【宝塚記念 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

YouTubeも始めました!

チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場のYouTubeチャンネルはこちらをクリック !

 

 

 

 

 

アルアイン 11本(栗坂11本/※栗プール4本) A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
中間の内容はとても良いと思います。1週前追い切りでも栗東の坂路で自己ベストをマークしましたし、状態が良いことは間違いなさそうです。乗り込み量も豊富ですし、2週前追い切り、1週前追い切りときっちり追われたことで、最終追い切りでは更に良い動きを見せてくれそうです。

 

 

 

 

 

 

エタリオウ 6本(栗CW4本/栗坂2本) A+
中間の内容はこの馬のいつもの調整パターンがしっかり課せられていると思います。2週続けてコースでしっかりと負荷をかけられていますし、最終追い切りは更に動きが良くなってきそうなイメージがあります。追い切りでも最後までしっかりと走るようになっていますし、精神面での成長も伺えました。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

キセキ 17本(栗CW4本/栗坂13本) A
中間の乗り込み量は豊富。ただ、良い時のキセキの消化内容と比較すると若干見劣るイメージがあります。本数はかなりこなせているので、徐々に状態は上向いてきている気がしますし、最終追い切りの動きをしっかりとチェックしていきたいです。

 

 

 

 

 

 

クリンチャー 9本(栗CW2本/栗坂7本/※栗プール5本) A
中間の内容はとても良いが、調教は毎回動いてくるタイプなので、過度な評価は与えたくないのが本音です。とはいえ、タフさが求められるこの舞台は合っていると感じますし、最終追い切りの動きが良ければ抑えなければならない1頭だと思っています。

 

 

 

 

 

 

ショウナンバッハ 0本 F
中間は中1週のため時計を出せていない。近走は安定してますし、今回も自分の競馬に徹してどこまでやれるかの勝負になると思います。能力的には足りないと思いますが、展開や運が向けば。最終追い切りで取捨を決める形になると思います。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

スティッフェリオ 7本(栗坂7本) A
中間の内容は悪くないです。2週続けてビッシリ追われてますし、最終追い切りでは更に良化してくる可能性もあると思います。2週前追い切りや1週前追い切りの時計面はまずまず良いですが、動きの面でまだ重苦しさがあったので、最終追い切りでその辺りが解消されてくれば。

 

 

 

 

 

 

スワーヴリチャード 6本(栗CW4本/栗坂2本) A+
中間の内容はとても良いと感じます。特に1週前追い切りの動きは圧巻で、持ったままで併せ馬に取り付き、軽く促されると抜群の反応を見せてくれました。海外帰りでも状態は悪くないと思いますし、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみな1頭です。

 

 

 

 

 

 

ソールインパクト 2本(美南W2本) A
中間の内容は悪くないと思います。間隔が詰まっていながらもしっかりと乗り込めていますし、良い状態をキープ出来ている印象を受けます。いつも通りの調整過程を踏めていますし、最終追い切りで更に良化してくれば。近走は安定して走れていますし、出来の良さでどこまでやれるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

タツゴウゲキ 7本(栗坂7本/※栗プール12本) A ◆中間自己ベスト(栗坂)
中間の内容は悪くないと思いますが、1週前追い切りの動きを見るとまだ良化の余地を残していると思います。ただ、追い日ではない日曜日に栗東の坂路で自己ベストを更新していますし、1年ぶりでも馬は出来ている可能性もあります。最終追い切りの動きは要チェックしていきたいです。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

ノーブルマーズ 1本(栗坂1本/※栗プール2本) F
中間の内容は中2週のためこんなもんです。昨年とローテーションは異なりますが、ひと叩きして宝塚記念という形は同じです。鳴尾記念はハナから叩き台のつもりだとすれば、昨年3着と激走したこの舞台に照準を合わせてきている可能性は十分考えられます。最終追い切りの動きには要チェックしていきたいです。

 

 

 

 

 

マカヒキ 22本(栗CW6本/栗坂15本/栗芝1本) A+
中間の内容はとても良いです。在厩でしっかりと乗り込めていますし、量だけでなく内容も濃い内容を消化出来ています。過去1番の乗り込み量だと思いますし、仕上がりはかなり良いと見ています。前走でも復調の気配を感じられましたし、ここでも良いパフォーマンスを見せてくれる気がします。最終追い切りの動きにも引き続き注目していきたいです。

 

 

 

 

 

 

リスグラシュー 4本(栗坂4本) A
中間の内容は悪くないと感じます。海外帰り初戦になりますが、1週前追い切りの動きは良かったですし、最終追い切りで更に良くなってくれば。金鯱賞でも海外帰りを苦にしませんでしたし、最終追い切りの動き次第では十分買える馬だと思っています。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

レイデオロ 10本(美南W5本/美坂5本) A
中間の内容は悪くないですが、4F追いが目立つのは若干気掛かりではあります。ただ、1週前追い切りの動きはとても良かったですし、出来に関しても問題なくきていると見ています。最終追い切りの動きもしっかり注目していきたいです。

 

 

 

 

宝塚記念の対抗・穴馬はこちらから

 

YouTubeも始めました!

チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場のYouTubeチャンネルはこちらをクリック !

 

記事内で疑問点や質問したい事があればTwitterサブアカウント(@yuta87oikiri2)のDMまで宜しくお願いします!
些細な事でも結構です!
本アカウント(@yuta87oikiri)のフォローも宜しくお願いします!

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

 

スポンサードリンク

【ユニコーンS 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

【ユニコーンS 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

応援クリック宜しくお願いします!

 

 

 

 

 

アシャカトブ 3本(美南W1本/美坂2本) B
中間の内容は平凡。調教では元々動くタイプと見ているし、この中間も格上馬に先着を果たしているが、この格上馬は調教ではあまり動かないタイプ。過度に評価するのは禁物だと思うし、最終追い切りでどこまで。

 

 

 

 

 

 

アッシェンプッテル 4本(栗CW4本) B
中間の内容は平凡。特段目立つ内容は消化していないものの、このレースに騎乗する城戸騎手が入念に調教で跨っている点は好印象。最終追い切りの動きに注目したい。

 

 

 

 

 

 

イメル 4本(栗坂4本) B
中間の内容は平凡。調教は動くタイプだし、栗坂での好時計も想定内の範囲。2週続けてビッシリと追われているので、最終追い切りで軽快さや切れが増してくれば。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

ヴァイトブリック 1本(美坂1本) C
中間の内容は物足りない。間隔が空いているにもかかわらず、この中間は1本しか時計を出せていないし、その内容も平凡なもの。中間で乗り込めない理由の1つとして、前走で馬体重をデビュー時と同体重にまで減らし過ぎた点に原因があるのかもしれない。最終追い切りでキッチリとやってきても急仕上げ感は否めないし、馬体重を戻すので手一杯なイメージ。

 

 

 

 

 

 

ヴァニラアイス 4本(栗CW1本/栗坂3本) A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
中間の内容はとても良い。坂路で49秒台の自己ベストをマークしたし、状態はかなり良いと感じる。ただ、スプリント色がある馬は坂路で動くイメージがあるので、過度に評価は与えたくないが、これだけしっかりとやれた点は評価したい。1Fの延長が鍵になると思うし、最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

 

 

 

エルモンストロ 5本(栗CW1本/栗坂4本) B
中間の内容は平凡。特に目立つ内容も消化していないし、強調材料はあまりない。休み明けにもなるし、最終追い切りの動き次第で。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

オンザウェイ 1本(美南W1本) F
中間は中2週ということで時計を出せていない。ひと叩きした効果は見込めそうだし、最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

 

 

 

ザディファレンス 4本(美南W4本) A
中間の内容は悪くない。しっかりと長目から時計を出せるようになっているし、終いのジリっぽさも解消されつつありそう。併せ馬でもしっかりと先着を果たしているし、順調な成長曲線を描いているイメージ。このレースに騎乗する野中騎手が念入りに調教で跨っているのも好印象。

 

 

 

 

 

 

サトノギャロス 2本(栗坂2本) B
中間の内容は平凡。調教は良い動きをするので過度に評価はしたくないが、栗坂で52秒台の時計も出せているし、状態面は引き続き良い状態をキープ出来ている印象を受ける。最終追い切りでどこまで。

 

 

 

 

 

 

ダンツキャッスル 1本(栗CW1本) C
中間の内容はまずまず。中4週にしては本数が少ない気もするし、1週前の追い切り内容も急仕上げと捉えることも出来そう。一応好時計をマークしたが、やれば時計は出るタイプだし、最終追い切りの動きをチェックしてから。

 

 

 

 

 

 

デアフルーグ 2本(美南W2本) A+
中間の内容はとても良い。長目からしっかりと負荷をかけてこれているし、終いの時計も上々。前走を見ても勝ち馬との差は僅かだし、逆転は可能と見ている。最終追い切りの動きにも要注目したい。

 

 

 

 

 

 

デュープロセス 3本(栗CW1本/栗坂2本/※栗プール3本) A
中間の内容は悪くない。1週前追い切りの終いの時計は目立つものだし、全体の時計としても悪くない。ただ、併走馬を交わしさってから気を抜くシーンも見受けられたので、最終追い切りでは最後まで気を抜かずに脚を伸ばす姿を見せて欲しい。現状でも良い状態にあると思うが、最終追い切りで更に良くなれば。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

ニューモニュメント 2本(栗CW1本/栗坂1本) A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容はとても良い。1週前追い切りでは自己ベストも更新したし、状態の良さが伺える。全体時計を縮めれたのも良いと思うが、終いの切れが増している点も強調したい。前走は位置取りと大外をぶん回した分の差だと思うし、最終追い切り次第では。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

ノーヴァレンダ 4本(栗CW4本) A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容はとても良い。1週前追い切りは自身の自己ベストを約4秒も更新。併せた相手は先週の日曜日に行われた三田特別で2着と好走した格上馬だったが、難なく先着を果たしたし、状態面はかなり上向いているとみている。前走の敗因は不明だが、マイルになるのは良いと思うし、最終追い切り次第では十分見直せると感じる。

 

 

 

 

 

 

ブルベアイリーデ 3本(栗坂3本) A ◆中間自己ベストタイ(栗坂)
中間の内容は悪くない。栗坂で自己ベストタイの時計もマーク出来ているし、引き続き状態は良いとみている。前走、上位馬との差は明白だったが、乗り方一つで善戦は可能に感じる。最終追い切り次第で。

 

 

 

 

 

 

ロードグラディオ 8本(栗CW1本/栗坂7本) A ◆中間自己ベスト(栗坂)
中間の内容は悪くない。栗坂で自己ベストをマーク出来ているし、状態は良い状態をキープ出来ていると見ている。終いの脚は鈍ったので、最終追い切りでは軽快さと切れが増してきて欲しい。先週の日曜日にも栗CWで良い内容を消化出来ているし、順調に仕上がりは進んでいる印象を受けるので、最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

 

 

ワイドファラオ 3本(栗CW1本/栗坂2本) B
中間の内容はまずまず。1週前追い切りの動きは良かったが、全体の時計は遅かったし、併せた相手も未勝利馬ということで、そこまで評価には値しないと感じる。ダートは初めてだが、血統的にダートは向くと思うし、最終追い切り次第では。

 

 

 

 

【ユニコーンS 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

応援クリック宜しくお願いします!

記事内で疑問点や質問したい事があればTwitterサブアカウント(@yuta87oikiri2)のDMまで宜しくお願いします!
些細な事でも結構です!
本アカウント(@yuta87oikiri)のフォローも宜しくお願いします!

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

 

スポンサードリンク

【函館スプリントS 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

アスターペガサス 1本(函館W1本) F
中2週に加え、函館への輸送があったため時計は1本のみ。使い詰めだし、軽めの調整程度はあまり気にならない。それよりも斤量が恵まれた印象を受けるし、最終追い切りを重要視して評価していきたいと感じる。前走より5kgも軽くなるのは魅力的だし、最終追い切りでどこまで。

 

 

 

 

 

 

カイザーメランジェ 3本(美坂3本/※美プール1本) A
中3週でもしっかりと乗り込まれている点は評価。終い重点の内容が目立つとはいえ、楽に12秒前半の時計をマーク出来ている点は好感が持てる。調教は動くタイプとはいえ、動いているという事は状態の良い証という事で、最終追い切りも楽しみな1頭。

 

 

 

 

 

 

サフランハート 1本(函館W1本) F
中2週に加え、函館への輸送があったため時計は1本のみ。前走が7ヶ月ぶりの実戦ということで、1度使った上積みに期待出来そう。最終追い切りでキッチリとやってくれば。

 

 

 

 

 

 

シュウジ 0本 F
中間は中1週という事で時計を出せていない。間隔が詰まって良いタイプではないが、この舞台で2着の経験がある馬。最終追い切りの動き次第では。

 

 

 

 

 

 

ダイメイフジ 2本(栗坂2本) A
中間の内容は平凡。前走が連闘だったため、乗り出しは遅いが、1週前にビッシリと追って併せ馬で先着出来た点は好感。洋芝での実戦は初めてだし、最終追い切りの動き次第では。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

ダノンスマッシュ 3本(函館芝1本/函館ダ2本) A+
中間の内容はとても良い。本数こそ若干少ない気もしているが、1週前追い切りの函館芝コースで見せた内容が素晴らしい。入りから終いまで完璧なタイムが出たと思うし、それを馬也でやってのけるのだから、リフレッシュされて馬の状態は物凄く良いと感じる。まだ緩さがあるらしいが、1週前でキッチリとやれたし、今週のひと追いで態勢を整えてくると見ている。

 

 

 

 

 

 

タマモブリリアン 1本(栗坂1本) A
中間の内容は悪くない。本数が少なく、急仕上げ感は否めないが、栗坂で好時計をマーク。本数をやれてないのが唯一の心配だが、1発目にこの時計を出してこれるのだから、ひと叩きした上積みは感じられる。最終追い切りの動き次第では。

 

 

 

 

 

 

タワーオブロンドン 7本(美南W3本/美坂4本) A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
中間の内容はとても良い。安田記念を見送った影響もなく、ここを照準に仕上がりはとても良いと感じている。1週前追い切りでは自己ベストも更新したし、前走のレコード勝ちの反動も感じられない。元々スピードタイプでマイル以下が良いと言われていたが、1200mという距離は今回が初めて。ここで好走するようなら今後の選択肢が増えるだろうし、試金石の一戦でどんなパフォーマンスを見せるか。最終追い切りも楽しみ。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

デアレガーロ 1本(函館W1本) C
中間の内容は物足りない。ノーザンF天栄から直接函館入りしたみたいだが、良い時と比べてもこなしている内容や本数は今ひとつ。最終追い切りの動き次第だが、一変ないようなら嫌いたいと感じている。

 

 

 

 

 

 

ティーハーフ 12本(栗坂9本/函館W3本) A+
中間の内容はとても良い。休み明けという事で、トレーニングもしっかりと積めていて、馬がとてもフレッシュな状態にある事が感じられる。栗東での内容も良いし、函館入りしてからの内容も良いので、状態面は文句ないところまできているイメージ。4年前の勝ち馬だし、最終追い切りの動き次第では。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

トウショウピスト 1本(美坂1本) B
中間の内容は悪くない。間隔は詰まっているが、美坂で好時計を出せた点は良いと感じる。ただ、調教では動く馬だし、過度に評価するのは禁物。函館コースは好条件だし、最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

 

 

 

ペイシャフェリシタ 6本(美坂4本/函館W2本) A
中間の内容は悪くない。函館入りしてからの内容が良いし、状態は段々と上向いている印象を受ける。函館コースは初めてだが、札幌コースでまずまずの成績を収めているので、力は出せるコースだと感じる。最終追い切りの動きにも注目。

 

 

 

 

 

 

ユキノアイオロス 5本(美南W5本) A
中間の内容は悪くない。長目から良い時計が出ているし、状態は悪くないと見ている。年齢も年齢だしそう大きな上積みはないと思うが、昨年の函館スプリントSを見る限り、展開次第ではノーチャンスではないと感じる。最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

 

 

 

ライトオンキュー 1本(函館W1本) C
間隔が空いた割には本数が明らかに少ない。6月9日にしっかりやったとはいえ、急仕上げ感は否めないし、最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

 

 

 

リナーテ 2本(函館W2本) B
中4週にしては負荷のかけ方がイマイチ甘い気もする。同レースに出走の同ローテの馬はガツガツやっているわけだし、控えめな調整が裏目にでるケースも。最終追い切りの動き次第で。

スポンサードリンク

 

 

 

記事内で疑問点や質問したい事があればTwitterサブアカウント(@yuta87oikiri2)のDMまで宜しくお願いします!
些細な事でも結構です!
本アカウント(@yuta87oikiri)のフォローも宜しくお願いします!

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

 

スポンサードリンク

【エプソムC 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

【エプソムC 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

応援クリックよろしくお願いします!

 

 

 

アップクォーク 5本(美南W5本) A+ ◆中間自己ベスト(美南W6F)
中間の内容はとても良い。6F追いで2週前に自己ベストを更新したし、1週前追い切りも好時計で美南Wを走破。状態はとても良さそうだし、最終追い切りで更に上向いてくれば。

 

 

 

 

アンノートル 7本(美南W1本/美坂6本/※美プール3本) A
中間の内容はまずまず良い。本数もしっかりと乗れているし、負荷もある程度かけられている印象。欲を言えば調整過程にもうワンパンチ欲しいので、最終追い切りの動きに注目。

 

 

 

 

カラビナ 2本(栗坂2本) B
中間の内容はまずまず。これと言って強調できるような内容でもないし、調教過程にもう一押し欲しいところ。最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

 

 

 

 

サラキア 4本(栗CW3本/栗坂1本) B
中間の内容はまずまず。間隔が空いた割に調整は緩い気もするし、全体時計もいつもより少し遅めに感じる。調教駆けするタイプで、過度に評価はしたくないが、ハイレベルな併せ馬で先着、同入出来ている点は良い。最終追い切りでは時計動き共にもうワンランク上のモノを見せて欲しい。

 

 

 

 

ショウナンバッハ 1本(美坂1本) B
中2週にしてはこの中間は良い内容を消化出来た。ただ、土曜日にしっかり追い切ったことで、最終追い切りが軽くなってしまうようだと不安。最終追い切りもしっかりとやってくるようなら。

 

 

 

 

ストーンウェア 1本(栗坂1本/※栗プール3本) B
中間の内容はまずまず。中2週でもビッシリと追われた点は良いと思うし、このひと追いで上向いてくれば。最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

 

 

 

 

ソーグリッタリング 3本(栗CW1本/栗坂2本) B
中間の内容はまずまず。1週前にビッシリと追われたので、このひと追いで上向いてくれば。格下のリスト(三未勝利)をしっかりと捉え切ったし、最終追い切りで更なる良化に期待。

 

 

 

 

ダノンキングダム 3本(栗坂3本/※栗プール2本) B
中間の内容はまずまず。悪くはないが、良い時と比べると物足りない印象は受ける。とはいえしっかり負荷はかけられているし、最終追い切りでグンと良化してくるようなら楽しみ。

 

 

 

 

ハクサンルドルフ 0本 C
中1週のため時計を出せていない。最終追い切り次第で。

 

 

 

 

ブレスジャーニー 1本(栗坂1本/※栗プール6本) C
中2週で濃い内容は消化出来ていない。まだ良化途上だと思うし、最終追い切りでどんな走りを見せてくれるか。

スポンサードリンク

 

 

 

 

プロディガルサン 5本(美坂5本) A
中間の内容は良さげ。1週前には自己ベストに0.1に迫る好時計をマーク出来ているし、仕上がりは順調に進んでいる印象を受ける。ある程度仕上がり切っていると思うし、最終追い切りで更に良くなってくるようなら。

 

 

 

 

ミッキースワロー 3本(美南W3本/※美プール4本) A+
中間の内容はとても良い。特に1週前追い切りがとても良く映ったし、ひと叩きされて切れがかなり増した印象を受ける。最終追い切りではもっと良くなると思うし、絶好の出来で挑んでくるイメージ。明らかに前走以上の動き。

 

 

 

 

レイエンダ 2本(美南W1本/美坂1本) C
中間の内容は物足りない。中2週とはいえこの調整過程は軽いし、もう少し濃い内容を消化して欲しい。最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

 

 

【エプソムC 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

応援クリックよろしくお願いします!

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【マーメイドS 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

応援クリックよろしくお願いします!

 

アドラータ 1本(栗坂1本) C
中間の内容は間隔が詰まっているので、本数も少なく、濃い内容は消化出来てない。最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

 

ウィンクルサルーテ 5本(栗CW5本) A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容は悪くない。しっかりと負荷をかけられているし、1週前追い切りでは2016年11月以来の自己ベストを更新。状態は良いという証だし、最終追い切りも引き続き注目して見ていきたい。

 

 

 

 

ウスベニノキミ 2本(栗坂2本) C
中間の内容は中2週ということで、軽めの調整程度しか消化出来てない。最終追い切りでどこまで。

 

 

 

 

カレンシリエージョ 5本(栗CW1本/栗坂4本) A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容は良さげ。1週前には7Fから時計を出し、6Fの自己ベストを更新。状態は良い証だし、実戦並みの併せ馬で負荷は十分にかけられた。このひと追いで最終追い切りが更に良くなれば。

スポンサードリンク

 

 

 

 

クィーンズベスト 5本(栗CW1本/栗坂4本) A
中間の内容は悪くない。トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれているし、1週前追い切りでビッシリと追われたので、このひと追いである程度態勢も整ってきそうなイメージ。しっかりと好時計も出せているし、ここへ向け順調な仕上がり。最終追い切りで更に上向けば。

 

 

 

 

サトノガーネット 1本(栗坂1本) B
中間の内容はまずまず。間隔が詰まっている割にはしっかりと動かせたという印象があるし、坂井騎手が跨ったというのも好印象。とはいえ、中間の内容は目立つものではないので、最終追い切りの動きに注目したい。

 

 

 

 

サラス 6本(栗CW1本/栗坂5本/※栗プール7本) B
この中間は本数こそこなせているものの、内容としてはまずまず。終い重点の内容が目立つし、もう少し速い時計を出せし欲しいというのが本音。最終追い切りでもう少し良い内容を消化してくれば。

スポンサードリンク

 

 

 

 

サンティール 6本(美南W3本/美坂3本) A
中間の内容は良さげ。トラックと坂路併用でしっかり乗り込まれているし、こなしている内容も良い。ここに向けて仕上がりは良いと思うし、最終追い切りの動きにも注目したい。

 

 

 

 

スカーレットカラー 2本(栗CW2本/※栗プール2本) A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容はとても良い。調教は動くタイプとはいえ、この時計は猛時計だし、自身の自己ベストタイムを約2秒も更新するもの。太宰騎手が2週続けて調教に跨っている点も好印象だし、状態はかなり良いと見ている。最終追い切りの動きにも注目していきたい。

 

 

 

 

センテリュオ 2本(栗坂2本) B
中間の内容はまずまず。終い重点の内容が目立つし、もう少し濃い内容を消化して欲しいところ。最終追い切りで良化してくれば。

 

 

 

 

ダンサール 10本(栗CW2本/栗坂8本) A+
中間の内容はとても良いと感じる。栗CWで2週続けて長目から好時計をマーク出来ているし、状態はかなり良いと見ている。最終追い切りで更に上向いてくれば。

 

 

 

 

チカノワール 2本(栗CW1本/栗坂1本) B
中間の内容は悪くない。終い重点の内容が目立つが、間隔は詰まっているし、終いでこれだけ脚を伸ばせていれば十分だと感じる。最終追い切りで更に上向いてくるようなら。

スポンサードリンク

 

 

 

 

フローレスマジック 4本(美南W1本/美坂3本) A
中間の内容はまずまず良い。終い重点の内容が目立つものの、レベルの高い併せ馬も消化出来ているし、仕上がりは順調に進んでいる印象を受ける。最終追い切りで更に良い内容を消化してくれば。

 

 

 

 

モーヴサファイア 6本(栗CW2本/栗坂4本) A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容はとても良い。調教は動くタイプとはいえ、1週前追い切りでは自身の自己ベストを約3年ぶりに更新。かなり状態が良いんだろうし、しっかりと乗り込めているので、最終追い切りの動き次第では。

スポンサードリンク

 

 

 

 

ランドネ 9本(栗CW1本/栗坂8本) A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
中間の内容はとても良い。1週前追い切りでは坂路の自己ベストを更新したし、トラックと坂路併用でとても良い内容を消化出来ている。近走と比べても1番良い出来で臨んできそうな雰囲気はあるし、最終追い切りも引き続き注目していきたい。

 

 

 

 

レッドランディーニ 1本(栗坂1本) C
中間の内容は間隔が詰まっているので、軽めの調整程度。最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

 

レーツェル 5本(美南W1本/美坂4本) A ◆中間自己ベスト(美坂)
中間の内容は良い。1週前追い切りでも美坂で自己ベストを更新したし、状態は良いと見ている。このひと追いで最終追い切りが更に良くなってくれば。

 

応援クリックよろしくお願いします!

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【安田記念 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

【安田記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【安田記念 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

現状の安田記念の注目馬はこちらをクリック

 

 

アエロリット 1本(美南W1本) B
中2週ということで中間の内容は極めて軽い。しかし、同ローテで昨年2着の実績があるし、最終追い切りでしっかりとやって来れれば。本音を言うと去年の1週前追い切りより今年の1週前追い切りの方が明らかに軽いと思っている。

 

 

 

アーモンドアイ 5本(美南W5本) S
中間の内容はとても良い。2週前追い切りから濃い内容を消化出来ているし、1週前追い切りの動きも相変わらず良いという印象。海外帰り初戦でも力を出せる仕上がりにあると思うし、順調にこの馬の調整が進められている。最終追い切りも非常に楽しみ。

スポンサードリンク

 

 

 

インディチャンプ 4本(栗坂4本) S
中間の内容はとても良い。しっかりと負荷がかけられているし、1週前追い切りの動きも文句の付けようがない。ここに向けてキッチリと仕上がりは進んでいるし、最終追い切りも非常に楽しみ。

 

 

 

エントシャイデン 1本(栗CW1本) B
中2週ということで中間の内容はまずまず。前走は明らかに動きが鈍かったし、ひと叩きした上積みが見込めれば。最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

グァンチャーレ 6本(栗CW1本/栗坂5本) A+
中間の内容はとても良い。1週前追い切りでは栗CWでかなり濃い内容を消化しているし、坂路とコース併用でしっかりと乗り込めている。好調を維持しているし、最終追い切りで更に良くなってくれば。

スポンサードリンク

 

 

 

ケイアイノーテック 3本(栗CW1本/栗坂2本) A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容はまずまず。他の馬と比べると乗り出しが遅く、急仕上げ感も否めない。しっかりと乗り出したのは2週前からだし、マイラーズCの疲労が中々癒えなかった可能性も。1週前追い切りこそ自己ベストをマークしたが、元々坂路主体で乗り込んでいたという事もあり、過度に評価するのは禁物か。最終追い切り次第で。

 

 

 

サクラアンプルール 7本(美南W2本/美坂5本) B
中間の内容はまずまず。強調出来るような内容は消化出来ていないし、間隔が空いている割にあまり攻めれていないイメージ。最終追い切りでどこまで。

 

 

 

サングレーザー 6本(栗坂5本/栗DP) A
中間の内容は悪くない。2週前と1週前の日曜日にしっかりと負荷をかけれているし、仕上がりは徐々に進んでいるイメージ。元々調教では目立つタイプではないし、これだけやれていれば十分かなという印象を受ける。先週の日曜日には自己ベストに迫る時計もマーク出来ているし、最終追い切りの動きにも注目していきたい。

 

 

 

ステルヴィオ 3本(美南W1本/美坂2本) A
中間の内容は悪くない。間隔が空いた割に乗り出しが遅く、良い時よりも負荷が若干足りない気もしている。1週前追い切りの動きも、この馬にしては案外だったし、まだ良化の余地を残しているイメージ。先週の日曜日に美坂でフローレスマジック(古オープン)とハイレベルな併せ馬を消化したので、このひと追いでグンと上向いてくれば。最終追い切り次第で。

 

 

 

スマートオーディン 3本(栗坂3本) B
中間の内容はまずまず。間隔は詰まっていて、本格的な調教を再開したのは先週の日曜日から。日曜日も終い重点の内容だったし、最終追い切りではもう少し負荷をかけてきて欲しいというのが本音。最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ダノンプレミアム 6本(栗CW4本/栗坂2本) S
中間の内容は素晴らしい。2週続けてビッシリと追われているし、ここへ向けて仕上がりはかなり進んでいると見ている。日曜日には栗CWが左回りに変わるため、東京競馬場を想定した強い追い切りも消化出来ているし、時計面やラストの脚も上々。元々持っているスピードの絶対値がケタ違いだと思うし、1週前追い切りの動きも圧巻だった。最終追い切りはサラッとやる程度だと思うが、しっかりと注目していきたい。

スポンサードリンク

 

 

 

フィアーノロマーノ 5本(栗坂5本) S
中間の内容は素晴らしい。栗坂で入念に乗り込まれているし、やはり調教は良い動きをしてくるなというイメージ。この馬は終いの2Fのラップが毎回凄いし、今回もそれは同様。北村友一騎手が2週続けて跨っているのも好印象だし、最終追い切り次第では。

スポンサードリンク

 

 

 

ペルシアンナイト 9本(栗CW2本/栗坂7本) A
中間はしっかりと乗り込めているイメージ。2週続けて好時計を出せているし、状態は悪くないと感じる。1週前追い切りの動きは案外だったが、ビッシリと追われたこのひと追いで良化してくるようなら。最終追い切りも注目。

 

 

 

モズアスコット 5本(栗坂5本) A+
中間の内容はとても良い。坂路で入念に乗り込まれており、1週前追い切りの動きもかなり良く映った。終い重点だったが、切れ増ししている印象を受けるし、典型的な叩き良化型ということで上積みはかなり大きいと感じる。坂井騎手が2週続けて跨っているのも良いし、最終追い切りもかなり楽しみ。

 

 

 

ロジクライ 4本(栗坂4本/※プール2本) A
中間の内容は悪くない。1週前追い切りも武豊騎手を背に良い動きを披露しているし、使い詰めでも好調をキープ出来ている印象を受ける。上積みがあるかと言われると疑問だが、高いレベルで安定はしているので、最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

ロードクエスト 2本(美南W2本/※プール5本) A
中間の内容は悪くない。間隔が詰まっていながらも1週前追い切りは良い動きを披露したし、出来は維持出来ているイメージ。使い詰めで上積みはあまり見込めないとは思うが、最終追い切りの動き次第で。

 

【安田記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【安田記念 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

現状の安田記念の注目馬はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【鳴尾記念 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

ヴォーガ 1本(栗坂1本) C
中間の内容はイマイチ。中2週と間隔は詰まっているが、この内容だと物足りない。最終追い切りでどこまで。

 

 

 

エイシンレーザー 1本(栗坂1本) C
中間の内容はイマイチ。中2週と間隔は詰まっているが、この内容だと物足りない。最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ギベオン 5本(栗CW2本/栗坂3本) A+
中間の内容はとても良い。2週前、1週前と福永騎手が跨っているのも良いし、濃い内容を消化出来ているのも良い。仕上がりは着実に進んでいると思うし、最終追い切りの動きも注目したい。

 

 

 

サンデーウィザード 2本(栗CW1本/栗坂1本) B
中間の内容は悪くはない。攻めは動くタイプだし、前走も調教の動きは良くて惨敗だったので過度に評価はしたくないが、状態は引き続き悪くなさそう。
最終追い切りも注目。

 

 

 

ステイフーリッシュ 2本(栗CW1本/栗坂1本) A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容は悪くない。1週前追い切りでは7Fから追われて6F追いの自己ベストを更新。とはいえ元々坂路主体で乗り込まれている馬だし、この自己ベストを過度に評価するのは禁物か。間隔が空いたにもかかわらず、乗り出しも遅く急仕上げ感も否めないし、最終追い切り次第で。

スポンサードリンク

 

 

 

タニノフランケル 6本(栗CW2本/栗坂4本/※プール1本) B
中間の内容はまずまず。日本ダービーで敗れたサートゥルナーリア(三オープン)に2週続けて子供扱いされてしまったし、もう少し上級古馬らしい面を見せて欲しかったのが本音。追われている割に馬の反応も案外だったし、上昇味は薄いイメージ。

 

 

 

ノーブルマーズ 12本(栗CW2本/栗坂10本/※プール6本) A
乗り込み量は豊富だし、この馬らしい調整過程が踏めている。負荷はかなりかけられているし、休み明けでもある程度仕上がっていると感じる。最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

プラチナムバレット 0本 C
中間は中1週のため時計を出せていない。レースを見てもまだ良い時の動きではないし、最終追い切りで動きを確認してから。ひと叩きされた変わり身に期待。

スポンサードリンク

 

 

 

ブラックスピネル 5本(栗坂5本) B
中間の内容は案外。1週前追い切りではインディチャンプに手も足も出ないような感じに映った。もちろん相手はGlに出走することもあり、バチバチに仕上がっていたとは思うが、この馬だって栗坂49秒台の持ち時計を持っているし、調教も動けるタイプ。それにしては動けていないようにも感じるし、最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

 

 

 

ブラックバゴ 2本(美南W1本/美坂1本) B
中間の内容はまずまず。中2週ということもあり、この中間は軽めの調整が目立つ。最近は安定して調教の動きが良いのにもかかわらず、レースでは結果が出ていないので、調教の動きが良くても過度に評価するのは禁物か。最終追い切り次第で。

 

 

 

メールドグラース 3本(栗CW3本) A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間はかなり濃い内容を消化出来ている。3本とも好内容だと思うし、先週の土曜日には栗CW6F77.2という破格の時計をマーク。自己ベストを約2秒も更新したし、状態は目下絶好調。このひと追いでガラッと変わってくると思うし、最終追い切りの動きにも要注目したい。

 

 

 

ユウチェンジ 0本 C
中間は中1週のため時計を出せていない。最終追い切り次第で。

 

 

 

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

スポンサードリンク

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【目黒記念 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

【目黒記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

目黒記念の中間の内容を見てかなり良いと思えた馬はこちらをクリック

 

 

 

 

アイスバブル 15本(栗CW5本/栗坂10本) B
中間の本数こそ多いものの、内容はパッとしない。併せ馬を5回消化して1度も先着出来ていないし、中では未勝利馬に遅れを取ってしまうほど。かなりの負荷をかけられていることで、良化してくれば良いのだが、中々上昇気配が見受けられない。最終追い切りで中身が変わってくれば。

 

 

 

アクションスター 3本(美南W3本) C ◆中間自己ベスト(美南W5F)
中間の内容はイマイチパッとしない。元々栗東所属だったこともあり、この自己ベストはあてにならない。日経賞から間隔は空いたが、負荷をあまりかけれていないし、強調出来るポイントがない。最終追い切りでどこまで。

 

 

 

アドマイヤエイカン 11本(栗CW6本/栗坂5本) A
調教は動けるタイプだが、この中間はハイレベルな併せ馬に加え、時計も好時計を連発している。状態はかなり良さそうだし、間隔が空いているが仕上がりは順調に進んでそう。この中間はアドマイヤジャスタ(三オープン)や準OPの馬達と良い併せ馬を消化出来ているし、最終追い切りで更に良くなれば。

スポンサードリンク

 

 

 

ウインテンダネス 6本(栗CW6本) B
間隔が空いた割に本数は若干少ない気もする。1週前追い切りでは併せ馬で遅れを取ってしまったし、ズブい面も見え始めている印象。立て直せてはいそうだが、良い頃と比べるとまだ物足りないイメージ。最終追い切りで上向いてくれば。

 

 

 

ケイティクレバー 3本(栗CW2本/栗坂1本) A
中間の内容は悪くない。調教は相変わらず動くし、状態も悪くはなさそう。近走は凡走が続いているが、久々に本数と好内容を重ねている今回は一変もありそう。最終追い切りも楽しみ。

 

 

 

ゴーフォザサミット 5本(美南W3本/美坂2本) B
中間の内容はまずまず。時計は平凡も、ハイレベルな併せ馬を消化出来ているし、順調に仕上がりは進んでそう。1週前追い切りではランフォザローゼス(三オープン)と併せ馬をして同入という内容を消化。日曜日にも併せ馬を消化したし、最終追い切りで更に良くなってくれば。

スポンサードリンク

 

 

 

ソールインパクト 7本(美南W7本) B
中間の内容はまずまず。時計は目立たないが、再三併せ馬を消化し、遅れをとっていない点は好印象。馬也調教が目立つも、それなりに負荷はかけられている印象を受けるし、最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

 

ダッシングブレイズ 3本(栗CW2本/栗B1本) B
中間の内容はまずまず。良い時と比べると内容が薄い気もするし、負荷も足りてない印象。最終追い切りの内容次第で。

 

目黒記念の中間の内容を見てかなり良いと思えた馬はこちらをクリック

 

チェスナットコート 3本(栗坂3本) B
中間の内容はまずまず。これといって強調出来る部分はないし、無難に調整が進められている印象。1週前追い切りでまずまずの内容を消化しているので、このひと追いで仕上がりが進めば。最終追い切り次第で。

 

 

 

パリンジェネシス 8本(栗CW7本/栗坂1本) A
ここに向けてかなり濃い内容を消化出来ている印象を受ける。乗り込み量豊富で内容も良いし、負荷もかなりかけられているので、間隔は空いたがキッチリと仕上げて臨んできそう。最終追い切りもかなり楽しみ。

スポンサードリンク

 

 

 

ブラストワンピース 3本(美南W1本/美坂2本) A ◆中間自己ベスト(美南W6F)
中間の内容は悪くない。やや急仕上げ感は否めないが、1週前追い切りで6Fの自己ベストを更新したし、しっかりやったことで仕上がりはかなり進みそう。凱旋門賞も見据えているということで、結果も当然求められる。1週前追い切りの動きも迫力満点だったし、最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

 

ポポカテペトル 11本(栗CW5本/栗坂6本) A
中間の内容は悪くない。豊富な併せ馬も消化しているし、負荷もしっかりとかけられている。間隔が空いたため、ひと叩きした方が良いのは当たり前だが、力はある程度出せる仕上がりにありそう。最終追い切りの動き次第で。

スポンサードリンク

 

 

 

マイネルヴンシュ 2本(美南W2本) B
中間の内容はまずまず。間隔が空いた割に本数は少ない気がする。急仕上げという感じもするし、ひと叩きされてからの方が良さそう。最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ムイトオブリガード 5本(栗CW3本/栗坂2本) A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容は良い。1週前追い切りにビッシリと追われて6Fの自己ベストを更新したし、状態はかなり良さそう。負荷も十分かけられているし、最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

 

ルックトゥワイス 3本(栗坂2本/栗ポリ/※プール1本) B
中間の内容はまずまず。強調出来る部分はあまりないが、前走時の出来をキープ出来ている印象を受ける。最終追い切りで更に良くなってくれば。

 

 

【目黒記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

目黒記念の中間の内容を見てかなり良いと思えた馬はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

【東京優駿 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【東京優駿 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

東京優駿の中間の内容を見てかなり良いと思えた馬はこちらをクリック

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

 

 

 

 

アドマイヤジャスタ 6本(栗CW3本/栗坂3本/※プール) A
中間の内容は悪くない。終い重点の内容が目立つが、1週前追い切りではコースでしっかりと速い時計を消化出来ているので、このひと追いで仕上がりが進めば。1週前はアドマイヤエイカン(古オープン)を1.7秒も追走し、最後はアタマ差先着しているので内容としては良かったし、最終追い切りで更に良くなれば。

スポンサードリンク

 

 

 

ヴィント 2本(栗CW1本/栗坂1本) B
中間の内容はまずまず。これといって強調出来る部分はないが、この馬なりに調整は進められている。前走からの上積みはあまり期待出来なさそうだし、最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ヴェロックス 6本(栗CW3本/栗坂3本) S ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容は申し分ないと感じる。1週前追い切りでは6F追いとはいえ自己ベストを更新したし、状態は皐月賞よりも上向いている気さえする。1週前追い切りで併せた相手はジェシー(古1600万下)だし、調教でそこそこ動く馬。それを直線だけで0.7秒もぶっちぎったのだから相当状態は良さそう。最終追い切りも非常に楽しみ。

 

 

 

エメラルファイト 5本(美南W3本/美坂2本) B
中間の内容は悪くないが、皐月賞を右前脚の捻挫で回避した影響はありそう。その後は慎重に立ち上げられている感じだし、強めの内容はこなせていない。この馬は調教はかなり動けるタイプだし、中間も良い内容を消化してくるタイプ。良い時と比べると物足りないし、最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

 

 

 

クラージュゲリエ 4本(栗CW1本/栗坂3本) A
中間の内容は悪くない。良い時と比べても動きに活気が戻ってきた印象を受けるし、1週前追い切りもサトノルークス(三オープン)とハイレベルな併せ馬を消化出来ている。他の皐月賞組と比べ乗り出しは遅いが、負荷はしっかりかけられている。最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

 

サトノルークス 4本(栗CW2本/栗坂2本) A
中間の内容は悪くない。いつも通りのこの馬の調整過程が出来ているし、引き続き前走の状態は維持出来てそうな感じ。前回の1週前追い切りよりも反応は良いし、ハイレベルな併せ馬も消化している点も良い。最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

 

サートゥルナーリア 6本(栗CW2本/栗坂4本) S
中間の内容は言うことないくらいに濃い内容を消化出来ている。前走後も陣営が余裕残しだったと述べていたように、この調整過程を見れば前回が余裕残しの仕上げだった事がわかる気がする。トラックでも良い動きをするし、終い重点とはいえ坂路でも濃い内容を消化している点はかなり評価したい点。中間は調教でも動くクイーンマンボ(古オープン)やタニノフランケル(古オープン)等を圧倒。すでに仕上がっている感じもするし、最終追い切りで更に良くなれば鉄板の軸か。

 

 

 

シュヴァルツリーゼ 7本(美南W2本/美坂5本) A
中間の内容は悪くない。前走は能力を持て余していた感じもするし、Glレースを経験出来ただけで収穫のあるものだったと思う。この中間はいつも通り好内容の調整が出来ているし、能力全開なら前走以上に走ってきても不思議ないと感じる。1週前追い切りを見る限りまだ幼さが残る馬だが、未知なる魅力という面で最終追い切り次第ではという馬。

 

 

 

タガノディアマンテ 1本(栗CW1本) C
中間の内容はイマイチ。間隔は詰まっているし、臨戦過程からも厳しい戦いを強いられそう。出来は維持するので精一杯だと思うし、最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ダノンキングリー 3本(美南W2本/美坂1本) A
中間の内容は悪くない。他の皐月賞組と比べるとやや乗り出しが遅れたが、1週前追い切りでビッシリやったので、このひと追いで仕上がりが進めば。最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

ダノンチェイサー 3本(栗坂3本) C
中間の内容はイマイチ。間隔が詰まっているとはいえ、軽めの内容が目立つし、負荷はほぼかけられていない。1週前追い切りでキャンターのような内容にもかかわらず、B.アヴドゥラ騎手が跨ったのは好印象だが、前走からの上積みはどうか。最終追い切りで上昇傾向が伺えれば。

スポンサードリンク

 

東京優駿の中間の内容を見てかなり良いと思えた馬はこちらをクリック

 

トーラスジェミニ 7本(美南W5本/美坂2本) B ◆中間自己ベスト(美南W5F/美南W4Fタイ)
中間の内容は悪くないが、これだけ間隔を明ければ馬も成長するし、自己ベストも必然な気がする。 6F追いで5Fの自己ベストを更新したし、休み明けでも乗り込めているので状態は悪くなさそう。最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

 

 

 

ナイママ 2本(美南W1本/美坂1本) C
中間の内容はイマイチ。使い詰めということもあり、前走からの状態を維持するのが精一杯か。最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ニシノデイジー 5本(美南W2本/美坂3本) B
中間の内容はまずまず。調教は動くタイプなだけに、やや物足りない印象を受ける。1週前追い切りもマサキノテソーロ(古1000万下)と脚色同じになったし、良い時のラストの伸びは見られなかった。ただ、ビッシリと追われたので、最終追い切りで変わってくれば。

 

 

 

ヒルノダカール 0本 C
中間は中1週ということで時計を出せていない。大きな上積みにも期待は出来ないと思うし、最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ヒーリングマインド 3本(栗坂3本) B
中間の内容はまずまず。使い詰めでもしっかり追えている点は良いが、いくらかズブさが増してる気がする。これは東京では不安材料になるし、もう少し切れのある動きになって欲しい。1週前追い切りでしっかり追われたので、最終追い切りで軽快さが出てくれば。

 

 

 

マイネルサーパス 0本 C
中間は中1週のため時計を出せていない。ひと叩きされた上積みは見込めそうだし、最終追い切りでグンと良化するようなら。

 

 

 

メイショウテンゲン 5本(栗CW3本/栗坂2本) B
中間の内容はまずまず。前走はもっと良い時計を連発していただけに、今回の内容は物足りなく感じる。大一番を前にお釣りもないような気もするし、最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ランフォザローゼス 6本(美南W2本/美坂4本) B
中間の内容はまずまず。内容は薄いが、本数を乗れているのは良い。時計は平凡なものだったが、ゴーフォザサミット(古オープン)ともハイレベルな併せ馬を消化出来ているし、内容としては悪くない。最終追い切りで更に良くなるようなら。

 

 

 

リオンリオン 3本(栗CW2本/栗坂1本) B
中間の内容はまずまず。前走で調教はそこまで動かない馬と把握したので、評価基準を変更。間隔は詰まっているが、1週前に一杯で追えているのは良いし、このひと追いで更に良くなってくれば。最終追い切りも楽しみ。

 

 

 

レッドジェニアル 2本(栗坂2本) B
中間の内容はまずまず。この馬も間隔が詰まっていながらも、しっかりとした調整が出来ている点は良い。前走から上積みがあるかは疑問だが、最終追い切りで更に良くなってくるようなら。

 

 

 

ロジャーバローズ 5本(栗坂5本) B
中間の内容はまずまず。軽めとはいえ、間隔は詰まっているのにこれだけ乗り込めているのは好印象。1週前追い切りもこの馬にしては濃い内容を消化出来ているし、最終追い切りで更に良くなるようなら。

 

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

【東京優駿 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【東京優駿 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

東京優駿の中間の内容を見てかなり良いと思えた馬はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

 

スポンサードリンク

【優駿牝馬(オークス) 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

【優駿牝馬 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

優駿牝馬の注目馬はこちらをクリック

 

 

 

アイリスフィール 7本(美南W4本/美坂3本) B
中間の内容はまずまず。トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれているし、内容も悪くない。最終追い切りで更に良くなってくれば。

 

 

アクアミラビリス 3本(栗坂3本) A ◆中間自己ベスト(栗坂)
中間の内容は良さげ。坂路で自己ベストをマークしたし、終いの伸び脚も上々だった。使いつつ良くなっている印象があるし、乗り替わりは不安も楽しみな1頭。最終追い切りも注目していきたい。

 

 

ウィクトーリア 1本(美南W1本) C
中間の内容はまずまず。中3週とはいえ、負荷が足りない印象を受けるし、フローラSの疲労が抜け切るまで時間を要したのかなという印象を受ける。乗り出しは遅いが、体はある程度出来ていると思うし、後は最終追い切りでどこまで良くなってくるか。

スポンサードリンク

 

 

ウインゼノビア 2本(美南W2本/※プール4本) A ◆中間自己ベスト(美南W6F)
中間の内容は良さげ。調教は動くタイプだが、この中間は自己ベストも更新しているように、状態は良好に感じる。ひと叩きした上積みも見込めるし、最終追い切りも楽しみ。

 

 

エアジーン 3本(美南W1本/美坂2本) A ◆中間自己ベスト(美南W5F)
中間の内容は良さげ。1週前追い切りでは自己ベストも更新したし、順調に調整が進んでいると感じる。調教では動くタイプだが、状態は好調を維持していると思うし、最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

エールヴォア 13本(栗CW3本/栗坂10本) A+ ◆中間自己ベスト(栗CW7F)
中間の内容はとても良い。2週前には2Fからビッシリと追われ、猛時計で自己ベストを大幅に更新。1週前追い切りも一杯に追われ、攻めた内容を消化出来ている。状態はオークスへ向け右肩上がりで来ていると思うし、陣営もおそらくオークス狙い。負荷のかけ方が他の桜花賞組とは異なるし、ここへ向けメイチの仕上げが進められていると感じる。状態は明らかに前走以上の気配だし、最終追い切りも非常に楽しみ。

スポンサードリンク

 

 

カレンブーケドール 1本(美南W1本) C
中間の内容はイマイチ。中2週ということで、軽めの調整程度しかこなせていない。Glに出走するにあたって、この内容は物足りないと感じるし、調子をどれだけ維持出来るかが鍵か。最終追い切りでどこまで。

 

 

グラディーヴァ 2本(栗坂2本) B
中間の内容はまずまず。中2週でも普通に調教はこなせているが、強調できるポイントがこれといってない。調子をどこまで維持出来るかがポイントだと思うし、最終追い切りでどこまで。

 

 

クロノジェネシス 4本(栗CW3本/栗坂1本) A
中間の内容はまずまず良い。桜花賞組の中では攻めた内容を消化出来ている方だと思うし、オークスへ向け上積みもありそうな印象。1週前追い切りにはしっかりと北村友一騎手が跨りに来ているし、サマーセント(三500万下)を1.8秒も追走し、最後はしっかりと先着を果たした点は評価したい。1週前追い切りをやった週の日曜日にも終い重点の内容を消化出来ているし、最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

コントラチェック 7本(美南W2本/美坂5本) B
中間の内容はまずまず。元々調教で派手な内容は消化してこない馬だが、Glもこの調整で大丈夫かなと心配になるような内容。馬のテンションを考慮した調整が目立つし、あまり攻めれていないのは気掛かり。最終追い切りでどんな内容を消化してくるか注目。

 

 

シェーングランツ 4本(美南W1本/美坂3本) B
中間の内容は平凡。桜花賞組の中ではあまり攻めれてないと思うし、前走からの大きな上積みは見込めなさそう。調教は目立たないタイプとはいえ、他の桜花賞組の馬で攻めれている馬もいるし、そこと比較するとどうかと感じる。最終追い切りでどこまで。

 

 

シゲルピンクダイヤ 5本(栗坂5本/※プール5本) A
中間の内容は良さげ。桜花賞組の中ではしっかりとやれている方だと思うし、前走からの上積みも見込めそう。1週前追い切りは終い重点とはいえ、一杯に追うセロシア(三500万下)を0.9秒追走し、1.4秒先着というかなり濃い内容を消化。格下とはいえ、圧倒していたし反応面も上々。最終追い切りも楽しみ。

 

 

シャドウディーヴァ 4本(美南W1本/美坂3本) A+ ◆中間自己ベスト(美南W4F)
中間の内容はとても良い。1週前追い切りでは自己ベストを更新したし、前走を使った上積みも感じられる。一杯に追うマリノジュリア(三500万下)を2.3秒も追走し、最後はしっかりと捉え切った。それでもまだ余裕が見受けられたし、このひと追いで更に良くなりそうなイメージ。最終追い切りも楽しみ。

スポンサードリンク

 

 

ジョディー 3本(美南W1本/美坂1本/美南ポリ1本) B
中間の内容は悪くない。使い詰めでも良い状態をずっとキープしている印象があるし、今回もそれは同様。今回も状態は良さそうだし、最終追い切りも楽しみ。

スポンサードリンク

 

 

ダノンファンタジー 6本(栗CW1本/栗坂5本) A
中間の内容は悪くない。しっかりと乗り込まれているし、先週の日曜日には濃い内容も消化出来ている。桜花賞がピークだった感は否めないが、何とか良い状態を保てているイメージ。最終追い切りも注目。

 

 

ノーワン 5本(栗CW2本/栗坂3本) A
中間の内容は悪くない。トラックと坂路併用で良い内容を消化しているし、状態は前走よりも良さそうなイメージ。併せ馬も念入りに行なっているし、攻めた内容を消化出来ている。最終追い切りも楽しみ。

 

 

ビーチサンバ 6本(栗CW2本/栗坂4本) A
中間の内容は良さげ。いつも通りのパターンで調整出来ているし、消化している内容も良い。1週前追い切りは一杯に追うポポカテペトル(古オープン)を1秒追走し、0.4秒先着という内容をこなしている。良い状態を維持している印象があるし、最終追い切りも楽しみ。

 

 

フィリアプーラ 1本(美南W1本) B ◆中間自己ベスト(美南W6F)
中間の内容は悪くない。1週前追い切りでは時計は平凡とはいえ自己ベストを更新しているし、本数こそ少ないものの、走れる状態になりつつありそう。最終追い切りで更に上向けば。

 

 

フェアリーポルカ 2本(栗CW2本) B
中間の内容は平凡。終い重点の内容が目立つし、もう少し時計を詰めれるタイプなだけに、控えめな調整過程が目に付く。間隔は詰まっているとはいえ、同じ中3週で自己ベストを更新してきている馬もいるわけだし、この内容は案外。最終追い切りでどこまで。

 

 

メイショウアテスカ 3本(栗CW1本/栗坂2本) A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容は良さげ。元々調教は動くタイプだし、そこまで評価はしたくない。そもそもダートから勝ち上がってきている馬だし、初芝が初Glはさすがに厳しいと感じる。

 

 

メイショウショウブ 6本(栗CW4本/栗坂2本) A+ ◆中間自己ベスト(栗CW7F)
中間の内容は良さげ。7Fからビッシリと追われて自己ベストを更新したように、状態面は文句なしか。桜花賞への出走は叶わなかったが、前走でしっかり賞金加算をしてオークスへ駒を進めてきたように、今回はしっかりとGl仕様の仕上げで臨んできそう。最終追い切りも楽しみ。

 

 

ラヴズオンリーユー 4本(栗CW2本/栗坂2本) A+ ◆中間自己ベスト(栗CW7F/栗CW6F)
2週前は7Fでの自己ベストを更新し、1週前は6Fでの自己ベストを更新。前走を余裕残しの仕上げで快勝し、上積みも見込める今回は、間違いなくメイチで仕上げてくると感じる。そんなことは言わなくても、この中間の内容を見れば一目瞭然。2週続けてメンバー1濃い内容を消化出来ていると思うし、1週前追い切りでも京王杯SCに出走したエントシャイデン(古オープン)を子供扱い。今回が真価を問われる一戦にもなると思うが、調教の内容だけで言えば大器の片鱗を感じさせる馬。最終追い切りも非常に注目していきたい。

 

 

【優駿牝馬 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

優駿牝馬の注目馬はこちらをクリック

 

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク