【弥生賞 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

ニシノデイジー 美浦 南W 重
単走 82.4-66.6-51.6-37.6-12.7 強め A
1週前追い切りは悪くない動き。前哨戦でもしっかり負荷をかけられている印象。本当に良い時と比べるとまだ緩いところはあるが、しっかり追われたこのひと追いでガラッと変わりそう。最終追い切りも注目したい。

ラストドラフト 美浦 南W 稍重
2頭併先 81.4-65.7-51.5-37.8-12.8 G前追 A+
1週前追い切りはかなり良く映った。調教は動くタイプだし、毎回このくらいの動きはしてくれるが、今回もいつも通り良い動き。前走で重賞を勝利し、本番へ向け賞金は足りているので、皐月賞を見据えた仕上げ、競馬をしてくることが予想出来る。とはいえ、能力は高いし、最終追い切り次第では当然重たい印も。

カントル 栗東 CW 重
2頭併入 85.2-12.1 馬也 A+
1週前追い切りの動きとしてはかなり良く映る。調教は動くタイプだが、手綱を軽く緩めると楽に加速したし、良い瞬発力を披露。このひと追いで更に良くなると思うし、最終追い切り次第では重たい印も。

ブレイキングドーン 栗東 CW 重
単走 83.5-68.8-54.5-40.6-12.7 G前追 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。この馬にしては動いてないようにも感じるし、休み明け感が伝わる動き。このひと追いで良くなるだろうし、最終追い切りで取捨を決めたい。

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

スポンサードリンク

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

【今週末の穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

スポンサードリンク

【チューリップ賞 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

シェーングランツ 美浦 南W 重
3頭併入 71.9-56.1-40.9-13.2 馬也 A
1週前追い切りの内容としては十分の内容。馬也でも終始楽な手応えだったし、追えば伸びそうな雰囲気が漂っていた。軽めの内容でここは叩き台に違いないと思うが、ある程度力は出せそうな仕上がりで臨んでくるイメージ。1週前時点でも動きは良いし、最終追い切りも引き続き楽しみな1頭。

ダノンファンタジー 栗東 CW 重
単走 11.7 G前追 A
阪神JFの時と比べるとさすがに1週前追い切りの動きは劣るが、ここは叩き台だしこんなもんで十分。馬の能力は高いと思うし、最終追い切りの動き次第では重たい印は回さないといけない1頭に感じる。最終追い切りで仕上がり具合をしっかり確認していきたい。

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

スポンサードリンク

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

【今週末の穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

スポンサードリンク

【中山記念 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ウインブライト 美浦 南W 重
2頭併入 85.0-69.2-53.7-39.0-12.8 馬也 S ↑
最終追い切りは抜群の動きを披露。併走馬を馬也で楽々追走したし、軽く促されると俊敏な反応で前に取り付いた。1週前もかなり良かったし、中間の内容からもここはの気合が感じられる。中山巧者ということで、ここメイチだと思うし、2連覇も十分に考えれる。

ステルヴィオ 美浦 南W 重
3頭併先 53.9-38.4-12.6 馬也 A+
最終追い切りはかなり良い動き。休み明けで余裕のある仕上げではあるが、力はある程度出せる仕上がりにあると感じる。中山で重賞勝ちはあるものの、得意舞台とは思っていないし、乗り替わりも不安なので、頭からは買いづらい。馬券には組み込みたい1頭。

トルークマクト 美浦 南W 重
2頭併遅 53.2-39.2-12.5 G前追 B
調教は割と動くタイプ。最終追い切りはまずまずの動きだが、能力的にさすがに厳しいと感じる。自分の競馬でどこまで。

マイネルサージュ 美浦 南W 重
2頭併入 67.9-52.3-38.6-13.3 馬也 A
最終追い切りは悪くない動き。調教は動くタイプだし、今回の出来は良さそうなので、展開次第で大穴をあけそうだなと感じるのはこの馬くらいか。馬場が渋って展開が向けば善戦も。

シベリアンスパーブ 美浦 南W 稍重
単走 54.6-38.8-12.2 強め B
最終追い切りはまずまずの動き。ただ、能力的にはさすがに足りないと思うし、年齢的にもここは見送り。

エポカドーロ 栗東 CW 重
2頭併先 85.9-69.0-53.3-38.3-11.9 馬也 S ↑
最終追い切りは抜群の動きで、一杯に追う併走馬を馬也で抜かせなかった。かなり余力が見受けられたし、1週前も動きが良かったこと、距離短縮、コース替わりともにプラスに働くことを考えれば、前走より大幅にパフォーマンスを上げてくることが予想される。スムーズに先手を奪えれば十分勝ち負けになると感じる。

スワーヴリチャード 栗東 CW 重
2頭併入 83.3-38.4-12.0 馬也 A
最終追い切りはまずまずの動き。1週前もしっかりやっているし、ある程度力は出せる出来にありそう。とはいえ、本当に良い時と比べるとソフトな仕上げに映るし、頭からは買いづらい1頭に感じる。中山も得意ではないと思うし、抑えまでか。

ディアドラ 栗東 坂路 重
単走 55.5-39.6-25.6-12.7 馬也 A+
最終追い切りは馬也で軽快かつパワフルな動き。1週前でしっかりやっているし、力は出せる仕上がりにありそう。ただ、中山が得意舞台かと言われると疑問だし、紫苑Sの走りを見ても、東京での走りよりは質を落としていた気がする。とはいえ、斤量も恵まれたし、実力も上位なので抑えは必須に感じる。

スポンサードリンク

ラッキーライラック 栗東 坂路 重
2頭併先 50.8-36.9-24.4-12.6 強め A
最終追い切りは悪くない動き。前走は調整に狂いが生じたが、今回は順調な調整が踏めている印象。1週前にウッドコースでも良い動きを披露したし、今回は力をしっかり出せるはず。前走の負けで見切るのは早いと思うし、見直しも必要か。

 

【中山記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【中山記念 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【阪急杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

スターオブペルシャ 美浦 南W 重
3頭併先 52.9-39.1-12.7 馬也 A+
最終追い切りはとても良い走り。馬也で余力も十分だったし、近走の中では1番良い出来に感じた。1400mもピッタリの印象だし、鞍上も乗り方を手の内に入れていると思うので、ここも好走してるく可能性は高そう。馬券には入れたい1頭に感じる。

タイムトリップ 美浦 南W 重
単走 81.8-67.2-52.8-38.9-12.9 G前追 B
最終追い切りは良い時と比べると見劣った。とはいえ、前走が良い勝ち方だったので、不気味ではあるが、展開がハマった感じもするし、阪神コースに舞台を移すのはマイナス材料に感じる。馬場も気にしてる感じがあったし、当日の馬場も気にしたい。今回は善戦までか。

ヤングマンパワー 美浦 南W 重
2頭併先 68.5-54.3-40.3-13.9 G前追 B
かなりしっかり追われるも反応はイマイチ。良い頃と比べると動きに覇気がない気もするし、近走の不振からも印は打ちにくい1頭。

リョーノテソーロ 美浦 南W 重
単走 52.5-38.4-12.8 G前追 A+
最終追い切りは良い動き。調教は良く動くタイプだが、状態は前走以上に感じる。最近は力を出しきれないレースが続いているし、着順で人気を落とすようなら穴で狙いたいと感じる。馬場が渋ればなお良さそう。

トウショウピスト 美浦 坂路 稍重
単走 52.8-38.1-24.9-12.6 馬也 B
調教ではそこそこ動けるタイプだが、レースには直結しないタイプ。今回も悪い動きではないが、この馬にしては平凡。距離延長の変わり身でどこまでやれるかという感じだし、自分の競馬でどこまで。

エントシャイデン 栗東 CW 重
単走 85.1-67.5-52.1-37.6-12.2 G前追 A
最終追い切りはまずまずの動き。しっかり追われて反応も悪くはなかったが、かなり良いとは言えない感じ。短縮もどうでるか疑問だし、昇級でいきなり重たい印は打てない印象。1度この条件での走りを様子見したい。

ミスターメロディ 栗東 CW 重
単走 11.6 馬也 S 
ラスト1Fしか確認出来なかったが、馬也で余力十分の良い動き。前走よりも良い状態に感じるし、馬場が渋ってもしっかり走れるタイプ。1400mも合っているし、重賞でもやれる実績からもここは上位評価をしたいと感じる。

ロードクエスト 栗東 CW 重
2頭併先 12.3 G前追 A
最終追い切りはまずまずの動き。調教は毎回ある程度動けるが、レースには直結しないことが多い気がする。ただ、1400mに変わるのは良いと思うし、展開がハマれば善戦は可能に感じる。乗り替わりも魅力だし、勝負に来てる感じはする。

ラインスピリット 栗東 CW 重
単走 83.1-66.4-51.5-37.9-12.5 G前追 A
最終追い切りは悪くない動き。状態は前走以上に感じるが、距離延長が良いとは思わないし、抑えまでという印象。

アドマイヤゴット 栗東 坂路 重
2頭併遅 51.8-37.5-24.7-12.5 G前追 A
最終追い切りはまずまずの動き。追い切りは良く動くタイプなので過度な評価は与えないが、ここ最近の出来では良い仕上がりだと感じている。距離、コースともに相性は悪いので、良くて抑えまでか。展開の助けも必要に感じる。

スマートオーディン 栗東 坂路 重
2頭併先 51.7-37.2-24.3-12.2 馬也 A+
長期休養明けからイマイチパッとしない動きが目立っていたが、近走でようやく本来の走りに戻りつつあると感じる。追い切りも徐々に良くなっているし、今回の動きも合格点を与えられる内容。余力十分で反応も良いし、動きも軽やか。今は引っかかる面が見えるので、この距離短縮も良い方へ出てくれそう。人気薄なら抑えたい1頭。

ダイアナヘイロー 栗東 坂路 重
単走 53.8-39.3-25.6-12.8 馬也 A
最終追い切りはまずまずの動き。1週前でしっかりやっているので、最終追い切りはこんなもんで十分。最後まで舌を出していたのは気になるが、走り自体は悪くなかった。毎回時計ほど良くは見せないタイプで今回もそれは同様。馬場が荒れても走れるタイプだし、単騎で行ければ2連覇も十分に考えられる。

スポンサードリンク

ダイメイフジ 栗東 坂路 重
2頭併先 53.1-38.1-24.5-12.1 G前追 A+
最終追い切りはかなり良く映った。前走とは見違える程良い動きだし、ここは買いな1頭に感じる。陣営は出来れば良馬場でやりたいと述べているが、馬場が多少渋っても走れると思うので、決め脚が生きる展開になればなお面白い。

ヒルノデイバロー 栗東 坂路 重
2頭併遅 50.8-36.8-24.3-12.5 G前追 A+
併走馬には遅れをとったが、手応えでは優勢。動きも中間からずっと良いみたいだし、仕上がりはここへ向けて順調に感じる。陣営は良馬場でやりたいみたいだが、道悪でも好走歴があるし、ここは買いの1頭に感じる。

リライアブルエース 栗東 坂路 重
単走 54.0-38.8-25.0-12.4 G前追 A
調教は良く動くタイプ。今回も動きは良いが、調教の動きとレースの内容が直結しない印象を受ける。久々の1400mで変わり身があれば好走も期待出来そうだが、冬場はそこまで良くないし、抑えまでか。

レッツゴードンキ 栗東 坂路 重
単走 51.6-36.9-23.7-11.8 G前追 S
最終追い切りは抜群の動き。休み明けでもしっかり本数を乗れているし、初戦から力を出せる状態にありそう。1400mと前哨戦ということを考慮しても重たい印を打ちたいと感じる好内容。上手く乗れれば勝ち負けまであると思うし、期待したい1頭。

ロジクライ 栗東 坂路 重
2頭併先 51.7-37.4-24.6-12.5 馬也 A+
最終追い切りは毎度のこと良い。前走より良い仕上がりに感じるし、距離短縮がハマれば善戦も期待出来そう。上手くタメが効けば渋といし、実績からも抑えは必要に感じる。

 

【阪急杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【阪急杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【競馬/調教基礎/外厩編】

スポンサードリンク

この調教基礎外厩編では個人的な外厩に対する印象を述べていこうと思います。

 

ここでは主に重賞レースの場合の外厩の立場を私の個人的な見解で述べていきます。

 

これが正解ではないですし、不正解でもないと思いますので、最後まで目を通して頂けると嬉しく思います。

 

最近では外厩制度が競馬ファンの間にも露呈になり外厩帰り、外厩仕上げという言葉が流行っているほどです。

 

私はこのような概念はあるようでないものと感じています。
※重賞以外のレースではもしかすると通用する概念かもしれません。特に新馬戦などは良い環境でトレーニングを積んで来た馬が好走するのがパターンになりつつあります。

 

理由は単純で、私の経験上、中間の過程、本追い切りでしっかりやる馬が断然馬券になっていると感じるからです。

 

つまり、何が言えるかというと、俗に言う外厩仕上げ、外厩帰りの馬はしっかり乗り込まれてトレセンに帰厩することが多いため、必然的にレース前の調教も動きますよねという話です。

 

ただのリフレッシュ放牧だけで、トレーニングせずにトレセンに帰厩すれば、馬を0%から作らなくてはなりませんが、外厩制度のおかげで50%くらいの状態から調整をスタート出来る場所が外厩くらいの感覚で私は良いのではないかと思ってます。

 

外厩でリフレッシュ兼トレーニングをしてくるわけですから、トレセンに帰ってからの調教も順調に動くのは当然だと思いますし、逆に外厩でしっかり調整されて帰厩した馬が、最終追い切りで普段より動いてなかったらマイナス要因になり得ます。

 

個人的な見解ですが、外厩をわかりやすく説明すると、アスリートが休みの日にジムに行くようなものかなと。

 

ただ単に休ませる放牧ではなく、トレーニング施設のある放牧施設で休養させることで、疲れが取れてリフレッシュした後は厩舎へ帰厩するまでそこでトレーニングが出来るという事です。

 

休んで厩舎へ戻る間も惜しまずトレーニング出来るというのが外厩制度の利点だと感じます。

 

また、トレセンの厩舎には入厩出来る馬の数が決まってるので、トレセンに入厩出来ない馬もしっかり外厩で乗り込めるというのは好走に繋がっている要因かと思われます。

 

例えば、しっかり乗り込みたいA馬を早めに厩舎に置いて調整していくより、外厩で既に乗り込めている仕上がりの良いB馬を先に入厩させてレースに使うまでその馬房を埋め、その間にしっかり乗り込みたいA馬を外厩で乗り込み、仕上がったら入厩させれば良いという具合に、円滑に競走馬をトレーニングさせるために厩舎の中を上手く循環させるという点では外厩制度は非常に良い制度と言えます。

 

最後に総括して私が言いたいのは、外厩帰りの馬をチェックするより、その馬1頭1頭の調教パターンを調教映像から見抜くことが大切だと感じます。

スポンサードリンク

 

重賞に出てくる馬は有料コンテンツで過去の調教映像が見られますし、その都度各馬の癖を記録しておけば先々で予想の役に立つことも多々あります。

 

つまり、外厩云々よりもトレセンでの中間調整過程を大事にした方が馬券で勝つには得策と感じているということです。

 

私もまだまだ成長途上ですが、調教が長期的に見られるようになれば、例え外厩帰りということを知らなくても、この馬は良く動くようになったという気付きが自分の中に生まれますし、この馬にしては動いていないな、というような具合に他の人には持ち得ない調教を見る目が養われ、調教予想という大きな一予想方法を築き上げられると感じます。

 

【競馬/調教基礎/トレセン編】はこちらをクリック

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の本命候補・危険馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

 

スポンサードリンク

【中山記念 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

ウインブライト 3本 A+
この中間は順調な調整過程を踏めていると感じる。1週前追い切りでも格下相手とはいえ抜群の動きだったし、2連覇へ向け抜かりない仕上げで臨んで来ると思う。結果次第では豪GlクイーンエリザベスSにも出走意欲を示しているが、あくまで選択肢の1つで、今回のレースに全力投球の構え。最終追い切り次第では重たい印も。

エポカドーロ 7本 A+
この中間は乗り込み量も豊富で順調な調整過程を踏めている印象。1週前追い切りも抜群の反応を見せたし、休み明けにはなるが、しっかり力を出せる状態にはありそう。今回は得意舞台だし、距離短縮は大歓迎。菊花賞は若干距離も長く、ペースも向かなかった事が敗因。今回は全てがこの馬に向くと思うし、久々に好勝負に期待出来そう。最終追い切り次第では重たい印も。

シベリアンスパーブ 0本 C
中間は中1週で時計を出せていない。年齢的にも能力的にもさすがに足りない。最終追い切りでどこまで。

ステルヴィオ 6本 A
中間の内容は良く、1週前追い切りもこの馬らしい反応だった。マイルCS時と比べると、まだ良化の余地を残す動きだが、このひと追いで変わってきそう。ただ、陣営も言うように、始動戦としては良い状態で臨めるということで多少の割引は必要か。乗り替わりも不安だし、トリッキーな中山コースはどちらかというと得意ではなさそうなので、その辺りがどうか。最終追い切り次第で。

スワーヴリチャード 5本 A
中間の内容は良く、鉄砲駆けも効くタイプ。休み明けでも走れる状態にあると思うし、能力もこの中であれば上位。ただ、昨年は金鯱賞を大阪杯の前哨戦に選択したが、今年は中山記念を選択したのが気になる。中山はあまり得意なコースではないし、休み明けの前哨戦ということであれば軸では買いづらいイメージ。最終追い切り次第で。

ディアドラ 10本 A+
中間の内容としてはかなり良い。本数もかなり乗り込めているし、1週前追い切りはウッドコースで猛時計を出せている。小回りも上手にこなせるタイプだし、1800mも3勝を挙げてる距離。斤量も恵まれた印象を受けるし、最終追い切り次第では重たい印も。

トルークマクト 1本 C
中間の内容はイマイチ。年齢的にも能力的にもさすがに足りない。最終追い切りでどこまで。

トータルソッカー 0本 C
中間の内容はイマイチ。ここでは格が違い過ぎる感じがするし、能力的に足りない印象。最終追い切りでどこまで。

地 ハッピーグリン -本 –
地方馬所属ということで中間の内容は未掲載。ジャパンCでは良い走りをしていたし、小回りコースになるのはプラス材料。最終追い切り次第では抑えても良さそう。

フィールドシャルム 0本 C
中間の内容はイマイチ。ここでは格が違い過ぎる感じがするし、能力的に足りない印象。最終追い切りでどこまで。

マイネルサージュ 1本 B
中間の内容は平凡。能力的にどうかとは思うが、ペースが流れればこの馬の持ち味が生きて善戦可能に感じる。とはいえ、メンバーを見渡す限り、ペースは落ち着きそうだし、ここは見送れそう。小回りになるのは良いが、最終追い切りでどこまで上昇してくるかといった感じ。

スポンサードリンク

マルターズアポジー 0本 C
中間は連闘ということで時計を出していない。この相手に連闘はさすがに厳しいと感じるが、前走は逃げられずに不完全燃焼。昨年は逃げて3着と好走を果たした舞台だし、マイペースで逃げられれば善戦も。出走するならばペースを作る馬として注目すべき1頭だし、最終追い切り次第では。

ラッキーライラック 7本 A
中間の内容は良い。昨秋は右後肢の球節が腫れてローテーションが狂い、良い調整過程を踏めずにそれがレースにも影響した感じ。今回は前走と順調度が異なるし、追い切りの動きも良い事から見直しも必要。最終追い切り次第では。

 

軽視したい人気馬はこちらをクリック

現在40位前後にいます。

 

【中山記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【危険馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【阪急杯 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

アドマイヤゴット 7本 B
中間は悪くはない内容だが、調教の動きとレース内容が直結しないタイプ。近走も不振だし、阪神コースもあまり得意ではないコース。距離延長も良い方へは転がらないと思う。最終追い切りでどこまで。

エントシャイデン 2本 B
中間の内容は悪くない内容。3連勝と勢いは怖いが、距離短縮が良い方へ出るかは疑問。マイルでの3連勝だし、1400mでは勝ち星がない舞台。ただ、連勝の勢いは怖いので、最終追い切り次第では馬券に入れたい。

コウエイタケル 1本 C
中間の内容はイマイチ。使い詰めで大きな上積みもないと思うし、展開のハマり待ちという感じもする。久しぶりの1400mで変わり身に期待。最終追い切りでどこまで。

スターオブペルシャ 4本 A
中間の内容は良さげ。昨秋は障害への転向も視野にあったが、前走で良い競馬をしたので、ここを矛先に。メンバーも前走と似たようなメンバーだし、内枠でスムーズに立ち回れれば。癖のある馬なので、引き続き同じ鞍上が跨るのも良いと思うし、最終追い切り次第で。

スマートオーディン 5本 B
中間の内容は平凡。近走は折り合いを欠く場面が目立つので、この距離短縮は良い方に出そう。前走もしっかり上がり最速をマーク出来ているわけですし、上手く流れに乗れれば善戦に期待出来そう。最終追い切りも注目したい。

ダイアナヘイロー 4本 A
中間の内容は悪くない。この舞台は得意だし、同レース連覇もかかる今回はしっかり仕上げて臨んできそう。武豊騎手に戻るのも良いし、近走の安定ぶりからも善戦に期待したい。最終追い切り次第では重たい印も。

タイムトリップ 3本 B
中間の内容は平凡。良い時はもっと良い内容をこなす印象があるし、使い詰めによって、いつも通りの負荷がかけれていない印象を受ける。最終追い切り次第では抑えも。

ダイメイフジ 3本 A
中間の内容は良い。この距離は良いと思うし、展開や馬場、枠順次第では頭まであると思っている馬。ハマれば良い末脚があるし、強敵馬を負かしたこともある馬なので、最終追い切りも非常に楽しみ。

トウショウピスト 2本 B
中間の内容は平凡。調教だけはやたら良く動くタイプなだけにこの内容は物足りない。能力的にも劣るし、ここは見送りか。最終追い切りでどこまで。

ヒルノデイバロー 8本 A+
中間の内容はとても良さそう。走り所が掴みにくい馬ではあるが、中間の内容を見る限り今回は馬券には入れたい1頭と感じる。2年前にはこのレースで2着の経験があるし、是非良馬場でやりたい。

ミスターメロディ 6本 A
中間の内容は悪くない。前走から引き続き状態を維持出来てそうな感じだし、1400mも得意距離。最終追い切り次第で。

ヤングマンパワー 1本 B
中間の内容は平凡。近走は不振だし、夏場の方が良いイメージ。1400mへの短縮が良い方へ出れば善戦も。最終追い切り次第で。

ラインスピリット 1本 A
中間の内容は良い。1200mより1400mの方がパフォーマンスを落とすし、プラス材料とは言い難い。中間の内容から状態は良さそうなので、最終追い切りも良ければ抑えも。

リナーテ 0本 C
中間は連闘のため時計を出せていない。連闘ということで回避濃厚だと思うが、出て来れば最終追い切り次第で取捨を決めたい。

スポンサードリンク

リョーノテソーロ 3本 B
中間の内容は平凡。近走はチグハグな内容が続き力を出し切れていない印象を受ける。上手く立ち回って力を出し切れれば善戦可能に感じる。最終追い切り次第では抑えたい1頭。

リライアブルエース 2本 B
中間の内容は悪くない。近走は調教の動きとレース結果が伴わないことが多い。調教は良く動くタイプなので、陣営のコメント等しっかり探って取捨を決めたい。最終追い切りでどこまで。

レッツゴードンキ 8本 A+
中間の内容は良さげ。1週前追い切りも坂路で軽快かつ余力十分の動き。7歳になっても年齢的な衰えは感じないし、この舞台でも十分通用すると感じる。高松宮記念の前哨戦ということで、仕上がり具合を最終追い切り含めしっかり見極めていきたい。

ロジクライ 3本 A+
調教は良く動くタイプで中間の内容は良さげ。距離短縮がどう出るかだが、ハマればここでも通用。鞍上は不安だが、最終追い切り次第で。

ロードクエスト 1本 A
中間の内容は悪くない。栗東滞在で昨年のスワンSで結果を出せているし、良い状態で臨めそうな雰囲気。1400mは合っているし、乗り替わりも魅力。最終追い切りも楽しみな1頭。

 

【阪急杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【危険馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【阪急杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

リナーテ 栗東 坂路 良
2頭併先 50.4-36.5-23.6-12.0 G前追 S
京都牝馬Sに出走したため回避濃厚だとは思いますが、先週時点で阪急杯にも特別登録してありますので、記載させて頂きます。

レッツゴードンキ 栗東 坂路 良
単走 50.1-36.6-24.0-12.2 G前追 S
1週前追い切りの内容としてはかなり良い。動きも良い頃の雰囲気に戻ってきているし、追ってからの反応が抜群に良く映った。7歳でも年齢的に衰えている感じはしないし、今年もスプリント戦線で有力視されると感じる。フェブラリーSではなく、阪急杯を前哨戦に選択したのは良いと思うし、このメンバーなら当然力は上位。最終追い切り次第では重たい印も打ちたい。

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の本命馬候補は私のブログランキングから!】

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

スポンサードリンク

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

 

スポンサードリンク

【小倉大賞典 2019/本命馬】

スポンサードリンク

◎マイスタイル
使い詰めもここが1番の仕上がりと自信のコメントが陣営から飛び出しているこの馬を本命に。近走は惜しい競馬が続いているが、展開に嫌われているなという印象が強い。それでも負けて強い競馬が続いているのは馬の能力が高い証拠だと思う。福島記念はかなりのハイペースに巻き込まれて、垂れるかと思いきや2着と踏ん張ったし、京都金杯もここへ向けた余力残しの仕上げで好走した点はかなり収穫があったと感じる。昨年からここを目標にしていたらしく、仕上がりは抜かりないように感じる。使い詰めでもこの中間はしっかり乗り込めているし、最終追い切りは余力のある迫力満点の動き。状態はピークのように感じるし、この馬の能力を出し切れる仕上がりにありそう。今回は前に行く速い馬が多いが、これまでの経験を元にオーバーペースにならなければ十分に好走可能に感じる。オーバーペースとは言っても、そこそこ展開が流れても対応可能なので、今回のメンバー構成や展開はあっている気がする。血統的にもスピード勝負は持ってこいだし、小回りコースもあっていることから、ここは好走に期待したい1頭に感じる。

 

【小倉大賞典 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【小倉大賞典 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

スポンサードリンク

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【フェブラリーS 2019/本命馬】

スポンサードリンク

◎インティ
初物尽くしも、それを打破するだけの能力を兼ね備えていると感じるこの馬を本命に。最終追い切り考察でも記したように追い切りの動きは抜群。脚の回転がとにかく速くて、その馬体から繰り出されるスピードはマイルにも十分適応可能だと感じた。同厩舎のクインズサターンがインティの後ろで単走していたが、S評価を付けたクインズサターンすらもグングン突き放していった。フォトパドックを見ても、胸前の筋肉の張りが前走より一層強調されているし、ここへ来ての成長ぶりは言うまでもない。レースも控える馬が多く揃い、前に行く馬は少ない点から、展開的な恩恵も受けれる可能性が高い気がする。テンのスピードが今までと異なることが懸念点としてあげられているが、このレース自体、芝スタートということでテンのスピードが速くなるのは当然。更に過去3年の前半3F通過タイムが平均よりかなり速い通過タイムだったことからも、このレースのテンが速くなる印象が根強く残ることもあり、インティにこの不安材料が降りかかって当然にも感じる。因みに過去10年の前半3Fの平均通過タイムは34.6秒。しかし、インティにも他馬に負けないスピードがあると思うし、先程も述べたように展開の恩恵も受けれると感じているので、特段気にしていない。逃げ候補のもう1頭の馬は、陣営のコメントを見る限りは逃げなさそうな雰囲気があるし、枠の並びからも楽に先手を奪える気もする。例えハナに行けなくても、番手から抜け出す競馬でも強い競馬をしていることから、ハナか番手かは現時点でリーディングジョッキーの好判断に任せたいところ。芝スタートで上手くスピードに乗り、マイペースで4角を回って来られれば、直線の長い東京競馬場でも十分に押し切れると思うし、この馬の未知なる能力と、クロフネ2世の呼び声の高いその可能性に賭けたい。

 

【フェブラリーS 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【フェブラリーS 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【フェブラリーS 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

スポンサードリンク

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の対抗馬は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク