路2本) B
中間の内容は平凡。前走は鞍上も上手く乗ったと思うが、反応はイマイチ。らしくない競馬が続いているし、この中間も良い頃と比べると迫力を欠いている印象。最終追い切りでどこまで上昇してくるか。

キセキ 14本(CW3本/坂路11本) A+
時計を出し始めたのは3月の頭でも、順調に本数を消化。それだけ休養先でも順調だったという証だし、休養を挟み馬が非常にリフレッシュな状態で、良い内容の追い切りもこなせている。陣営も昨秋の雰囲気に近づいていると、1週前でも手応えを掴んでいる様子。休み明けでも力は出せると述べているし、最終追い切り次第では重たい印も。

サングレーザー 3本(CW1本/坂路2本) A
中間の内容は悪くない。前走の香港Cはかなり状態が良かったらしく、陣営も力負けと認めている辺りは少々の不安。しかし、日本の競馬に戻ればこの馬本来の力を出せると思うし、休み明けの方が良いパフォーマンスを披露する辺りには魅力を感じる。相手は強いが、2000mの重賞でも好成績を収めているように、展開次第では勝負になっても良さそう。

スポンサードリンク

スティッフェリオ 6本(坂路6本) B
中間の内容は平凡。重賞を2連勝と充実期に入ったのは間違いなさそうだが、今回は今までと相手が異なる。出来も過去2走の方が良さげだし、最終追い切りで余程のことがない限り印は打ちにくい印象。今の充実ぶりでどこまでやれるか。

ステイフーリッシュ 3本(CW1本/坂路2本) B
中間の内容は平凡。若干乗り難しい面のあるタイプにも感じるし、この乗り替わりは痛手な気もする。仕掛けどころも鍵を握りそうだし、今までやってきた相手よりレベルも上がる。メンバーを見ても極端に流れるレースでもないと思うし、展開もあまり向かなさそうな雰囲気はある。ロングスパートがハマるようなら善戦は可能か。最終追い切り次第で。

ステルヴィオ 3本(南W1本/坂路2本) A+
中間の内容はとても良い。1週前追い切りもかなり良かったし、ここへ向けて仕上がりは順調。前走は少しソフトな仕上げだったらしく、それを踏まえての今回の仕上げは期待が持てそう。非根幹タイプっぽい印象も現状はあるし、内回りもどうかとは思うが、脚を伸ばしてくるのは確実で、ハマった時は怖い1頭。最終追い切りも注目したい。

スポンサードリンク

ダンビュライト 6本(坂路6本) A+
中間の内容はとても良い。調教は動くタイプだが、走るかは知らないかは当日のテンションやゲート次第という気難しい馬。そういった点で前走は順調だったし、しっかり勝ち切った点は評価。今回はGlだし、前走のように上手くはいかないと思うが、中間の内容を見る限りメイチの仕上げに感じる。阪神は[1-0-0-5]と振るわないが、高いレベルの掲示板を確保しているように、苦手ではなさそう。能力的には劣るが、気難しい面を出さず、スムーズな立ち回りが出来れば善戦も可能に感じる。最終追い切りも注目。

ブラストワンピース 5本(南W2本/坂路3本) A+
中間の内容はとても良い。1週前追い切りでは有馬記念の最終追い切りより動いている印象を受けたし、ここへ向け仕上がりは順調。2000m以下でも重賞勝ちがあるし、距離短縮も気にならない。とりあえず大阪杯は大目標だと思うし、しっかり仕上げてくることが予想される。最終追い切り次第では当然重たい印も。

スポンサードリンク

ペルシアンナイト 2本(坂路2本) C
中間の内容はイマイチ。中2週とはいえ、負荷のかけられた内容を消化出来ていない印象を受けるし、叩き良化型とはいえ、この中間はやや物足りない感じ。昨年のスワーヴリチャードと同ローテだが、スワーヴリチャードは1週前からハードトレーニングを消化出来ていたし、その辺りには不安を感じる。昨年2着の舞台だし、今回はこの馬本来の走りに期待出来る可能性が高い。中間軽めにやってるのは池江先生の策略の可能性もあるので、最終追い切りで出来を見極めたい。

マカヒキ 12本(CW1本/坂路6本/芝2本/2本) B
時間をかけてじっくりと乗り込まれている印象。徐々に状態も上向いてきているらしく、ここへ向けて順調な仕上がり。前走で復調の気配を見せたし、最終追い切り次第では。日本ダービーを勝った時はには及ばない出来と陣営が弱気なのは気掛かり。毎回復調したと言っているだけに、今回も大きな期待は出来なさそう。

ムイトオブリガード 1本(CW1本) C
中間の内容はイマイチ。前走で中距離戦線だと力負けする事が重々分かったし、今回はGlということで、さらに厳しいレースを強いられそう。2000mというよりも、もう少し距離があった方が良いタイプだと思うし、最終追い切りでどこまで上昇してくるか。

ワグネリアン 12本(CW5本/坂路5本/芝2本) A+
中間の内容は良さげ。1週前も動きは良かったし、休み明けでも力を出せる状態まで持ってけそう。阪神コースもあっているし、このメンバーに入っても能力は引けをとらない。最終追い切り次第では当然上位評価。

 

【大阪杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらから

スポンサードリンク

【大阪杯 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

 

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【大阪杯の本命馬候補はこちらをクリック】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【優太の調教考察会場の自己紹介】

スポンサードリンク

どうも。

 

優太の調教考察会場の中の人です。

 

今日はブログ開始して初の試みである、私の自己紹介やこのブログサイトの説明なんかを記事を通してしていければなと思っております。

 

是非最後までお付き合い下さい。

 

まずは私の自己紹介を簡単に。

スポンサードリンク

【名前】◯◯優太
【出身】東京
【最寄競馬場・WINS】東京競馬場・WINS渋谷
【好きな券種】単複・3連単マルチ
【好きな馬】スノーフェアリー
【好きな騎手】M.デムーロ騎手
【好きなレース】2008年天皇賞(秋)
【渾身の予想】2017年 宝塚記念 ◎ミッキーロケット

 

それではいよいよ本題へ。

 

私のブログの説明をさせて頂きます。

スポンサードリンク

 

こちらがブログの主な記事になります。

 

・1週前追い切り考察
・中間追い切り総評
・最終追い切り考察
・本命馬

 

以上4つの記事を1週間でスケジュール毎に更新しています。

 

月曜日:中間追い切り総評
火曜日:休み
水曜日:最終追い切り考察
木曜日:1週前追い切り考察&土曜日の本命馬
金曜日:日曜日の本命馬
土曜日:休み
日曜日:休み

 

といった感じで、1年間同じ様なサイクルで活動しております。

 

それでは各記事の説明です。

 

・1週前追い切り考察…字の通り、1週前追い切りを映像で確認して、考察文をブログに記しております。Glは記事にしていて、Gll、Glllは映像がある場合のみ記事にしております。

スポンサードリンク

・中間追い切り総評…ここでは最終追い切り前までの調整過程を考察して文にまとめた記事になります。中間の内容はあまり目を向けられませんが、非常に重要な要素になっております。

・最終追い切り考察…字の通り、最終追い切りを映像で確認して、考察文をブログに記しております。どのグレードでも必ず行なっていて、最終追い切りも調教予想で非常に重要な要素です。

・本命馬…ここでは私の本命馬の決め手を記事にて述べさせてもらっております。これまでの調教過程を踏まえて、その他適性や馬場、展開などを独自で予想して1頭の本命馬を決めてます。

 

最後に調教総評や考察に用いられるアルファベットや矢印についても軽く説明させて頂きます。

 

私のブログを見たことある方はご存知かと思いますが、評価にアルファベットを使用しています。

 

S+…perfect
S…amazing
A+…great
A…nice
B…normal
C…bad

 

こんな感じの感覚で付けてます。

 

S+は滅多に付けませんが、今後付いていたら注目してみてください。

 

個人的にはAまでを馬券に入れる範囲と決めていて、B以下は軽視するようにしています。

 

また矢印に関して

スポンサードリンク

 

…前走よりも良い調整過程
…前走と同じくらいの調整過程
…前走よりも悪い調整過程

 

最終追い切り考察に矢印を用いてますが、これは前走比だと思って認識して頂ければ良いかと思います。

 

ここまで簡単に私とブログの説明をしました。

 

まだまだ言いたい事がたくさんありますが、キリがないのでこの辺りにしておきます。

 

最近私のブログを読み始めてくれた方、ずっと昔から読んでくれている方も、私の記事に対して共通の理解があれば、より記事を読みやすくなると思い、このような記事を書くことにしました。

 

また、分からないことがありましたら、DMにて質問して頂ければお答えしますので、是非気軽に質問して下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

今後とも優太の調教考察会場をよろしくお願いします。

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の本命馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

スポンサードリンク

【ダービー卿CT 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

ウインファビラス 1本(南W1本) C
中間の内容はイマイチ。中山も不向きな印象があるし、マイルもどうか。最終追い切り次第で。

エイシンティンクル 5本(坂路5本) A+
中間の内容はとても良い。前走の最終追い切りが、かなり動きが悪くて軽視したが、休み明けに加え、寒い時期が苦手だった可能性もありそう。この中間は明らかに前走より状態は良さそうだし、この馬の競馬が出来れば重賞でも十分通用。最終追い切りも楽しみ。

カツジ 1本(坂路1本) C
中間の内容はイマイチ。近走は勝ちきれないシーンが目立っているし、展開に左右される面が目立ってきた印象。早熟だったという可能性もあるし、ここも頭からは入りづらい印象。最終追い切り次第では見直しも。

ギベオン 2本(CW1本/坂路1本) B
中間の内容は平凡。前走は休み明けで超ハイレベルのメンバーの中、直線は見せ場を作ったし、悪い内容ではなかったと思う。この相手なら決め手は上位だし、マイルの実績からも十分好走可能に感じる。最終追い切り次第では重たい印も。

キャプテンペリー 5本(南W5本) A
中間の内容は良さげ。毎回調教は動いてくるタイプだし、順調に調整が進められている印象。中山も適性があるし、重賞でも見せ場は作れそう。スムーズな競馬が出来れば善戦も。最終追い切りも楽しみ。

スポンサードリンク

キョウヘイ 1本(坂路1本) C
中間の内容はイマイチ。近走は不振が続いているし、今回は重賞で相手も強くなる。この馬自身、馬場や展開の恩恵を受けれないと好走するのは難しいタイプではあるが、ハマった時の脚は光るものがある。最終追い切りや当日の馬場や展開、枠の並び次第では抑えも。

ゴールドサーベラス 2本(南P2本) A
中間の内容は悪くない。ポリトラックでもしっかりと負荷のかけられた調整が出来ているし、中山も適性はありそう。ハマれば善戦も可能だと思うし、最終追い切り次第で。

ショウナンライズ 0本 C
中間は中1週ということで時計を出せていない。前走は展開に恵まれた印象が強いし、重賞で再び同じ形で競馬をするのは困難な気がする。相手も強くなるし、最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

ジョーストリクトリ 1本(CW1本) A+
中間の内容はかなり良さげな雰囲気。中2週だが、叩き3戦目の上積は絶大だと思う。中山はピッタリの舞台だし、再度穴をあける可能性も十分考えられる。最終追い切りも楽しみ。

ストーミーシー 0本 C
連闘で中間は時計を出せていない。凡走続きも終いはしっかり脚を伸ばせている。ここも展開ひとつだと思うし、最終追い切りでどこまで。

ダイアトニック 4本(坂路4本) A
調教は動くタイプだが、中間の内容は良さげ。マイルより1400mの方が好成績を収めているが、決してマイルが悪いというわけではなさそう。初重賞も相手なりに走れるところはありそうだし、最終追い切り次第では。

ダイワキャグニー 2本(南W1本/坂路1本) A
中間の内容は良さげ。中山適性はイマイチっぽいが、能力的にはやれて良さそう。最終追い切り次第で。

ドーヴァー 2本(坂路2本) A
中間の内容は良さげ。前走は中山で強い勝ち方をしたし、時計も優秀。近走の充実ぶりをみても、ここで好走しても不思議ない。初重賞で相手は強くなるが、流れも重賞の速い流れの方が競馬はしやすい可能性もありそう。最終追い切りも楽しみ。

ハクサンルドルフ 5本(CW1本/坂路4本) B
中間の内容は平凡。休み明けの割には負荷が足りない気がする。中山は初めてだしやってみないとわからないが、馬場が渋れば一発あっても。最終追い切りでどこまで。

ヒーズインラブ 5本(坂路5本) B
中間の内容は平凡。昨年の勝ち馬で中山適性も感じるだけに、人気薄なら狙いたい1頭。近走も悪い内容ではないし、最終追い切り次第では。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

フィアーノロマーノ 5本(坂路5本) S
中間の内容はかなり濃い内容を消化出来ている印象。休み明けでもしっかりと仕上がっていると思うし、この相手なら十分に好走出来るチャンスはあると思う。坂路で抜群の動きをしているし、状態はかなり良さそう。中山でも勝ち星があるし、最終追い切りも非常に楽しみ。

プリモシーン 5本(南W3本/坂路2本) A+
中間の内容は良さげ。調教は動くタイプとはいえ、休み明けでも動けている点で仕上がりは良さそう。目標は先かも知れないが、このメンバーなら好勝負可能。前走はチグハグな競馬だったので、最終追い切り次第では再度見直したい。

マイスタイル 5本(CW1本/坂路4本) B
中間の内容はまずまず。使い詰めな感じがするし、調整過程もパッとしない。良い時と比べても内容は薄いし、上積はあまりなさそう。前走は自分の競馬が出来ていないし、前目で競馬が可能なら再度見直しも必要か。最終追い切りでどこまで。

マルターズアポジー 1本(南W1本) C
中間の内容はイマイチ。前走はあのハイラップの中、良く逃げ粘った印象。メンバーレベルは落ちるし、前走よりも良いペースで逃げられれば、善戦は可能か。最終追い切りでどこまで。

ミュゼエイリアン 2本(坂路2本) C
中間の内容はイマイチ。近走は崩れていないが、レベルが上がる今回はそうもいかなさそう。最終追い切りでどこまで。

ヤングマンパワー 3本(南W2本/坂路1本) C
中間の内容はイマイチ。良い頃と比べても調整過程にボリュームがないし、近走は走りも安定していない。実績は上位なので、最終追い切り次第では。

ロードクエスト 4本(南W4本) B
中間の内容は平凡。近走は重賞でも安定して走れているし、中山も悪くないと感じる。展開もハマりそうな印象はあるし、最終追い切り次第では。絶好調だった、スワンSくらいの動きなら見直したい。

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【ダービー卿CTの本命馬候補はこちらをクリック】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク