【CBC賞 2020】最終追い切り後の追い切り評価

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで先日チャンネル登録者数が15000人を突破致しました!

いつもありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YouTubeではより詳しく解説しているのですが、動画が見られないという方もいらっしゃるみたいですので、評価だけではありますが、このブログでもご紹介させて頂きます。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も当ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
今週はラジオNIKKEI賞とCBC賞と2つの重賞が用意されています。
最終追い切り前段階の追い切り考察をこちらの動画では行っていますので、追い切りに興味のある方や、事前のプレ情報を持った上で最終追い切りを見たいという方にオススメの動画となっております。

 

▪️【CBC賞 2020〈①〉】最終追い切り前の追い切り考察

 

▪️【CBC賞 2020〈②〉】最終追い切り後の追い切り考察

YouTubeではより詳しく解説しております。

評価だけでは何が何だかわからない、高評価の馬の理由や見解を知りたいという方は是非YouTubeへ足を運んで頂けると幸いでございます。

この動画が少しでも参考になれば以下のリンクからチャンネル登録をお願いします。
チャンネル登録はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▪️調子指数とは・・追い切り単体の期待回収値

この数値に追い切り以外の予想ファクターによる加点材料、減点材料を付加しまして、この数値が100を超えそうであれば軸向き、100に近ければ近いほど買いということになります。

スポンサーリンク

この数値になにをどう掛け合わせるかは各自の自由となります。

ここでの数値はあくまで追い切りのみの数値ですので、是非アレンジして予想に役立ててみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

おかげさまで先日チャンネル登録者数が15000人を突破致しました!

いつもありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

【ラジオNIKKEI賞 2020】最終追い切り後の追い切り評価

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで先日チャンネル登録者数が15000人を突破致しました!

いつもありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YouTubeではより詳しく解説しているのですが、動画が見られないという方もいらっしゃるみたいですので、評価だけではありますが、このブログでもご紹介させて頂きます。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も当ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
今週はラジオNIKKEI賞とCBC賞と2つの重賞が用意されています。
最終追い切り前段階の追い切り考察をこちらの動画では行っていますので、追い切りに興味のある方や、事前のプレ情報を持った上で最終追い切りを見たいという方にオススメの動画となっております。

 

▪️【ラジオNIKKEI賞 2020〈①〉】最終追い切り前の追い切り考察

 

▪️【ラジオNIKKEI賞 2020〈②〉】最終追い切り後の追い切り考察

YouTubeではより詳しく解説しております。

評価だけでは何が何だかわからない、高評価の馬の理由や見解を知りたいという方は是非YouTubeへ足を運んで頂けると幸いでございます。

この動画が少しでも参考になれば以下のリンクからチャンネル登録をお願いします。
チャンネル登録はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▪️調子指数とは・・追い切り単体の期待回収値

この数値に追い切り以外の予想ファクターによる加点材料、減点材料を付加しまして、この数値が100を超えそうであれば軸向き、100に近ければ近いほど買いということになります。

スポンサーリンク

この数値になにをどう掛け合わせるかは各自の自由となります。

ここでの数値はあくまで追い切りのみの数値ですので、是非アレンジして予想に役立ててみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

おかげさまで先日チャンネル登録者数が15000人を突破致しました!

いつもありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

【宝塚記念 2020】最終追い切り後の追い切り考察

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝塚記念出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▪️【宝塚記念 2020〈①〉】最終追い切り前の追い切り考察

本日も当ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
今週はG1宝塚記念が行われます。
最終追い切り前段階の追い切り考察をこちらの動画では行っていますので、追い切りに興味のある方や、事前のプレ情報を持った上で最終追い切りを見たいという方にオススメの動画となっております。

 

YouTubeではより詳しく解説しております。

評価だけでは何が何だかわからない、高評価の馬の理由や見解を知りたいという方は是非YouTubeへ足を運んで頂けると幸いでございます。

この動画が少しでも参考になれば以下のリンクからチャンネル登録をお願いします。
チャンネル登録はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アドマイヤアルバ
中間:中6週 B
最終:栗CW 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、乗り込み量は豊富ですし、こなしている内容も悪くはありませんが、攻めは毎回動くタイプですので、過剰な評価は禁物に感じます。攻め動いても結果には結び付きませんし、今回は相手のレベルもグンと上がりますから、その点がどうでしょうか。あともうひと追いありますので、最終追い切りでどこまで上昇してくるかに注目したいです。その最終追い切りですが、動き自体はそこまで悪くないものの、大幅に上向いてきた様子はありませんし、この馬なりという印象です。攻めは常に動きますから、これくらいは動けて当然ですし、過剰に評価する必要はないかなと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフリカンゴールド
中間:中3週 B
最終:栗CW 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、こなしている内容、本数共に地味ですし、攻め動くタイプにしてはやや物足りない内容が目立ちます。良い頃と比べてもまだ良化の余地が残されているように感じますし、最終追い切りでどこまで上向いてくるかだと思います。その最終追い切りですが、特に変わってきた様子もなく、良い頃と比べても推進力が欠けている印象です。全体時計はそこそこ速いものが出ていますが、身のこなし自体はまだ良くなりそうですし、良化途上というイメージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カデナ
中間:2ヶ月半 B
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、質、量共に強調したい点が少ないように感じます。こなしている内容はまずまずですが、間隔が空いている割に本数は若干少なく感じますし、まだ良化の余地が残されてそうな気がしています。あともうひと追いありますので、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けていると思いますし、水準の出来にはあるとみています。特にグッと惹きつけるようなものは見受けられませんでしたが、なかなかパワフルな走りに映りましたし、タフな馬場も歓迎な走りに感じます。人気薄なら抑えても面白そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キセキ
中間:2ヶ月 A+
最終:栗坂 良 単走 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれていますし、いつも通りのキセキの調整が出来ていると思います。1週前追い切りもジョッキーを背にゴール後までビッシリと負荷をかけてきましたから、このひと追いで更に上向いてくると思いますし、最終追い切りも引き続き注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でかなり久しぶりに自己ベストを塗り替えてきましたし、状態は引き続き良いと思います。終いは飛ばした分減速ラップになりましたが、スピード乗りは良かったと思いますし、ペースを守ってレースを運ぶことが出来れば、ここでも昨年に近いパフォーマンスは披露出来ると思っています。今回もゲートや同型との兼ね合いが鍵になると思いますし、自分の競馬が出来ればという感じでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロノジェネシス
中間:2ヶ月半 S
最終:栗CW 良 併せ遅れ 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、素晴らしい内容がこの中間は目立っています。普段から攻め動くタイプではあるのですが、その中でも評価したいと感じさせますし、現時点でも非常に出来は良いと思っております。この馬は最終追い切りまでガッツリ追い切ってしまうとレースで思うように力を出し切れないタイプでもありますから、1週前追い切りの時点である程度動けているということはこの馬にとって好材料だと思いますし、約2週前から意欲的かつ質の高い攻め内容が目立っているという点も評価したいです。古馬になり陣営もこの馬の特徴をしっかりと掴んでいるはずですから、最終追い切りの調整パターンにも注目してみていきたいです。その最終追い切りですが、中間しっかりやっているということもあり、最終追い切りは比較的軽めの調整にはなりましたが、3頭併せの最内で我慢の効いた走りが出来ていました。乗り手がGOサインを出せばいつでも伸びそうな雰囲気がありましたし、最後はソフト仕上げで凄く良い調整過程を歩めたのではないでしょうか。道悪馬場も歓迎でしょうし、ここでも見せ場のある競馬はしてくれるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グローリーヴェイズ
中間:6ヶ月 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、こなしている内容、動き共に決して悪くはないのですが、香港ヴァーズの時の追い切りの動き、仕上がりの良さが念頭にありますので、そこと比較するとやや物足りなく感じてしまいます。私自身、香港ヴァーズはこの馬を本命に推すくらい評価していたのですが、その理由としましては、レースはもちろん追い切りでもかなり動くアーモンドアイと特例の併せ馬をして互角に動けていたからです。1週前追い切りを終えた段階でその当時の動き、仕上がりにあるかと言われると疑問ですし、まだ良化の余地があると感じていますから、引き続き最終追い切りの動きにも注目してみていきたいです。その最終追い切りですが、3頭併せの真ん中で悪くない動きではありましたが、好調時と比較すると少し物足りない動きに感じます。中間にしっかりとやっている分、最終追い切りで上向いてくればと思っていましたが、あまり変わらずといった印象です。能力は高いと思いますが、まだ良くなる余地は残されている段階にあると私は判断しています。現状でどういった走りが出来るのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サートゥルナーリア
中間:3ヶ月 S+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、評価が示す通り、質、量共に完璧な調整が出来ていると感じます。適性云々を抜きにすれば間違いなく走ってくると私は思っていますし、追い切りという側面だけでみれば、状態は頗る良いと感じます。競馬は追い切りだけではないことは百も承知ですし、適性、馬場、展開によってその馬が発揮する力量は変わってくると思いますが、今回は1番人気でも必ず買いたいと思う1頭です。これだけ中間にしっかりとやっていますので、最終追い切りはセーブ気味になるとは思うのですが、引き続き最後まで注目したい1頭です。その最終追い切りですが、坂路で楽に良いラップを刻んできました。この馬が最終追い切りを坂路で行った時の成績が4勝2着1回と連対率は100%ですから、そういった意味でも勝負仕上げと言えるものだと思いますし、ここに向けて態勢は整っていると感じます。中間にしっかりと負荷はかけられていますので、最終追い切りは坂路で4Fサラッとでも良いと思いますし、それが好成績にも繋がっていますので問題ないと感じます。道悪になるとどうかですが、そこは仕上がりの良さでカバーして欲しいですし、今回の出来からも馬券には必ず入れたい1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スティッフェリオ
中間:2ヶ月 A+
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め B
中間の内容からみていきますと、普段通りのスティッフェリオの調整が出来ていると感じます。前走で久々に取り入れた栗CW6F追いが功を奏したのか、天皇賞(春)で惜しい2着と穴を開けましたから、引き続き同じ調整パターンを採用してきました。この点は良いと思いますし、動きそのものも良かったので、評価出来ます。あともうひと追いありますので、最終追い切りにも注目したいです。その最終追い切りですが、坂路であまり動き切れない面が見受けられました。良い頃と比べてもラップ、動き共に見劣りしますし、距離延長がドハマりした大穴の前走が買い時だったかなと感じております。また、坂路でイマイチ動き切れないように、坂のあるコースよりは平坦の方が合ってそうなイメージですから、短縮に加えて坂のあるコースに替わる今回はどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンビュライト
中間:2ヶ月 B
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、間隔が空いている割に攻め量が少ない気もしますし、動き時計共にやや物足りなさを感じます。良い時はもう少し意欲的な攻め内容が目立ちますし、近走の中では最も攻め控えられている気がします。あともうひと追いありますので、どこまで上向いてくるかでしょう。その最終追い切りですが、去勢して2戦目ということもあってか、動きがグンと良くなってきた印象です。身のこなしは軽いですし、楽に併せ馬でも先着を果たしてきました。京都大賞典で好走した時と同じくらいの良い動きが出来ていますし、枠や同型との駆け引きが上手くいけば、馬券内に食い込んでくる余地は大いにあると感じています。人気薄なら是非抑えたい1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーセンカンビーナ
中間:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、動きそのものは悪くないですし、本数的にも十分ですが、S評価を与えた阪神大賞典時と比較するとやや見劣るかなと思います。見劣ると言いますか、1週前追い切りなんかは同厩サートゥルナーリアの動きが際立ち過ぎてこの馬もそこそこ動いているのに霞むほどでしたから私も驚きです。この馬も追い切りはかなり動いてくるタイプですし、今回も出来としては悪くないと思いますが、絶好の出来かと言われると疑問です。あともうひと追いありますので、最終追い切りでどこまで上向いてくるかでしょう。その最終追い切りですが、ブレのないフォームで登坂出来ましたし、動きとしても良かったと思います。状態は高いレベルで安定していると思いますし、引き続きこの馬の力は出せるとみていますので、あとはゲートや馬場次第だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーセンスーリヤ
中間:中6週 A ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 稍重 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、1週前追い切りの動きは悪くなかったですが、やや攻め控えられている印象です。新潟大賞典時はS評価を付け、本命にも推させて頂きましたが、今回はその時ほどではないと思いますし、ここ2戦の出来を何とか維持させているというイメージです。2連勝し、更に上昇というワケにはいかなさそうですし、最終追い切りでどういった動きが出来るのかに注目したいです。その最終追い切りですが、動きそのものは悪くないものの、S評価を付けさせて頂いた前走の方が動けていたと思いますし、気合乗りも良かったと思います。大幅に下落しているという感じではないですが、状態維持に努めているというイメージが合っているかなと思っています。この時期の暑さや馬場が緩くなるという点もプラスではないと思いますし、その点は当日までチェックしていきたいと思っています。相手が数段強くなる今回はどこまでやれるのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラストワンピース
中間:2ヶ月半 A+
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、本数はやや少ないものの、動きは自体は上々ですし、質で攻め量の少なさをしっかりとカバー出来ている印象です。むしろいつもの乗り出しよりスムーズに動けていますし、570kg近くある馬の動きとは思えないほど、しっかりと動けていると思います。1週前追い切りの動きからはパワフルさを感じましたし、パワーや持久力が求められるレースになれば、かなり面白い1頭になると感じていますので、引き続き最終追い切りの動きにも注目したいです。その最終追い切りですが、良い併せ馬を消化してこれたと思いますし、出来はここに向けて凄く良いと思っています。良い時と比較しても遜色ないですし、それ以上の可能性も視野に入れているくらいですので、馬券には必ず入れたいと感じる1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペルシアンナイト
中間:中2週 F
最終:栗CW 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、追い切りでは毎回これくらい動く馬ですし、時計以上の迫力は感じられませんでした。終いの時計は一旦置いておいて、動いている時はもっと馬体を大きく見せて走っていると感じますから、そう考えると今回はまだ良化の余地が残されているのかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイショウテンゲン
中間:2ヶ月 B
最終:栗CW 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、本数は乗れているものの、動きは案外ということで、評価は上がらずです。動く時は追い切りでももう少し動ける馬ですし、春は長いところを3戦続けたということもあり、大幅に変わってきた様子はありません。現状は状態維持という感じですから、最終追い切りでどこまで上向いてくるかでしょう。その最終追い切りですが、そこまで変わってきた様子はなく、状態維持に努めているという印象です。追ってから弾けるというタイプでもありませんので、舞台設定的には悪くないと思いますが、この上半期は結構ハードに長いところを使われていますし、ここでパフォーマンスを一気に上げてくる可能性はそこまで高くないのではと考えております。長く脚を伸ばす持ち味を生かしてどこまでやれるのかに注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モズベッロ
中間:2ヶ月 B
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、動きは相変わらず地味ですが、この馬なりに動けていると思いますし、坂路主体でまずまずの出来にあると感じています。乗り込み量が少ない分、まだ良くなりそうですが、あともうひと追いありますので、そこでどれだけ上向いてこれるかだと思います。その最終追い切りですが、終い重点の内容でなのはありましたが、走りのバランスは良く、しっかりとした脚取り、テンポで走れていたという点は評価出来ます。全体時計が遅くとも、終い2Fを加速ラップで通過した際は決まって好走してきていますし、穴馬としては怖い存在になりそうな気がしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラッキーライラック
中間:2ヶ月半 A+
最終:栗CW 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、質、量共に良さげですし、状態はずっと高いレベルで安定していると感じます。大幅に上向いてきた印象はないものの、引き続き好調は維持出来ていると感じますし、ここでも力は出し切ってくれるとみています。あともうひと追いありますので、最終追い切りの動きにも引き続き注目したいです。その最終追い切りですが、終い重点で悪くない内容だったと思います。大きな変動はありませんが、引き続き好調を維持出来ていると思いますし、ここでもこの馬の走りは披露出来るとみています。瞬発力勝負で結果を出してきている分、馬場が重くなりそうという点は多少気になりますが、出来の良さで補えるのであれば、ここでも足りる馬だとは思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッドジェニアル
中間:中2週 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、中2週と間隔が詰まっていながらも、これだけ負荷をかけてきているという点に好感を持っていまして、前走は宝塚記念に向けた前哨戦だったと捉えても良さそうです。攻め動くタイプとはいえ、動きは変わらずに良いですし、近走も大崩れなく走れていますので、人気薄としてはここでも面白い存在になると感じています。あともうひと追いありますので、最終追い切りにも注目してみていきたいです。その最終追い切りですが、中2週で最後までキッチリやってきたという点は高く評価したいです。攻めは動くタイプとはいえ、引き続きこの馬の走りは披露出来ていますし、前走のレベルも決して低くはありませんでしたから、人気薄なら面白い存在になり得ると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワグネリアン
中間:2ヶ月半 B
最終:栗芝 稍重 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、乗り込み量は豊富ですし、マークしている時計的にも十分だとは思っているのですが、動きそのものにはまだ良化の余地があると感じています。良い頃と比べても活気が足りないと言いますか、攻めでイマイチ迫力を感じないという点が気掛かりです。落ち目のディープ産駒という言葉があるように、それを感じさせる攻め内容に感じますし、あともうひと追いありますので、最終追い切りでは何かガツンとくるものを見せて欲しいというのが本音です。その最終追い切りですが、芝コースで消化。これは札幌で在厩調整だった昨年の札幌記念以来のことですし、栗東での調整時に最終追い切り芝追いは初の事例。友道厩舎の勝負時の仕上げ方ではない気がしますし、ここで追い切りのパターンを変えてきたという点は気になります。動きも時計以上に良く映ることはなく、この中間も全体的に強調したい点が少ないですので、この現状でどこまでやれるかでしょう。

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

 

 

追い切りBEST4
1位サートゥルナーリア
2位クロノジェネシス
3位ブラストワンピース
3位ラッキーライラック

  

 

▪️調子指数とは・・追い切り単体の期待回収値

この数値に追い切り以外の予想ファクターによる加点材料、減点材料を付加しまして、この数値が100を超えそうであれば軸向き、100に近ければ近いほど買いということになります。

スポンサーリンク

この数値になにをどう掛け合わせるかは各自の自由となります。

ここでの数値はあくまで追い切りのみの数値ですので、是非アレンジして予想に役立ててみて下さい。

よろしくお願い致します。

※黄色で塗りつぶされている馬が軸馬候補です。

 

 

改めまして、宝塚記念の記事御購読頂き誠に有難う御座います。
こちらは特典の買ボーダーライン突破馬になります。
是非各々の予想と組み合わせてアレンジしてみて下さい。
※日曜日の天気・馬場を見て、多少変更ある場合もあるかもしれません。
その際はツイートにてお知らせ致します。
5.サートゥルナーリア
8.レッドジェニアル
10.メイショウテンゲン
11.ラッキーライラック
12.モズベッロ
13.ダンビュライト
14.キセキ
16.クロノジェネシス
18.ブラストワンピース
今回の追い切り過程から妙味を感じない馬
△3.グローリーヴェイズ

 

 

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

 

▪️【宝塚記念 2020〈①〉】最終追い切り前の追い切り考察

本日も当ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
今週はG1宝塚記念が行われます。
最終追い切り前段階の追い切り考察をこちらの動画では行っていますので、追い切りに興味のある方や、事前のプレ情報を持った上で最終追い切りを見たいという方にオススメの動画となっております。

YouTubeではより詳しく解説しております。

評価だけでは何が何だかわからない、高評価の馬の理由や見解を知りたいという方は是非YouTubeへ足を運んで頂けると幸いでございます。

この動画が少しでも参考になれば以下のリンクからチャンネル登録をお願いします。
チャンネル登録はこちらから

スポンサーリンク

【ユニコーンステークス 2020】最終追い切り後の追い切り評価

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで先日チャンネル登録者数が15000人を突破致しました!

いつもありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YouTubeではより詳しく解説しているのですが、動画が見られないという方もいらっしゃるみたいですので、評価だけではありますが、このブログでもご紹介させて頂きます。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も当ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
今週は函館スプリントステークスとユニコーンステークスと2つの重賞が用意されています。
最終追い切り前段階の追い切り考察をこちらの動画では行っていますので、追い切りに興味のある方や、事前のプレ情報を持った上で最終追い切りを見たいという方にオススメの動画となっております。

 

▪️【ユニコーンステークス 2020〈①〉】最終追い切り前の追い切り考察

 

▪️【ユニコーンステークス 2020〈②〉】最終追い切り後の追い切り考察

 

YouTubeではより詳しく解説しております。

評価だけでは何が何だかわからない、高評価の馬の理由や見解を知りたいという方は是非YouTubeへ足を運んで頂けると幸いでございます。

この動画が少しでも参考になれば以下のリンクからチャンネル登録をお願いします。
チャンネル登録はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▪️調子指数とは・・追い切り単体の期待回収値

この数値に追い切り以外の予想ファクターによる加点材料、減点材料を付加しまして、この数値が100を超えそうであれば軸向き、100に近ければ近いほど買いということになります。

スポンサーリンク

この数値になにをどう掛け合わせるかは各自の自由となります。

ここでの数値はあくまで追い切りのみの数値ですので、是非アレンジして予想に役立ててみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

おかげさまで先日チャンネル登録者数が15000人を突破致しました!

いつもありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

【函館スプリントステークス 2020】最終追い切り後の追い切り評価

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで先日チャンネル登録者数が15000人を突破致しました!

いつもありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YouTubeではより詳しく解説しているのですが、動画が見られないという方もいらっしゃるみたいですので、評価だけではありますが、このブログでもご紹介させて頂きます。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も当ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
今週は函館スプリントステークスとユニコーンステークスと2つの重賞が用意されています。
最終追い切り前段階の追い切り考察をこちらの動画では行っていますので、追い切りに興味のある方や、事前のプレ情報を持った上で最終追い切りを見たいという方にオススメの動画となっております。

 

▪️【函館スプリントステークス 2020〈①〉】最終追い切り前の追い切り考察

 

▪️【函館スプリントステークス 2020〈②〉】最終追い切り後の追い切り考察

 

YouTubeではより詳しく解説しております。

評価だけでは何が何だかわからない、高評価の馬の理由や見解を知りたいという方は是非YouTubeへ足を運んで頂けると幸いでございます。

この動画が少しでも参考になれば以下のリンクからチャンネル登録をお願いします。
チャンネル登録はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▪️調子指数とは・・追い切り単体の期待回収値

この数値に追い切り以外の予想ファクターによる加点材料、減点材料を付加しまして、この数値が100を超えそうであれば軸向き、100に近ければ近いほど買いということになります。

スポンサーリンク

この数値になにをどう掛け合わせるかは各自の自由となります。

ここでの数値はあくまで追い切りのみの数値ですので、是非アレンジして予想に役立ててみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

おかげさまで先日チャンネル登録者数が15000人を突破致しました!

いつもありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

【安田記念 2020】最終追い切り後の追い切り考察

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安田記念出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アドマイヤマーズ
中間:6ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、約半年ぶりの実戦ですし、ドバイが中止になった影響もあるかもわかりませんが、調整内容は至って順調という印象です。休み明けはそこまで得意とは言えないかもしれませんが、休み明けでG1を使うのは今回が初めてですし、そうとなればこれまでの休み明けとは異なる出来で出てくる可能性は大いにあると感じます。最終追い切り前段階でも素晴らしい内容を消化出来ていると思いますから、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、時計ほどスピードが出ているようには映りませんでしたが、それだけ楽に動けているということでしょうし、切れるというよりは長く良い脚を伸ばすタイプですので、そういった意味でも余力十分の良い動きだったと思います。久々ですが、この馬の力は出せる出来にあるとみていますし、持ち前の長く良い脚を生かせる展開になれば、早め抜け出しで見せ場のある競馬をしてくれるのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーモンドアイ
中間:中2週 A
最終:美南W 良 併せ先着 強め A+
中間の内容からみていきますと、中2週ですからそこまで強い内容は必要ありません。引き続き状態は良いと思いますし、最終追い切りの動きにも注目したいです。その最終追い切りですが、相変わらず素晴らしい動きでしたし、ここに向けて好調を維持出来ていると思います。特に多くを語る必要はないと言いますか、中2週でも使えるとの判断の上で出てきていると思いますし、状態は高いレベルで安定していると思いますので、持っている力をある程度引き出すことが出来れば、今回も勝ち負けになると感じています。東西の移動制限も緩和され、最終追い切りにはC.ルメール騎手が跨りましたし、コンタクトが取れているという点も評価出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インディチャンプ
中間:中5週 B
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、この馬にしては案外な内容が目立っている印象です。前走も終い大幅減速で勝っているとはいえ、当時とは坂路の馬場状態も異なっていると思いますし、使って良くなるタイプですから、もう少し良い内容を消化してきて欲しかったというのが正直なところです。昨年の攻め内容と比較してもやや見劣りますから、最終追い切りでどこまで状態を上げてこれるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、動きは悪くないものの、時計や踏んでいるラップ的には昨年の安田記念を勝利した時と比較するとやや物足りなく感じてしまいます。前走も終い大幅減速ラップで勝利していますし、気にし過ぎるのもどうかと思いますが、本調子かと言われると疑問に感じます。昨年は様々な面で恵まれての勝利だと思いますし、真っ向勝負になってどうかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴァンドギャルド
中間:中5週 A+
最終:栗CW 良 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、攻め駆けするタイプとはいえ、この中間も良い動きを披露してくれています。トラックと坂路併用で乗り込まれていますし、その内容も凄く良いですから、更に状態は上向いてきているのではないでしょうか。ゲートさえこなせれば良い競馬になると思っていますし、あともうひと追いにも注目して見ていきたいと思っています。その最終追い切りですが、中間にしっかりと追っている分、短い距離をサッと流す程度にはなりましたが、馬には活気がありますし、体調は凄く良さそうに感じます。走りにも躍動感がありますし、引き続き好調を維持していると思いますので、あとは本番でゲートさえ出れば、上位に食い込む余地のある馬だと思っています。人気薄でしょうし、面白い存在になるのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランアレグリア
中間:2ヶ月半 A ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 良 単走 馬也 A+ ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用で入念に乗り込まれていますし、ここに向けて順調に仕上がりは進んでいるように感じます。1週前追い切りの動きも軽快でしたし、最終追い切りで更に状態を上げてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、この厩舎にしてはかなりしっかりやったと思いますし、ここに向けて良い仕上がりにあると感じます。本来はヴィクトリアマイルを使うというプランだったみたいですが、体調が整わずここに矛先を定めてきたわけで、順調さは欠いた中でも最大限の仕上げで挑めるのではないでしょうか。動きは凄く良いですし、前走内容も非常に高く評価していますので、ここでも1発あって不思議ない1頭に感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルーガー
中間:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、坂路主体ではあるものの、こなしている内容は悪くないです。前走で久々の重賞制覇をしていますが、年齢的にもそう大きく変わってくることはないと思いますし、そんな中で最終追い切りどういった動きを披露してくれるのか注目です。その最終追い切りですが、普段通りの動きは出来ているという感じで、状態は悪くないと思います。ただ、年齢的にそう大きく変わってきた様子はありませんし、今の東京の速い馬場をこなせるかと言われると疑問です。現状でどういった競馬が出来るのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケイアイノーテック
中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路では常にこれくらいは動けてしまう馬ですから、過剰に評価するのは禁物に感じます。攻めで動いてもレース結果に直接結び付くタイプでもありませんから、そこがどうかでしょう。状態は悪くなと思いますし、昨年も僅差の7着ですから、展開次第では見せ場があっても良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セイウンコウセイ
中間:中2週 F
最終:美南W 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻めは動いていますが、その攻めの良さが実戦に生きてこないのが近走です。距離もマイルに延びるのは良くないと思いますし、現状でどういった競馬が出来るかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダノンキングリー
中間:2ヶ月 A
最終:美南W 良 併せ先着 強め A+ ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、中山記念、大阪杯を使った時と比較するといくらか物足りない調整内容にも感じますが、出来としては現状でもまずまずの状態にあると感じています。1週前追い切りの動きは少し重苦しかったですし、再びポリトラック追いを取り入れてきた点には少し違和感を感じます。最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、1週前追い切りの動きとは打って変わって、ハイレベルな併せ馬で先着を果たしてきた上に、軽快な動きに変わっていましたし、追うごとに良化してきた印象です。久々も苦にしませんし、攻めの動きからは十分力を出せる出来にあるとみていますので、当然注目したい有力馬のうちの1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダノンスマッシュ
中間:中2週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、間隔が詰まっていながらも坂路で意欲的な攻め内容を消化出来ているという点は好感が持てます。乗り替わりや再度距離延長という点は気になりますが、引き続き状態は維持出来ていると思いますし、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、そこまで派手な内容ではないものの、引き続き状態は維持出来ているという印象です。ただ、前走跨ったレーン騎手が同じダノックスの馬でも今回はダノンプレミアムに跨りますから、陣営の期待感も今回はやや薄れているのかなとも感じてしまいます。前走のような競馬が出来ればもちろん良いですが、今回は相手も強力な一流マイラーが揃いましたし、現状でどういった競馬が出来るのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダノンプレミアム
中間:2ヶ月 B
最終:栗坂 良 単走 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、久々の実戦にもかかわらず、まだ3本しか強い攻め内容を消化出来ていないという点は気になります。久々の実戦の場合、入念に乗り込んで馬を作ってくる厩舎ですから、そう考えると乗り出しも遅く攻め不足とも捉えられると思いますし、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、攻めの動きは凄く良いですし、海外帰り緒戦でも力は出せる出来にあるとみています。全体的に見ると攻め不足にも映りますが、最終追い切りではこの馬なりに動けていましたし、マイルチャンピオンシップ時も最終追い切り坂路で2着と走れていますから、ここでも好走は可能に感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノームコア
中間:中2週 A
最終:美南W 良 併せ遅れ 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週ですからそこまで強い攻め内容は要らないですし、1本終い重点で流せていれば十分だと思います。引き続き状態は維持出来ていると思いますので、あとはもうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、中2週にもかかわらず、意欲的に最後まで攻めてきたという点は良いのですが、この馬にしては終い少しモタついた印象です。ハイレベルな併走馬だったとはいえ、良い時は楽に終いまで脚を伸ばしてきますから、そういった意味でもそう大きく変わってくる要素はないのかなと感じています。ただ、持ち時計的にはやれて良いと思いますし、展開次第では浮上する可能性もあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペルシアンナイト
中間:3ヶ月 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、攻め駆けするタイプですが、この中間も悪くない内容を消化出来ています。実績からも1度使った方が良いタイプだと思いますが、攻めは意欲的ですから、ある程度力は出せる出来に持っていけるのではないでしょうか。あともうひと追いありますので、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、併せ馬で先着を果たしたものの、まだ体には余裕がありそうですし、動きも絶好時と比べるとやや見劣るものでした。東京マイルの速い馬場も合わないタイプですし、久々も苦にする馬ですから、今回は買い材料が少ないレースになるのかなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスターメロディ
中間:7ヶ月 B
最終:栗CW 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、久々の実戦にしては乗り出してから日が浅いですし、いきなりはどうかと思うような調整過程です。1週前追い切りの動きは悪くなかったですが、短い距離しかまだ追えていませんし、出来としてはまだまだな気がしています。最終追い切りでどこまで状態を上げてこれるかでしょう。その最終追い切りですが、中間の攻め内容と変わらず4F追いでした。間隔が空いているにもかかわらず、こなしている攻め量は少ないと感じますし、久々にマイルを使うにあたっても心配なところであります。動き自体は悪くありませんが、いきなりはどうかと思わせる攻め量ですので、評価は抑えめです。

 

 

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

追い切りBEST4
1位ダノンキングリー
2位アーモンドアイ
3位グランアレグリア
3位アドマイヤマーズ

  

 

 

 

 

 

 

改めまして、安田記念の記事御購読頂き誠に有難う御座います。
こちらは特典の買ボーダーライン突破馬になります。
是非各々の予想と組み合わせてアレンジしてみて下さい。
※日曜日の天気・馬場を見て、多少変更ある場合もあるかもしれません。
その際はツイートにてお知らせ致します。
2.ダノンキングリー
5.アーモンドアイ
8.ケイアイノーテック
9.アドマイヤマーズ
10.ミスターメロディ
11.グランアレグリア
13.ヴァンドギャルド 
今回の追い切り過程から妙味を感じない馬
△1.ダノンプレミアム

 

 

 

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

【鳴尾記念 2020】最終追い切り後の追い切り考察

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳴尾記念出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アドマイヤジャスタ
中間:中2週 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週にもかかわらず、攻め控えられていない点は評価したいですが、攻めは常に動くタイプですので、過剰に評価するのは禁物だと思っています。最終追い切りもある程度動いてくると思いますが、その点に気を付けながら見ていきたいです。その最終追い切りですが、攻めは毎回動いてくるタイプですので、これくらいの動きでは過剰に評価したくないと思うのが本音です。状態は悪くないと思いますが、絶好時と比べると物足りませんし、近走はいくら攻めで動いてもレースでは走ってきませんので、今回も現状でどういった競馬が出来るのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカズカップ
中間:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ遅れ 一杯 B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、特に変わりなくといった感じで、強調したい点はありません。現状でどういった競馬が出来るかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアウィンザー
中間:中3週 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、引き続きこなしている内容は質が高く、状態は維持出来ていると感じます。久々をひと叩きされての効果を最終追い切りで見られるかどうか、注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、動きは良いですし、非常にレベルの高い併せ馬を消化出来ているのですが、この馬はかなり攻めで動く馬ですから、過剰に評価するのは禁物かなと思い、やや抑えめの評価です。完調ではないと思っていますが、力は出せると思いますし、相性の良い舞台ですから、馬券には組み込みたい1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キメラヴェリテ
中間:中6週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路主体ではあるものの、こなしている内容は悪くありません。1週前追い切りでしっかり追われていますし、このひと追いで更に上向いてくると思いますから、最終追い切りにも注目したいです。その最終追い切りですが、1週前追い切りでしっかりと追っている分、軽めにはなりましたが、動き自体は良かったと思います。斤量も魅力ですし、コース適性もあると思いますから、楽に自分の形に持ち込めるようなら渋とさを発揮してくれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイモンラムセス
中間:3ヶ月 C
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、坂路主体で乗られていますが、本数も少ないですし、強調したい点もありません。年齢的にもそう大きく変わってこないと思いますし、最終追い切りでどこまで良くなってくるかだと思います。その最終追い切りですが、力が逃げている走りにも映りますし、良い時はラップ的にももう少し動けますから、年齢的にもそう変わってきた様子はありません。これが引退レースですし、気分良く、無事に走り切って欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノフェイバー
中間:中3週 A
最終:栗CW 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、攻めで動くタイプらしく、良い内容を消化出来ています。トラックと坂路併用で乗り込まれ、質の高い内容を消化出来ていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、時計的には悪くないのですが、動きにはまだ良化の余地が残されているように映りますし、絶好時と比較するとやや物足りないイメージです。加えて、攻めは動いてもというタイプですから、過剰に評価するのは禁物に感じますし、現状でどういった競馬が出来るのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノルークス
中間:7ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 併せ遅れ 強め A
中間の内容からみていきますと、久々にはなりますが、良い内容を複数本消化出来ていると思いますし、力は出せる仕上がりで出てくるのではないでしょうか。3週続けてビッシリと負荷をかけられていますし、追うごとに上向いてきている印象ですので、最終追い切りの動きにも注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、ハイレベルな併せ馬で遅れをとってしまいましたが、相手は今週G1に出走予定の馬ですし、全く気にする必要はないとみています。この馬自身はしっかりとした脚取りで動けていましたし、久々でも仕上がりは良好だと思いますから、どういった走りが出来るのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェシー
中間:中3週 C
最終:栗CW 良 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、良い頃と比べるといくらか物足りない攻め内容が目立っている印象です。本調子には一息といった印象ですので、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、攻めは動くタイプですから、そう考えると物足りない内容に感じます。乗り込み量は豊富で評価出来ますが、良い時はもっとトラックで動きますし、そこまで大きく変わってきた様子はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テリトーリアル
中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はありませんが、坂路でしっかり動いてきましたし、この馬なりに順調だと思っています。活気は良い頃と比べて不足していると思うのですが、そんな中でどういった競馬が出来るのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドミナートゥス
中間:中6週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路で意欲的に追われているという点はかなり好感が持てます。ひと叩きされての上昇が見込めますし、動きも良くなってくると思いますので、最終追い切りの動きにも注目したいです。その最終追い切りですが、少し走りのバランスが悪い気もするのですが、スピードに乗せたらそれを維持することが出来るタイプに感じます。長期休養明けを2戦して、良い頃に戻りつつあると思いますから、更にパフォーマンスを上げてこれるようなら楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリコロールブルー
中間:6ヶ月 B ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗P 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、久々にしては乗り込まれていますし、時計も出せているのですが、終いが甘くなっているように、まだ良化の余地を残している印象です。良い時は馬也で楽に動けるタイプですから、そこと比較すると物足りないですし、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、動きはそこまで悪くないですが、ポリトラックコースでこの時計ですから、やや物足りないと感じます。休み明けの感は否めませんし、いきなりフルパワー全開とはいかないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パフォーマプロミス
中間:13ヶ月 B
最終:栗坂 良 単走 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、乗り込み量は豊富ではありますが、こなしている内容はまだ物足りません。攻め駆けするタイプですから、この内容だと少し物足りませんし、良くなる余地は残されていると思いますので、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、動き自体は悪くありませんし、久々でもあらかた力は出せるとみています。1年以上の休み明けですから、多少の割引は必要でしょうが、逆に穴と化すのであれば、相手に入れてみて良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックスピネル
中間:中3週 B
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め A
中間の内容からみていきますと、間隔が詰まっているにもかかわらず、坂路で意欲的に追われている点は良いと思いますが、状態はそこまで上がってきているようには思えません。ただ、ビッシリ追われたことで上向いてくる可能性はあると思いますし、最終追い切りに注目です。その最終追い切りですが、併走馬に煽られ気味ではありましたが、終い2F24秒台に乗せてきましたし、状態は良いとみています。前々の競馬をしてくると思いますから、昨年のような競馬が出来れば見せ場はあって良いと思います。今年は同型が多いのがどうかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラヴズオンリーユー
中間:中2週 F
最終:栗CW 良 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、終い重点ではあったものの、前走以上に状態は上がってきていると感じます。動きに躍動感を感じますし、中2週でも上昇気配を感じますので、ここでは力を出し切ってくれると感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッドガラン
中間:中3週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路主体ではあるものの、こなしている内容は良いですし、引き続き状態は維持出来ていると思います。前走の仕上がりも良かったと思っていますので、大幅な上積みはどうかと思いますが、状態は高いレベルで安定していますので、最終追い切りにも注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、前走時も動きは良かったですが、今回も引き続き良い動きですし、変わりなく順調といった印象です。阪神コースは相性が良いですし、引き続き状態は良いと思っていますので、パフォーマンスの向上に期待です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッドジェニアル
中間:2ヶ月 A
最終:栗CW 良 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、休み明けではありますが、乗り込み量は豊富ですし、ここに向けて順調に馬は作られているという印象です。負荷としては十分ですし、追うごとにどんどん良くなってきている印象ですので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻めは動くタイプではあるのですが、この中間も良い内容が目立っています。舞台設定はベストではないと思いますが、状態は良いと思っていますので、現状でどういった競馬が出来るのか注目したいです。

 

 

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

スポンサーリンク

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

 

 

 

 

追い切りBEST4
1位ラヴズオンリーユー
2位サトノルークス
3位キメラヴェリテ
3位ドミナートゥス

  

 

 

 

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

【目黒記念 2020】最終追い切り後の追い切り考察

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目黒記念出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイスバブル
中間:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、併せた相手に遅れはしたものの、攻め駆けしないこの馬なりには動けていましたし、悪くない動きだったと思います。中2週と間隔は詰まっていますが、出来自体は引き続き良いと思いますし、力は出せる仕上がりにあるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフリカンゴールド
中間:中2週 F
最終:栗CW 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、良い時は非常に迫力のある動きに映りますし、推進力もあるように映りますから、好調時と比較するといくらか物足りない内容に感じてしまいます。まだ良化の余地を残していると思いますし、その中でどういった競馬が出来るかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウラヌスチャーム
中間:中2週 F
最終:美南W 稍重 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、大幅に上向いた印象はありませんが、跳びの大きな走りで迫力を感じますし、引き続き状態は維持出来ていると思います。前走は色々と恵まれた感はありますし、多頭数、重賞になってどうかだと思います。再度流れ等が向くようなら怖い存在になっても不思議ないと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オセアグレイト
中間:中2週 F
最終:美南W 稍重 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、大幅に上向いてきた様子はありませんが、引き続き前走時の状態はキープ出来ているという印象です。終い13秒台というのは案外でしたが、促されてからの反応も悪くなかったですし、動きには活気がありましたので、力は出し切ってくれるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キングオブコージ
中間:2ヶ月 S ◆中間自己ベスト
最終:栗CW 良 単走 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、YouTubeでも取り上げさせて頂いたように、凄く良い内容を消化出来ていると思います。1週前追い切りは馬也で猛時計をマーク出来ていますし、それ以外にも坂路で負荷をかけられていますので、ここに向けてどんどん上昇しているイメージです。1週前追い切りの内容からもスピードと持久力がありそうなタイプに感じていますので、この舞台は合っていると思いますし、今の勢いなら良い勝負になって良いと感じております。最終追い切りは軽めだと思いますが、最後までしっかり見ていきたいと思っております。その最終追い切りですが、1週前追い切りでしっかりと追っているということもあり、終い重点の内容にはなりましたが、ブレの少ないフォームで良い動きだったと思いますし、状態の良さを感じてきます。これならレースでも期待出来ると思いますし、個人的には好走に期待している1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドギア
中間:中2週 F
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻めは常に動くタイプとはいえ、今回も良い動きでしたし、ここに向けて順調な仕上がりにあると感じます。併走馬も動く馬でしたから、レベルの高い併せ馬になったと思いますし、大きく追走して馬也で同入を果たせたという点は評価したいです。前走は久々の東京競馬場で変身しましたし、引き続き競馬場は同じですので、自慢の末脚が生きるようなら展開なら見せ場があっても良いと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノクロニクル
中間:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、併走馬もかなり動いていたとはいえ、坂路追いで併せ馬に遅れをとるということは珍しいことですから、動きは悪くないものの1つ気になる点ではあります。引き続き状態は悪くないと思いますので、間隔が詰まっている中でどういった競馬が出来るかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステイフーリッシュ
中間:2ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、乗り込み量は少ないものの、トラックでハイレベルな併せ馬を消化出来ている点は好感が持てます。まだ良化途上という感じもしますが、動き自体も悪くなかったですので、このひと追いで最終追い切りどこまで良くなるか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でいつも通りの動きだったと思いますし、久々ですが力は出せる出来にあるとみています。アメリカジョッキークラブカップでも少ない本数で2着に来ましたから、攻め量はあまり気にしなくても良いタイプだと思いますし、あとは東京競馬場が向くかどうかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイセイトレイル
中間:中2週 A+
最終:栗坂 良 併せ遅れ 一杯 B
中間の内容からみていきますと、中2週にしては負荷のかけられた内容を消化出来ていますし、引き続き好調を維持しているという印象です。坂路でしっかりと動けていますし、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、反応の悪さを見せて併せ馬で遅れをとってしまいましたし、近走の動きと比較するとやや物足りなさを感じます。かなり一杯に追われても反応は案外でしたので、このひと追いで当日気配が上向いているのかチェックしたいところであります。近走の中では最も見劣る追い切りだったということは頭の片隅にいれておきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニシノデイジー
中間:2ヶ月半 A+
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、好内容を複数本消化出来ていますし、ここに向けて良い仕上がりにあるとみています。攻め駆けするタイプとはいえ、状態は良いと思いますし、最終追い切りでもう一段階上の動きを披露してくれるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め駆けするタイプではありますが、悪くない動きだったと思いますし、力は出せる仕上がりにあるとみています。まだ良くなりそうな雰囲気はあるものの、現状でもある程度走れると思いますし、この舞台でどういった競馬が出来るのか注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーブルマーズ
中間:3ヶ月 A+
最終:栗CW 良 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、久々に攻めでしっかり動いてきたという印象です。トラックと坂路併用で良い内容を複数本消化出来ていますし、ここに向けて状態は上がってきていると思いますので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻めでは動くタイプではありますが、非常に素軽い動きに映りましたし、ここに向けて状態は良いように感じます。2年前ではあるものの、このレースにも好走歴がありますし、内前で流れに乗れるようなら見せ場があっても不思議はないと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラックパリンカ
中間:中5週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、間隔が空いている割には平凡な内容が目立ちますし、特に強調したい点もありません。最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、時計は地味ではあるものの、時計以上に良く見せてきたと言いますか、動きに活気を感じました。攻めで地味なタイプにしては動けていると思いますし、このひと追いである程度態勢は整ったとみていますので、人気薄なら面白い存在になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリンジェネシス
中間:5ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、こなしている内容は悪くないですし、坂路でも自己ベストを更新している点は良いと思います。ただ、ウッドチップコースでの追い切りが1本も消化されていないというのは大変珍しいことですし、良い時と比べるとパンチに欠ける調整内容にも感じますので、最終追い切りでは迫力が増してくることを期待したいです。その最終追い切りですが、動きは地味ではありますが、時計的には自己ベストですし、状態は悪くないとみています。坂路で追い切る事自体珍しいため、この自己ベストもアテにしづらいですし、近走は攻めで動いてもという感じですので、そんな中で引き続きどういった競馬が出来るかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボスジラ
中間:2ヶ月半 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、良い内容を複数本消化していますし、ここに向けて好仕上がりにあるとみています。ウッドチップコース主体の調整過程に戻ったという点にも好感が持てますし、状態引き続き良いと思っていますので、最終追い切りの動きにも注目して見ていきたいと思っております。その最終追い切りですが、元々攻めでは動く馬ではあるのですが、今回も引き続き動きは良いですし、力を出せる出来にあると感じます。坂路主体ではなくなったという点も良いですし、この厩舎の好走パターンですので、善戦に期待しても良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポポカテペトル
中間:3ヶ月 B
最終:栗P 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、こなしている内容は悪くないものの、良い頃と比較するとやや見劣る内容が目立つ印象です。久々ですし、ここを使ってから良くなりそうな雰囲気もありますが、一先ず最終追い切りでどこまで上昇してくるかに注目したいです。その最終追い切りですが、ポリトラックコースという点は気になるものの、数字的にはそこまで悪くない攻め内容ですし、状態としては水準くらいの出来にはあると感じます。瞬発力勝負だと分が悪いと思いますので、ある程度展開が流れてくれるのであれば、見せ場は作れるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュゼエイリアン
中間:中5週 B
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、特に目立つ内容は消化出来ておらず、状態維持に努めているという印象です。良い頃と比較しても物足りませんし、もう少し攻めた内容を消化してきて欲しいというのが本音ですので、最終追い切りではそういった点が改善されていれば良いと思います。その最終追い切りですが、攻めで好時計が出てもレース結果に繋がらないというのがこの馬の特徴ですので、あまり評価はしたくありません。状態は悪くないと思いますが、近走のレース内容からも、大幅な変わり身はどうかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミライヘノツバサ
中間:中3週 B
最終:美南W 稍重 単走 一杯 A
中間の内容からみていきますと、特に目立つ内容は消化出来ておらず、引き続き状態維持に努めているという印象です。長丁場をコンスタントに使われていますので、さほど良化はしていないと思いますし、最終追い切りでどういった内容を消化してくるかに注目したいです。その最終追い切りですが、動き自体は悪くないですし、力は出せる仕上がりにあると感じます。相変わらず動きには活気があるように映りますし、ダイヤモンドステークスを勝った時と遜色ない動きは出来ていると思います。距離も長いところが合うと思いますし、展開次第ではなだれ込む可能性も少しは考えられるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メートルダール
中間:中2週 A
最終:美南B 稍重 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、中2週にしては攻めた内容を消化出来ていますし、前走以上の気配を感じます。その前走は追い切りであまり動けていなかったようにも映っていましたから、その中で7着は頑張ったと思っていますし、使って上積みがありそうな今回は最終追い切りの動きにも期待したいです。その最終追い切りですが、攻めで動けなかった前走と比較すると、いくらか上向いているように感じます。それでもまだ良化の余地は残されていると感じるのですが、完調でなかった前走でもある程度走れていましたので、やや上向きと感じる今回は人気薄なら抑えたいと感じます。

 

 

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

スポンサーリンク

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

 

 

 

追い切りBEST4
1位キングオブコージ
2位ノーブルマーズ
3位メートルダール
3位ウラヌスチャーム

  

 

 

 

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

【東京優駿(日本ダービー) 2020】最終追い切り後の追い切り考察

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京優駿(日本ダービー)出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルジャンナ
中間:2ヶ月 B
最終:栗坂 良 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路主体で乗り込まれてはいるものの、良い頃と比較すると物足りない内容が目立つ印象です。まだ良くなる余地が残されていると思いますし、強めに追われた効果が最終追い切りで見られればと思います。その最終追い切りですが、動きには素軽さが見受けられましたし、終始楽な手応えで登坂していた点に好感を持っています。皐月賞を使わなかった分、コンディションは良さそうですし、ここに向けて力は出せる出来にあると思いますので、現状でどういった走りを披露してくれるか非常に興味深い1頭ではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴァルコス
中間:中3週 A+
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、中3週とは思えないほどしっかりと乗り込まれていますし、ここに向けての陣営の気合なんかも感じ取れます。攻めの内容から青葉賞の疲れなんかは微塵も感じませんし、むしろ上積みがあるくらいに感じていますので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路では地味なタイプではあるものの、この馬なりにしっかりと動けていたと思いますし、状態は引き続き良いと思っています。前走は持ち味を存分に生かした競馬で、鞍上も上手く乗ったとは思いますが、時計的にも価値があるものだったと思いますし、今回も展開次第では出番があるのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウインカーネリアン
中間:中5週 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、攻め駆けするタイプではあるものの、トラックと坂路併用で良い内容を消化出来ていますし、ここに向けて状態は維持出来ていると思います。あともうひと追いありますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、終始楽な手応えで駆け抜けましたし、引き続き状態は良好だと思います。大幅な上積みはどうかと思いますが、力は出せる仕上がりにあるとみていますし、皐月賞よりは不向きな舞台にはなるものの、現状でどういった走りが出来るのか注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴェルトライゼンデ
中間:中5週 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用で乗り込まれていますし、引き続き状態は良いように感じます。2週続けてビッシリと追われ、1週前追い切りでは自己ベストも更新してきていますから、更に上向きという可能性もあると思いますし、最終追い切りでもう一段階上の動きを披露してくれるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、全体時計は地味ではあるものの、終いのラップなんかは優秀ですし、促されてからのスピードの乗りは目を惹くものがありました。手前が替わってから走りのギアが上がったようにも映りましたし、かなり気合乗りは良いと思いますので、力は出し切ってくれるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガロアクリーク
中間:中5週 B
最終:美南W 稍重 併せ先着 強め B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、動き自体は悪くないものの、過去2戦の動きと比較すると物足りなく感じてしまいます。加えて、過去2戦は右回りでの追い切りでしたが、今回は左回りということで、回りが異なることによって動きも変わってきていると思います。単なる出来落ちという可能性もありますが、個人的には断然右回りの方が良く見えますし、レースでも左回りよりは右回り、かつ小回りコースの方がこの馬には合っているのではないかと追い切りの動きからは感じました。あともうひと追いありますので、どこまで良化してくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、動き自体は悪くないですし、時計的にも自己ベストなのですが、やはり個人的には右回りの方が良い走りに見えてしまいます。それが得意不得意なのかはまだわかりませんが、とにかく反応は右回りの追い切りの時の方が良いですし、馬也のままどこまでも伸びていく感じで走っていましたので、追い切りからは左回りより右回りの方がパフォーマンスは上だと思っています。それがレースでも通ずるのであれば、今回パフォーマンスを落とす可能性があると思っていますし、その点も注目しながらレースを見ていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コルテジア
中間:中5週 A+
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、2週続けてビッシリと追われていますし、1週前追い切りなんかは切れも増しているように映りました。追ってからの伸びは上々ですし、前走の良い状態を保ててると思いますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、軽く気合を付けられるとスッと抜け出しましたし、余力を残しながらも良い動きだったと思います。レースを使うごとに攻めの動きも良くなっている印象ですし、今回も好仕上がりで出てくると思いますので、レースぶりも良くなってくるようなら楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コントレイル
中間:中5週 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、攻めは地味なタイプではあるのですが、この中間は前走以上に動けていると思いますし、皐月賞を使って更に状態は上がっていると思います。現状でも良い仕上がりにあるとみていますが、あともうひと追いありますので、完璧な仕上がりに持ってこれるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、坂路では地味なタイプではあるのですが、皐月賞時と変わらぬ調整パターンで来れたという点は順調ということでしょうし、この馬としても十分動けている方だと思います。仕上がりは替わりなく良いと思っていますし、力は出せると思っていますので、あとは距離が持てばというところだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノインプレッサ
中間:中2週 A+
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、中2週にもかかわらず攻めた内容を消化出来ていますし、体調は上向きとみて良さそうです。折り合いに不安があるタイプですし、高速決着には不向きなタイプではありますが、出来自体は前走以上だと思っていますので、その点で補えればいくらか楽しみは持って挑めるのではないかと思っています。あともうひと追いありますし、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路主体だった前走とは異なり、トラックで長めを追ってきたという点は好感が持てます。動きも良い時と比べて遜色ないですし、中2週でも多少の上積みはあると感じています。前走同様に速い馬場だとどうかですが、渋ればいくらか楽しみはあるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノフラッグ
中間:中5週 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、こなしている内容は悪くないものの、やはり前走がメイチの作りだったのではないかと思うような調整内容ですし、前走時と比較してもやや物足りない印象です。出来落ちとまでは言いませんが、大幅に上向いてくるイメージは現状湧きませんので、最終追い切りでどこまで良化してくるのかという点に注目したいです。その最終追い切りですが、動きは悪くないものの、前走ほどではないのかなというイメージです。併走馬にもやや煽られ気味に映りましたし、気合を付けられてからの伸びも前走ほどではないという感じでした。もちろん前走が仕上げ過ぎという可能性も否めませんし、軽く仕上げた今回の方がパフォーマンスをあげてくるという可能性もなきにしもあらずですが、私はやはり前走の方が良い仕上がりだと思っていますし、前走の着差や内容から上位陣との逆転は難しいという方に張りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サリオス
中間:中5週 A
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、こなしている内容は悪くないものの、この馬にしてはパンチ不足という印象ですし、まだ良くなる余地が残されているように感じます。3週に渡ってレーン騎手が跨っているという点は好感が持てますが、1週前追い切りの動きなんかはこの馬にしては動けていない方だと思いますし、最終追い切りでどこまで良化してくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、木曜追いの4F流しはダービーで過去に好走したドゥラメンテやサトノクラウンと同じ調整方法を用いていますし、全く問題ないと感じています。動きそのものには迫力がありましたし、追えばしっかりと弾けていたと思います。レーン騎手が約1ヶ月毎週のように追い切りで跨っているように、ここに向けて態勢は整っていると思っていますから、あとは距離の壁がどうかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダーリントンホール
中間:中5週 A+
最終:美南W 稍重 併せ先着 強め A+ ◆自己ベストタイ
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用で好内容を消化出来ていますし、凄く良い状態にあると感じています。もちろん前走の出来も良かったと思っているのですが、引き続きその状態は保てていると思います。1週前追い切りも手綱を引っ張り切りのまま駆け抜けましたし、その週の日曜日にも坂路で良い内容を消化出来ていますので、ダービーに向けて抜かりない調整が施されていると思います。あともうひと追いありますので、更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、相変わらず手綱は引っ張り切りで、距離が延びることからも折り合い面に不安を感じますが、その折り合いさえつけばかなり弾けるのではないかと思っています。前走はゲート直後に大きな不利もありましたし、馬場もコース形態もこの馬には不向きだったと思っていますから、度外視出来ると思いますし、共同通信杯を勝っている東京競馬場に替わればパフォーマンスを上げてくる可能性はあるとみています。前走も出来は良かったと思いますが、今回も引き続き良いですし、この最終追い切りの動きを見ていると買いたいと思ってしまいます。道中で上手くなだめて直線へ向ければ、見せ場があると思う1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディープボンド
中間:中2週 F
最終:栗CW 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、前走の方が馬体全体を使って雄大なフォームで走れていたようにも感じますし、出来は大きく変わっているようには感じません。この中間は状態維持に努めていると思いますし、大幅な変わり身はどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビターエンダー
中間:中2週 F
最終:美南W 稍重 併せ遅れ 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、仕掛けたタイミングの差とはいえ、併走馬にもやや煽られ気味でしたし、やはり前走が権利を獲るための仕上げだったと思いますから、今回は状態維持に努めているといった印象です。攻め駆けするタイプにしてはまずまずといったイメージですし、ここに向けて大きく上向いてきた様子はありませんので、現状でどういったパフォーマンスを披露してくるのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックホール
中間:中5週 A
最終:美坂 稍重 併せ遅れ 一杯 A
中間の内容からみていきますと、攻め駆けするタイプらしく、良い内容を消化出来ています。前走は坂路中心の内容が目立っていましたが、今回はウッドチップコース中心の追い切りに戻していますし、この点は良いと思います。しっかりと負荷をかけられていますし、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、併走馬に遅れはしたものの、坂路では元々地味なタイプですし、それを考えれば動けていたと思います。切れる脚というよりは、長く良い脚を使うタイプだと思いますし、展開に左右されるという面はネックではありますが、差しが効く展開になれば怖い存在になっても不思議はないと感じます。前走も良い上がりを使っていますし、長い直線で持ち味がフルに生きるようなら楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイラプソディ
中間:中5週 A+
最終:栗CW 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、前走とは打って変わって、凄く状態を上げてきていると思います。前走は負荷のかかりにくいポリトラックコースでの追い切りを取り入れていましたが、今回はウッドチップコースと坂路のみですし、この点も良いと思います。加えて、1週前追い切りの動きも前走以上に映りましたので、個人的には上積みがある1頭だと思っています。あともうひと追いありますので、更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、おそらく左回りの追い切りをさせたかったので火曜追いということだと思います。全体時計はかなり遅いですが、終いの伸びは悪くなかったですし、この中間全体を考えた時に、動き自体は前走以上に感じています。多少力んで走る面が見受けられましたので、それがレースにいってどう影響するかは気になりますが、具合は良いと思っていますし、この馬らしさが見られれば善戦可能に感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンオブスピリット
中間:中2週 F
最終:栗CW 良 併せ遅れ 馬也 B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中2週で間隔が詰まっているため終い重点の内容になりました。動きそのものは悪くないですが、3週に渡ってビッシリと追われていた前走が好仕上がりだったと思いますので、大幅な上昇はどうかと思っております。併走馬にもやや煽られ気味でしたし、前走時の出来を維持している中でどういった走りが出来るかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レクセランス
中間:中5週 B
最終:栗坂 良 単走 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、良い頃と比べても明らかに物足りない内容が目立ちますし、前走から変わってきた様子はありません。まだ良くなる余地が残されていると思いますので、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、踏んでいるラップは悪くないですし、動きそのものも及第点には達していると思います。かなり良いとは言えませんが、一連の出来は保てていると思いますし、自分の持つ現状の力は出し切れるのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワーケア
中間:2ヶ月半 B
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、こなしている内容自体は悪くないものの、攻め駆けするタイプという点を踏まえるともうワンパンチ欲しいところですし、まだ良くなる余地を残していると感じます。ただ、皐月賞をパスしているわけですから、他馬よりもコンディションは良いと思いますし、最終追い切りでメイチの状態に持っていければ、楽しみはある1頭だと思いますので、その点に注目しながら最終追い切り見ていきたいです。その最終追い切りですが、追うごとに良化しているという感じは伝わるのですが、良い頃に見せる推進力のある走りには映らなかったというのが本音です。直線の走りからはまだ良くなりそうなイメージがありましたし、現状でどういった走りを披露してくれるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

追い切りBEST4
1位ダーリントンホール
2位ヴァルコス
3位ヴェルトライゼンデ
3位コルテジア

  

 

 

 

一応赤棒が軸候補ですが、コルテジアまでは軸になり得る可能性があると思って頂ければと思います!

 

 

改めまして、東京優駿(日本ダービー)の記事御購読頂き誠に有難う御座います。
こちらは特典の買ボーダーライン突破馬になります。
是非各々の予想と組み合わせてアレンジしてみて下さい。
※日曜日の天気・馬場を見て、多少変更ある場合もあるかもしれません。
その際はツイートにてお知らせ致します。
5.コントレイル
6.ヴェルトライゼンデ
9.ダーリントンホール
10.コルテジア
12.サリオス
14.マイラプソディ
17.ヴァルコス
今回の追い切り過程から妙味を感じない馬
△13.ディープボンド

 

 

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

【優駿牝馬(オークス) 2020】最終追い切り後の追い切り考察

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優駿牝馬(オークス)出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アブレイズ
中間:2ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗CW4F)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれていますし、久々でも良い仕上がりにあるとみています。相手はかなり強くなりますし、オークス向きかと言われると疑問ですが、出来は徐々に上向いてきていると思いますら、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、全体時計は平凡ですが、我慢の効いた走りでしたし、終いの伸びなんかも良かったと思います。相手のレベルは一気に上がりますが、前走のような積極的な競馬が出来れば、粘り込む可能性もあるとみていますし、どこまでやれるのか楽しみな1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターミッション
中間:中5週 A+
最終:美南W 重 併せ遅れ 強め A
中間の内容からみていきますと、元々攻めはそこそこ動くタイプではありますが、1週前追い切りでかなりハイレベルな併せ馬を消化出来ていますし、ここに向けて良い仕上がりにあるとみています。追い切りでは軽い走りをするので、良馬場で走らせた方がパフォーマンスを上げてくる可能性もあるとみていますし、未知なる魅力があると感じます。あともうひと追いありますから、最終追い切りの動きにも注目してみていきたい1頭です。その最終追い切りですが、併走馬にやや遅れはしたものの、まだ余力があったようにも映りますし、そこまで割り引く必要はないとみています。今回の最終追い切りで予想を上回る上昇を見せてくれれば更に評価を上げたいと思っていたのですが、予想の範囲以内だったため、評価は抑えました。とはいえ、前走以上の気配を感じますし、人気薄として面白い存在になり得る1頭だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウインマイティー
中間:中5週 A+
最終:栗坂 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、攻めは動くタイプではあるのですが、この中間も濃い内容を消化出来ていますし、引き続き良い状態を保てている印象です。大きな変わり身には期待出来ないかもしれませんが、トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれていますし、忘れな草賞を勝利した時と同じくらいの出来にはあると思いますので、あとは最終追い切りで更に良くなってくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、前走の最終追い切りの動きが良過ぎた印象で、決して今回も動きは悪くないものの、見劣ってしまいました。前走がオークスの権利を獲るための仕上げだった可能性もありますし、状態が大幅に上向いてきた印象はありません。もちろん状態は悪くないとは思いますが、前走は馬場の恩恵も受けていましたし、変わらない出来でここでどこまでやれるかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウインマリリン
中間:中3週 A
最終:美南W 重 併せ先着 強め A+◆自己ベストタイ
中間の内容からみていきますと、中3週にしてはしっかりとやれていますし、こなしている内容も悪くありません。前走の状態は維持出来ていると思いますので、あとは最終追い切りでどれだけ上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、攻めは動くタイプとはいえ、かなりレベルの高い併せ馬で先着を果たしてきましたし、ここに向けて引き続き状態は良いとみています。まだ手応えには余裕もあったと思いますし、このひと追いで態勢は整ったと思いますから、本番でどういったレースを披露してくれるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウーマンズハート
中間:中5週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、攻め駆けするタイプらしく、良い動きを見せてくれています。近走も攻めでは動いているので、アテにしづらい面はあるのですが、引き続き良い状態を維持出来ていると思いますし、日曜日にもポリトラックコースで負荷をかけられているという点に好感が持てます。最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、動き自体は悪くないものの、やはりまだ昨夏の動きと比較すると物足りない印象です。密かに私はこの馬の夏馬説を唱えていて、関屋記念なんかに出てくれば面白いと思うのですが、まだ気温も上がったり下がったりですので、調子を上げ切れていない部分もあるのかなと思ったりしています。もし本当に夏に状態が上がる馬なのだとしたら、ここはまだ買い時ではないと思っていますし、当日の天候も少し気にかけたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラヴァシュドール
中間:中5週 A+
最終:栗CW 良 単走 A+
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用で乗り込まれており、引き続き状態は維持しているように感じます。アクセントとして、坂路で刺激を与えている点には好感を持っていますし、1週前追い切りもミルコデムーロ騎手を背に良い動きでしたから、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、終い重点ではあるものの、動きは変わらず良いですし、良い状態は保てていると思います。前走は道中ポジションを下げながら、最後は馬場の悪い最内を通って追い上げてきましたから、負けて強い内容だったと思っていますし、府中の高速馬場なら巻き返しに期待出来る馬だと思います。あのサリオスと叩き合った長い直線では持ち味が存分に生きると思いますし、立ち回り次第では全然やれて不思議ない1頭だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンクテュエール
中間:中5週 B
最終:美南W 重 併せ同入 馬也 B
中間の内容からみていきますと、外厩帰りとはいえ、まだ強めの内容が1本も消化されていないという点は気になっています。この中間は皮膚病も発症していたらしく、立ち上げにも少なからず影響があったのかもしれません。特に強調したい点はありませんので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、全体的に軽いですし、最後までこういった内容しか消化してこれなかったという点は割引かなと思います。もう少し負荷をかけてきて欲しかったというのが本音ですし、中間皮膚病で一頓挫あったように、その影響は追い切りにも多少は及んでいると思っています。レースにいってどこまでやれるかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマイルカナ
中間:中5週 A+
最終:美南W 重 単走 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、在厩調整ということもあってか、桜花賞組の中では乗り出しも早く、非常にスムーズな立ち上げが出来ていると感じます。攻めは動くタイプとはいえ、2週続けて好内容を消化していますし、ここに向けて良い状態を保てている印象ですので、最終追い切りまで注目して見ていきたいと思っています。その最終追い切りですが、終い重点ではあったものの、動きは凄く良いですし、ここに向けて順調な仕上がりを見せていると思います。馬体を大きく使いつつも決して重苦しく見せず、脚の回転の速い走りには目を惹かれますし、前走も良い仕上がりだったと思いますが、更にギアを上げている可能性もあるとみています。引き続き出来は良いと思っていますし、今の府中なら前に行けるのは強みになると思っていますから、前走に引き続き良い走りに期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェーンオブラブ
中間:中5週 B
最終:美南W 重 併せ先着 馬也 B
中間の内容からみていきますと、間隔が空いている割にはこなしている内容は目立たずという印象です。攻めでももう少し動けるタイプだと思いますし、桜花賞がピークの仕上げだった可能性もあるとみています。あともうひと追いありますから、最終追い切りでどこまで良くなってくるかでしょう。その最終追い切りですが、前走に引き続き攻めの動きは悪くないですが、攻めの動きがレース結果に直結しないタイプですので、過剰に評価するのは禁物に感じています。チューリップ賞でも出来はかなり良かったと思っていたのですが、結果惨敗でしたし、期待出来るのは距離延長での変わり身だけだと思っています。個人的には攻め駆けするタイプという認識ですから、3列目までというイメージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デアリングタクト
中間:中5週 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 単走 A
中間の内容からみていきますと、圧巻のパフォーマンスを披露した桜花賞時よりも動きは良化していると感じました。その1週前追い切りは迫力満点の良い動きでしたし、加えて自己ベストも更新してきましたから、ここに向けて更に上向いている可能性もあるとみています。あともうひと追いありますので、最終追い切りではどんな動きを披露してくれるのか、非常に楽しみです。その最終追い切りですが、全体的に軽めの内容でして、実質的な最終追い切りは先週に終えているというイメージで良いと思います。前走の最終追い切りの方が気合乗りは良かったと思っていますが、それでも高水準で引き続き状態は良いと思いますし、前走の勝ちっぷりからも楽しみな1頭です。当然馬券には入れたいと思っていますし、注目したい1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デゼル
中間:中2週 A+
最終:栗坂 良 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、中2週にもかかわらず非常に意欲的な追い切り内容が目立っており、状態を維持するどころか、もうワンランク上の仕上げに持っていこうとしている陣営の気合いを感じます。前走のスイートピーステークスもオークスへの権利を獲得するためにそこそこ仕上げていたとは思いますが、今回は更にその上をいくギリギリの仕上げで挑んでくるのではないでしょうか。この1週前追い切りが実質的な最終追い切りだとは思いますが、最終追い切りの動きにも注目して見ていきたいと思っています。その最終追い切りですが、伸びやかなフットワークで無駄のない走りに映りましたし、終いの伸びも上々です。中2週ですから、先週の日曜日に追い切ったものが実質的な最終追い切りと思いきや、最終追い切りも割と動かしてきた点には驚きですし、攻めに攻めた調整に感じます。ここに向けて陣営の気合も感じてきますから、本番の走りも非常に楽しみな1頭です。当然馬券には入れたいと思っていますし、注目したい1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリオキアリ
中間:中5週 B ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、間隔が空いている割には攻め量不足の感は否めませんし、何とか状態維持に努めている印象です。1週前追い切りでは自己ベストを更新したものの、個人的には無理して出した自己ベストという認識ですので、そこまで高くは評価していません。このひと追いで最終追い切りガラリと変わってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、終い重点ではあったものの、動きには迫力を感じましたし、ここに向けて良い仕上がりにあるとみています。個人的には前走以上に動けているとも感じますし、展開次第では見せ場があって良いと思っています。前走も良い脚を使って7着まで追い上げていますし、人気薄なら抑えたい1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホウオウピースフル
中間:中3週 A
最終:美南W 重 併せ同入 馬也 B
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれていますし、攻め駆けするタイプらしく、良い内容が目立っています。レーン騎手の継続騎乗は叶わなかったものの、良い状態は保てていると思いますし、最終追い切り次第では楽しみのある1頭だと思います。その最終追い切りですが、動き自体は変わらずといった感じで、引き続き状態は維持出来ていると思います。ただ、前走はレーン騎手がかなり上手く乗ったと思っていて、行きたがるホウオウピースフルをなだめて何とか2着に持ってきたという印象ですから、2Fの延長はどうかと思いますし、継続騎乗が叶わなかったという点もマイナス材料かなと思っています。力はあると思いますから、現状でどういった競馬が出来るのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジックキャッスル
中間:中5週 B
最終:美坂 重 併せ同入 馬也 B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、間隔が空いている割には攻め量不足の感は否めませんし、何とか状態維持に努めている印象です。攻め駆けするタイプにしては、この中間特に目立った追い切りも消化出来ていませんので、あともうひと追いでどこまで上向いてくるかだと思います。その最終追い切りですが、動きは悪くないものの、最終追い切りを坂路で行うのはこの馬史上初の事ですし、国枝厩舎はウッドチップコースで最終追い切りを行うことが多い厩舎ですから、この点は1つ気になる点です。過去2戦が素晴らしい調整内容だっただけに、ここはさすがに上積みが見込めない状況というように捉えることも出来ると思いますし、現状でどういった走りが出来るのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルターズディオサ
中間:中5週 A
最終:美南W 重 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、引き続き状態は維持していると思いますし、元々攻めは地味なタイプだと思っていますので、水準級の動きは披露出来ていると思います。この中間もハイレベルな併せ馬を消化出来ていますし、動きも悪くありませんので、あとは最終追い切りで更に上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、過去2戦と比較しても大きく変わってきた印象はありませんが、引き続き状態は保てていると思います。動きも悪くないですし、ガクッと出来落ちという感じではないと思いますので、あとは陣営が心配している距離が鍵になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマザクラ
中間:中5週 A+
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、攻め駆けするタイプではありますが、引き続き良い内容を消化出来ていますし、ここに向けて状態は凄く良いと思っています。距離は延びた方が良さそうなタイプだと思いますし、更に上昇している気配を攻め内容からは感じますので、最終追い切りの動きも非常に注目して見ていきたいと思っています。その最終追い切りですが、攻めは常に動くタイプではありますが、今回も坂路で非常に軽い動きを披露しました。木曜追いはこの馬史上初めてですが、特に影響はないと思っていますし、引き続き良い状態にあるとみています。距離も延びた方が良いと言われていましたから、この舞台は歓迎でしょうし、前走の内容からも、見せ場はあって良い1頭だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リアアメリア
中間:中5週 B
最終:栗CW 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、外厩帰りとはいえ、帰ってきてからこなしている内容は一息という印象ですし、やはりこの馬は桜花賞1本狙いだったのかなというイメージです。個人的には大幅に上向いてきた印象はありませんので、あとは最終追い切りでどれだけ上昇してくるかに注目したいと思っています。その最終追い切りですが、動き自体は悪くないものの、やはり前走が渾身の仕上げだったのではないでしょうか。その前走がこの馬には不向きな馬場だったので、気の毒としか思えないですが、これも競馬だと思います。もし今週末良馬場で、前走以上のパフォーマンスを発揮出来る状況下にあったとしても、今度は距離という壁がこの馬を待っているわけです。そういった意味でも前走良馬場でやらせてあげたかったと思いますし、今の出来でどれだけやれるのかに注目したいと思っています。私は前走がメイチと解釈しましたので、ここでの評価は抑えめですが、素質の高さは当然買っていますので、人気落ちするようなら抑えたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リリーピュアハート
中間:中5週 A+
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、抽選対象馬ではあるのですが、近走よりも動きは明らかに良くなっていますし、1週前追い切りの動きには目を惹かれました。この馬はデビュー当初からジョッキーが追い切りに跨り続け、割りかし期待されていた牝馬だったと思いますので、何としても抽選突破したい1頭だと思います。出走が叶うのであれば、最終追い切りも注目して見ていきたいと思っています。その最終追い切りですが、軽いフットワークで良い動きでしたし、ここに向けて良い仕上がりにあるとみています。福永騎手が付きっ切りという点も良いと思いますし、長い距離での実績もありますから、出走が叶えば見せ場は作れる1頭だと思っています。

 

 

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

スポンサーリンク

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

 

 

 

中間追い切りBEST4
1位デアリングタクト
2位インターミッション
3位クラヴァシュドール
3位リリーピュアハート


最終追い切りBEST4
1位クラヴァシュドール
2位スマイルカナ
3位デゼル
3位ウインマリリン

総合追い切りBEST4
1位クラヴァシュドール
2位デアリングタクト
3位スマイルカナ
3位リリーピュアハート

  

改めまして、優駿牝馬(オークス)の記事御購読頂き誠に有難う御座います。
こちらは特典の買ボーダーライン突破馬になります。
是非各々の予想と組み合わせてアレンジしてみて下さい。
※日曜日の天気・馬場を見て、多少変更ある場合もあるかもしれません。
その際はツイートにてお知らせ致します。
1.デゼル
2.クラヴァシュドール
3.アブレイズ
4.デアリングタクト
8.スマイルカナ
9.インターミッション
10.ミヤマザクラ
11.リリーピュアハート
16.ウインマリリン

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク