【東海S 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

マイネルバサラ 美浦 南W 良 助手
単走 53.9-40.1-13.7 G前追 B
最終追い切りの動きは悪くない。時計は地味だが、スピードの乗りは良いし、脚取りもスムーズ。JBCCでも悪くないレースだったし、スムーズなら馬券内も。

カゼノコ 栗東 CW 良 小崎
2頭併先 89.3-71.8-55.3-40.1-12.3 G前追 B
調教は動くタイプでこの最終追い切りも悪くない動き。展開ひとつでは馬券内に食い込んでも不思議ない1頭に感じるし、近走は上がり最速を使えてるだけに、ハマれば怖い1頭。

アンジュデジール 栗東 坂路 良 西谷
2頭併遅 53.2-38.0-25.2-13.1 G前追 B
直線半ばで軽く促されるも馬の進みは悪く、併走馬にも手応えで劣勢。仕上がりで言うと昨年の暮れの2戦の方が良かったように映る。しかし、メキメキと成長しているし、自分の競馬が出来れば善戦も可能か。

インティ 栗東 坂路 良 助手
単走 51.9-37.8-24.6-12.3 G前追 S ↑
最終追い切りは素晴らしい動き。脚取りもスムーズで、首使いも良くて、馬の前進姿勢もかなり感じられた。バランスの良い走りで1度スピードに乗ると止まらない印象を調教の走りからも感じる。重賞は初めてでも能力は一級品だし、レースぶりからも準OPでは留まらない器。メンバーもGllにしては手頃だし、しっかり賞金加算してもらいたい。

スポンサードリンク

 

【東海S 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【東海S 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【アメリカJCC 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ジェネラーレウーノ 美浦 南W 良 田辺
2頭併入 51.5-37.4-12.8 G前追 A
軽く仕掛けられただけでまずまず良い加速を見せたし、休み明け初戦から力を出せる出来にはありそう。ただ、セントライト記念の最終追い切りの方がもう少し素軽さが見受けられたのが正直なところ。とはいえ、展開も恵まれそうだし今回は前走のようなレースにはならなさそうなので、この舞台なら力を出せると思っている。帰厩した時は538kgの+32kg増で、1週前時点では少し太めに映ると述べていたので、当日の馬体重は要チェックか。動きからは重苦しさは感じないし、枠の並びや当日の気配次第で。

マイネルミラノ 美浦 南W 良 助手
2頭併入 83.9-68.1-53.5-39.6-13.6 G前追 B
最終追い切りは平凡な内容。追われても反応は鈍かったし、併走馬にも手応えで劣勢。昨年は展開が向いたし、今年の方がレースレベルは上がるので、見送りたいと感じる。自分の競馬をしてどこまで。

ミライヘノツバサ 美浦 坂路 良 助手
単走 53.8-39.5-25.6-12.3 G前追 A
1週前追い切りまでの動きでは物足りなさがあったが、最終追い切りではしっかりと動いていた。脚取りもスムーズで力強さもあったし、良い内容を消化したと思う。中山は適性があるし、人気しないのなら抑えたいと感じる1頭。

ステイインシアトル 栗東 CW 良 水口
3頭併先 85.2-67.7-51.8-38.1-11.6 G前追 A+
最終追い切りの動きは休み明けにしてはかなり動けている。調教は動けるタイプだが、この中間も好時計を連発しているし、仕上がりは良好とみている。前走も休み明けで重賞2着と鉄砲駆けするタイプだし、ここも狙い目のように感じる。人気落ちするようなら抑えたい1頭。

スポンサードリンク

ダンビュライト 栗東 坂路 良 北村友
2頭併先 52.4-38.0-24.8-12.4 G前追 A+
最終追い切りはこの馬にしては動けているし、出来は良さそう。毎回時計は良い時計は出るが、併せ馬に遅れたり、逆に併せ馬で先着しても時計が平凡だったりするケースが多いが、今回は時計も良いし、併せ馬でもしっかりと先着。サンライズノヴァと併せてしっかりと先着したし、手応えも終始優勢だった。昨年のアメリカJCCよりも良い仕上がりに映るし、前走は出遅れが全て。そこを度外視すれば今回は舞台変わりもプラスに働くだろうし、見直したい1頭。

 

【アメリカJCC 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【アメリカJCC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【京成杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

グレイスアン 美浦 南W 良
2頭併先 70.0-53.4-38.9-13.4 馬也 A
最終追い切りの動きは軽快で手応えにも余裕が見受けられた。この中間も良い内容をこなしているし、状態は良さそう。キャリア1戦で未知な部分が多いが調教通り走れるなら善戦しても良さそう。

ランフォザローゼス 美浦 南W 良
2頭併入 54.9-41.0-13.4 馬也 A
最終追い切りは軽めだったが、前走よりは状態が上向いているような気がする。乗り替わりは不安だが、中山の適性はあるし、立ち回り次第で善戦は可能か。

カイザースクルーン 美浦 南W 良
2頭併遅 68.7-54.1-38.8-13.1 G前追 B
しっかりと追われるも反応はイマイチ。1週前は良い内容を消化しているが、最終追い切りで併走馬にも劣勢だったのは不安な点。能力的にもランクは下に感じる。

クリスタルバローズ 美浦 南W 良
2頭併先 71.9-56.5-42.2-14.2 馬也 B
調教の動きは平凡で前走の状態を維持している感じ。休み明けにしては負荷も足りない感じもするし、動きからも軽快さは伺えなかった。能力的にも厳しいか。

シークレットラン 美浦 南W 良
2頭併先 69.6-54.3-39.4-13.6 G前追 A
最終追い切りは時計こそ平凡だったが、追えば長く良い脚を使えそうな雰囲気はあった。中間で好内容をこなしているのでトータルで見れば調整過程は良いと思っている。中山実績が1番ある馬だし、前走の葉牡丹賞をレコード勝ちしているので期待の1頭だと感じる。

ダノンラスター 美浦 南W 良
単走 55.6-40.8-13.5 G前追 B
最終追い切りの動きはまずまず。若干動きが硬い気もするし、迫力に欠ける印象。前走を見ても上位組とは差があったし、もうワンパンチ足りない感じがする。善戦までか。

ラストドラフト 美浦 P 良
2頭併先 66.5-51.5-38.2-12.7 馬也 A+
新馬戦から調教は動いていたが、この中間もかなり良い内容を消化出来ている。最終追い切りはポリトラックだったが、中間にウッドコースでもしっかり負荷をかけられているし、そこでも良い内容を消化出来ている。状態面は問題なく来てると思うし、能力が足りるのであればキャリア1戦でも重賞を制する可能性は高そう。

スポンサードリンク

ヒンドゥタイムズ 栗東 CW 稍重
2頭併先 85.5-69.6-54.4-40.4-12.7 馬也 A+
前走の最終追い切りも良かったが、今回もかなり軽快で良い動き。新馬戦の最終追い切りもクロノジェネシスと互角の動きを見せていたし、素質があると感じていた。中間も念入りに併せ馬で負荷をかけているし、良い内容を消化出来ている。唯一鞍上は不安だが、馬自体は良いものを持っているし、そこを引き出せれば好走に期待出来そう。

カテドラル 栗東 CW 稍重
単走 86.3-68.8-52.9-38.4-11.8 馬也 A+
馬也でスピード感抜群の良い動き。前走は前に居た馬が総崩れで瞬発力勝負はこの馬にとって分が悪かった印象。それでも見せ場はあったし、力のあるところを示したレースだったと思う。今回、右回りの直線が短いコースに舞台変わりするのはプラスに働きそう。前目でスムーズに運べればここでも好走するだけの能力は十分兼ね備えている馬だと思っている。同型が少ない今回は狙い目だと感じる。

カフジジュピター 栗東 坂路 稍重
単走 54.1-38.5-25.1-12.4 G前追 A
調教の動きは悪くないが、ラスト1Fは時計ほど迫力を感じなかった。調教は動けるタイプだと思うし、過度な評価は禁物。乗り替わりも不安だし、能力的にもワンパンチ足りないか。

【京成杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【日経新春杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

グローリーヴェイズ 美浦 南W 良
2頭併先 55.2-39.6-12.8 強め A
1週前追い切りと比べると良くなったが、前走と比べると軽快さが若干欠けている印象がある。鞍上強化と菊花賞5着で過剰人気するようならば頭からは買いづらいかなと感じている。とはいえ、能力は上位だと思うし、過度な軽視は禁物か。

シュペルミエール 美浦 坂路 良
単走 52.9-38.9-24.8-12.1 G前追 A+
調教の動きは毎度のこと良いので、過度な評価は禁物だが、高水準で良い動き。ただ、20ヶ月の休み明けから3戦目で、陣営もやはり慎重に調整を進めているらしく、思い切った調整は出来ない状況。怪我の再発もあるので無理はさせないと思うし、どれだけ状態を維持させて出走するかの勝負になりそう。とはいえ、血統や実績からもこの舞台は合うし、善戦は可能か。

ミライヘノツバサ 美浦 坂路 良
単走 53.3-39.3-25.7-12.6 一杯 A
ここは回避でAJCCに向かうとのこと。この時点でこれだけ動けていれば十分。まだ時間があるし、更に良くなれば適性のある舞台で力を出せそう。

アフリカンゴールド 栗東 CW 稍重
単走 83.0-67.0-52.5-39.0-12.8 強め B
菊花賞の頃と比べても見劣る動きで良い時の動きではない気がする。1週前追い切りから動きはあまり変わらず、ひと叩きされてからの方が良さそうなイメージ。

ウインテンダネス 栗東 CW 稍重
単走 85.6-69.2-53.9-39.9-12.1 G前追 A
ジャパンCの頃と同じくらいの出来にありそう。動きは悪くはないが、正直なところもうワンパンチ欲しい。叩き良化型とはいえ、京都コースが極端に成績が悪いので買いづらいところではある。上手く立ち回れれば善戦も。

ダッシングブレイズ 栗東 CW 稍重
単走 84.9-68.9-53.7-39.4-12.0 馬也 A+
調教の動きは毎度のこと素晴らしいので過度な評価は禁物。今回の距離延長には疑問で折り合いに難がある馬だし、距離延長で折り合いが改善されるとは思えない。むしろ裏目に出る可能性もあるし、個人的には掛かる面を誤魔化すためにもマイル以下の方が良いと感じる。立ち回りも上手いタイプではないし、その辺りがどう出るか。

ノーブルマーズ 栗東 CW 稍重
3頭併先 53.6-38.4-11.6 強め A
追われてかれ加速するのに時間を要した。鞭が入ってからようやく反応したが、格下相手に若干反応は鈍く感じた。最近は坂路中心だったが、コースでもしっかり動けるタイプだし、まずまず及第点というイメージ。叩き良化型で力のいる馬場は合っていると思うので、ハマれば怖い穴馬になりそう。

ムイトオブリガード 栗東 CW 稍重
3頭併先 81.1-65.7-51.2-37.7-12.3 強め A+
休み明けで前走と比べると動きに迫力はないが決して悪いわけではない。この中間は楽に好時計をマーク出来ているし、普段の休み明けよりも状態は上とのこと。主に東京コースで結果を出している馬だけに、このコース変わりが大幅なプラスに働くとは思わないが、鞍上強化や前走の実績からこのメンバーなら十分やれて良さそう。

メイショウテッコン 栗東 CW 稍重
単走 54.7-40.0-12.4 G前追 A
休み明けということもあり状態は年明け前の2走の方が良く映るし、陣営も言うようにまだ未完成な馬。精神面と走りが合致していないタイプらしく、本当に良くなるのはまだ先。今回も休み明けだし、無理に調整はしていない感じもする。スムーズなら善戦もありそうだが、休み明けという事で多少の割引も必要か。

エーティーサンダー 栗東 坂路 稍重
単走 52.4-37.9-24.3-12.1 G前追 A+
中間の内容もかなり良いし、この最終追い切りも上々の動き。調教でしっかり動けるようになってきたし、これがレースに直結すれば穴をあけても不思議ないイメージ。このメンバーで1番良い調整過程を踏んでると思うし、大穴なら是非抑えておきたい1頭。

スポンサードリンク

ケントオー 栗東 坂路 稍重
単走 52.0-38.4-25.5-12.9 一杯 B
最終追い切りはまずまずで前走の状態を維持している感じ。特に魅力的な動きではなかったが、昨年の京都記念のように時計が掛かってタフなレースになると侮れないところではあるし、今の京都コースも悪くなさそう。当日の気配次第では抑えも。

マサハヤドリーム 栗東 坂路 稍重
単走 55.8-39.6-25.2-12.7 馬也 A
時計は地味だが、終いの伸びは上々。中間内容も良いし、状態は前走以上に映る。距離やコース適性はイマイチだが、しっかり折り合って運び、終いの脚を生かすレースが出来れば善戦は可能か。

ルックトゥワイス 栗東 坂路 稍重
単走 55.4-39.8-25.6-12.8 G前追 A
最終追い切りもまずまずで状態は維持出来ている印象。陣営は精神的な幼さがあることを課題に挙げていて、動きにムラがあるとも述べている。この中間も状態維持に努めているらしく、大きな上積みも感じられない。試金石の1戦だろうし、重たい印は打ちづらい。

ロードヴァンドール 栗東 坂路 稍重
2頭併先 53.8-39.1-25.8-13.2 G前追 B
本来調教はもっと動ける馬なだけにこの内容と時計はイマイチだが、休み明けの前走と比べると少し良くなったかなという印象。本調子に戻るにはもう少し時間を要すかなと思うし、ここは重たい印は打ちづらい。しかし、昨年2着の舞台ということもあり、マイペースで行かれると怖い存在になり得る。

アイトーン 栗東 坂路 稍重
単走 53.4-39.1-25.5-12.5 強め A
調教の動きは悪くない。最近はズブさが出てきて、持ち前の逃げる競馬が出来ていない状況が続いている。しかし、今回はスタートしてホームストレッチを通過し、テンの入りが近走より遅くなると思うので、押せばハナに立てそうなメンバーだし、逃げれれば面白い1頭。

ガンコ 栗東 坂路 稍重
単走 54.5-39.1-24.8-12.0 G前追 A+
調教の動きは最近では1番良い動きをしているように映った。最近は調子が悪かった事に加えて、この馬に不向きな展開、馬場のレースが多かった気がする。今回は馬場も展開も向きそうだし、この舞台には実績もある。この時期は良く走るタイプだし、中間の調整過程からも状態の良さを感じる。鞍上が藤岡佑介騎手に戻るのも良いし、ここは買いだと感じる。

 

【日経新春杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【日経新春杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【フェアリーS 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

アゴベイ 美浦 南W 良
2頭併入 55.3-40.1-13.0 G前追 B
新馬戦の最終追い切りの方が良く動けていた印象を受けるし、今回の最終追い切りは反応面も鈍い。併走馬が年長馬とはいえ、馬也の相手に対ししっかり追って併入は物足りない。距離延長がプラスに出れば善戦も頭からは買いづらい。

アマーティ 美浦 南W 良
単走 56.3-39.9-12.4 馬也 A+
最終追い切りの動きは良い。美浦の南Wで追い切った馬のほとんどがラスト1Fで13秒台の中、この馬は楽に12秒台をマーク出来た事は高く評価したい。1点気になるのが、中間から見習いに調教を跨らせている点。騎乗予定の三浦騎手が跨っていない辺りには少々不安を感じる。

ウィンターリリー 美浦 南W 良
3頭併先 53.7-39.2-13.7 G前追 B
併走馬に最先着を果たすも動きはイマイチ。時計も平凡だし、何か光るものがあったかと言われると疑問。距離延長も良い方には転がらなさそうだし、能力的にもどうか。

エフティイーリス 美浦 南W 良
3頭併入 72.1-56.3-41.7-13.7 馬也 A
調教は動くタイプか、中間の動きも良いし、今回の最終追い切りも悪くない。時計は物足りないが、併走馬には終始手応えで優勢だったし、動きも軽快だった。追われれば伸びそうな雰囲気はあるし、大穴なら抑えても良さそう。能力的に通用するかと言われると疑問。

グレイスアン 美浦 南W 良
2頭併先 70.0-53.4-38.9-13.4 馬也 A
最終追い切りの動きは軽快で手応えにも余裕が見受けられた。この中間も良い内容をこなしているし、状態は良さそう。キャリア1戦で未知な部分が多いが調教通り走れるなら善戦しても良さそう。

コントラチェック 美浦 南W 良
3頭併遅 69.8-53.4-40.1-13.8 馬也 A
最終追い切りの動きは良かった。この厩舎特有の馬也調教で併走馬に遅れを取ったが、気にする必要は全くなさそう。追えばいつでも捕らえられた感じだったし、休み明けでも状態は良さそう。中山で良い走りをしているし、人気の一角でどのような走りをみせてくるか。

サンタンデール 美浦 南W 良
3頭併遅 54.2-39.7-13.7 G前追 B
最終追い切りはまずまずの動き。追走する感じは良かったが、ラストの追われてからの反応がイマイチ映った。400mの距離延長も不安だし、能力的にも疑問。善戦までか。

シトラスノキセキ 美浦 南W 良
2頭併先 53.6-39.1-13.9 G前追 A
最終追い切りの動きは悪くないし、前走と同じくらいの出来にありそう。ただ、距離延長と乗り替わりは不安なところ。キャリア1戦で未知な部分が多いが、積極的に買う馬ではない気もする。

スカイシアター 美浦 南W 良
2頭併先 54.3-40.0-13.4 G前追 B
しっかりと追われて先着を果たすも、前走の方が状態は良かったような気もする。今回と同舞台で新馬戦を勝っているが時計は平凡だし、メンバーレベルを考えても厳しいような気がする。

チェリーレッド 美浦 南W 良
3頭併入 53.3-38.8-13.3 G前追 B
最終追い切りの動きは悪くはない。しっかりと追われて反応もしていたし、併走馬にも食い下がったが、もうワンパンチ足りない気もする。血統や能力的にも不安な部分が多いし、このメンバーでどこまでやれるか。

チビラーサン 美浦 南W 良
3頭併入 85.2-69.6-55.2-41.3-14.0 馬也 B
最終追い切りはまずまずの動き。手応えには余裕があったが、時計面は若干物足りない感もある。能力的にも不安な部分があるし、初重賞でどこまでやれるか。

フィリアプーラ 美浦 南W 良
単走 55.2-40.2-13.6 馬也 B
最終追い切りは馬也でまずまずの動き。動きからは余裕も見受けられたし、追えば反応した感じ。前走が展開面で恵まれたとはいえ中山で良い勝ち方をしたし、時計も上々なもの。同舞台で善戦可能か。

ホウオウカトリーヌ 美浦 南W 良
2頭併先 69.0-53.6-39.8-13.8 馬也 B
最終追い切りの動きは良いし、併せ馬にもスンナリ先着を果たす。しかし、調教は動くタイプでそれにしてはイマイチ物足りないのも正直なところ。能力的にもどうかと思うし、初距離というのも不安。

スポンサードリンク

メイプルガーデン 美浦 南W 良
3頭併先 68.4-53.6-39.8-13.6 G前追 B
しっかりと追われて最先着を果たすも動きはイマイチに映る。調教は割りかし動く方だし、この馬にしては平凡な内容。初芝だし、能力的にもどうかと思うので、ここは見送れる存在か。

プリミエラムール 美浦 坂路 良
単走 53.1-38.9-25.4-12.7 馬也 A+
最終追い切りは良い動き。終いは良い脚だったし、最後は先を行く馬の影が見えるところまで追い詰めた。中間の内容も良いし、状態は前走以上のように映る。人気薄ならば是非抑えておきたい1頭。

ルガールカルム 美浦 坂路 良
単走 52.5-38.3-24.8-12.1 馬也 S
調教は動くタイプとはいえ、この最終追い切りはかなり良い動き。軽快かつ迫力のある動きだし、前走よりも状態は更に上向いてそうなイメージ。乗り替わりは不安だが、中山でも勝っているし、軽視は禁物か。馬券には抑えたい1頭。

レディードリー 美浦 坂路 良
単走 53.1-38.6-25.2-12.5 馬也 A
調教は動くタイプなので、そこまで評価はしないが悪くはない動き。能力的には流石に厳しいと思うし、ここは善戦までか。

ブラックダンサー 栗東 CW 稍重
2頭併入 87.6-70.1-53.4-38.3-12.1 G前追 B
しっかりと追われるも反応面はイマイチ。動きからは一杯一杯にも映るし、前走からの上積みもあまり感じられない。マイルでは大負けしているし、輸送もあるので、この状況でどこまでやれるか。

レーヴドカナロア 栗東 CW 稍重
2頭併先 83.8-68.8-54.4-40.5-13.7 馬也 B
最終追い切りは悪くない動きだが、時計面は少々物足りなさを感じる。乗り替わりも不安だし、輸送もあるので買いづらい1頭ではある。

アクアミラビリス 栗東 坂路 稍重
単走 55.2-39.4-25.2-12.5 馬也 S
馬也でもかなり良い動きを披露した。前進姿勢も素晴らしいし、迫力満点。映像からも栗東坂路はかなり馬場が悪く映ったが、脚取りもスムーズで、軽快さとパワフルさを感じた。関西圏からわざわざ関東圏に遠征してくるということは、それなりの自信を持って賞金稼ぎに来ていると思うし、キャリア1戦でも重たい印を打ちたい。

セントセシリア 栗東 坂路 稍重
単走 55.5-40.0-25.9-12.7 馬也 B
最終追い切りは悪い動きではないが前脚の掻き込みが物足りない気もする。キャリアも積んで能力値は露わになっているし、ここは流石にという感じか。

タニノミッション 栗東 坂路 稍重
単走 55.7-40.5-25.8-12.6 馬也 A
最終追い切りの動きは悪くない。少し掛かるところがあり、それがレースでも出てしまう馬。幼さがまだあってトリッキーな中山コースもこなせるか不安なところ。今のこの馬には広いコースの方が走りやすいと思うし、器用さや自在性を求められると幼い面が邪魔をする気がする。人気するようならば軽視したいと感じる。馬券的には現状抑えまでか。

ブリッツアウェイ 栗東 坂路 稍重
2頭併先 54.3-40.2-26.9-13.7 G前追 B
しっかりと追われ併走馬に先着するも、動きは重たく映るし、能力的にもどうかという感じ。初の輸送競馬だし、どのような競馬が出来るか。

 

【フェアリーS 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【シンザン記念 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ニホンピロヘンソン 栗東 CW 良
単走 84.8-69.0-54.0-40.9-13.4 馬也 B
最終追い切りの動きは平凡だが、Glからの中2週ということで調子は維持出来ている印象を受ける。前走は後ろからのレース運びでこの馬らしくないレースを展開したため度外視も可能だと思う。マイペースでいければ怖い存在になると思っているし、大穴なら見直したい1頭。

ハッピーアワー 栗東 CW 良
単走 86.3-70.5-55.0-40.6-12.8 馬也 A
最終追い切りの動きは決して悪くない。前走の方が若干だが、軽快で迫力もあった印象を受ける。そのデイリー杯のレース内容はかなり評価していて、前残りのレースを後ろから上がり最速を使って3着に食い込んできたので今回も馬券では抑えたい。

ミヤケ 栗東 CW 良
単走 83.6-38.7-54.0-40.2-13.0 G前追 B
最終追い切りの動きは平凡。前走よりも出来落ちしてる感もあるし、能力的にもここでは見劣る。スムーズな競馬をしてどこまで。

ヴァルディゼール 栗東 坂路 良
単走 52.7-38.2-25.0-12.4 G前追 A+
追い切りの動きは高いレベルで安定している印象。前走からの調子を引き続きキープ出来ている印象も受けるし、1度レースで使われた上積みは大きいと思う。調教通りなら善戦に期待出来そう。

ゴータイミング 栗東 坂路 良
単走 54.4-39.0-25.7-13.2 G前追 A
調教の動きは決して悪いものではないが、動きにもうワンパンチ欲しいのが本音。新馬戦は他馬が馬場を苦にしてこの馬が浮上した感じもするし、前走の凡走は気になる。中間の内容も魅力的ではないが、武豊騎手が続けて乗るのは不気味。馬券的には人気もしなさそうだし、抑えても良さそう。

スポンサードリンク

シャドウエンペラー 栗東 坂路 良
単走 52.9-38.6-25.2-12.4 G前追 A
いつもの最終追い切りとは異なり、余力残しの仕上げにも映る。これは陣営の意図かもしれないが、私個人としては、この中間は過去のレースよりも見劣る調整過程と感じている。元々調教は動いてもレースではイマイチ噛み合わない面があるし、今回も馬券で買うなら抑えまでという印象。

ドナウデルタ 栗東 坂路 良
2頭併先 52.0-37.6-24.4-12.2 G前追 A+
最終追い切りの動きは併走馬にも先着し、軽快かつ力強いフットワークで良い動き。坂路で自己ベストを叩き出したことからも、前走の最終追い切りよりも良い動きに映るし、仕上がりは上向いていると感じる。前走は前残りの展開を後ろから攻めた結果悪い方へ出たが、力のあるところは示したレースだったと思う。前走のような展開にならなければ決め脚は生きると思うし、馬券に組み込みたい1頭と感じる。

 

【シンザン記念 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【京都金杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ストーミーシー 美浦 南A 良
単走 ※キャンターのため評価なし
水曜日がこの馬の最終追い切り。ブラックバゴとロードプレミアムに遅れを取ってしまったし、この中間も決して良い内容と言えるものではない。良い時はもっと良い内容を消化しているイメージがあるし、前走の方が出来は良かった印象も受ける。展開が向けば善戦も。

カツジ 栗東 CW 良
単走 73.0-56.6-42.2-12.1 馬也 A
木曜のこの追い切りは本追い切りではなく、12月31日に松山騎手を背に本追い切りを消化している。木曜の追い切りは終いの伸び脚を確認する程度で、馬也で軽快な動きを披露した。マイルCS時の調整過程と比べるとボリュームは見劣る印象を受けるが、テンションが上がりやすい面があるので、このくらいでも良いのかもしれない。前走のマイルCSがS評価をつけたように究極の仕上げに映ったし、その惰性で金杯に挑んでくるイメージがある。状態は維持出来ている印象を受けるし、舞台適性は十分にある。メンバーを見渡しても、ここでもやれる能力はあると思うので馬券には組み込みたい1頭と感じる。

パクスアメリカーナ 栗東 CW 良
単走 68.3-52.2-37.4-11.8 G前追 A
最終追い切りは思ったよりかは良くないと感じた。アーリントンCの時は動きが良くて本命を打ったが、その時と比べると見劣る。前で先行している馬よりも内を通っていたので時計はこれくらい出ても不思議ないが、追われてからの反応が鈍く映った。最終追い切り前までは軸も考えていたがこの追い切りでは抑えに回しても良さそう。とはいえ能力は高いものを持っているし、過度な軽視は禁物。

サラキア 栗東 坂路 良
単走 63.2-45.7-29.5-14.6 馬也 B
恐らくこれが最終追い切りではないと思うので、明日の専門紙で確認していきたい。前走がかなり良い仕上げに映っただけに、今回の調整過程はやや見劣る。斤量には恵まれるので、あとは枠や展開の恩恵を受け切れれば善戦も可能か。

スポンサードリンク

マイスタイル 栗東 坂路 良
単走 54.2-39.4-25.4-12.8 馬也 A
動きは悪くないし、前走の出来をキープ出来ている印象。マイルになるのがどうかだが、前走は出遅れてハナを切ってしまったのが明確な敗因。それに目を瞑れば見直せるが鞍上が重賞では買いにくい騎手ということで不安材料ではある。楽に前目で競馬が出来て、距離短縮が良い方へ出れば善戦も可能か。

ツーエムマイスター 栗東 坂路 良
単走 54.0-38.6-25.0-12.5 馬也 A
調教の動きは悪くなく、坂路では毎度このくらい動いてくるタイプ。楽に競馬が出来れば残り目もあると思うが、今回は前に行く同型が多く、楽に競馬は出来なさそう。実績面でも見劣るし、ここは見送りか。

トゥラヴェスーラ 栗東 坂路 良
単走 66.2-47.9-31.3-15.5 馬也 B
本追い切りは恐らく水曜日だと思うが、明日の専門紙で確認していきたい。調整過程に目立ったものはなく、前走からの状態をキープしている印象。個人的にはマイルよりかは1200mの方が良いと思うし、今回はメンバーレベルも上がるので見送れそう。

 

【京都金杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【中山金杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

コズミックフォース 美浦 南A 良
単走 ※キャンターのため評価なし
本追い切りは恐らく水曜日に完了済み。本追い切りでは格下相手でもしっかり併せ馬で先着したし、この馬にしては1週前追い切りもきっちりやった印象。この中間は良い内容を消化している印象があるし、問題なく調整は進んでいる印象。唯一の不安は師が良い頃に比べると物足りない動きと言っている点。頭にはしづらい印象を受ける。

サンマルティン 美浦 南A 良
単走 ※キャンターのため評価なし
本追い切りは恐らく水曜日に完了済み。良い時と比べるとこの中間はあまり目立った内容は消化出来てない印象を受ける。夏場と比べるとボリュームも足りないらしいし、休み明けということもあり、頭にはしづらいイメージ。

マイネルサージュ 美浦 坂路 良
2頭併入 54.7-40.1-26.1-12.7 馬也 B
最終追い切りの動きからは魅力はあまり感じなかったし、休み明けの割にはこの中間も負荷が足りない印象を受ける。しかし、展開ひとつで激走する可能性も秘めた馬だと思うので、大穴で一考。

ヤングマンパワー 美浦 坂路 良
2頭併先 54.3-40.2-26.1-12.8 G前追 A
頭が高い走法はいつもの事で動きは決して悪くない。個人的には距離延長が良い方には転がらないのではないかというのが本音。ベストな距離はマイルだと思うし、実績を作ってきたのもマイル。マイルの京都金杯は使わずに2000mの中山金杯に使ってくるという事は、ここは試しの1戦の気もするし、頭からは買いにくいと感じる。

エアアンセム 栗東 坂路 良
単走 60.0-44.8-30.0-15.1 馬也 B 
本追い切りは月曜日に完了済み。月曜日の本追い切りでびっしりやっているが調整過程がいつもと変則的なのは気になる。とはいえ年長馬が良く走るレースで私自身も元々気になっていた馬なので、最終見解は専門紙を読んだ後に決めたい。

スポンサードリンク

ストロングタイタン 栗東 坂路 良
単走 59.2-43.9-28.9-14.1 馬也 A
これが本追い切りかは把握出来ていない状況なので、明日専門紙で確認していきたい。前走は+36kgでも3着に食い込んできたし、ひと叩きされた上積みは見込める。1週前追い切りでは良い内容を消化出来ていたし、状態は前走以上に感じる。師もいつもの冬よりかは冬毛が伸びてなくて良い状態と言っているし、相性の悪い中山さえこなせれば善戦も。調教後の馬体重が556kgと絞れていないのが個人的に気になる点。

タニノフランケル 栗東 坂路 良
2頭併遅 55.6-40.1-25.9-12.8 G前追 B
前走と比べると出来落ちしてる感はあるし、最終追い切りの追われてからの反応は鈍い。元々前目で競馬をする馬で、そこまで切れるタイプではないのは分かっているが、調教でも終いの脚色が一杯になっていたので、最後の粘り腰に影響してきそう。前走もレベルの低い1600万下のレースをなんとか勝利した印象を受けるし、ここは他馬と比べても見劣るイメージ。

 

【中山金杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【ホープフルS 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ジャストアジゴロ 美浦 坂路 良
単走 54.4-40.6-27.3-13.7 G前追 C
最終追い切りはあまり良く見えない。2戦連続で上がり最速を使っているものの、過去2戦のレースレベルも低そうだし、着差も僅差。魅力は感じないし、相手も一気に強くなるので今回は見遅れそう。

コスモカレンドゥラ 美浦 南W 良
2頭併先 54.6-39.3-13.0 G前追 A+
最終追い切りは前走以上に良く映るし、軽快な動き。少し促されるとスッと反応したし、中山の小回りではこの操縦性の高さが武器になりそう。中山でも勝っている経験があるし、レベルが上がってどこまでやれるか。馬券的には抑えまでか。

ニシノデイジー 美浦 南W 良
2頭併入 70.3-55.0-39.7-13.0 馬也 A
前走、前々走とかなり良い出来に映っていた印象。その2走の出来と比べると出来落ちしてる感はある。やはり重賞2連勝は簡単に出来ることではないし、ここへ向けた上積みは他の有力馬と比べると劣勢か。ただ、東京より中山などの小回りの方が合うと思っているので怖い存在ではあるので抑えで。

ハクサンタイヨウ 美浦 南W 良
単走 54.9-40.5-12.8 G前追 B
最終追い切りの動きは悪くない。ただ、過去のレースをみても、あまり魅力は感じられないし、未勝利を脱出するのも一苦労しただけに、Glの面々と張り合えるイメージはあまり湧かない。

キングリスティア 栗東 CW 良
2頭併先 85.3-68.5-53.8-39.0-11.9 G前追 A 
最終追い切りの動きは良い。前走を見る限り、逃げる脚質のため切れる脚は必要ないと思っていたが、ラスト1Fでは少し追われて11秒台をマーク。新馬戦は時計は平凡もインパクトのある走りだったし、単騎で逃げれば怖い存在になりそう。ただ、金曜日に阪神で騎乗予定の川田騎手が続けて乗らないのは疑問を感じる。

タニノドラマ 栗東 CW 良
単走 86.1-69.7-54.2-39.5-12.8 G前追 B
最終追い切りの動きはまずまずで前走時の状態を維持出来ている印象。1戦しかしておらず、なんとも言えない状態ではあるが、タイムや相手関係からもここで勝ち負け出来るような新馬戦だったとは言えない。最終追い切りでも魅力的な動きはしていないし、見送りか。

アドマイヤジャスタ 栗東 坂路 稍重
2頭併先 52.2-37.8-24.4-12.3 G前追 A+
最終追い切りの動きは良い。調教は動くタイプとみているが、前走の最終追い切りよりも上昇してる印象。瞬発力系というよりは持続して良い脚を使えるタイプだし、この舞台は合いそうだう。しかし、新馬戦で同レースに出走するブレイキングドーンに大敗を喫している辺りは不安要素。過去のレースからも大器の匂いはあまりしないし、抑えまでか。

ヴァンドギャルド 栗東 坂路 良
単走 54.5-39.2-25.2-12.4 G前追 A+
最終追い切りの動きは良く、自己ベストも更新。出来は前走よりも上向いてそう。重心がブレずに良いフォームで走れているのは良いし、脚取りもスムーズ。舌を出している辺りは幼さを感じるが、走り自体は良いし、追われてからの反応も悪くない。中山のトリッキーなコースさえこなせれば好走も。ハイレベルと見ている多頭数の東スポ2歳Sで接戦を演じたのも好印象。

スポンサードリンク

サートゥルナーリア 栗東 坂路 良
単走 52.5-37.6-23.8-11.9 馬也 S+
最終追い切りは文句なしで良く映る。フォームも素晴らしいく綺麗で点数を付けるなら満点。2歳でこの走りを出来るのは規格外に感じるし、コース追いでも坂路追いでも変わらずに抜群の動きが出来ている辺りに好感が持てる。中間の内容も良いし、調整過程は文句ない。少頭数で単調なレースしか経験がないのは気になるところだが、M.デムーロ騎手ももう少しペースは流れた方が良いと言ってたし、ゲートも悪くないので多頭数も中山2000mのトリッキーなコースもこなせそうなイメージはある。何よりモノが違う可能性もあるし、レース本番が楽しみな1頭。

ヒルノダカール 栗東 坂路 良
単走 52.8-37.3-24.0-12.2 馬也 S
最終追い切りの動きは人気薄の中では群を抜いて良く映る。馬也で軽快かつ豪快な走りを披露したし、この中間の内容も素晴らしい内容。前走よりかは確実に状態は上と見ているし、穴なら抑える価値はありそう。

ブレイキングドーン 栗東 坂路 良
単走 57.0-41.1-25.7-12.4 馬也 S
馬也で軽快な動きを披露。1週前で負荷をかけているので最終追い切りはこれで良いと見ている。長く良い脚を使うタイプだし、馬也でラスト1Fこれだけ脚を伸ばせていれば十分。状態は前走以上に感じるし、ひと叩きされた上積みは確実。新馬戦でこのレースに出走するアドマイヤジャスタを楽勝しているし、それでいて福永騎手は新馬の時とは馬が違うと期待出来るコメントを残している。この舞台も合いそうなだけに期待の1頭。

ミッキーブラック 栗東 坂路 良
2頭併遅 52.5-38.4-25.5-13.1 G前追 B
最終追い切りの動きは前走と同様くらい。前走も反応が悪くて切ったが、今回も反応が悪く、併せたクリソライトに劣勢。動きもやや重たく映る。この舞台で勝っているが、レースレベルはイマイチだったよう感じるし、次々と乗り替わっているのも気になる点。ただ、前走は出遅れて出して行ったところで脚を使ってしまった感があるので、スムーズな競馬で2走前の様なロングスパートが決まれば善戦も。

 

【ホープフルS 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【ホープフルS 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【有馬記念 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

オジュウチョウサン 美浦 南W
2頭併入 67.4-52.0-38.4-12.6 G前追 B
最終追い切りの動きは水準か。確かに調教をつけている石神騎手や陣営からは過去最高に出来が良いと歯切れの良いコメントが聞こえてくるが、この馬にしては良いかもしれないけど、他の一流馬の動きと比べるとやっぱり見劣る。武豊騎手も有馬記念でオジュウチョウサンに乗ると即答した訳ではないし、関係者やファンの重圧もあっての決断に感じる。戦ってきた相手関係をみても、ここでは通用するとは思えないし、障害絶対王者がこのレースに出走することに意義がある馬だと感じる。

サクラアンプルール 美浦 南W 良
2頭併先 84.9-69.1-53.6-39.1-12.2 G前追 S ↑
調教は毎回悪くはないが、今回の調整過程は素晴らしい。最終追い切りも軽く促されると抜群の反応で併走馬を圧倒。かなりの穴だと思うし、買うなら今回かなと感じている。昨年のレースを見てもこの舞台なら十分やれる馬だと思うし、期待の穴馬。内枠希望。

ブラストワンピース 美浦 南W 良
2頭併入 51.9-37.4-12.8 強め A  
最終追い切りはこの馬にしてはイマイチに映った。しっかり追われていたが、反応面は物足りなさが残った。負けた2戦は力負けとは思ってないが、能力的に古馬の一線級とは現状差がありそう。内目の枠に入り、斤量、展開などの恩恵を受け切れれば。

ミッキースワロー 美浦 南W 良
2頭併先 83.8-68.1-52.8-39.0-12.8 G前追 A
反応が良い時と比べて見劣る印象を受ける。前走の調整過程がかなり良かったし、それがレースでも直結した気がする。ジャパンCは2:21.9と素晴らしい走破時計だったが、反動が無いとは言い切れない。とはいえ前走は初めての左回りを大外をぶん回して5着と負けて強しの内容だったと感じる。小回り巧者だと思うし、馬券には入れたいが重たい印は打てないイメージ。

レイデオロ 美浦 南W 良
3頭併入 68.8-52.7-39.2-13.0 馬也 S ↑
最終追い切りの動きは馬也でも豪快さを感じる動き。天皇賞(秋)1着からジャパンCを見送って有馬記念へ矛先を向けたのは大正解な気がする。1週前追い切り前段階でC.ルメール騎手は天皇賞(秋)の前よりも良い状態と言っているし、コンディションはすこぶる良さそう。藤沢調教師も使ったレースが今年は少ないので、まだまだ余裕があると陣営からは強気のコメントしか聞こえてこない。オールカマーも素晴らしいレースだったし、トリッキーな中山も難なくこなしそう。枠順次第では重たい印を打ちたい。

キセキ 栗東 CW 稍重
単走 68.9-53.1-39.3-11.9 馬也  A+
最終追い切りの動きを見る限り、前走のできをキープしている印象。ジャパンCがかなり良く見えていたが、その時と遜色のない出来に映った。毎日王冠では初の先行策をとり3着、天皇賞(秋)も先行策でしっかりと3着を確保し、ジャパンCではWRのペースをつくり2着するなど、秋の3戦が非常にタフだったので、4戦目の疲労などが懸念されているが問題なさそう。3歳の頃や今年の春先とは別馬だし、今年最後のレースで全てを出し尽くせば。

サウンズオブアース 栗東 CW 稍重
単走 49.7-37.1-12.1 馬也 A+
引退レースということで、抜かりない最高の仕上げに感じる。有馬記念は一昨年2着、昨年は不利な大外枠から0.6秒差の7着と舞台設定は申し分ない。ここ最近では間違いなく1番の出来だし、この馬のレースが出来れば穴をあけても不思議ないように感じる。

サトノダイヤモンド 栗東 CW 稍重
2頭併先 83.4-65.9-51.0-38.0-11.7 G前追 A
最終追い切りはまずまずだが、この馬にしては覇気が足りないイメージ。個人的には前走と前々走で出し切っちゃったと感じているし、種牡馬入りが決まっている今回は無事に回ってきてもらうのが陣営の1番の願いだと感じる。とはいえ2年前にキタサンブラックを負かしたグランプリホースなので、軽視は禁物か。

パフォーマプロミス 栗東 CW 稍重
単走 83.5-66.4-51.1-37.6-11.7 G前追 A+
最終追い切りはいつものこの馬らしく高い水準で良い動き。状態は前走の出来をキープしている印象。アルゼンチン共和国杯からの有馬記念というローテはゴールドアクターと同じ。秋はまだ1戦しかしてないし、コンディションは良さそう。血統的にも実績的にもこの舞台は向くと思うし、この馬のレースが出来れば好走も。

スポンサードリンク

マカヒキ 栗東 CW 稍重
2頭併先 99.6-83.0-66.7-51.7-37.9-12.3 G前追 A
最終追い切りはまずまず。前走の方が追い切りの反応も鋭かったようにみえるし、前走がメイチの仕上げに映った。出走する度、毎回復活と言われ続け約1年。年齢的にも大きな上積みは見込めなさそうだし、善戦までか。

リッジマン 栗東 CW 稍重
単走 53.5-38.4-12.3 G前追 A
最終追い切りの動きはまずまず。調教の動きを見る限り、出来はキープ出来ている印象。ステイヤーズSは勝利したが、今回はただのマラソンレースでは無いし、3000m以下のレースになるとグッとパフォーマンスを落とすのも不安。善戦までか。

クリンチャー 栗東 坂路 良
単走 54.5-39.3-25.1-12.3 G前追 A+
最終追い切りは良く見える。良い時と比べても遜色ないし、むしろ今回の方がパワフルかつ軽快な動きに感じる。フランス遠征後、国内初戦だが京都記念も強敵揃いの中、休み明けで勝利しているし、今回の調教の動きからも問題なさそう。タフな馬場、展開は歓迎だし、キセキがある程度のラップを刻んで逃げてくれれば、タフな流れになると思うので、浮上してくる1頭に感じる。枠順も内に入り、上手くインコースで先行出来れば好走しても不思議ない。

シュヴァルグラン 栗東 坂路 良
2頭併先 53.8-39.7-25.3-12.5 G前追 A+
昨年のジャパンCほど良い動きではなかったが、この馬にしては上々の動き。昨年のジャパンCの最終追い切りよりも良い動きなら鉄板の軸馬として本命にしたかったが、まだ悩む現状。ただ、中間の内容はとても良いし、1週前追い切りがとても良く見えたので、前走より状態が上向いているのは確か。枠も内目に入るようなら当然馬券に入れたい1頭。

スマートレイアー 栗東 坂路 良
2頭併入 53.0-38.1-24.8-12.4 G前追 B
全盛期と比べるとやはり見劣る動き。最終追い切りはこの馬にしては反応が鈍く映ったし、前走よりも出来落ちしてる感は否めない。東京大賞典に行くプランからこちらへシフトチェンジした訳だし、本気度も薄そう。

ミッキーロケット 栗東 坂路 良
2頭併先 50.8-37.4-24.7-12.5 G前追 A
状態は前走と同じかそれより良いくらいだが、宝塚記念の時の絶好時と比べるとやや見劣る。有馬記念には1週前追い切り前段階では回避する意向もあったほどだし、天皇賞(秋)のダメージが回復するまでに時間を要した印象。中山の相性は良くないが、内枠をロスなく前目で運べれば善戦は可能か。

モズカッチャン 栗東 坂路 良
単走 54.8-40.2-25.7-12.6 馬也 A+
最終追い切りの動きはとても良く映る。エリザベス女王杯がメイチかと思っていたが、どうやら今回の方が状態は良いらしく、陣営からも歯切れの良いコメントが飛び出している。タフな馬場、展開はこの馬に合っているし、男馬にも屈しない力を持っている。昨年のクイーンズリングのような例があるし、ここも好走が見込める。鞍上も絶好調だし、期待したい。

 

【有馬記念 2018/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

【有馬記念 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【有馬記念 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク