【目黒記念 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【目黒記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【目黒記念 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

目黒記念の対抗◯はこちらをクリック(随時更新)

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

 

 

 

 

アクションスター 美南W 重 藤田
2頭併先 68.6-52.8-38.7-12.8 強め B
中間:C ◆中間自己ベスト(美南W5F)
元々栗東所属だったので、中間に出した自己ベストはあまりあてにならないと感じる。とはいえ、鞍上を背に活気ある動きを披露したし、状態は悪くはなさそう。格下馬が相手とはいえ、しっかりと伸びて先着をしたし、状態は悪くはなさそう。

スポンサードリンク

 

 

 

ゴーフォザサミット 美南W 重 木幡育
2頭併入 69.5-53.2-39.4-12.4 強め B
中間:B
最終追い切りはまずまずの内容。良い時と比べるとまだ物足りなさを感じるし、まだ良化の余地を残している。ファストアプローチ(古1600万下)は馬也だったのに対し、ゴーフォザサミットはかなり手が動いていた。あれだけ追ったら先着して欲しかったし、絶好時には至らないイメージ。

 

 

 

ソールインパクト 美南W 重 調教師
2頭併先 69.3-54.0-39.9-13.3 強め A
中間:B
最終追い切りは悪くない動き。馬也で入って、軽く促されるとスッと反応。時計は平凡も良い動きだし、追えばしっかり脚を使いそうな雰囲気がある。中間も濃い内容を消化出来ているし、出来は良い状態を保っているイメージ。

 

 

 

ブラストワンピース 美南W 重 助手
2頭併先 50.9-37.1-12.3 強め A+
中間:A ◆中間自己ベスト(美南W6F)
最終追い切りはこの馬らしい良い動き。この中間は自己ベストを更新しているし、非常に濃密な調整過程を踏めていると感じる。若干本数は少ない気もしていたが、1本1本の内容が濃いため、そこまで気にする必要もなさそう。有馬記念の最終追い切りでは手応えでやや劣勢だったカルヴァリオ(古オープン)相手にも2週続けて先着を果たしたし、最終追い切りを見ても力を出せる出来にあると感じる。凱旋門賞というプランも立っている最中、こんな所で足踏みしていられない。池添騎手もパートナー復活のチャンスをフルに生かしてほしい。

スポンサードリンク

 

 

 

マイネルヴンシュ 美南W 重 助手
単走 54.2-39.3-12.9 馬也 A
中間:B
最終追い切りは悪くない動き。脚取りもスムーズで、バランスの良い走りが目立つ。間隔は空いた割に本数が少なく、急仕上げ感は否めないが、久々も苦にしないタイプ。後は相手のレベルが上がってどうか。

 

 

 

ウインテンダネス 栗CW 良 長岡
3頭併入 83.2-66.1-50.4-36.8-12.0 強め A
中間:B
最終追い切りは悪くない動き。元々時計は出るが、動きは平凡なタイプなので、このくらい動けていれば十分。併せ馬ではナムラミラクル(古オープン)等相手に同入という内容だったが、最後までしっかり長く脚を伸ばして食い下がった点は評価。間隔は空いたがしっかり乗り込めているし、得意舞台で巻き返しに期待。

 

 

 

パリンジェネシス 栗CW 良 助手
単走 81.7-66.7-52.9-39.8-12.4
中間:A

 

目黒記念の対抗◯はこちらをクリック(随時更新)

 

ムイトオブリガード 栗CW 良 助手
2頭併先 81.2-65.5-50.4-37.0-11.6 強め A+
中間:A
最終追い切りはとても良い動き。格下を大きく追走し、終いは大きく突き放すインパクトのある内容。この中間は再三併せ馬を行い、負荷もしっかりと掛けられてきた。前走よりも状態は良いと感じているし、鞍上強化も魅力的。この舞台にも高い適性を感じるし、久々に好走するチャンスが到来した。

 

 

 

アイスバブル 栗坂 良 B.アヴドゥラ
2頭併遅 53.3-39.0-25.1-12.6 強め A
中間:B
最終追い切りは悪くない動き。調教は元々動かないタイプなだけに、これだけ動けていれば合格点を与えられる。見映えは良くないが、レースでは走ってくるタイプだし、この中間もダービーに出走する厩舎の後輩と再三併せ馬をするなど、かなり濃い内容を消化出来ているため、休み明けでも軽視は出来ない。

スポンサードリンク

 

 

 

アドマイヤエイカン 栗坂 良 助手
2頭併入 52.0-37.3-24.3-12.3 一杯 B
中間:A
最終追い切りはまずまずの動き。調教では良い動きをするだけに、この内容は若干物足りなく感じる。坂路で最終追い切りを消化するのは今回が初めてなので何とも言えないが、追われてからの反応もあまり良くなかったように映ったし、まだ良化の余地がありそう。とはいえ、中間の内容は良さげだし、坂路とコース追いだとまた動きが違うのかもしれないので、それは今後の糧にしたいと感じる。

スポンサードリンク

 

 

 

ケイティクレバー 栗坂 良 鮫島駿
単走 56.1-40.0-26.3-13.0
中間:A

 

 

 

チェスナットコート 栗坂 良 坂井
単走 53.3-38.2-24.5-12.1 馬也 A
中間:B
最終追い切りは悪くない動き。時計は平凡も、良いラップを刻んで加速できている。出来は高いレベルで安定していると思うし、仕上がりの良さでどこまで。

 

 

 

ルックトゥワイス 栗坂 良 助手
単走 53.7-38.8-25.1-12.4 強め A
中間:B
最終追い切りはいつも通りのこの馬の動きが出来ている。毎回派手ではないが、コンスタントに良い動きを披露してくれるイメージ。使い詰めでも崩れているとは感じられないし、重賞でも良いパフォーマンスを続けていることからも、この舞台なら好走も十分可能だと見ている。状態は良い意味での平行線。

 

 

 

ポポカテペトル 栗ポリ 良 助手
単走 86.5-68.9-53.2-38.8-12.0 強め B
中間:A
最終追い切りはまずまずの動き。普段はCWや坂路で最終追い切りを消化する馬が、馬場も悪くないのにポリトラックを最終追い切りで取り入れてくる辺りには違和感を感じる。過去にもポリトラックで最終追い切りを行った時があったが、5着に敗れているし、休み明けということで余裕残しの仕上げという可能性も否めない。

 

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

目黒記念の対抗◯はこちらをクリック(随時更新)

【目黒記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【目黒記念 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

保護中: 【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

【優駿牝馬(オークス) 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【優駿牝馬 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【優駿牝馬 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【優駿牝馬 2019/本命馬】はこちらから

優駿牝馬の対抗◯はこちらをクリック

 

 

 

ウィクトーリア 美南W 稍重 戸崎 ◆自己ベスト
2頭併先 51.5-38.0-12.1 強め S↑
中間:C
最終追い切りは抜群の走りで、非常に濃い内容を消化。この時計は自己ベストだし、ここへ向けメイチの仕上げで挑んでくることは間違いなさそう。本来は外の馬2頭と併せているつもりだったが、直線を向くと、1秒近く追走していたデピュティプライムを射程にし一気に加速。終わってみれば、最初に併せていた2頭はもちろん、その前で走っていたデピュティプライム(古1000万下)さえも置き去りに。中間の内容はやや軽い印象を受けたが、間隔は詰まっているし、そこまで気にする必要はなさそう。この最終追い切りを見る限り、前走よりも状態は良いと思うし、前走で競馬にも幅も出たので、自在性も強みに加わった。どこからでも良い脚が使えるし、ここへ向けて態勢は整った。

スポンサードリンク

 

 

ウインゼノビア 美南W 稍重 松岡
単走 85.0-68.7-53.7-39.5-12.8 強め A
中間:A ◆中間自己ベスト(美南W6F)
最終追い切りは素晴らしい動き。だが、調教は動くタイプなので、過度に評価するのは禁物か。とはいえ、中間は自己ベストをマークしているし、ひと叩きされて状態が上向いているのは確か。低重心で鋭い伸び脚を披露したし、距離延長が良い方へ出れば面白い存在になりそう。動きは文句なく良いし、この馬を松岡騎手が念入りに調教をつけている点も好印象。

 

 

カレンブーケドール 美南W 稍重 助手
2頭併入 67.3-52.4-38.0-12.5 強め B
中間:C
最終追い切りはまずまずの動き。中2週だし、こんなもんで大丈夫。とはいえ、併せたハーツイストワール(三未勝利)と脚色はほとんど同じだったし、Glの相手でどうか。状態は前走の状態を維持しているイメージ。

 

 

コントラチェック 美南W 稍重 杉原
2頭併入 69.9-53.5-39.7-12.8 馬也 A+
中間:B
最終追い切りは抜群の動き。中間の内容は少し軽いかなという印象を受けるが、それがこの馬のパターンでもある。最終追い切りを見る限り、しっかりここに向けて仕上がっているなという印象を受けるし、状態も前走と同じくらいにありそう。

スポンサードリンク

 

 

シェーングランツ 美南W 稍重 蛯名
2頭併入 41.7-13.3 馬也 B
中間:B
最終追い切りはまずまずの内容。他の桜花賞組と比べると緩い内容が目立つし、調整過程は案外。先週はソウルスターリングの最終追い切りを乗りに武豊騎手が美浦まで来たが、今週は実戦では跨らない蛯名騎手におまかせ。乗り慣れているし、追い切りに乗ることがレースに直結するとは言えないが、藤沢調教師の馬に先週跨って、今週跨らない点は気掛かり。今回は馬に懸ける強い思いはそこまで感じられないというのが私の考え。

 

 

シャドウディーヴァ 美南W 稍重 岩田 ◆自己ベスト
3頭併入 84.0-67.6-52.4-38.7-12.6 強め A+
中間:A+ ◆中間自己ベスト(美南W4F)
最終追い切りは美南Wの5Fの自己ベストを更新と共に抜群の動き。軽く促されてからの反応も素晴らしかったし、2週続けて大きく追走する形から、最後は併走馬捕まえる辺りはさすがと言える。岩田騎手が2週続けて美浦まで乗りに来ている点はかなり好印象だし、ここを獲りに来ている陣営の強い思いが感じられる。

 

 

フィリアプーラ 美南W 稍重 調教師 ◆自己ベスト
2頭併入 83.3-67.3-53.0-38.8-13.0 強め B
中間:B ◆中間自己ベスト(美南W6F)
最終追い切りはまずまずの動き。1週前、最終と共に自己ベストを更新したが、時計は平凡なので、過度な評価は与えない。最終追い切りもリサオブザナイル(三未勝利)と脚色は互角だったし、前走の出来はキープしている印象。

 

 

ジョディー 美南ポリ 良 武藤
2頭併入 71.2-55.7-41.3-12.5 馬也 B
中間:B
最終追い切りはまずまずの動き。強調出来る点はこれといってないが、使い詰めでもそれなりの状態をキープ出来ている印象。大きな上積みはないと思うし、自分の競馬に徹してどこまでやれるか。

 

 

アクアミラビリス 栗CW 良 助手
単走 83.3-67.4-52.8-39.3-11.6 強め A
中間:A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終追い切りは良い動き。道中やや引っかかるような素振りがあったので、距離延長にあたって折り合いが鍵になると感じた。終いの脚は文句なしで、飛びも大きく迫力のある走り。1番嫌なのはフェアリーSの時のように引っかかって、終いの脚を使えないこと。当日いかにリラックスして迎えるかというのが重要だと思う。

 

 

クロノジェネシス 栗CW 良 北村友
2頭併先 84.3-68.1-53.0-38.8-11.7 馬也 A+
中間:A
最終追い切りは終い重点だったがとても良い動き。道中は行きたがる面を見せながらも、折り合いは何とか大丈夫そう。陣営も距離が延びても大丈夫なようにトレーニングをしてきたと述べているし、しっかり身になっている印象を受ける。2週続けてサマーセント(三500万下)を大きく追走する形から最後は先着と、好内容を消化しているし、桜花賞の出来をキープ出来ているイメージ。

 

優駿牝馬の対抗◯はこちらをクリック(随時更新)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 

ビーチサンバ 栗CW 良 助手
単走 70.6-54.3-39.5-12.6 馬也 A
中間:A
最終追い切りはまずまずの動き。1週前にしっかりやって最終追い切りは軽めというのがこの馬のパターン。今回も同様のパターン出来ているし、桜花賞の出来を維持出来ている印象を受ける。動きを見ても、変にテンションが上がったりしていないし、乗り役の指示通りに走れている。走りを見るからに折り合いも大丈夫だと思うし、東京に舞台が移るのも良さそう。

 

 

フェアリーポルカ 栗CW 良 幸
単走 83.5-67.2-52.4-38.1-11.5 強め A
中間:B
最終追い切りは終い重点だが、かなり良い動き。調教は動くタイプだが、状態は前走と同じくらい良いし、良い出来を維持出来ているイメージ。前走は枠に泣いたし、今回の立ち回り次第では。

 

 

エールヴォア 栗坂 良 助手
単走 53.8-38.7-24.6-12.3 強め A
中間:A+ ◆中間自己ベスト(栗CW7F)
最終追い切りは良い動き。中間に非常に濃い内容を消化出来ているので、最終追い切りはこんなもんで十分か。いつもよりやや首が高くも感じたが、追われてからはしっかりと脚を伸ばせていたし、許容範囲。

 

 

シゲルピンクダイヤ 栗坂 良 調教師
単走 53.2-38.7-24.9-12.3 馬也 A
中間:A
最終追い切りは良い動き。チューリップ賞から桜花賞へ向かう時ほどの上積みは感じられないが、良い状態をキープ出来ている印象。陣営は距離はあまり気にしていないようだし、そこまで気にする必要はなさそう。とはいえ、桜花賞がメイチだったのは確かだし、他の上積みがある馬達と比べるとどうかという印象を受ける。

 

 

ダノンファンタジー 栗坂 良 川田
単走 55.4-40.3-25.9-13.1 馬也 B
中間:A
最終追い切りはまずまずの動きだが、一言で言うと先週のミッキーチャームとほとんど同じ印象を受ける。テンションが上がってレースで折り合いを欠くのを防ぐため、日曜に強めの追い切りを消化し、最終追い切りはテンションを上げないように軽めの調整程度。マイルでも引っかかる素振りを見せていたし、言ってしまえばこの最終追い切りでも川田騎手が手綱を引っ張りっきりだった。今回は折り合いやテンションがかなり鍵になってくると思うし、当日の気配や馬体重はしっかり確認したい。

 

 

ノーワン 栗坂 良 坂井
2頭併先 52.6-38.4-25.2-12.6 馬也 A+
中間:A
最終追い切りは素晴らしい動き。馬也でもしっかりと併せ馬で先着したし、終始脚色も優勢。調教は動くタイプだが、今回も状態はかなり良さそうだし、桜花賞の良い状態をキープしている印象を受ける。距離延長が良い方へ出れば。

 

 

メイショウショウブ 栗坂 良 池添
単走 52.3-37.5-24.1-12.0 強め A
中間:A+ ◆中間自己ベスト(栗CW7F)
最終追い切りは良い動き。中間も濃い内容を消化出来ているし、良い出来をキープ出来てそう。調教は動くタイプなので、過度に評価はしたくないが、動きは今回も良い。前走と同じくらいの状態だし、距離延長に対応出来るなら。池添騎手が念入りに調教をつけているのは好印象。

 

 

ラヴズオンリーユー 栗坂 良 坂井
単走 54.7-40.2-26.2-12.8 馬也 A
中間:A+ ◆中間自己ベスト(栗CW7F/栗CW6F)
最終追い切りは軽めの調整程度だが、態勢は整ったように感じる。2週前、1週前と自己ベストを更新しているので、そこで負荷は十分にかかっている。出来は当然前走以上だと思うし、今回の軽めの最終追い切りも仕上がり切っている証。陣営は前走を6割の出来と述べているし、ここへの上積みは相当なものだと感じる。最終追い切りを見る限り、折り合いは全く問題なさそうだし、操縦性はかなり高そう。先週追い切りで跨ったM.デムーロ騎手も、動きたい時に動ける賢い馬と述べているし、距離延長は難なくこなしそうなイメージ。

 

 

【優駿牝馬 2019/本命馬】はこちらから

【優駿牝馬 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【優駿牝馬 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

優駿牝馬の対抗◯はこちらをクリック(随時更新)

 

 

 

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【平安S 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【平安S 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

平安Sの対抗・穴馬はこちらをクリック(随時更新)

 

 

 

アナザートゥルース 美南W 稍重 助手
単走 52.5-38.2-12.9 強め A+
中間:A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終追い切りはとても良い動き。前走と同じくらい良い状態にあるし、それ以上の状態の可能性も。この中間も自己ベストを更新出来ているし、以前あったズブい面はそこまで目立たなくなってきた印象を受ける。前走のような競馬を出来ればここでも。

 

 

グレンツェント 美南W 稍重 助手
頭併先 69.1-53.7-38.5-13.1 馬也 A
中間:A+ ◆中間自己ベスト(美南W6F)
最終追い切りは毎度のこと良い。調教は動くタイプなので過度に評価するのは禁物。とはいえ、中間も自己ベストをマークしているし、最終追い切りの動きも悪くないので、状態が高いレベルにあることは間違いなさそう。

 

 

サンマルデューク 美南W 稍重 武士沢
2頭併遅 52.8-38.6-12.8 一杯 B
中間:A
最終追い切りはまずまず。格下の未勝利馬と最後の脚色は同じに。一杯に追われてこの反応だと少し不安だし、中間の内容が良さげだっただけに、後味の悪い最終追い切りとなった。

スポンサードリンク

 

 

マイネルユキツバキ 美南W 稍重 助手
単走 51.9-37.8-13.1 強め A
中間:B
最終追い切りはとても良い動き。自己ベストに迫る好時計だし、追われてからの反応も良さげ。走りに良い意味で重厚感があるし迫力十分。穴なら狙い目も。

 

 

サトノティターン 美坂 稍重 助手 ◆自己ベスト
単走 53.6-38.5-24.6-12.5 強め A+
中間:A
最終追い切りは自己ベストをマーク。状態は前走よりも良い可能性もあるし、高いレベルで安定している印象。動きも申し分ないし、軽く促されただけで一気に加速。この中間も濃い内容を消化出来ているし、気難しい面を出さずに走れれば重賞2連勝も。

 

 

ハイランドピーク 美南ポリ 良
単走 65.2-50.3-36.9-12.3 強め A
中間:A
最終追い切りは悪くない。初めてのポリトラック追いということで、調整過程が今までと異なるのは気掛かりだが、動き自体もフットワークも軽快で、叩き3戦目の上積みも感じられる。中間の内容も悪くないし、鞍上強化で変わり身に期待。

スポンサードリンク

 

 

オメガパフューム 栗CW 良 調教師
2頭併遅 83.4-68.2-53.2-39.2-12.3 強め A
中間:A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終追い切りはまずまずの内容。中間で自己ベストをマークしているし、状態は悪くはないと思うが、まだ上昇の余地を残している気がする。上半期の目標は帝王賞だし、ここはステップレースという捉え方で良いと思う。この追い切りでもロードスパイダー(三未勝利)に劣勢ムードだったし、ひと叩きした方がより良くなると思う。

 

 

クイーンマンボ 栗CW 良 中谷
2頭併先 83.3-67.3-52.5-38.7-11.7 馬也 A+
中間:A+
最終追い切りはとても良い動き。併走馬のグローブシアター(古オープン)を追走して、終いもしっかり先着を果たした。手応えも終始優勢だったし、馬也でも迫力十分の動き。この時計も2017年3月にマークした自己ベストに迫る好時計。この中間はかなりハイレベルな併せ馬を豊富に行なっていて、後の京都新聞杯1.2着馬、ヴィクトリアマイルに出走した馬達、サートゥルナーリア(三オープン)等と併せ馬を消化。出来は申し分ないし、昨年2着の好舞台で巻き返し。

スポンサードリンク

 

 

サトノアッシュ 栗CW 良 助手
単走 66.6-51.5-37.7-12.1
中間:B

 

 

モズアトラクション 栗CW 良 助手 ◆自己ベスト
単走 81.1-67.7-53.0-39.6-12.7
中間:B

 

 

サンライズソア 栗坂 良 岡田
2頭併先 53.3-38.5-24.5-12.3 強め A+
中間:A+
最終追い切りはとても良い動き。併走馬のプラチナムバレット(古オープン)が一杯に追う中、サンライズソアはほとんど馬也で楽々先着。休み明けだが、休み明け前よりも良く映るし、リフレッシュされて状態はかなり良さそう。中間の内容もとても良いし、緒戦から好走に期待。

 

 

ジョーダンキング 栗坂 良 助手 ◆自己ベスト
2頭併遅 52.9-38.3-24.9-12.5 強め A
中間:A
最終追い切りは自己ベストとはいえ、併せた馬に劣勢。とはいえ、自己ベストだし、反応はまずまずも脚の捌きは悪くない。この中間も順調に乗り込まれているし、出来は維持出来ているイメージ。

 

 

平安Sの対抗・穴馬はこちらをクリック(随時更新)

スポンサードリンク

チュウワウィザード 栗坂 良 助手
2頭併先 52.8-38.5-24.6-12.2 馬也 A+
中間:A+
最終追い切りは素晴らしい動き。併走馬は格下とはいえ、悠々突き放し子供扱い。軽く促されるだけで、追われている併走馬をグングン突き放した。状態は前走以上に感じるし、ここへ向け順調な仕上がりっぷり。

 

 

トラキチシャチョウ 栗坂 良 水口
単走 54.8-39.8-26.2-13.2 馬也 B
中間:C
最終追い切りはまずまずの動き。追われてからの反応も決して悪くないし、前走以上に出来は良さそう。高い水準ではないが、この馬なりに出来は良い。

 

 

マイネルオフィール 栗坂 良 助手
単走 54.8-39.5-25.4-12.3 強め B
中間:B
最終追い切りはこの馬なりに良いと感じる。だが、調教は動けるタイプだし、この馬にしてはこの時計は平凡。この中間も終い重点でしっかり乗り込まれているし、この最終追い切りも終いの脚は良いので、大穴なら狙い目も。

 

 

メイショウスミトモ 栗坂 良 小牧
2頭併遅 54.5-39.0-25.0-12.6 強め B
中間:A
最終追い切りはまずまずの動き。追われてからの反応は案外だったし、まだ良化の余地を残していると感じる。

 

 

ロンドンタウン 栗坂 良 助手
単走 54.0-39.2-24.8-12.2 強め A
中間:A
最終追い切りは終い重点も、動き自体は良いと感じる。最近は終いの脚が鈍かった印象があったが、今回は終いの脚はいつもより切れていたし、軽快なフットワークで坂路を駆け上がった。中間の内容もとても良いし、出来はここへ向けて良いと感じる。

 

 

【平安S 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

平安Sの対抗・穴馬はこちらをクリック(随時更新)

スポンサードリンク

【ヴィクトリアマイル 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【ヴィクトリアマイル 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【ヴィクトリアマイル 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

ヴィクトリアマイルの対抗・穴馬はこちらをクリック(※随時更新)

 

 

ノームコア 美南W 稍重 D.レーン
2頭併先 54.7-39.7-12.4 馬也 A
中間:A+ ◆中間自己ベスト(美南W4F)
最終追い切りは終い重点だったが、スピード感のある良い走り。1週前で自己ベストをマークしているように、ある程度そこで仕上がったと思うし、今回も状態はかなり良いと感じている。最終追い切りも追えば更に伸びそうな雰囲気があったし、乗り手との相性も良さそうなので、テン乗りもそこまで気にならない。

プリモシーン 美南W 稍重 福永
2頭併先 52.6-38.0-12.4 強め A+
中間:B
最終追い切りはとても良い動きに映った。調教駆けするとはいえ、追われると併走馬をグングン突き放したし、状態は前走よりも上向いていると感じる。福永騎手が調教に乗りに来ているのも好印象だし、さすがという動き。

スポンサードリンク

フロンテアクイーン 美南W 稍重 三浦 ◆自己ベスト
3頭併先 64.0-49.2-36.0-12.1 馬也 A
中間:A+
最終追い切りは馬場の内目を通ったとはいえ、自己ベストをマーク。動き自体も良かったし、それでいて余力も感じられた。この中間はプール調教も加え、本数もかなりこなせている点は評価。ここへ向けてメイチの仕上げだと思うし、状態は明らかに前走以上に感じている。

アエロリット 美坂 稍重 調教師
単走 51.2-37.7-25.2-13.0 馬也 B
中間:A+ ◆中間自己ベストタイ(美南W4F)
最終追い切りは悪くない動き。ただ、昨年の状態が良く映った毎日王冠時と比べるとやや見劣るイメージ。海外帰りの緒戦という事で、ややソフトな仕上げにも感じる。昨年2着の安田記念も控えているという事で、ここをステップに利用する可能性も考えられる。中間は美南Wで自己ベストタイの時計をマークしているが、最終追い切りの脚の捌きやスピード感を見ると、まだ上昇の余地はあるのかなという印象を受けた。

ソウルスターリング 美南芝 良 武豊 ◆自己ベスト
単走 49.2-34.0-11.6 馬也 B
中間:B
最終追い切りは悪くない走り。芝コースで追い切ることも少ないし、4F追いともなればこの自己ベストは必然にも感じるので過度な評価は与えない。この中間は厩舎でじっくり乗り込まれているが、負荷のかけられ方はまだ甘い気がする。まだ上がり重点の調教しか出来ていないし、好走時の調教パターンで追い切りを消化出来ていない点は不安なところ。武豊騎手が調教に跨りに来ている点は好印象。

スポンサードリンク

デンコウアンジュ 栗CW 良 助手
単走 84.4-67.1-51.9-38.2-11.8 強め A
中間:B
最終追い切りは終い重点も悪くない走り。出来は前走の出来をキープ出来ている印象だし、この馬の力は出せると感じる。

ミエノサクシード 栗CW 良 助手
単走 86.1-68.6-52.7-38.0-12.3 馬也 B
中間:A
最終追い切りはまずまずの動き。中間でしっかりと負荷はかけられているし、最終追い切りはこんなもんで良さそう。調教は良く動くタイプなので、最終追い切りの内容はやや物足りなくも感じるが、近走は右肩上がりで馬が良化しているし、その勢いは怖いところ。

メイショウオワラ 栗CW 良 助手
2頭併入 81.6-66.6-52.2-38.2-11.9 馬也 B
中間:C
調教は良く動くタイプで、今回も悪くない動き。前走の出来を維持出来ていると思うし、調子は良い意味での平行線か。

アマルフィコースト 栗坂 良 助手
単走 53.2-37.6-24.9-11.9 強め A
中間:A
最終追い切りは良い動き。調教は動くタイプだが、最後の伸び脚は際立った。過去2戦の良い状態をキープ出来ていると思うし、ここも良い状態でレースに出走してきそう。

スポンサードリンク

カンタービレ 栗坂 良 助手
単走 53.2-37.6-24.2-12.1 強め A+
中間:A
調教は毎回動くが、今回の最終追い切りも変わらず良い動きだった。首を沈めて低姿勢なフォームでグングン坂を駆け上がってきた。ほとんど馬也だったが、前身姿勢も感じられたし、終いで軽く促されると更に加速したようにも感じた。走りからはスピード感を凄く感じたし、状態は前走より上向いている印象を受ける。終いの400mも12.1-12.1というラップを踏み、減速していない点も良いと感じる。

クロコスミア 栗坂 良 助手
単走 54.9-39.7-25.7-12.8 馬也 A
中間:B
最終追い切りは良い動き。調教の時計は毎回地味だが、動きは自体は良く映った。中間も坂路で入念に乗り込めているし、状態面は前走以上に感じている。馬が自分自身から走る意欲を示していたように感じたし気配は上々。

サウンドキアラ 栗坂 良 田中健 ◆自己ベスト
単走 51.8-37.3-24.2-12.3 馬也 A
中間:C
最終追い切りは間隔が詰まっていながら自己ベストをマーク。坂路で軽快かつ迫力のある動きを披露したし、状態面は申し分ないと感じている。格上挑戦にはなるが、全てにおいて上昇一途を辿っている。

スポンサードリンク

サトノワルキューレ 栗坂 良 助手
単走 53.5-38.7-25.0-12.2 馬也 A+
中間:A
最終追い切りは脚取りも力強く良い動き。調教は毎回良く見せるタイプだが、今回もそれは同様。終い重点とはいえ、終いの脚は光るモノがあったし、調教通りの走りをしてくれれば。

ミッキーチャーム 栗坂 良 調教師
単走 55.4-40.4-25.7-12.6 馬也 B
中間:B
本追い切りは輸送を考慮して先週の日曜日に栗CWで消化済み。今回の最終追い切りは折り合い重視といった感じの内容に映ったが、動き自体は悪くない。とはいえ、この中間はやや負荷が足りない気もするし、前走からグンと良くなるイメージはあまり湧かない。調教でも若干力んでいるように見受けられたし、昨秋の調整過程と比べると見劣るイメージ。

ラッキーライラック 栗坂 良 助手 ◆自己ベスト
2頭併先 50.7-37.1-24.3-12.3 強め A+
中間:A+
最終追い切りは自己ベスト更新したし、ここ最近では1番の出来に感じる。中間の内容もとても良いし、確実に馬が復調してきていると感じる。最終追い切りもラスト200mの伸びが際立ったし、反応面も上々。前走の直線ではモタれていたが、そのような面は見せずにしっかりと伸び切った。春の最大目標はここだし、抜かりない仕上げに感じる。

レッツゴードンキ 栗坂 良 助手
単走 53.2-37.8-24.4-12.1 馬也 B
中間:A
調教の動きは毎度のこと良いが、この馬の坂路での動きを考えるとやや控えめな時計。状態は良いと思うが、スピードをセーブさせるような競馬をすると引っかかる恐れがあるのが心配。状態面は過去のヴィクトリアマイルに出走した時と同じくらいに感じる。

レッドオルガ 栗坂 良 助手
単走 54.7-38.9-24.9-12.4 強め B
中間:B
最終追い切りは加速ラップで終いの脚が際立つ良い動き。走りもフォームにばらつきがなく、脚取りもスムーズ。ただ、中間の内容を見た時に、いつもより負荷が足りない気もする。

ワントゥワン 栗ポリ 良 助手
2頭併遅 66.8-51.4-37.3-11.9 一杯 B
中間:B
最終追い切りはまずまずの動き。前走辺りから調教の動きがイマイチパッとしないイメージ。かなりしっかり追われても反応は鈍いし、まだ良化の余地はありそう。良い時はもう少し良い動きをしてくるし、中間の内容を見ても強く推せる点はない。

 

 

【ヴィクトリアマイル 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【ヴィクトリアマイル 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

ヴィクトリアマイルの対抗・穴馬はこちらをクリック(※随時更新)

スポンサードリンク

【京王杯SC 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【京王杯SC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

京王杯SCの対抗・穴馬はこちらをクリック

 

 

キャナルストリート 美南W 稍重 助手
2頭併先 54.4-38.9-12.9 馬也 B
中間:A+ ◆中間自己ベスト(美南W6F)
最終追い切りは時計は地味も手応えは終始優勢。トロシュナ(三500万下)を内目に見ながら、追い出せばいつでも突き放したイメージ。1週前も自己ベストを更新しているように、状態面は申し分ないと感じる。

スターオブペルシャ 美南W 稍重 蛯名
2頭併入 68.0-52.4-38.7-12.6 馬也 A+
中間:A+
最終追い切りは素晴らしい動き。同レースに出走のタワーオブロンドン(古オープン)と併せて手応えで終始圧倒。こちらは追い出しを待つ余裕があったし、最後軽く促されるとグーンと加速。ここに来て馬が充実期に入ったように感じるし、出来はここ最近では1番良い気がする。

ストーミーシー 美南W 稍重 助手
2頭併遅 83.3-67.5-52.1-37.5-12.7 B
中間:B
最終追い切りは格下のオーケストラ(古1000万下)に遅れを取るも、動き自体は悪くない。出来は前走よりも良い気はするが、反応面はまだ良化の余地を残す。

スポンサードリンク

タイムトリップ 美南W 稍重 田中勝
2頭併先 67.9-51.9-38.1-12.5 馬也 A+
中間:B
最終追い切りは素晴らしい動き。調教は動くタイプだが、ラストの伸び脚は素晴らしいもの。格下馬とはいえ、あれだけスンナリ突き放したのだから、状態はかなり良いんだろうなというイメージ。状態は引き続き好調を維持出来ている印象。

タワーオブロンドン 美南W 稍重 D.レーン ◆自己ベスト
2頭併入 66.6-51.6-38.1-12.3 強め A
中間:A ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終追い切りはまずまずの動き。中間もしっかり乗り込めているし、ここへ向けて仕上がりは悪くなさそう。最終追い切りは同レースに出走のスターオブペルシャ(古オープン)と併せたが、手応えでは劣勢ムードだった。自己ベストも更新したが、この馬は美坂主体の追い切りが多かったので、この自己ベストを過度に評価するのは禁物か。とはいえ、休み明けでも状態は悪くはなさそう。

ドーヴァー 美南W 稍重 三浦 ◆自己ベスト
単走 52.4-37.9-12.4 馬也 A
中間:B
最終追い切りは推進力のある良い動き。首の高さはやや目立ったが、馬也でスピード乗りの良い走りを披露。状態は前走に引き続き良いし、力を出せる出来にありそう。美南Wでは初めて時計を出すので、当然自己ベストとなる。

スポンサードリンク

ロードクエスト 美南W 稍重 助手
3頭併先 55.1-40.5-13.2 馬也 A
中間:A
最終追い切りは終い重点も素晴らしい動き。デピュティプライム(古1000万下)を2.2秒追走して最後は先着したし、終い重点でも濃い内容を消化出来たと感じる。休み明けでも状態はとても良さそうだし、前走同様良いパフォーマンスに期待。

サトノアレス 美坂 稍重 柴山
2頭併入 52.1-38.5-25.2-12.8 強め B
中間:B
休み明けということで、やや動きに覇気がないイメージ。東京新聞杯の時はよりシャープな動きが目立っていたし、休み明けの今回は若干余裕残しの仕上げにも感じる。昨年惜しい競馬をした安田記念も控えているし、最終追い切りの動きは前哨戦仕様に感じた。

スポンサードリンク

ブロワ 美坂 稍重 杉原
単走 58.8-42.4-27.3-13.5 馬也 C
中間:C
最終追い切りはやや軽いかなというイメージ。前走からの上積もそこまで感じられない。

エントシャイデン 栗CW 良 助手
2頭併遅 82.0-66.4-52.4-38.7-11.7 一杯 B
中間:B
最終追い切りは悪くない動き。相手が来週オークスに出走予定のラヴズオンリーユー(三オープン)だったということで、相手が動き過ぎていた印象。この馬自体もしっかり脚を伸ばしていたし、動きは悪くない。出来は前走より良いイメージ。ただ、3歳相手に遅れを取ってしまった点はやや割引材料。

トゥザクラウン 栗CW 良 助手
2頭併遅 84.6-66.7-51.9-38.8-12.4 一杯 B
中間:A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容が際立っていただけに、この最終追い切りは拍子抜けした感じ。追っても反応はイマイチでズブい面がかなり目立った最終追い切りに。相手は調教で動くクライムメジャー(古1600万下)とはいえ、遅れを取る時は成績が不振という印象がある。ここ最近は併せ馬でも先着出来ていただけに、最終追い切りはやや不安の残るものとなってしまった。

スマートオーディン 栗坂 良 池添
2頭併先 53.2-39.2-24.8-12.0 馬也 A
中間:A+
最終追い切りは素晴らしい動き。追い切りは動くタイプで、最終追い切りは終い重点の内容だったが、最後の脚は際立った。中間も濃い内容を消化出来ているし、前走以上のパフォーマンスにも期待出来そう。ただ、1つ気になるのは折り合い面。最終追い切りでも引っかかる面を見せていたし、レースで落ち着いて挑めるかが鍵になりそう。

リナーテ 栗坂 良 畑端
単走 51.7-37.4-24.2-12.2 強め A+
中間:A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終追い切りはとても良い動き。2週前が同レースに出走のロジクライ(古オープン)に先着するというかなり良い内容だったし、それに加え自己ベストも更新。この最終追い切りも良い反応だったし、仕上がりは前走以上に感じる。終いは0.2秒の減速ラップだったが、そこまで懸命に追われてないし、余力も感じられたので、最終追い切りとしては十分な内容を消化出来た。

スポンサードリンク

リライアブルエース 栗坂 良 坂井
単走 53.0-38.1-24.4-12.2 強め A
中間:A
最終追い切りはまずまずの動き。横で併せ馬をしている馬達と併せるような形になったが、手応えはほぼ互角。反応はこの馬にしてはまずまずに感じてしまった。とはいえ、矢作先生は寒い時期は絞りにくいと言っていたし、暖かくなってきた今なら馬体も絞れて良いパフォーマンスを発揮する可能性も。

ロジクライ 栗坂 良 小林
単走 51.7-37.4-24.0-11.9 強め A+
中間:A
最終追い切りは素晴らしい動き。2週前は同レースに出走のリナーテ(古オープン)に先着を許したが、そこからキッチリと乗り込まれて万全の状態に仕上がった印象。最終追い切りは隣で併せている馬達を置き去りにしたし、状態は前走以上に感じる。

 

 

【京王杯SC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

京王杯SCの対抗・穴馬はこちらをクリック

スポンサードリンク

【NHKマイルC 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

NHKマイルC 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

NHKマイルC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

NHKマイルCの対抗・穴馬はこちらをクリック(随時更新)

 

 

 

ヴィッテルスバッハ 美南W 不良 石神
2頭併先 83.0-66.9-52.3-39.1-13.0 強め A
中間:B
最終追い切りはしっかりと併せ馬で先着。伸びも上々だったし、格下とはいえしっかり突き放せたのは好印象。前走よりも状態が上向いている印象も受けるし、上積も感じられる。

グランアレグリア 美南W 重 C.ルメール ◆自己ベスト
2頭併先 68.8-53.5-38.9-12.4 馬也 S ↑
中間:B
最終追い切りは素晴らしいフットワークで前走以上に良く映った。前走は被される前に仕掛けるレースを想定し、先行する形を取っていたが、今回は追走する形に戻っていた。これは馬が成長し、被されても動じなくなったからという可能性もあるし、並んで走ってもスピード乗りは申し分なく、併走馬を突き放した。楽々自己ベストを更新したし、仕上がりは文句なし。

スポンサードリンク

イベリス 栗CW 不良 浜中 ◆自己ベスト
単走 79.7-64.5-50.8-38.0-12.2 馬也 A+
中間:A+ ◆中間自己ベスト(栗CW)
最終追い切りは余力たっぷりの良い動き。アーリントンCから間隔が詰まっていて本数は2本しか消化出来ていないが、1週前に自己ベスト、最終追い切りは1週前の時計を更に塗り替え自己ベストを更新。この時計は水曜追いの栗CWでの1番時計だし、本当に具合が良いということ。最終追い切りは馬場が悪い中、馬也でこの内容を消化出来てしまうのだから、仕上がりに関しては申し分ないと感じる。

ダノンチェイサー 栗CW 重 川田
2頭併先 53.4-38.5-11.6 強め A
中間:A ◆中間自己ベスト(栗CW)
最終追い切りの動き自体はとても良いが、気になるのは4F追いという点。この馬は毎回6Fから時計を出すのがいつもの調整パターンなのだが、今回は4F追いと負荷を少なくしている。これは日本ダービーを見据えた仕上げにも感じるし、余裕残しの仕上げであることは間違いなさそう。とはいえ、追ってからの反応や中間の内容もそこまで悪くないので、力は出せる仕上がりにありそう。

トオヤリトセイト 栗CW 不良 福永
単走 75.3-57.5-41.3-12.6 馬也 B
中間:C
最終追い切りはまずまず。欲を言えばもうひと追い欲しい印象を受ける。動きも若干重いかなというイメージもあるし、間隔が詰まっているとはいえ、追い切りをこの1本しか消化出来なかったのは割引材料。

スポンサードリンク

ハッピーアワー 栗CW 不良 助手
単走 85.7-68.6-52.8-38.8-12.3 A
中間:B
最終追い切りの動きを見る限り、前走の出来を維持出来ている印象を受ける。1週前にしっかり負荷をかけているので、最終追い切りは終い重点の内容で十分。最終追い切りも馬也で手応えは終始余裕だったし、追えば伸びそうな雰囲気があった。

ミッキーブラック 栗CW 不良 岩田康
3頭併遅 83.0-67.0-52.1-38.3-12.3 強め B
中間:C
最終追い切りは良い頃の動きとは程遠い内容。2歳時の方がレースぶりも調教も良かったイメージがある。この中間の内容を見ても復調した気配や変化はあまり感じられないのが本音。

アドマイヤマーズ 栗坂 不良 助手
単走 56.6-41.3-26.8-12.9 馬也 A
中間:A+ ◆中間自己ベスト
最終追い切りは馬也で余力のある動きを披露。中間に自己ベストを更新しているし、最終追い切りは馬場も悪かったので、軽めの調整程度。前走から間隔も詰まっているので、体はある程度出来ていると思うし、仕上がりに関しては前走以上に感じる。

 

NHKマイルCの対抗・穴馬はこちらをクリック(随時更新)

スポンサードリンク

 

ヴァルディゼール 栗坂 不良 助手
単走 54.3-39.2-25.6-12.5 一杯 A
中間:A
最終追い切りは終いの脚は上々。ただ、この馬が好走する時の最終追い切りは坂路で52秒台という好時計をマークしてくるし、それで終いもしっかり伸ばしてくる。しかし、崩れた前走も今回も54秒台で終い重点だったというのは気になる点。決して動きは悪くないが、この馬の調整パターンから逸脱しているのだとしたら、今回も崩れる可能性はあるとみている。もう1つ強調したいのは、北村友一騎手が最終追い切りで跨らなかった点。北村友一騎手はGlの最終追い切りは必ずと言って良いほど感触を確かめるために跨りにくるので、その辺りもやや不安。

カテドラル 栗坂 重 助手
単走 57.2-40.6-26.3-12.5 馬也 A+
中間:B
最終追い切りは前走時同様終い重点で良い走り。前走で後ろからの競馬の方が良いということがわかったし、脚を溜めて爆発させるというレースに似たような調整で好感が持てる。馬の動きは申し分ないし、出来は良い状態にありそう。

クリノガウディー 栗坂 不良 藤岡佑
単走 53.4-38.9-25.0-12.1 強め A
中間:B
最終追い切りは終いの伸び脚が目立った。間隔が詰まっているので、終い重点でも問題ないと感じる。最後の脚は回転も速く、とても良く映った。良い状態を維持出来ている印象。

スポンサードリンク

グルーヴィット 栗坂 不良 D.レーン
2頭併先 51.3-37.1-24.1-12.2 強め A
中間:B
最終追い切りは終始手応えが楽に映った。併走馬は調教で動くアシュリン(古1600万下)だったが、こちらの方が手応えで優勢。元々調教駆けするタイプとはいえ、古馬相手にこれだけの動きが出来る点は評価。この時計も水曜の栗坂での2番目に良い時計だし、状態はかなり良さそう。促されてからの伸び脚があまり目立たなかったので、速いスピードを持続出来るタイプの可能性もあり。

ケイデンスコール 栗坂 重 助手
単走 55.3-39.8-25.2-12.5 強め A
中間:B ◆中間自己ベスト(栗CW)
最終追い切りはしっかりと追われて脚を伸ばした。終いの伸びは上々だったし、ひと叩きした効果は感じられる。中間もCWで自己ベストを更新するなど、濃い内容を消化出来ている点は評価。

プールヴィル 栗坂 重
単走 56.6-42.2-27.8-13.4 馬也 B
中間:B
1週前は良かったが、最終追い切りはいつもより軽いなという印象を受けた。体は既に出来ているとは思うが、最終追い切りはやや軽いと思うし、連戦で間隔が詰まっているからこのような薄い内容になった可能性も。

ファンタジスト 栗坂 不良 助手
単走 53.1-38.3-24.7-11.9 一杯 B
中間:B
最終追い切りはこの馬にしてはまずまずの内容。個人的にはこのレースに力を入れて仕上げてくるのかなという印象があったが、過去2戦の方が仕上がりは良かった印象を受ける。春3戦目で粗方仕上がっているとはいえ、坂路での猛時計が1本もなかった点は違和感。デビュー以来、坂路で動きに動いていた馬が、ここに来て薄目の内容を消化している点は割引材料。

マイネルフラップ 栗坂 不良 松岡
単走 58.1-42.1-26.6-12.6 馬也 A+
中間:A
最終追い切りは終い重点とはいえ、とても良い動き。軽く促されただけでも反応はかなり良いし、脚取りもスムーズ。1週前にしっかり負荷をかけた内容を消化出来ているので、最終追い切りはこんなもんで十分。追えば伸びそうな雰囲気が漂っていたし、前走の出来をキープかそれ以上に良さそう。

ワイドファラオ 栗坂 重
単走 55.8-41.2-27.0-13.1 馬也 B
中間:B
最終追い切りは地味な内容。とはいえ、中間である程度負荷はかけられているし、間隔が詰まっていながらも良い調整過程を踏めている印象はある。前走をひと叩きした上積も見込める。

ロードグラディオ 栗芝 重 助手
単走 69.5-52.6-37.4-11.9 馬也 B
中間:C
馬のフットワークは悪くないが、芝追いでこの内容は平凡という印象。中間の内容も特に推せる点はないし、総合的に見てもイマイチか。

 

 

〜推し調教上昇馬〜
👊マイネルフラップ
👊イベリス
👊グランアレグリア
👊カテドラル

 

 

NHKマイルC 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

NHKマイルC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

NHKマイルCの対抗・穴馬はこちらをクリック(随時更新)

スポンサードリンク

【京都新聞杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【京都新聞杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

京都新聞杯の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

 

 

クリスタルバローズ 美南W 不良 助手
2頭併先 68.8-54.5-39.7-13.5 強め B
中間:B
最終追い切りは併せ馬で先着するものの、相手は障害未勝利馬。これはあまり評価出来ないし、時計や終いの脚も平凡。中間の内容は悪くないが、調教は割と動くタイプ。過度な評価は必要ないと感じる。

ナイママ 美南W 不良 柴田大
単走 85.3-69.3-54.7-39.8-12.6 強め B
中間:B
最終追い切りは伸びやかな走りが目立った。動き自体は平凡も、状態は平行線で維持出来ているイメージ。

ヴァンケドミンゴ 栗CW 不良 藤岡康
2頭併遅 71.1-55.3-40.5-12.0 馬也 A
中間:B
最終追い切りは馬也で余力十分の動き。併せ馬では遅れをとったが、こちらは馬也で、相手はしっかり追っていたので心配ない。終い重点だったとはいえ、手応えも良く軽快な動きだったので出来は悪くなさそう。

スポンサードリンク

サトノソロモン 栗CW 不良 B.アヴドゥラ
2頭併先 85.6-68.7-53.8-39.6-12.4 馬也 A+
中間:A+ ◆中間自己ベスト
最終追い切りは終い重点もとても良い動き。併走馬は調教でもそこそこ動くアイスバブル(古オープン)相手だし好印象。格上にあれだけ圧倒出来れば十分だし、1週前に続き濃い内容を消化出来た点はかなり評価したい。

タガノディアマンテ 栗CW 不良 松山 ◆自己ベスト
2頭併入 81.3-64.8-51.3-38.8-12.3 強め A
中間:B
最終追い切りは好時計をマーク。この時計は水曜の栗CWで2番目に良い時計。だが、終いの脚は前走時ほどの迫力は感じられなかった。使い詰めだし、強調出来るほどの上積は感じない。

トモジャチャーリー 栗CW 不良 国分優
単走 86.0-68.2-52.7-38.3-12.0
中間:C

スポンサードリンク

 

京都新聞杯の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

フランクリン 栗CW 不良 北村友
3頭併先 83.4-67.4-52.5-38.7-12.3 馬也 A
中間:B
調教は動くタイプとはいえ、最終追い切りは3頭併せの真ん中で上々の動き。NHKマイルC出走のミッキーブラックを手応えで圧倒していたし、手綱を持ったままで楽に先着出来た点は好評価。休み明け2戦目の上積もありそう。

ブレイキングドーン 栗CW 不良 助手
2頭併先 82.0-65.5-51.2-38.3-12.1 強め B
中間:B
最終追い切りはまずまずの走り。前走と似た内容を消化出来ているし、出来はなんとか維持出来ている印象を受ける。追われてからの反応が良い頃と比べるとやや鈍く感じる点は気掛かり。時計面では水曜の栗CWで6番目に良い時計という事で、時計面は評価。

ヒーリングマインド 栗坂 不良 助手
単走 54.4-39.7-25.9-13.1 強め A
中間:A+ ◆中間自己ベスト
最終追い切りは迫力のある走りを披露。調教や前走を見るに、長く渋とい脚を使うタイプに感じる。若干ズブい面もあると思うので、乗り難しいとは思うが、前走勝った騎手が続けて跨るのは好材料。

モズベッロ 栗坂 不良 藤井
2頭併入 52.8-38.6-25.2-12.8 馬也 A+
中間:A
最終追い切りは余力たっぷりの良い動きで、追えばいつでも伸びそうな雰囲気があった。この中間は調教駆けする上級古馬、ダイメイプリンセス(古オープン)、ダイメイフジ(古オープン)と併せて互角以上の動きを披露しているように、状態はとても良さそう。

スポンサードリンク

ヤマカツシシマル 栗坂 重 助手 ◆自己ベスト
単走 52.0-38.0-25.7-13.4 一杯 B
中間:B
自己ベストを大幅に更新するも、終いの脚はバタバタ。とはいえ、自己ベストなので状態は悪くないはず。中間もしっかり乗り込まれているし、休み明けでもある程度の力は出せそう。

レッドジェニアル 栗坂 不良 助手
単走 57.2-41.6-26.9-12.7 強め A
中間:A ◆中間自己ベスト
最終追い切りは終い重点だったが、終いの脚は良く映った。中間も自己ベストをマークしているし、仕上がりは良さそう。

スポンサードリンク

ロジャーバローズ 栗坂 重 助手
2頭併先 55.4-40.0-26.1-12.7 馬也 A+
中間:A+
最終追い切りは終い重点とはいえ、良い動きを披露。併走馬のグローブシアター(古オープン)を追走する形から最後はしっかりと交わし切ってのゴール。馬也で余力も残っていたと思うし、手応えもロジャーバローズが優勢だった。ここへ向け仕上がりは良好。

トーセンスカイ 栗芝 重 北村友
2頭併入 65.3-50.0-36.8-12.4 馬也 A+
中間:A ◆中間自己ベスト
最終追い切りは馬場の悪い芝コースでも終始良い手応えに映った。中間も濃い内容を消化しているし、右肩上がりで成長しているイメージ。併せ馬でも終始手応えで優勢だったし、仕上がりに関しては文句なし。

 

 

推し調教上昇馬
👊サトノソロモン
👊フランクリン
👊ヒーリングマインド
👊モズベッロ
👊ロジャーバローズ
👊トーセンスカイ

 

 

【京都新聞杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

京都新聞杯の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【新潟大賞典 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【新潟大賞典 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

新潟大賞典の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

 

アウトライアーズ 美南W 稍重 調教師
2頭併遅 54.7-40.5-14.0 強め B
最終追い切りは中1週ということで時計は遅め。とはいえ反応もイマイチだったし、出来落ちしてる感は否めない。能力的にも見劣るし、馬券には入れづらい1頭。

アストラエンブレム 美南W 稍重 助手
2頭併入 51.6-38.2-13.0 強め B
最終追い切りはまずまずの動き。新潟コースは得意だし、重賞でもやれる能力はあると思うが、良い時と比べると内容はやや見劣る印象。出来は前走以上に感じるが、相手は強くなるし、あまり高く評価は出来ない。

ショウナンバッハ 美南W 稍重 助手
単走 51.8-36.5-12.0 強め A+
最終追い切りは素晴らしい動き。良い時と比べても遜色ないし、新潟コースは得意なイメージ。作夏の新潟記念でもブラストワンピースの3着と好レースを披露。状態は良さそうだし、人気薄なら馬券に絡めたい1頭。

スポンサードリンク

ミッキースワロー 美南W 稍重 調教師
単走 68.8-52.4-38.7-12.8 馬也 B
最終追い切りはまずまず。本数はしっかりこなせているが、良い時の動きではないと感じる。良い時はもう少し切れるし、目標はここではないと感じる。JC5着やセントライト記念を勝っているように、実績は文句なしで1番。状態は絶好でなくても、力量差で馬券内に来る確率は高そう。

メートルダール 美南W 稍重 助手
2頭併先 65.7-51.1-37.5-12.6 強め A
最終追い切りは良い動き。状態は前走より良いと見ているし、メンバー構成からも十分好走可能。その前走は出遅れが響いたし、相手が強かった。新潟コースも走れるし、相手関係も前走よりは楽。状態も上向いているし、今回は狙い目に感じる。

ランガディア 美南W 稍重 助手
2頭併先 53.6-39.2-12.6 強め A
最終追い切りは良い動き。追われてからの反応も良いし、状態も前走以上に感じる。直線の長い右回りコースは得意だし、終いの脚を生かせれば善戦可能。

スポンサードリンク

ロシュフォール 美南W 稍重 助手
3頭併先 54.7-39.7-12.9 馬也 A+
最終追い切りはとても良い動き。一杯に追う併走馬を引き連れ、馬也で悠々先着。追われれば伸びそうな雰囲気だったし、追わなくても併走馬に最先着したのは高く評価したい。前走は余裕残しの仕上げで準OPを勝利したし、実力は既に重賞級。長い直線のコースは合っているし、ここでも善戦に期待している。

 

新潟大賞典の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

クリノヤマトノオー 栗CW 良 和田
単走 51.1-37.2-11.6 強め A
調教は毎度のこと良く動くので、過度な評価は禁物。右回りで実績を挙げているし、右回りは2戦して馬券内に来たのは0回。これは気になる点だし、馬券的にも抑えまで。

ダッシングブレイズ 栗CW 良 助手
頭併入 83.9-67.0-51.9-38.1-11.5

メールドグラース 栗CW 良 助手
単走 82.5-67.5-53.2-39.5-12.3 強め B
最終追い切りはまずまずの動き。追われてからの反応は案外だったし、良い時はもう少し良い内容を消化するイメージ。連勝しているものの、右回りの2200mだし、求められる条件が今までとガラリと変わる今回は、重い印は打ちにくい。

ドレッドノータス 栗坂 良
単走 53.9-39.5-26.2-13.3 馬也 B
最終追い切りは中1週ということで、軽めの調整程度。動きは悪くないが、もう少ししっかりやって欲しかったのが本音。前走からの上積はそんなに感じられないし、左回りの成績はイマイチなので、評価はしづらいイメージ。

スポンサードリンク

ブラックスピネル 栗坂 良
2頭併先 51.8-38.0-25.3-13.0 強め B
最終追い切りは悪くない動き。今回逃げそうな馬はこの馬くらいだし、マイペースで逃げられれば善戦も。状態は引き続き良いし、人気薄なら抑えも。

スポンサードリンク

エアアンセム 栗坂 吉田隼 ◆自己ベストタイ
2頭併先 52.4-37.6-24.7-12.2 強め A+
最終追い切りはとても良い動き。時計的にも自己ベストタイをマークしたし、状態はかなり良さそう。ただ、今まで実績を挙げているコースは小回りの右回りコースだし、左回りの直線の長いコースになってどうか。状態は良さそうなので、馬券には絡めたいと感じる。

サンデーウィザード 栗坂 良
単走 52.8-38.2-24.9-12.2 馬也 A+
最終追い切りは素晴らしい動き。長期休養明けの前走をひと叩きして、馬がだいぶ変わってきた感じ。終いの脚は前走より確実に良化しているし、2年前の新潟大賞典を勝っている点からも適性は十分。人気しないのであれば積極的に狙ってみたい1頭。

スズカデヴィアス 栗坂 良
単走 53.6-38.9-25.1-12.2 強め A
最終追い切りは悪くない動き。前走をひと叩きして、状態は上向いた印象を受ける。昨年の勝ち馬だし、再度同舞台で善戦に期待。

ルックトゥワイス 栗坂 良
単走 55.2-39.6-25.2-12.2 強め A
最終追い切りは良い動き。巷ではサウスポーという噂もあるし、この舞台替わりが良い方へ出そう。とはいえ、右回りでも重賞でやれているくらいだし、左回りになれば変わり身も十分期待出来そう。距離も合ってそうだし、コースも合っている今回は善戦に期待出来そう。

 

 

👊推調教馬👊
エアアンセム
サンデーウィザード
ショウナンバッハ
スズカデヴィアス
メートルダール
ルックトゥワイス
ロシュフォール

 

【新潟大賞典 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

新潟大賞典の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【天皇賞(春) 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【天皇賞(春) 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【天皇賞(春) 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

天皇賞(春)の対抗・穴馬はこちらをクリック(※随時更新)

 

グローリーヴェイズ 美南W 良 戸崎
3頭併入 68.4-53.8-39.3-12.7 馬也 A+
最終追い切りはとても良い動き。3頭併せの真ん中でもしっかり自分の走りが出来ていたし、操縦性の高さが伺えた。馬也で余力も十分あったし、中間も自己ベストをマークしたように、仕上がりは文句ないと感じる。菊花賞も上位馬の中では1番距離ロスがあったと思うし、特に距離延長は心配していない。乗り替わりは不安も、力を出せれば善戦可能に感じる。枠順も内枠なら評価を上げたい。
前走中間:B
前走最終:A

フィエールマン 美南W 良 C.ルメール ◆自己ベスト
2頭併入 82.2-66.3-51.3-37.5-12.8 強め A+
最終追い切りは自己ベストを更新したように状態はとても良さそう。中間で計3度の自己ベスト更新は成長と状態の良い証そのもの。動きにもまだ余裕があったし、追えば伸びそうな雰囲気。C.ルメール騎手が美浦へ駆けつけて調教を跨ったのも好印象だし、ここへ向けての本気度も伺える。GWで渋滞が予想される今回は輸送も1つの鍵になりそう。当日の馬体重やパドックでも軽く確認していきたい。
前走中間:A+
前走最終:S

スポンサードリンク

リッジマン 栗CW 良 加藤
単走 52.4-38.3-12.7 強め B
最終追い切りはまずまずの動き。元々終いはもう少し切れるタイプなだけに、この時計はやや物足りない印象を受ける。ステイヤーズSは強かったが、長丁場の一流どころが相手になると、少し厳しいと感じる。ロスなく立ち回ってどこまで。
前走中間:B
前走最終:A+

ロードヴァンドール 栗CW 良 助手
単走 81.7-66.3-52.1-38.8-12.6 強め A
最終追い切りは悪くない動き。長期休養明け以降、不振が続いていたが、ようやくここに来て本来の走りに戻りつつある。前走で長いところもこなせたし、逃げ宣言をしているヴォージュと仲良しこよしで逃げればアッと言わせるシーンがあっても。ただ、相手は格段に強くなる今回、自分の競馬をしてどこまでやれるか。
前走中間:B
前走最終:A

ヴォージュ 栗坂 良 助手
単走 53.8-38.6-25.1-12.4 強め B
最終追い切りの動きはまずまず。追われてからの反応は案外だったように感じるし、時計面も平凡。しかし、長丁場は血統や成績からも合っていると思うし、大逃げをすると宣言しているので、万葉Sのような形になれば面白い。Glということで、再現は難しいとは思うが、何が起こるかわからないのが競馬。大穴候補として抑えまでという印象。
前走中間:B
前走最終:A

スポンサードリンク

エタリオウ 栗坂 良 助手
単走 55.4-40.3-26.1-12.7 強め A+
最終追い切りは時計は平凡も終いの伸び脚は上々。1週前はキリで道中の時計はわからないが、終いの伸びだけで言えば、最終追い切りの方が切れ増しした印象を受けた。前走を叩いて上向いていると思うし、仕上がりは良いと見ている。ただ、陣営はハミ受けが良くなり過ぎている点を心配しているし、それによって距離が延びるのも不安視している点はどうか。直線でもソラを使う癖があるし、鞍上の好騎乗に期待。
前走中間:A
前走最終:B

カフジプリンス 栗坂 良 中谷
2頭併先 53.2-38.9-25.2-12.4 強め A+
最終追い切りは同レースに出走のチェスナットコートに先着。調教は動くタイプとはいえ、1週前も同馬に圧倒したし、状態面は前走を維持かそれ以上まで来てそうなイメージ。追われてからの反応も良いし、距離慣れも見込める今回は前走以上のパフォーマンスにも期待出来そう。阪神大賞典のレースレベルは低かったが、まだ他の相手と長距離レースでは戦っていないし、未知なる魅力はあるので抑えたい。
前走中間:B
前走最終:A+

 

天皇賞(春)の対抗・穴馬はこちらをクリック(※随時更新)

 

クリンチャー 栗坂 良 高倉 ◆自己ベスト
単走 52.5-38.8-25.3-12.6 強め A+
最終追い切りはとても良い動き。自己ベストも更新したし、この中間も初めてCWでラスト1F11秒台を踏んだように、ここに来て状態はかなり上向いている印象を受ける。最終追い切りも終いの2ラップを加速ラップでまとめたし、仕上がりは文句ないと感じる。フランス遠征で馬が更にパワーアップしたと陣営は述べているし、昨年3着と惜敗したこの舞台で巻き返しに期待。
前走中間:B
前走最終:A+

スポンサードリンク

ケントオー 栗坂 良 助手
単走 53.7-39.4-26.1-13.5 一杯 B
最終追い切りはまずまずの動き。終いは脚色が鈍ったし、良い時と比べると物足りないのが本音。前走を見ても距離は長かったように感じるし、相手レベルも上がる今回は厳しそうな印象。京都コースでは良い競馬をするので、内をロスなく立ち回れれば善戦も。
前走中間:B
前走最終:B

チェスナットコート 栗坂 良 坂井
2頭併遅 53.8-39.4-25.6-12.6 強め A
最終追い切りはまずまずの動き。同レースに出走のカフジプリンスに2週連続で置き去りにされたのは気掛かり。相手は動く馬だし、そこまで気にする必要はないとは思うが、前走よりも終いの脚は鈍かったようにも感じる。とはいえ、昨年好走している舞台だし、大きく人気を落とすようなら抑えても。
前走中間:B
前走最終:A

メイショウテッコン 栗坂 良 福永
2頭併入 53.0-38.3-24.5-12.3 強め A+
最終追い切りはとても良い動き。追走からしっかりと併入したし、軽く促されただけでかなり良い反応を見せた。状態は前走時のかなり良かった状態をキープ出来ているし、仕上がり次第は文句なし。苦手としているスタートさえ決めて前目で競馬が出来れば、見せ場は十分にありそう。ここに来て終いの脚がしっかりしてきた印象を受けるし、距離さえこなせれば善戦可能に感じる。
前走中間:A+
前走最終:S

スポンサードリンク

ユーキャンスマイル 栗坂 良 荻野琢
2頭併先 52.4-38.3-12.7 強め A
最終追い切りは悪くない動き。追われてからの反応も良かったし、仕上がりは良さそう。菊花賞後は長いところを中心に使われているので、距離延長も大丈夫と見ている。菊花賞はかなりの好騎乗だったと思うし、ダイヤモンドSは相手が弱かったと見ているので、この相手でどこまでやれるか注目。
前走中間:A
前走最終:A

パフォーマプロミス 栗ポリ 良 北村友
単走 71.6-54.7-39.2-12.3 強め A
最終追い切りは脚取りもスムーズで良い動き。ポリトラックで時計面では物足りないが、動きそのものは良く見えた。血統的にはこの距離もこなせて良いと思うし、京都コースでも重賞を勝っているので、上手く立ち回れれば善戦も。人気薄なら抑えも。
前走中間:B
前走最終:A+

 

 

👊推調教馬👊
エタリオウ
クリンチャー
グローリーヴェイズ
フィエールマン
メイショウテッコン

 

 

【天皇賞(春) 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【天皇賞(春) 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

天皇賞(春)の対抗・穴馬はこちらをクリック(※随時更新)

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク