【朝日杯FS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎アドマイヤマーズ
1強を崩せる可能性があるのはこの馬と思い本命に。最終追い切りでは坂路で自己ベストを更新。陣営も過去3戦、力は出し尽くした訳じゃないし、今回は、まだ見せてない面を見せるつもりと述べていることから、ここをメイチに標準を合わせているように感じた。前走は早目からメイショウショウブに並びかけられマークがかなりキツく、強制的に動きたくない位置から早めに動かされた。しかし、最後は力でねじ伏せた勝負根性は相当なもの。それでいて余裕残しの仕上げなのだから、かなりの伸び代を感じる。今回は1強ムードだが、その馬を負かすにはその馬よりも前で競馬をすることが得策だと考えている。グランアレグリアの瞬発力は相当なものだし、追い比べをしても全く及ばない可能性があるからだ。アドマイヤマーズは前目でも競馬が出来て、抜かせない勝負根性も兼ね備えている他、後ろで脚を溜めて鋭い差し脚で伸びてくることも可能。その器用がこのレースで存分に生きるのではないかと感じる。理想はグランアレグリアより前目で競馬をして先に抜け出し、そこからはこの馬の勝負根性を存分に見せて欲しいと感じる。例えその通りにいかなくても、切れのある差脚も兼ね備えているので、その自在性を生かしてほしい。メンバーを見渡す限り、鞍上にも恵まれた印象を受けるし、M.デムーロ騎手には完璧に乗ってもらいたい。1強ムードのグランアレグリアにも付け入る隙はいくらでもあるし、この馬の全力を尽くせば、勝ち切るシーンがあっても不思議ない。

スポンサードリンク

 

【朝日杯FS 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【朝日杯FS 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【朝日杯FS 2018/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【新馬戦 2018(12月15日・16日)/本命馬】

スポンサードリンク

【12月15日()】

中山5R MD中山 芝1800m 12:10~
◎バスクベレー

中京5R MD中京 D1800m 12:20~
◎グトルフォス

阪神5R MD阪神 芝1600m 12:30~
◎イルヴェントドーロ

中山6R MD中山 D1800m 12:40~
◎ゴールドソックス

阪神6R MD阪神 D1200m 13:00~
◎クイーンハーツ

【12月16日()】

中山5R MD中山 D1200m 12:05~
◎アシャカマキシン

阪神5R MD阪神 芝2000m 12:25~
◎トップアスリート

中山6R MD中山 芝1600m 12:35~
◎レッドアステル

阪神6R MD阪神 芝1400m 12:55
◎ルーナクオーレ

 

【新馬戦 2018(12月15日・16日)/最終追い切り考察】はこちらをクリック

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

スポンサードリンク

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【新馬戦 2018(12月15日・16日)/最終追い切り考察】

スポンサードリンク

【12月15日() 中山 5R】

クリムゾンスター 美浦 南W 重
2頭併先 70.0-53.8-38.9-12.9 G前追 A
しっかりと追われてまずまずの反応。安定感のある走りだし、初戦から善戦は可能か。

バスクベレー 美浦 南W 重
2頭併入 67.3-51.6-38.2-12.5 馬也 S
朝日杯FSの有力馬のドゴールと互角の動き。初戦からかなり期待できる。

ミライオー 美浦 南W 重
3頭併先 56.1-41.0-13.6 馬也 A
馬也で余力十分。初戦から善戦も。

サトノフォース 美浦 坂路 重
3頭併先 54.6-39.9-26.0-12.6 馬也 A+
余力たっぷりで良い動き。調教通りなら好勝負に期待できる。

キタサンハイドン 栗東 CW 稍重
2頭併遅 84.0-68.4-53.5-39.8-13.0 強め C
最終追い切りを見る限り、まだ反応面にモタつきがある。使いつつか。

【12月15日() 中山 6R】

シンティラ 美浦 南W 重
3頭併入 54.8-39.9-13.4 馬也 A
馬也で余力十分。追ったら良い反応をみせそうな手応えだし、初戦から善戦も。

ハクモクレン 美浦 南P 良
2頭併入 70.4-55.2-40.5-12.4 馬也 A
馬也で余力十分。初戦から善戦も。

エスデス 美浦 南D 重
2頭併先 71.0-54.4-39.9-12.6 G前追 A+
ダートコースで良い反応をみせた。初戦から好勝負に期待したい。

【12月15日() 阪神 5R】

アルセーヌ 栗東 CW 稍重
2頭併先 84.3-67.8-52.2-37.7-12.1 馬也 A+
馬也で余力十分。追えば伸びそうな雰囲気だったし、初戦から好走も。

シンゼンストロング 栗東 CW 稍重
2頭併遅 84.5-67.3-51.8-38.3-12.5 強め C
追われてからの反応は鈍い。使われつつ良くなれば。

モーニングサン 栗東 CW 稍重
2頭併遅 85.5-69.3-53.7-39.1-12.1 G前追 B
動き自体は悪くないが、併走馬にも遅れてしまったし、使われつつの方が良さそう。

チークハート 栗東 坂路 稍重
2頭併先 55.8-40.0-25.4-12.6 G前追 A+
追われるとかなり俊敏な反応をみせた。初戦から好走に期待したい。

ミッドサマーハウス 栗東 芝 不良
単走 71.0-53.6-39.0-11.7 馬也 A
馬也でスピード感のある走り。初戦からまずまず動けそう。

シゲルトラメイシ 栗東 P 良
2頭併入 57.4-42.2-13.2 馬也 B
動きは悪くないが初戦は善戦までか。

ハルノナゴリ 栗東 P 良
2頭併入 80.1-64.6-51.0-37.6-12.3 G前追 A
動きは悪くない。併走馬よりも手応えに余裕があったし、初戦から動けそう。

【12月15日() 阪神 6R】

クイーンハーツ 栗東 坂路 稍重
2頭併先 55.4-40.9-26.4-12.7 馬也 A+
動きは軽快だし、初戦から好勝負に期待できそうな動き。反応も悪くない。

ヒデノヴィーナス 栗東 坂路 稍重
2頭併入 53.2-39.1-25.8-12.6 馬也 A
動き自体は悪くない。ただ、ファンタジストにあっという間に差を詰められた辺りは少し心配。使われつつの方が良さそう。

【12月15日() 中京 5R】

バブリーダンス 栗東 P 良
2頭併入 58.1-42.2-13.2 馬也 B
動きは悪くないが、初戦は善戦までか。

【12月16日() 中山 5R】

ナスノダケ 美浦 南W 重
2頭併先 54.8-40.5-13.2 G前追 A
追われると良い伸びをみせた。初戦から善戦も。

リバティヘッド 美浦 南W 重
2頭併遅 69.6-53.6-39.0-13.5 G前追 B
動きは平凡。反応面がイマイチなので、使われつつの方が良さそう。

スポンサードリンク

ジャパンスウェプト 美浦 坂路 稍重
2頭併遅 53.1-39.2-26.0-13.0 馬也 A
動きは悪くないし、初戦から善戦も。

【12月16日() 中山 6R】

レッドアステル 美浦 南W 重
3頭併遅 52.8-38.3-13.4 馬也 A
馬也で余力があった。併せた馬には遅れをとったが、馬也だったため気にする必要はなさそう。初戦から善戦も。

キタサンブラウン 栗東 CW 稍重
2頭併先 83.1-67.6-52.6-38.9-12.5 G前追 A+
追われるとグングン併走馬を突き放した。とても良い伸びだったし、まだまだ伸びていきそうな雰囲気があった。初戦から好勝負に期待。

【12月16日() 阪神 5R】

トップアスリート 栗東 CW 稍重
2頭併先 82.3-65.9-51.0-37.7-12.0 馬也 A+
馬也で余力のある動き。初戦からでも動けそう。

ルデュック 栗東 CW 稍重
3頭併先 84.8-67.3-52.1-38.7-11.9 G前追 A
ジリジリと脚を伸ばし併走馬に先着。動き自体は悪くないが、1度使われた方が良さそうなイメージ。善戦に期待。

シャイニーブレット 栗東 坂路 稍重
2頭併遅 54.9-41.0-27.2-13.6 G前追 B
追い切りは物足りない。1度使われてからの方が良さそう。善戦までか。

バラーディスト 栗東 坂路 稍重
2頭併遅 53.9-40.0-26.5-13.6 強め B
動きには重さを感じる。1度使われてからの方が良さそう。

キングリスティア 栗東 芝 不良
2頭併遅 82.3-65.1-50.1-36.3-12.0 G前追 B
追われてからの反応はイマイチ。1度使われた方が良さそう。善戦まで。

オールフォース 栗東 P 良
2頭併入 58.9-42.2-13.0 G前追 B
追い切りの動きはまずまず。1度使われてからの方が良さそう。善戦まで。

【12月16日() 阪神 6R】

メイショウコミチ 栗東 CW 稍重
2頭併入 84.0-67.7-52.6-38.6-12.1 馬也 A+
馬也で余力十分の動き。初戦から好勝負に期待できそうな動き。

ストラール 栗東 坂路 稍重
2頭併先 53.7-39.8-26.3-13.3 強め B
併せ馬に先着するも動きはまだ重たく映る。ここは善戦まで。

ミッドナイトラヴ 栗東 坂路 稍重
2頭併先 54.8-39.1-25.1-12.7 G前追 A+
追われると俊敏に反応してあっという間にリードを広げた。初戦から好勝負に期待できそう。

アモローサ 栗東 P 良
2頭併先 67.4-52.3-38.2-12.5 G前追 A
追われるとスッと反応して併せた馬を突き放した。調教通りなら善戦に期待できそう。

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【ターコイズS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎プリモシーン
3歳でも牝馬同士のマイル戦なら十分に通用するとみているこの馬を本命に。今の中山は上がり最速を使える馬が馬券に良く絡んでいる印象を受ける。プリモシーン自体、新馬戦以外は全て上がり3位以内ということで、終いの脚は確実。今回はハッキリと前に行く速い馬がいるので、ペースもそこそこ流れそう。そうなると浮上するのはこの馬。秋華賞で距離が若干長いと感じていたが、上がりはアーモンドアイに次いでの2位。それに加え、外枠から出遅れて、直線の追い出しも遅かったように、マイナス要因だらけの前走。マイルになれば更に切れが増すと思うし、中山へ舞台が変わるのも大きくプラスに働きそう。中山マイルはフェアリーSの重賞勝ちもあるし、まくるようなレースも可能。ゲートが出れば好位で脚を溜めれば良いし、あまりスタートが良くないのなら、後ろで脚を溜めるか、途中から動くレースも可能。後ろからの競馬でもレースプランはいくつかある馬だし、鞍上はマイルGlを勝利したビュイック騎手。彼もプリモシーンのレース映像を確認してどんな馬が認知したようだし、テン乗りに不安は感じない。最終追い切りも余力十分の良い動きだし、陣営も全体的に力強くなっていると成長を感じている。夏は古馬相手に重賞を勝っているし、このメンバーなら勝機は十分にあると感じている。休み明けも苦にしないし、調教を見る限り仕上がりは順調。来年期待の1頭なので、ここは豪快な差し切りで突き抜けて欲しい。

スポンサードリンク

 

【ターコイズS 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【ターコイズS 2018/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【有馬記念 2018/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

オジュウチョウサン 美浦 南W 重
2頭併先 69.7-53.6-38.7-12.7 強め A
1週前追い切りの動きとしては良いし、調教で跨っている石神騎手も今までで1番良いと強気なコメント。好走出来る、出来ないは別にして、最終追い切りも楽しみ。

サクラアンプルール 美浦 南W 稍重
2頭併83.7-67.3-51.9-38.2-12.7 G前追 S
1週前追い切りの内容はかなり良い。中間の内容はメンバーの中で1番良いと感じているし、昨年の有馬記念の内容を見る限りこの舞台でも十分好走するチャンスがあるように感じる。最終追い切りも非常に楽しみ。穴なら必ず馬券に抑えたい1頭。

ブラストワンピース 美浦 南W 稍重
2頭併先 81.9-67.1-52.7-38.2-12.2 G前追 A
1週前追い切りの動きとしては悪くない。前走の調教内容がかなり良かったので、最終追い切りで上昇出来ているかを確認したい。

ミッキースワロー 美浦 南W 重
3頭併入 69.0-54.0-39.8-12.7 馬也 A+
馬也で追走し、最後はしっかり併走馬と馬体を合わせるところでゴール。状態はひと叩きされて上向いてそうだし、中山のこの舞台は合うと思うので、最終追い切り次第では。

レイデオロ 美浦 南W 重
2頭併先 69.4-53.1-39.1-13.4 馬也 A+
1週前追い切りの内容としては悪くない。馬也で余力たっぷりだったし、C.ルメール騎手は前走よりも更に状態が良いと1週前で強気のコメント。最終追い切りも非常に楽しみ。

キセキ 栗東 CW 稍重
単走 68.0-52.8-39.2-12.0 馬也 A
1週前追い切りの動きとしては悪くない。最終追い切りで、より軽快さが出てくればここも面白い。

クリンチャー 栗東 CW 稍重
単走 81.9-66.1-51.4-37.8-12.2 G前追 A+
1週前追い切りの動きとしては申し分ない内容。スピード感を持ったままコーナリングし、直線は力強い伸び脚。海外帰りでも動ける態勢にありそうだし、最終追い切りで更に良くなれば面白い。

サウンズオブアース 栗東 CW 稍重
2頭併先 82.3-65.8-52.9-38.5-12.2 G前追 A+
1週前追い切りの動きとしては良い。最近では時計は出てたが動きはイマイチだった。今回は動きが良い頃に戻っているような印象を受けた。有馬記念は2着の経験があるし、最終追い切り次第では。

サトノダイヤモンド 栗東 CW 稍重
3頭併入 82.0-66.5-51.9-37.9-11.4 強め B
1週前追い切りを見る限り、京都大賞典、ジャパンCがピークだった感は否めない。有馬記念は2年前の覇者だし、最終追い切り次第では。

シュヴァルグラン 栗東 CW 稍重
3頭併先 96.5-80.6-65.8-51.2-37.3-12.0 G前追 S+
シュヴァルグランの1週前追い切りとは考えられないほど良い動き。ジャパンCで引退を撤回したように、まだまだ動けると判断したから引退を引き延ばしたように捉えて良さそう。ジャパンCだって決して悪くないレースだったし、今回は過去2戦を振り返っても1番の出来に感じる。最終追い切り次第では頭まで視野。

スポンサードリンク

パフォーマプロミス 栗東 CW 稍重
2頭併先 84.4-68.1-52.5-38.7-12.0 G前追 A+
1週前追い切りの内容としては良い。2500mは相性が良いし、枠順や最終追い切り次第では馬券に入れたい1頭。

プラチナムバレット 栗東 CW 稍重
2頭併遅 81.9-65.8-51.1-38.2-12.5 G前追 C
1週前追い切りの内容としては物足りない。良い頃と比べるとかなり見劣るし、最終追い切りでどこまで。

リッジマン 栗東 CW 稍重
単走 87.2-69.7-53.3-39.5-13.3 馬也 B
1週前追い切りは軽め。ステイヤーズSから中2週だし、メイチに見えた前走から上積みがあるかは疑問。最終追い切りでどこまで。

スマートレイアー 栗東 坂路 稍重
2頭併先 54.2-38.7-24.9-12.3 G前追 B
絶好時と比べてしまうと見劣る。最終追い切りでどこまで。

マカヒキ 栗東 坂路 稍重
2頭併先 53.8-39.0-24.7-12.2 G前追 A
1週前追い切りの内容としては良い。前走がメイチだった感は否めないので、最終追い切り次第で。

ミッキーロケット 栗東 坂路 稍重
2頭併入 51.8-37.4-24.3-12.3 G前追 A
ビッシリと追われて1週前追い切りの内容としては満足のいくもの。最終追い切りで反応の良さが更に出てくれば面白い1頭になりそう。最終追い切りに期待したい。

モズカッチャン 栗東 坂路 稍重
単走 52.3-37.8-24.6-12.3 強め A+
1週前追い切りの内容としては十分。この馬にしてはかなり動けてる方だし、最終追い切りにも期待したい。人気しないなら狙いたい1頭。

 

【有馬記念 2018/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【朝日杯FS 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

エメラルファイト 美浦 南W 重
2頭併先 66.6-51.3-38.5-12.7 G前追 A
状態は前走と同じくらいに感じる。動きは良いし、善戦に期待したい。マイルになるのも良さそう。

グランアレグリア 美浦 南W 重
2頭併先 69.2-53.0-39.2-13.0 G前追 A+
最後にほんの少しだけ手綱を動かして反応を確認する程度。俊敏に反応し、併走馬をしっかり突き放した。軽めでも内容は濃かったように感じるし、能力通りならここは勝ち負け。

ドゴール 美浦 南W 重
2頭併入 67.7-51.9-38.5-12.5 G前追 A
調教は動くタイプ。最終追い切りはそこまで良いとは言えないし、この動きで前走の0.6秒差の穴を埋めれるとは思わない。善戦までか。

マイネルサーパス 美浦 南W 重
2頭併入 69.0-53.2-38.6-12.8 馬也 A+
最終追い切りは追走も楽そうだったし、状態は引き続き良さそう。前走もレコードで勝利しているし、面白い存在になりそう。善戦に期待したい。

アスターペガサス 栗東 CW 稍重
単走 82.9-67.6-52.4-38.3-11.9 G前追 A
出来は叩き2戦目ということで上向いている印象。初のマイルがどうか疑問だし、善戦までか。

イッツクール 栗東 CW 稍重
3頭併先 84.6-67.9-52.5-38.4-11.8 強め A
調教は動くタイプ。能力的には明らかに足りないし、ここは見送りか。

コパノマーティン 栗東 CW 良
2頭併先 85.8-69.1-54.0-39.8-12.4 G前追 B
最終追い切りの動きは悪くない。ただ、能力的にここは見送りか。

ソルトイブキ 栗東 CW 良
2頭併先 86.5-70.3-54.2-39.5-11.7 G前追 B
調教の動きは悪くないが、能力的にここは厳しそう。

アドマイヤマーズ 栗東 坂路 稍重
2頭併先 52.9-38.8-25.1-12.6 G前追 A+
最終追い切りは鞍上の追い出しにも俊敏に反応。併走馬をラスト200mほどで5~6馬身引き離した様に見えた。ひと叩きされ状態面は上がってきているし、ここも好走に期待したい。

クリノガウディー 栗東 坂路 稍重
単走 51.6-37.7-24.5-12.2 G前追 A
調教は動くタイプ。出来は前走と同じくらいに感じる。能力的には厳しそうだが、うまく前目で運べれば善戦も可。

スポンサードリンク

ケイデンスコール 栗東 坂路 稍重
2頭併先 52.5-38.3-25.0-12.5 G前追 A
併走馬にしっかりと先着し、力強い伸び。決め脚の生きる展開になれば面白い。

ディープダイバー 栗東 坂路 稍重
2頭併先 52.5-38.2-25.0-12.7 G前追 B
調教は悪くないが、能力面で不安が残る。善戦までか。

ニホンピロヘンソン 栗東 坂路 稍重
単走 53.9-39.7-26.0-12.9 馬也 B
状態は前走と同じくらいに感じる。最終追い切りは至って平凡だし、一変は感じられない。善戦までか。

ヒラソール 栗東 坂路 稍重
2頭併先 54.8-39.8-25.4-12.1 G前追 B
調教は動くタイプ。さすがに能力的に厳しいと感じるし、善戦まで。

ファンタジスト 栗東 坂路 稍重
2頭併先 52.8-38.3-25.0-12.1 G前追 A+
1週前追い切りがかなり良かったし、最終追い切りも前に馬を置く形で終いはキッチリと先着。前走や最終追い切りを見る限り、道中我慢が効いてたし、折り合いには不安がないと感じる。マイルにも対応できると武豊騎手も述べているし、問題はなさそう。一角崩しへ視界良し。

 

【朝日杯FS 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【朝日杯FS 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【ターコイズS 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

アイライン 美浦 南W 重
2頭併入 68.7-53.9-38.8-12.6 G前追 B
最終追い切りは若干反応面で不安が残る動き。前走よりは状態は良さそう。距離延長や相手関係からみると見送りたい。

フローレスマジック 美浦 南W 重
2頭併入 53.5-37.9-12.0 強め A+
中間の内容からも、状態は確実に前走以上に感じる。ただ、最終追い切りでは、しっかり追われた割には反応がイマイチに感じた。とはいえ馬券には入れたい1頭。

プリモシーン 美浦 南W 重
2頭併先 52.9-38.1-12.1 馬也 S
毎回調教は動くし、秋華賞時も出来はかなり良く見えたが、その出来を維持できているイメージ。決め脚や能力はここに入っても遜色ないかそれ以上だと感じているし、勝ち負けに期待したい。

リエノテソーロ 美浦 南W 重
単走 67.2-52.0-37.8-13.3 G前追 B
最終追い切りは平凡。距離延長も不安だし、出来落ち感は否めない。ここは見送りか。

ハーレムライン 美浦 坂路 重
単走 53.0-38.2-24.5-12.4 強め A
調教の動きは毎度のこと良い。中山は得意な舞台だし、馬はまだ若いので変わり身には期待できる。善戦に期待したい。

フロンテアクイーン 美浦 坂路 重
2頭併遅 52.8-38.4-25.3-12.8 G前追 B
普段はもう少し良い内容を消化するイメージ。直近3走の調整過程が良すぎて、ここの出来落ち感は否めない。抑えまでか。

デンコウアンジュ 栗東 CW 良
単走 80.4-66.6-53.0-39.5-13.0 G前追 B
良い時と比べると明らかに出来落ちしている印象。前々走、前走の方が状態面は良かったように感じるし、ここは善戦までか。

ミエノサクシード 栗東 CW 稍重
単走 83.5-66.2-50.5-36.3-11.6 馬也 A+
調教は毎回良く動くタイプ。中間の内容も良いし、出来は前走以上に感じるが、最終追い切りは時計以上に良くは見えないのが本音。重賞になると案外なタイプだし、ここも抑えまでか。

アンコールプリュ 栗東 坂路 稍重
単走 54.8-40.0-25.1-12.3 馬也 A+
調教は動くタイプだと思っていたが、坂路でこれだけ動いたのは初めて。前走よりも状態は良さそうだし、中間の内容も良いので、決め脚が生きる展開になれば面白い。展開面で恵まれれば馬券内までは。大穴なら抑えたい。

カイザーバル 栗東 坂路 稍重
2頭併入 54.0-38.5-24.8-12.5 G前追 A
最終追い切りは平凡。良い頃と比べると見劣るし、連勝しているが近走のレースレベルは低いように感じる。自分の競馬に徹してどこまで。

カワキタエンカ 栗東 坂路 稍重
単走 59.1-43.1-27.8-13.7 馬也 B
最終追い切りは平凡。馬も走りに集中していないような感じがあるし、中間の内容も軽いように思える。距離も短いイメージがあるので、ここはどうか。逃げてどこまで。

スポンサードリンク

キョウワゼノビア 栗東 坂路 稍重
2頭併先 52.7-38.1-24.5-12.3 G前追 A
この馬は追い切りで動くタイプなので、最終追い切りも過大評価は与えない。能力的にも厳しそうだし、ここは善戦までか。

ディメンシオン 栗東 坂路 稍重
単走 53.8-39.2-25.2-12.5 G前追  A+ →
最終追い切りは脚取りがスムーズだし、走りのバランスも良し。鞍上の追い出しにも俊敏に反応。連勝の勢いは怖いし、好走に期待できそう。

ミスパンテール 栗東 坂路 稍重
単走 54.2-38.4-24.7-12.4 馬也 S ↑
動きは前走以上に見えるし、良い頃に戻っているイメージ。過去2戦は距離が長かったし、マイルに戻るのはプラスでしかない。昨年のターコイズSは、かなり追い出しが遅れても強い勝ち方だったし、この舞台設定は申し分ない。重い印も必要か。

リナーテ 栗東 坂路 稍重
単走 52.5-38.0-24.5-12.0 G前追 A
追い切りは良く動くタイプ。スピードはあるのは伝わるが、マイルがどうか。善戦までか。

リバティハイツ 栗東 坂路 稍重
単走 54.7-39.3-24.9-12.0 G前追 A+
出来は前走以上に感じるし、最終追い切りは軽快な脚捌きで馬の前進姿勢も感じられた。ロスのない競馬ができれば好走も。

レッドオルガ 栗東 坂路 稍重
単走 53.7-39.1-25.4-12.6 G前追 A
前走の出来を維持できている印象。能力的には足りないイメージ。善戦までか。

ベルーガ 栗東 芝 不良
単走 65.1-50.1-36.1-11.1 G前追 A+
芝追いだが、休み明け2戦目ということで、脚の回転や切れは良い頃に戻りつつありそう。ラスト1Fは時計ほど動けているようには見えないのが正直なところ。距離延長や相手関係からは、重たい印は見送りたい。

 

【ターコイズS 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【朝日杯FS 2018/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

アスターペガサス 3本 A
中間の内容は悪くない。ひと叩きされた効果は見込めそうだし、最終追い切りでどこまで。

アドマイヤマーズ 3本 A
中間の内容は悪くない。前走は休み明けでも前を譲らない勝負根性をみせた。今回は更に状態が上向いてくるだろうし、最終追い切り次第も注目したい。

イッツクール 1本 B
中間の内容はまずまず。最終追い切りでどこまで。

エメラルファイト 3本 B
中間の内容はまずまず。最終追い切りでどこまで。

グランアレグリア 3本 A
中間の内容は悪くない。レイエンダ、シェーングランツ同様、ポリトラックでの調整が目立つのは唯一の心配。ただ、能力は相当なものを持っていることは理解している。最終追い切りは、もう少しピリッとさせる内容を消化して欲しいし、最終追い切り次第では鉄板の頭になり得る。

クリノガウディー 2本 A
中間の内容は悪くない。最終追い切りでどこまで。

ケイデンスコール 3本 A+
休み明けということもあり中間からビッシリと追われて濃い内容を消化出来ている。このひと追いで変わってくると思うし、最終追い切りも楽しみ。決め脚が生きる展開になれば面白い。

コパノマーティン 1本 C
中間の内容は良くない。能力的にもここは見送れる。最終追い切りでどこまで。

ソルトイブキ 2本 C
中間の内容は良くない。1週前追い切りはタニノミッションに子供扱いされていたし、能力的にも厳しそう。最終追い切りでどこまで。

ディープダイバー 3本 C
中間の内容は良くない。能力的にもここは厳しそう。最終追い切りでどこまで。

ドゴール 3本 A+
中間の内容は良い。状態は前走以上に感じるし、最終追い切りも楽しみ。決め脚の生きる展開になれば。

スポンサードリンク

ニホンピロヘンソン 3本 B
中間の内容はまずまず。連勝の勢いは怖いので、最終追い切りには注目したい。

ヒラソール 1本 C
中間の内容は良くない。能力的にも厳しいと思うし、最終追い切りでどこまで。

ファンタジスト 3本 S
中間はとても良い内容を消化している。1週前追い切りでは栗東坂路の1番時計を叩き出すなど好調ぶりをアピールし、併走馬の古馬アドマイヤナイトに2馬身半の先着を果たした。ラスト1Fは計測不可だったが、恐らく11秒台に乗るか乗らないかくらいとのこと。状態は間違いなく前走以上だし、最終追い切りにも更なる期待が膨らむ。

マイネルサーパス 4本 A
中間の内容は悪くない。前走はレコードで勝利しているし、最終追い切り次第で。

 

【朝日杯FS 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック。

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【ターコイズS 2018/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

アイライン 3本 B
中間の内容はまずまず。能力的には怪しいが、最終追い切りでどこまで。

アンコールプリュ 5本 A
中間の内容は悪くない。能力的には怪しいが、最終追い切りでどこまで。

カイザーバル 2本 B
中間の内容はまずまず。マイルは合っていると思うし、一昨年前の秋華賞3着馬。軽視はできないし、最終追い切りも注目。

カワキタエンカ 3本 B
中間の内容は平凡。マイルは若干短い気もする。最終追い切りでどこまで。

キョウワゼノビア 3本 A
中間の内容は悪くない。調教は動く方なので、これくらい動けていれば普段通りか。能力的には怪しいので、最終追い切り次第で。

クリノラホール 1本 C
中3週あって中間この本数は物足りない。最終追い切りでどこまで。

ディメンシオン 4本 A
中間の内容は悪くない。3連勝の勢いは非常に怖いので、最終追い切り次第で。

デンコウアンジュ 2本 B
中間の内容はまずまず。最終追い切りは良く動くので、最終追い切りに注目したい。

ハーレムライン 1本 B
中間の内容はまずまず。中2週でこの内容は若干物足りなさも感じる。最終追い切りでどこまで。

プリモシーン 4本 A+
中間の内容は良い。決め脚比べならこの馬が1番だと思うし、最終追い切りも要注目していきたい。中山のマイルもかなり合ってると感じるので、楽しみな1頭。

フロンテアクイーン 4本 A+
中間の内容は良い。昨年のターコイズSも負けて強しの内容。最終追い切り次第で。

フローレスマジック 3本 A+
中間の内容は良い。中山も合うし、連勝の勢いは怖い。捌き方ひとつだと思うし、注目の鞍上はC.ルメール騎手。最終追い切り次第で。

ベルーガ 7本 A
中間の内容は良い。状態は確実に前走以上に感じるし、前走は11ヶ月の休み明けで3着。ひと叩きされた上積みはあると思うし、最終追い切り次第で。初の中山とキャリアの浅さが不安。

スポンサードリンク

ミエノサクシード 6本 A+
中間の内容は毎度のこと良い。初の中山は不安だが、最終追い切り次第で。

ミスパンテール 4本 A
中間の内容は若干良い頃より劣る感じ。ただ、去年のこのレースがかなり強い競馬。近走は適性距離ではない舞台で苦戦を強いられていたが、得意のマイル右回りに戻って巻き返しを図る。最終追い切りも要注目。

メサルティム 7本 B
しっかり乗り込めてはいるも、内容はイマイチ。能力的に厳しそうだし、最終追い切りでどこまで。

リエノテソーロ 6本 B
こちらも本数はこなせているが、良い時と比べると内容がイマイチ。マイルも若干長い気がするし、最終追い切りでどこまで。

リナーテ 4本 A
中間の内容はまずまず。連勝の勢いは怖いので、最終追い切り次第で。

リバティハイツ 5本 A
中間の内容は悪くない。重賞勝ちもある馬なので、最終追い切り次第では見直したい。

レッドオルガ 5本 A
中間の内容は悪くない。決め脚は良いものを待っているので、展開がハマれば。最終追い切りでどこまで。

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【阪神JF 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎タニノミッション
キャリア1戦でまだ底を見せていないこの馬を本命に推す。ウォッカの仔にしては珍しく、かなり瞬発力があるタイプ。初戦は抜群のスタートを決めて、馬群の内目を追走。最後の直線は、ラスト250mまで前が壁で追えなかったが、追ってからの反応が素晴らしいの一言で、モレイラ騎手が手を軽く動かしただけで抜群の反応。ノーステッキで突き抜けた。それでも前走は乗り込みが甘かったらしいが、その前走と比べても今回はしっかりと乗り込み負荷をかけたことで、かなりの上積みを感じる。1週前追い切りでしっかりやって、最終追い切りは軽めだったが、追走する感じも、反応もかなり良い。最終追い切りはダート戦線で活躍する古馬クイーンマンボを子供扱いするほど。浜中騎手も追い切りに跨って、かなり良い感触を掴んだようだし、1度使った変わり身にはかなりの期待が持てる。枠順も偶数番の真ん中の枠を引き当て、レースを組み立てやすい枠に入ったと思う。前走はスローの決め脚勝負だったが、本来スピードがある馬なので、流れる競馬の方が合っていると思うし、今回は行く馬が多いので、展開も向くと思う。混戦模様の今回なら、ジョワドヴィーヴル以来のキャリア1戦での制覇も手の届く範囲にあると思うのでここを勝利し、無敗で来年のクラシックの有力角へ。

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク