【中山記念 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ウインブライト 美浦 南W 重
2頭併入 85.0-69.2-53.7-39.0-12.8 馬也 S ↑
最終追い切りは抜群の動きを披露。併走馬を馬也で楽々追走したし、軽く促されると俊敏な反応で前に取り付いた。1週前もかなり良かったし、中間の内容からもここはの気合が感じられる。中山巧者ということで、ここメイチだと思うし、2連覇も十分に考えれる。

ステルヴィオ 美浦 南W 重
3頭併先 53.9-38.4-12.6 馬也 A+
最終追い切りはかなり良い動き。休み明けで余裕のある仕上げではあるが、力はある程度出せる仕上がりにあると感じる。中山で重賞勝ちはあるものの、得意舞台とは思っていないし、乗り替わりも不安なので、頭からは買いづらい。馬券には組み込みたい1頭。

トルークマクト 美浦 南W 重
2頭併遅 53.2-39.2-12.5 G前追 B
調教は割と動くタイプ。最終追い切りはまずまずの動きだが、能力的にさすがに厳しいと感じる。自分の競馬でどこまで。

マイネルサージュ 美浦 南W 重
2頭併入 67.9-52.3-38.6-13.3 馬也 A
最終追い切りは悪くない動き。調教は動くタイプだし、今回の出来は良さそうなので、展開次第で大穴をあけそうだなと感じるのはこの馬くらいか。馬場が渋って展開が向けば善戦も。

シベリアンスパーブ 美浦 南W 稍重
単走 54.6-38.8-12.2 強め B
最終追い切りはまずまずの動き。ただ、能力的にはさすがに足りないと思うし、年齢的にもここは見送り。

エポカドーロ 栗東 CW 重
2頭併先 85.9-69.0-53.3-38.3-11.9 馬也 S ↑
最終追い切りは抜群の動きで、一杯に追う併走馬を馬也で抜かせなかった。かなり余力が見受けられたし、1週前も動きが良かったこと、距離短縮、コース替わりともにプラスに働くことを考えれば、前走より大幅にパフォーマンスを上げてくることが予想される。スムーズに先手を奪えれば十分勝ち負けになると感じる。

スワーヴリチャード 栗東 CW 重
2頭併入 83.3-38.4-12.0 馬也 A
最終追い切りはまずまずの動き。1週前もしっかりやっているし、ある程度力は出せる出来にありそう。とはいえ、本当に良い時と比べるとソフトな仕上げに映るし、頭からは買いづらい1頭に感じる。中山も得意ではないと思うし、抑えまでか。

ディアドラ 栗東 坂路 重
単走 55.5-39.6-25.6-12.7 馬也 A+
最終追い切りは馬也で軽快かつパワフルな動き。1週前でしっかりやっているし、力は出せる仕上がりにありそう。ただ、中山が得意舞台かと言われると疑問だし、紫苑Sの走りを見ても、東京での走りよりは質を落としていた気がする。とはいえ、斤量も恵まれたし、実力も上位なので抑えは必須に感じる。

スポンサードリンク

ラッキーライラック 栗東 坂路 重
2頭併先 50.8-36.9-24.4-12.6 強め A
最終追い切りは悪くない動き。前走は調整に狂いが生じたが、今回は順調な調整が踏めている印象。1週前にウッドコースでも良い動きを披露したし、今回は力をしっかり出せるはず。前走の負けで見切るのは早いと思うし、見直しも必要か。

 

【中山記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【中山記念 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【阪急杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

スターオブペルシャ 美浦 南W 重
3頭併先 52.9-39.1-12.7 馬也 A+
最終追い切りはとても良い走り。馬也で余力も十分だったし、近走の中では1番良い出来に感じた。1400mもピッタリの印象だし、鞍上も乗り方を手の内に入れていると思うので、ここも好走してるく可能性は高そう。馬券には入れたい1頭に感じる。

タイムトリップ 美浦 南W 重
単走 81.8-67.2-52.8-38.9-12.9 G前追 B
最終追い切りは良い時と比べると見劣った。とはいえ、前走が良い勝ち方だったので、不気味ではあるが、展開がハマった感じもするし、阪神コースに舞台を移すのはマイナス材料に感じる。馬場も気にしてる感じがあったし、当日の馬場も気にしたい。今回は善戦までか。

ヤングマンパワー 美浦 南W 重
2頭併先 68.5-54.3-40.3-13.9 G前追 B
かなりしっかり追われるも反応はイマイチ。良い頃と比べると動きに覇気がない気もするし、近走の不振からも印は打ちにくい1頭。

リョーノテソーロ 美浦 南W 重
単走 52.5-38.4-12.8 G前追 A+
最終追い切りは良い動き。調教は良く動くタイプだが、状態は前走以上に感じる。最近は力を出しきれないレースが続いているし、着順で人気を落とすようなら穴で狙いたいと感じる。馬場が渋ればなお良さそう。

トウショウピスト 美浦 坂路 稍重
単走 52.8-38.1-24.9-12.6 馬也 B
調教ではそこそこ動けるタイプだが、レースには直結しないタイプ。今回も悪い動きではないが、この馬にしては平凡。距離延長の変わり身でどこまでやれるかという感じだし、自分の競馬でどこまで。

エントシャイデン 栗東 CW 重
単走 85.1-67.5-52.1-37.6-12.2 G前追 A
最終追い切りはまずまずの動き。しっかり追われて反応も悪くはなかったが、かなり良いとは言えない感じ。短縮もどうでるか疑問だし、昇級でいきなり重たい印は打てない印象。1度この条件での走りを様子見したい。

ミスターメロディ 栗東 CW 重
単走 11.6 馬也 S 
ラスト1Fしか確認出来なかったが、馬也で余力十分の良い動き。前走よりも良い状態に感じるし、馬場が渋ってもしっかり走れるタイプ。1400mも合っているし、重賞でもやれる実績からもここは上位評価をしたいと感じる。

ロードクエスト 栗東 CW 重
2頭併先 12.3 G前追 A
最終追い切りはまずまずの動き。調教は毎回ある程度動けるが、レースには直結しないことが多い気がする。ただ、1400mに変わるのは良いと思うし、展開がハマれば善戦は可能に感じる。乗り替わりも魅力だし、勝負に来てる感じはする。

ラインスピリット 栗東 CW 重
単走 83.1-66.4-51.5-37.9-12.5 G前追 A
最終追い切りは悪くない動き。状態は前走以上に感じるが、距離延長が良いとは思わないし、抑えまでという印象。

アドマイヤゴット 栗東 坂路 重
2頭併遅 51.8-37.5-24.7-12.5 G前追 A
最終追い切りはまずまずの動き。追い切りは良く動くタイプなので過度な評価は与えないが、ここ最近の出来では良い仕上がりだと感じている。距離、コースともに相性は悪いので、良くて抑えまでか。展開の助けも必要に感じる。

スマートオーディン 栗東 坂路 重
2頭併先 51.7-37.2-24.3-12.2 馬也 A+
長期休養明けからイマイチパッとしない動きが目立っていたが、近走でようやく本来の走りに戻りつつあると感じる。追い切りも徐々に良くなっているし、今回の動きも合格点を与えられる内容。余力十分で反応も良いし、動きも軽やか。今は引っかかる面が見えるので、この距離短縮も良い方へ出てくれそう。人気薄なら抑えたい1頭。

ダイアナヘイロー 栗東 坂路 重
単走 53.8-39.3-25.6-12.8 馬也 A
最終追い切りはまずまずの動き。1週前でしっかりやっているので、最終追い切りはこんなもんで十分。最後まで舌を出していたのは気になるが、走り自体は悪くなかった。毎回時計ほど良くは見せないタイプで今回もそれは同様。馬場が荒れても走れるタイプだし、単騎で行ければ2連覇も十分に考えられる。

スポンサードリンク

ダイメイフジ 栗東 坂路 重
2頭併先 53.1-38.1-24.5-12.1 G前追 A+
最終追い切りはかなり良く映った。前走とは見違える程良い動きだし、ここは買いな1頭に感じる。陣営は出来れば良馬場でやりたいと述べているが、馬場が多少渋っても走れると思うので、決め脚が生きる展開になればなお面白い。

ヒルノデイバロー 栗東 坂路 重
2頭併遅 50.8-36.8-24.3-12.5 G前追 A+
併走馬には遅れをとったが、手応えでは優勢。動きも中間からずっと良いみたいだし、仕上がりはここへ向けて順調に感じる。陣営は良馬場でやりたいみたいだが、道悪でも好走歴があるし、ここは買いの1頭に感じる。

リライアブルエース 栗東 坂路 重
単走 54.0-38.8-25.0-12.4 G前追 A
調教は良く動くタイプ。今回も動きは良いが、調教の動きとレースの内容が直結しない印象を受ける。久々の1400mで変わり身があれば好走も期待出来そうだが、冬場はそこまで良くないし、抑えまでか。

レッツゴードンキ 栗東 坂路 重
単走 51.6-36.9-23.7-11.8 G前追 S
最終追い切りは抜群の動き。休み明けでもしっかり本数を乗れているし、初戦から力を出せる状態にありそう。1400mと前哨戦ということを考慮しても重たい印を打ちたいと感じる好内容。上手く乗れれば勝ち負けまであると思うし、期待したい1頭。

ロジクライ 栗東 坂路 重
2頭併先 51.7-37.4-24.6-12.5 馬也 A+
最終追い切りは毎度のこと良い。前走より良い仕上がりに感じるし、距離短縮がハマれば善戦も期待出来そう。上手くタメが効けば渋といし、実績からも抑えは必要に感じる。

 

【阪急杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【阪急杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【小倉大賞典 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

タニノフランケル 栗東 CW 良
3頭併先 67.1-52.5-38.0-11.6 G前追 A+
最終追い切りは余力十分の良い動き。中間も好時計をマークしているし、状態は引き続き良さそう。スピード感感じる走りで、古馬になってから一層動きが良くなって来たように感じる。この舞台は3歳時に圧勝している舞台。多少ハイラップを刻んでも粘れるだけのスタミナとスピードがあるので、中山金杯に続き好走に期待出来そう。

マウントゴールド 栗東 CW 良
2頭併入 53.8-38.5-11.8 G前追 A
最終追い切りは悪くない動き。前走は出遅れて自分の競馬が出来てなかった上に、最終追い切りの動きもイマイチだった。それと比べると今回の方が良さそうだし、小倉も悪くないので、善戦に期待出来る1頭。同型が多いので立ち回りひとつで。

アメリカズカップ 栗東 坂路 良
2頭併遅 52.1-37.3-24.4-12.5 G前追 B
かなりしっかりと追われるも併走馬に手応えでは劣勢。遅れを取ってしまったし、良い頃と比べるとやや見劣る印象。当日馬場が荒れれば善戦は可能か。

エアアンセム 栗東 坂路 良
2頭併入 53.2-39.0-24.5-12.0 G前追 A
最終追い切りの動きからは好調ぶりが伺える良い動き。近走では1番良い内容だと思うし、状態は上向いて来ている印象。年齢的な衰えは感じないし、このメンバーなら十分善戦可能に感じる。

ケイティクレバー 栗東 坂路 良
単走 53.7-39.3-25.8-13.0 馬也 B
最終追い切りはまずまずの動き。調教駆けするタイプにしては地味な内容だし、今回は同型が多いため、自分の競馬が出来ない可能性が高い。マイペースで先手を取らないと脆さが出るし、今回は善戦までか。

サイモンラムセス 栗東 坂路 良
単走 53.0-39.0-25.2-12.4 G前追 A
最終追い切りの動き自体は悪くない。ただ、距離は長い方が良さそうだし、この距離だと年齢的に厳しそう。自分の競馬に徹してどこまで。

スティッフェリオ 栗東 坂路 良
2頭併遅 51.1-37.4-24.6-12.5 G前追 A
最終追い切りは悪くない動き。ただ、馬也の併走馬に遅れを取ったのは正直不安なところ。前走よりも時計は詰めているが、反応の面でイマイチな気がする。今回は同型が凄く多いが、前走も同様の状況でしっかり勝ち切ったし、似たような展開になりそうな今回も馬券に絡む可能性は十分にありそう。

ブラックスピネル 栗東 坂路 良
2頭併遅 51.0-37.7-24.9-12.9 G前追 B
最終追い切りはまずまずの動き。前走の方が出来は良く映った上に、前走はこの馬に展開が向いた気もする。今回は前走のように楽な競馬にはならないだろうし、善戦までか。

スポンサードリンク

マイスタイル 栗東 坂路 良
単走 53.1-38.3-24.8-12.5 馬也 A+
最終追い切りは余力十分の良い動き。非常に軽快な動きでスピード感溢れる走りを披露したし、状態は引き続き良さそう。今回は同型が多いのがどうかと感じるが、そこまでオーバーペースにならなければしっかり最後まで脚を使うし、速い流れになった時に前走のような控える競馬が出来れば理想。上手く回ってこれれば好走に期待出来る1頭。

レトロロック 栗東 坂路 良
単走 54.3-39.1-24.9-12.2 馬也 A
最終追い切りは良い動き。小倉は凄く相性の良いコースだし、善戦は可能に感じる。重賞になると脆さが出るので、その辺りが課題か。得意の舞台ということで、人気薄なら抑えたい1頭。

 

【小倉大賞典 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【京都牝馬S 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

アルーシャ 美浦 南W 良
3頭併入 53.3-38.9-12.6 馬也 A+
最終追い切りはこの厩舎らしく馬也でのものだったが、それでも良い動きに映った。余力たっぷりだったし、休み明けでも前走よりも状態は上向いている気がする。連勝の勢いも怖いし、馬券には必ず入れたい1頭。

コパノディール 美浦 南W 良
単走 55.4-40.0-12.9 馬也 A
最終追い切りは悪くない動き。前走よりは遥かに良いし、今の京都の馬場や外回りコースになるのも良さそう。斤量も恵まれるし、大穴なら一考。

デアレガーロ 美浦 南W 良
3頭併入 67.4-51.0-36.8-12.8 馬也 A+
最終追い切りは余力十分の良い動き。休み明けでも力を出せる出来にあると思うし、昨年の2着馬ということで期待感は大きい。馬券には入れたい1頭。

ハーレムライン 美浦 坂路 稍重
単走 54.7-39.2-25.1-12.5 馬也 A
最終追い切りは毎度のこと悪くない動きで前走と同じくらいの出来にありそう。距離短縮は良いと思うし、スピード感もあるので楽しみな1頭。人気薄なら抑えたい1頭。

ライトフェアリー 栗東 坂路 稍重
単走 53.6-39.0-25.2-12.2 強め B
最終追い切りはまずまずの走り。能力的に厳しいと感じるし、自分の競馬でどこまでやれるか。

クリーンファンキー 美浦 南P 良
2頭併入 68.6-53.5-39.3-12.0 馬也 A
調教の動きは悪くないし、状態は良さそうだが、能力的に足りない印象。自分の競馬をしてどこまで。

エイシンティンクル 栗東 CW 良
単走 79.0-64.1-50.3-36.6-12.5 強め B
明らかに休み明けといった感じで最終追い切りはイマイチ。この馬は調教で良く動くタイプだが、今回は少し物足りない。ここを叩いてからの方が良さそうだし、能力上位も重たい印は打ちにくい1頭。

レーヌミノル 栗東 CW 良
3頭併先 81.6-64.9-50.1-37.3-12.2 G前追 B
最終追い切りは悪くない動き。良い頃と比べると調教の派手さはなくなった気がする。レースぶりもパッとしてこないし、今回も自分の競馬でどこまで。

ワントゥワン 栗東 CW 良
単走 84.6-66.2-51.1-37.8-12.3 G前追 B
かなりしっかり追われるも最終追い切りの反応はイマイチ。調教の内容からもここは目標ではない感じがするし、重たい印は打ちにくいと感じる。

オールポッシブル 栗東 坂路 良
単走 53.6-38.3-24.1-11.9 馬也 A+
調教は動くタイプで相変わらず最終追い切りは良い動きに映った。前走をひと叩きされ上積みも感じるし、この舞台で人気しないなら抑えたいなという印象。牝馬同士なら善戦も可。

カラクレナイ 栗東 坂路 良
単走 56.5-41.1-26.7-12.6 馬也 B
最終追い切りの動きは地味に映った。若干折り合いにも難があるので、レースに行ってどうか。京都の今の馬場は合っていると思うので、展開がハマれば面白い1頭。

キョウワゼノビア 栗東 坂路 良
2頭併先 53.7-39.0-24.7-12.1 G前追 A
調教は動くタイプで今回もそれは同様。調教の動きとレースぶりが繋がっていない印象はあるが、具合は良さそう。今の力のいる馬場がプラスに出れば良いと思うし、自分の競馬でどこまで。

ディメンシオン 栗東 坂路 良
単走 51.1-37.5-24.5-12.5 G前追 A+
最終追い切りは軽快で余力のある良い動き。前走よりも良い状態だと思うし、距離短縮に対応出来れば重賞でも好走可能に感じる。福永騎手が念入りに乗りに来ているのも魅力。

スポンサードリンク

ベルーガ 栗東 坂路 良
単走 53.1-38.2-24.9-12.3 G前追 A+
最終追い切りは軽快かつ余力のある動き。長期休養明けからようやく良い頃の出来に戻ってきたかなという感じ。この舞台は重賞勝ちのある舞台だし、期待したい1頭。

ミスパンテール 栗東 坂路 良
単走 55.1-38.4-24.5-12.3 馬也 A+
最終追い切りはかなり良い動き。中間の内容は素晴らしいし、順調な調整過程を踏めている。この舞台は昨年勝っている舞台だし、今年も当然期待したい1頭。

ヤマカツグレース 栗東 坂路 良
単走 52.0-37.9-24.7-12.5 馬也 A
調教は良く動くタイプで、今回の最終追い切りも動けている。能力的にはどうかと思うが、牝馬同士なら善戦可能か。自分の競馬でどこまでやれるか。

リナーテ 栗東 坂路 良
2頭併先 50.4-36.5-23.6-12.0 G前追 S
最終追い切りは素晴らしい動き。調教は動くタイプだが、それを差し引いても今回は良さそう。武豊騎手がユーキャンスマイルよりもこちらを優先したのだとしたら更にプラス材料だと思うし、先約だとしても今ノッてる騎手が跨るのは心強い。1400mなら挽回可能だし、期待している1頭。

リバティハイツ 栗東 坂路 良
単走 53.9-39.3-25.4-12.3 G前追 A
最終追い切りは良い動き。前走と同じくらいの出来にありそうだし、前走であれだけやれるなら今回の距離短縮で更にパフォーマンスを上げてきても不思議ない。久々の1400mで重賞2勝目も。

 

【京都牝馬S 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【対抗・穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【ダイヤモンドS 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

サンデームーティエ 美浦 南W 良
2頭併先 71.2-55.2-40.9-13.4 G前追 A
最終追い切りは悪くない動き。追われてからしっかり脚を伸ばせていたし、距離延長で変わり身に期待。自分の競馬でどこまでやれるか。

ソールインパクト 美浦 南W 良
2頭併入 68.4-53.1-39.1-13.0 馬也 A+
海外帰りだが、仕上がりは順調そう。最終追い切りの動きからは良い状態に映るし、昨年3着の舞台ということで期待している1頭。東京コースは良いし、距離実績もあることから有力視したい。必ず馬券には入れたい1頭。

ブライトバローズ 美浦 南W 良
2頭併遅 67.8-53.0-39.1-13.7 強め C
しっかり追われるも反応面はまだ物足りない。良い頃と比べても見劣る内容だし、休み明けの割引も必要。

ルミナスウォリアー 美浦 南W 良
3頭併遅 69.3-54.2-40.1-13.1 G前追 B
最終追い切りはまずまずの動き。この馬の距離適性は2000m辺りがベストと言っているだけに、ここはさすがに厳しいと感じる。良くて善戦まで。

ウインテンダネス 栗東 CW 良
単走 82.1-66.6-52.3-38.9-11.9 G前追 B
最終追い切りはまずまずの動き。昨秋の動きが良かったので、その時と比べると見劣る印象は受ける。距離は未知とはいえ、東京は合っているので、抑えまでなら。

カフェブリッツ 栗東 CW 良
2頭併先 85.5-67.9-53.4-39.7-11.5 馬也 A+
最終追い切りの動きは凄く良い。やれば動くタイプとはいえ、良い内容だったし、距離も持ちそうなので楽しみな1頭。調教の動きからはレース運び次第で好走に期待出来そうな雰囲気はある。

シホウ 栗東 CW 良
2頭併遅 78.4-63.7-50.3-37.7-13.0 強め B
レースでは直結しないが追い切りは動くタイプ。今回は終いの脚が鈍かった気がする。長丁場では走れる方だが、いつもより出来も良くなさそうだし、抑えまで。

ピッツバーグ 栗東 CW 良
単走 83.2-67.0-51.6-37.1-12.1 G前追 A
最終追い切りはまずまずの動き。毎回やれば動くタイプだし、出来は前走時から維持出来てそう。楽に先手を取れれば善戦しても良さそうだし、近走の安定感からも人気薄なら抑えには回したいと感じる。

ララエクラテール 栗東 CW 良
単走 84.5-67.7-52.8-39.3-12.4 G前追 B
最終追い切りの内容はまずまずで前走の状態を維持出来てそうなイメージ。距離延長は歓迎だし、変わり身に期待したい。能力的には劣るが、スムーズな競馬が出来れば善戦も可能に感じる。抑えまで。

グローブシアター 栗東 坂路 良
単走 54.2-39.8-26.2-12.8 馬也 A
最終追い切りの動きは悪くない。首の高さは目立つものの、走り自体はスムーズなもの。前走で長距離適性があることがわかったし、重賞でもやれるだけの力は持ってそう。馬券には入れたい1頭。

スポンサードリンク

サイモンラムセス 栗東 坂路 良
単走 53.0-39.0-25.2-12.4 G前追 A
最終追い切りの動き自体は悪くない。距離が延びた方が良さそうだし、その変わり身に期待。自分の競馬でどこまでという感じだし、大穴なら一考。

ユーキャンスマイル 栗東 坂路 良
2頭併入 54.0-38.9-25.1-12.4 G前追 A
最終追い切りの動きは悪くない。坂路ではこんなもんだし、及第点。武豊騎手からの乗り替わりは気掛かりだが、能力があることは確か。前走は展開が不向きだったし、それを考えれば善戦したと感じる。今回は上がりも求められるレース内容になるし、この馬に向くレース展開になると思うので、巻き返しに期待。馬券には必ず入れたい1頭。

 

【ダイヤモンドS 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【対抗・穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【フェブラリーS 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ノンコノユメ 美浦 南W 良
単走 69.2-54.2-40.1-13.7 馬也 B →  
最終追い切りはこの馬なりに動けている。1週前追い切りは良かったし、その時点で粗方仕上がっていたと考えれば、この最終追い切りも納得。不安な点は昨年より坂路での追い切りが少ないという点と若干だが、昨年の最終追い切りの方が軽快さがあった点。とはいえ、連覇の掛かる1番相性の良い舞台だし、消耗戦になれば怖い1頭。(62.7)

コパノキッキング 栗東 CW 良
単走 83.8-65.9-51.2-38.0-12.7 馬也 A
最終追い切りの動きは悪くない。やはり過去2戦の追い切り内容と比べると見劣る印象は受ける。今回の最終追い切りは終いが思った以上に時計が掛かっていたし、今回の調整過程は全体的に軽いと感じる。距離も1400mで一杯だったということで、今回は重たい印は打ちにくいかなという感じ。(49.0)

インティ 栗東 坂路 良
単走 53.0-39.0-25.0-12.1 G前追 S ↑
最終追い切りは素晴らしい動き。前走より全体時計は掛かったが、終いの脚や切れ、軽快さは今回の方が上の気がする。とても良い動きだし、終いの伸び脚からもマイル仕様に仕上げて来た感じもする。スピード感もあり、パワフルさも感じさせるその走りは、ワンターンのマイルもこなせて良い気がするし、今回は前目に行く馬よりも控える馬が多いことから展開の恩恵は受けれそう。今回は初物尽くしだが、調教の動きからは万全の状態に映ることから、未知なる魅力と可能性も含めて重たい印は打ちたい。(74.5)

オメガパフューム 栗東 坂路 良
2頭併先 52.4-38.0-24.7-12.4 G前追 S ↑
最終追い切りのは素晴らしい動き。自己ベストに0.2秒差に迫る内容で、終いの切れは今までで1番良かった気がする。長く良い脚を使うタイプだが、追われたのはラスト100m辺りから。それでいて、併走馬を楽に突き放したし、状態はすごく良さそう。3歳時に出走した青竜Sで騎乗したM.デムーロ騎手がマイルは少し短いと言っていたのが気掛かりな点だが、その時とは別馬だし、消耗戦になればなるほど良いタイプな気がする。前走はゴールドドリーム を負かしているわけだし、馬券には組み込みたいと感じる1頭。(72.5)

クインズサターン 栗東 坂路 良
単走 52.9-39.0-25.3-12.4 馬也 S ↑
最終追い切りは素晴らしい動き。前走より全体時計は掛かったが、ラストの切れは前走以上。前走はかなり追っていたが、今回は馬也で前走の最終追い切りと同等かそれ以上の切れを見せた。近走は安定感が出て来たし、ここでも善戦して来ても不思議ないと感じる。展開が向けば一発あるだろうし、人気しない今回は、最終追い切りの動きからも馬券に入れたい1頭。(66.6)

ゴールドドリーム 栗東 坂路 良
単走 52.1-37.3-24.0-12.0 馬也 A+
最終追い切りの内容はかなり良いが、昨年の中間の内容と比べると若干見劣った。決して悪いわけではないし、かなり高いレベルでの比較だが、昨年の方が仕上がりは良く映るし、今年はローテーションが昨年と異なる点も不安。とはいえ、この舞台に適性がある事は確かだし、2年連続でかなり良い競馬をしているので、馬券には入れないといけない1頭になりそう。(74.5)

サクセスエナジー 栗東 坂路 良
2頭併入 50.6-36.9-24.0-12.0 G前追 A
最終追い切りは悪くない動き。追われている割に反応はイマイチだったが、時計も優秀だし、出来は良さそう。ただ、距離が延びて良いタイプとは思えないし、メンバーレベルも一気に上がる今回はさすがに厳しいと感じる。調教も動くタイプだし、これくらいは動ける馬なので過度に評価はしない。自分の競馬でどこまで。(47.0)

サンライズソア 栗東 坂路 良
単走 55.9-39.4-25.0-12.1 G前追 A+
最終追い切りは終い重点もかなり良い動き。2週前、1週前と濃い内容を消化しているので、最終追い切りは終い重点で十分。追われてからの反応は良かったし、前走から引き続き控える競馬をすると言っている今回は、もう一味違った一面が見られそうな予感。前走も控える競馬がハマったし、重賞2着の経験がある舞台で、好走に期待出来そうな1頭。穴ならなおさら期待したい。(70.5)

スポンサードリンク

サンライズノヴァ 栗東 坂路 良
2頭併先 50.8-37.4-24.7-12.6 強め A
最終追い切りは悪くない動き。前走がかなり仕上がっていたように感じただけに、あの負け方は残念だったが、どうやらパサパサの馬場がダメだったらしい。今回は当日の馬場が鍵を握りそうだと感じる。しっかり追われた割に反応は微妙だったが、調教であまり良く見せるタイプではないので、これくらいで十分。展開がハマるようなら怖いが、今回は後ろから行く同型が多いので、この馬の出番があるのかは疑問。抑えまでか。(54.9)

メイショウウタゲ 栗東 坂路 良
単走 55.2-40.5-26.0-12.7 馬也 A
最終追い切りは前走と同じくらいの内容。軽快な動きで年齢的な衰えは感じない。8歳でも3走前にGlで3着と好走出来ているし、一発の怖さはある馬。ムラがあるし、走りどころがわからないのが買いづらい点ではあるが、かなり人気薄になると思うので、抑えくらいには入れても良さそう。(49.0)

モーニン 栗東 坂路 良
単走 50.2-36.2-23.6-11.9 強め A
最終追い切りはしっかり負荷をかけられ時計も上々。とはいえ、しっかり追われる割に反応はイマイチだったし、調教は動くタイプなので過度な評価は与えない。最近はスプリント色が強い気がするし、フェブラリーSを勝った年もレコードが出るほどの脚抜きの良い馬場。今の馬場は不向きな気がするし、スピードを存分に生かせない感じもする。当日の馬場次第だが、重たい印は打ちにくいイメージ。(56.8)

ユラノト 栗東 坂路 良
単走 51.4-37.2-24.2-12.1 G前追 A+
最終追い切りは良い動きを披露。最近では状態が1番良い気もするし、距離が延びても良さそうなので、人気薄なら面白い存在になりそう。乗り替わりは不安だが、上手く立ち回れば善戦可能に感じる。(62.7)

ワンダーリーデル 栗東 坂路 良
単走 53.0-38.1-24.7-12.3 G前追 B
最終追い切りはまずまずの走り。左にもたれる面が目立ったし、他の馬の比べると動きも能力も見劣る。ここへの適性も感じないし、さすがに印は回らない感じ。調教も動くタイプだと認識しているし、時計面も動きの方もいつもの同じくらいなので、それといった魅力は感じない。(37.2)

 

【フェブラリーS 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【フェブラリーS 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【フェブラリーS 2019/本命馬】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【対抗・穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【京都記念 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

アクションスター 美浦 南W 稍重 助手
単走 68.9-53.7-39.9-13.5 G前追 B
最終追い切りは平凡な内容。この年齢だし、そう大きくは変わらない。自分の競馬をしてどこまでやれるか。

ハートレー 美浦 南W 稍重 助手
3頭併入 83.6-67.7-52.7-38.4-13.1 G前追 B
しっかりと追われてまずまずの反応を見せた。まだ、本調子という感じではなさそうだが、能力はある馬なので、善戦に期待したい。乗り替わりも魅力だし、距離とコース替わりで変身に期待。

ブラックバゴ 美浦 南W 稍重 助手
単走 51.0-37.5-12.6 強め A+
調教は動くタイプだが、美浦の今の馬場コンディションでこの時計を出せるのは調子の良い証だと思う。今の京都の馬場は合っていると思うし、この馬の競馬になれば馬券内に食い込んできも不思議ないと感じる。人気しないならヒモで抑えたい。

パフォーマプロミス 栗東 CW 稍重 福永
単走 83.5-67.0-52.1-37.9-12.4 馬也 A+
昨年暮れの2戦と比べると今回の仕上がりは劣勢ムードだが、調子は引き続き維持出来ているのかなという感じ。有馬記念はチグハグな内容だったが、京都コースは合うし、巻き返しに期待。

カフジプリンス 栗東 坂路 稍重 坂井瑠
2頭併入 53.6-38.0-24.2-12.1 G前追 A+
17ヶ月のブランクを感じさせない最終追い切りの内容。調教の動きからはしっかり走れる状況にはありそう。しかし、本当に良くなるのはここを叩いてからだとは思うし、休み明けの中、このメンバーでどこまでやれるか。善戦に期待。

ケントオー 栗東 坂路 稍重 助手
単走 54.0-39.1-25.5-12.7 一杯 A
最終追い切りは悪くない動き。前走以上の出来に映るし、昨年のこのレースでは、かなりメンバーの揃った中で上がり3位の脚を使い5着と健闘した。今回は昨年よりメンバーレベルは落ちるし、馬場もこの馬に向きそうな馬場。大穴なら是非抑えたい1頭。

ステイフーリッシュ 栗東 坂路 稍重 藤岡佑
単走 53.8-38.9-25.0-12.3 馬也 A+
最終追い切りは余力十分の良い動きで、脚取りがスムーズでバランスの良い走りが目立った。この舞台は重賞勝ちのある舞台だし、タフな馬場や展開も合ってそう。近走は重賞でも安定して走れているし、ここも好走に期待。

タイムフライヤー 栗東 坂路 稍重 和田
単走 52.5-37.6-24.1-12.1 G前追 A+
最終追い切りは毎度の事良い。調教が良くても結果に伴わないのがこの馬だが、今回の条件は向きそうだと思うし、馬券には入れたい1頭に感じる。

ダンビュライト 栗東 坂路 稍重 松若
2頭併先 52.1-38.2-24.7-12.3 G前追 A
前走も最終追い切りは良かったが、今回も悪くない。前走は仕上げが甘かったらしく、今回の方が上積みには期待出来そう。京都の外回りがどうかと思うが、能力的には善戦出来ても不思議ない。松若騎手に戻って変わり身に期待。

スポンサードリンク

ノーブルマーズ 栗東 坂路 稍重 高倉
単走 54.0-39.5-25.4-12.5 馬也 A+
最終追い切りは凄く良く映った。陣営も近走では1番の出来と言っているし、自分もここは買い時だと感じる。今の京都の馬場状態も歓迎だし、非根幹距離というのもこの馬にはピッタリな条件だと感じるので、出来の良さそうな今回は重たい印を用意するつもり。

マカヒキ 栗東 P 良 助手
単走 89.4-72.6-56.7-41.4-12.7 馬也 B
最終追い切りの内容は平凡に映る。陣営は昨年の札幌記念くらいの出来にあると述べているので、状態は悪くはなさそう。ただ、復調というよりは下降一途の気がするし、重たい印は打ちづらい。

【京都記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【京都記念 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【買いたい3頭は私のブログランキングから!】

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、取れないような馬券も取れることがあります。

調教の他に血統も頭に入れておければ活用できると思いますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも興味のある方はこの本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

【共同通信杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ゲバラ 美浦 南W 稍重 大野
2頭併先 52.7-38.2-12.5 G前追 A+
最終追い切りは良い内容。前走も最終追い切りが良かったので、調教は動くタイプなのかとは思うが、時計の掛かる美浦のWコースでこれだけ終いが切れれば東京でのレースが楽しみ。キャリア1戦でも抑えたいと感じる1頭。

フォッサマグナ 美浦 南W 稍重 杉原
3頭併入 68.0-52.3-38.2-12.4 G前追 S
前走も最終追い切りは良くて本命にしたが、今回もかなり良い動き。仕掛けるまでは併走馬と3馬身くらいの差があったが、軽く追われただけで一瞬で前に取り付き交わし去った。400mの距離延長がどうなのかわからないが、能力的には十分やれていいと見ている。

マードレヴォイス 美浦 南W 稍重 助手
2頭併遅 68.4-52.9-39.2-13.1 G前追 B
最終追い切りはまずまずの内容。追われてからの反応はイマイチだったし、遅れをとった点は不安。能力的にも劣るし、ここは見遅りか。

ダノンキングリー 美浦 南P 良 戸崎
3頭併先 66.3-50.6-36.7-11.7 馬也  A+
最終追い切りは余力たっぷりの素晴らしい動き。前走同様、ポリトラックでの最終追い切りとなったが、今回の方が時計も切れも良く映った。仕上がりは今回の方が良いと思うし、初重賞でも2戦2勝と底を見せていないので、期待は大きい。200mの距離延長が唯一の不安と陣営も述べているので、その点だけがやや心配。

クラージュゲリエ 栗東 CW 稍重 水口
2頭併先 84.2-67.7-53.2-39.2-11.8 G前追 A
最終追い切りは良い内容。追ってからの反応は思ったほどではなかったが、それでもしっかり併走馬に先着出来たのは良い。東京の瞬発力勝負よりも長くジリジリと伸びる脚を使うレースが向いていると思うが、まだ東京で走ったことがないので、未知な魅力はある。ただ、陣営も輸送競馬をダービーまでに試したかったと言っているし、ダービーを指標とした試金石の1戦ともみているので、頭からは買いづらい感じ。

アドマイヤマーズ 栗東 坂路 稍重 助手
単走 54.3-40.2-26.8-13.0 馬也 B
最終追い切りはまずまず。前哨戦だし、最終追い切りはサラッとやる程度。本数は多いものの、前走と比べるとここはソフトな仕上げに映る。とは言っても能力で十分カバー出来る器は持っているし、侮るのは禁物か。距離延長と輸送競馬ということで、過剰に人気するなら相手として買っても面白い。

スポンサードリンク

地 ナイママ 川崎 ダート 稍重 助手
単走 62.7-49.7-37.9 一杯 B
最終追い切りはイマイチに映る。長目から追われたが、終いは脚が上がっていたように見えたし、前走の方が仕上がりは良く見えた。このメンバーにどこまでやれるか。

【共同通信杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【共同通信杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【買いたい3頭は私のブログランキングから!】

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、取れないような馬券も取れることがあります。

調教の他に血統も頭に入れておければ活用できると思いますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも興味のある方はこの本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

【クイーンC 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

カレンブーケドール 美浦 南W 稍重 助手
2頭併入 84.8-68.3-52.9-39.2-13.3 G前追 A
最終追い切りはまずまずの内容。追われてからの反応は微妙だったが、中間の内容は良いので評価はしたい。ただ、調教でも舌を出して幼い面が出ているので、それがレースで悪い方に出なければ。人気しなければ買いたい1頭。

マジックリアリズム 美浦 南W 稍重 F.ミナリク
2頭併入 54.8-39.8-12.7 強め A
最終追い切りは悪くない内容。併走馬に手応えで若干劣勢だったが、脚元の悪い時計の掛かる美浦のWコースでラスト12.7の伸びは上々。それが直線の長い東京コースで生きれば面白いし、休み明けでも悪くない状態にありそう。

ミディオーサ 美浦 南W 稍重
2頭併入 54.2-39.7-13.6 馬也 B
最終追い切りはイマイチ。併走馬よりも手応えは劣っていたように映ったし、能力的にも足りない気がする。現状でどこまでやれるか。

レッドベルディエス 美浦 南W 稍重 F.ブロンデル
2頭併先 69.4-53.3-38.7-13.4 G前追 A
最終追い切りは良さげ。追われると一瞬で併走馬との差を広げたし、出来は良さそう。前走の勝ちっぷりは良かったし、同舞台で善戦に期待。乗り代わりは不安だが、馬券内ならあってもいい。

マドラスチェック 美浦 坂路 稍重 大野
2頭併先 53.8-38.9-24.8-12.2 馬也 A+
最終追い切りの動きは凄く良い。中間の内容もメンバー中、1番良かったし、仕上がりの面で言うと1番とみている。クラシックに向けて賞金も加算したいだろうし、ここは他馬との本気度が違うなと感じる。実績馬との力量関係は未知だが、仕上がり度でそこが逆転する可能性も視野に。

ミリオンドリームズ 美浦 坂路 稍重 木幡育
2頭併入 56.3-40.4-26.0-12.4 G前追 B
最終追い切りは平凡。かなりの本数をこなしてきている割に、イマイチ動きがパッとしてこない感じ。手応えも併走馬の方が良く映ったし、ひと叩きされてからの方が良さそう。鞍上が不気味だが、そこで人気するようなら軽視したい1頭。

スポンサードリンク

ジョディー 美浦 南P 良 武藤
2頭併先 86.0-69.2-54.1-39.8-12.3 馬也 B
調教は動くタイプなので、過剰に評価しないようにしたい。東京マイルで勝ちがあるが、これは展開に恵まれた感があるし、相手関係もレベルが低かった気もする。今回もマイペースでどこまでやれるか。大穴からヒモまで。

クロノジェネシス 栗東 CW 稍重 北村友
2頭併先 86.3-70.0-54.5-39.8-12.1 馬也 A+
最終追い切りはかなり良い。最終追い切りは前走と同じくらい良く映ったし、桜花賞に向けた前哨戦には違いないが、その動きからは力を出せるように感じた。これだけ動けていれば能力で十分にカバー出来ると思うし、この相手ならば堅軸になり得る。前走は負けて強しのレベルの高いパフォーマンスを見せたし、ここでも当然勝ち負けに期待。

ビーチサンバ 栗東 坂路 稍重 助手
単走 56.1-40.4-25.9-12.2 G前追 A+
最終追い切りは良く映った。時計は平凡でも前走くらい動けているし、稍重でも終いの伸びは良い。中間の本数からもクロノジェネシスよりも本気度は高そう。この舞台では2着があるわけだし、前走もGlで3着。重賞を勝てる器があると思うし、舞台変わりでもう一押しに期待。

【クイーンC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【買いたい3頭は私のブログランキングから!】

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

スポンサードリンク

【東京新聞杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ゴールドサーベラス 美浦 南W 良 助手
2頭併先 54.5-39.7-13.3 G前追 A
最終追い切りはこの馬なりに良い動き。追われてからの反応も良いし、このひと追いで態勢は整ったと思う。コース適性はイマイチだが、展開がハマれば。

ショウナンアンセム 美浦 南W 良 F.ミナリク
単走 83.5-67.4-53.2-40.3-13.7 G前追 A
最終追い切りは悪くない動き。この馬なりにはしっかり走れているし、伸びやかなフォームでスピード感も感じられた。今回はマイペースで行ければ面白いと思うし、大穴なら馬券に入れても。

ストーミーシー 美浦 南W 良 杉原
3頭併先 69.2-52.7-39.2-13.2 一杯 B
一杯に追われて何とか先着。最近は馬体が絞り切れないらしく、ラストの切れも全盛期ほどには映らない。それは調教からもそう映るし、ここは見送りたいイメージ。

ヤングマンパワー 美浦 南W 良 F.ブロンデル
3頭併遅 70.6-55.0-40.6-13.0 一杯 B
中間の内容は良さげだったが、最終追い切りはかなり反応が鈍い動きに。最終追い切りを見る限りは印は打ちにくいし、善戦までか。

ロードクエスト 美浦 南W 良 三浦
3頭併先 55.2-40.8-13.0 馬也 A
最終追い切りも悪くないし、近走は調教でも動けるようになっている。過去3戦と比べると出来落ち感は否めないが、東京のマイルは良いと思うし、善戦は可能か。

レアリスタ 美浦 南W 良 助手
単走 53.4-38.7-12.7 馬也 A+
最終追い切りは馬の行きっぷりが良すぎるほどだが、動きはすごく良い。リフレッシュ放牧に出されて状態は良さそう。最終追い切りを見る限りしっかり動けているし、東京コースも得意な馬なので侮れない存在になりそう。人気薄なら抑えたい1頭。

サトノアレス 美浦 坂路 良 助手
単走 51.8-37.8-24.7-12.3 G前追 A+
最終追い切りは軽快な脚取りで良い動き。前走の方が若干良くも映るが、今回も決して悪くない動き。前走の敗因は出負けや気難しさが原因なのか、今回はその面を乗り替わりで制御出来るかが鍵。舞台設定は悪くないので馬券には入れたい。

タワーオブロンドン 美浦 坂路 良 杉原
単走 52.0-37.9-25.0-12.7 馬也 S ↑
最終追い切りは軽快かつ迫力のある動き。前進姿勢が凄いし、体調は前走の休み明けより断然良いと見ている。C.ルメール騎手が数いるお手馬の中からこの馬を選んだところも好印象だし、このメンバーなら好勝負可能に感じる。

テトラドラクマ 美浦 坂路 良 助手
単走 53.7-38.5-24.9-12.4 G前追 A+
調教は動くタイプだが、最終追い切りは良い動き。前走をひと叩きされて状態は上向いている印象だし、この舞台も悪くない。牡馬混合であっさり負けるイメージもあるが、自分の競馬に徹すれば。

レイエンダ 美浦 坂路 良 北村宏
単走 52.0-37.7-24.8-12.6 馬也 A
最終追い切りの動きは悪くない。初のマイルや乗り替わりが懸念材料だが、こなせれば善戦も可能かC.ルメール騎手が蹴ったということで頭からは買いづらいが、抑えなら。

スポンサードリンク

ジャンダルム 栗東 CW 良 武豊
2頭併遅 83.9-67.8-52.7-38.1-11.8 G前追 A
この馬は調教で良く動くが、今回はそれほどダイナミックな走りには映らなかった。併せた3歳のダノンチェイサーに劣勢だったし、この馬にしては微妙な内容。良い時はもっと鋭い反応を見せるし、それと比べると見劣る印象。ただ、中間の内容は凄く良いので最終追い切りだけで侮るのは危険か。マイル3戦目で変われば。

インディチャンプ 栗東 坂路 良 助手
2頭併先 50.3-36.8-24.4-12.5 G前追 A+
最終追い切りは良い動き。追われると俊敏に反応し、併走馬を圧倒。1週前追い切りでもハイレベルな併せ馬を消化しているし、出来は良いように感じる。福永騎手も今年はGlにいけるだけの馬と言っているし、Glllなら十分通用しそう。

リライアブルエース 栗東 坂路 良 坂井瑠
単走 52.9-37.8-24.4-12.2 G前追 A
最終追い切りはいつも通り良い動き。飛びの大きいダイナミックな走りだし、この馬なりに順調そう。この時期は絞り切れない面があるので、しっかり当日に絞れていれば馬券に入れたい。フォームからも広いコースは合っているし、直線の長いコースも歓迎。

レッドオルガ 栗東 坂路 良 助手
単走 54.6-39.6-25.2-12.3 G前追 A
最終追い切りの動きは悪くない。もうワンパンチ足りない気もするが、状態は悪くなさそう。東京コースは相性が良いし、善戦に期待。

ロジクライ 栗東 坂路 良 松田
2頭併先 53.3-38.3-24.6-12.3 馬也 A
調教の動きは毎度の事良いが、かなり良く映った昨年暮れの出来にはなさそう。それでも今回の中間も調教では良く動いているし、状態面は引き続き良さそう。こちらも乗り替わりが不安だが、同舞台の富士Sで勝利しているし、適性は感じる。極端な決め脚勝負にならなければ。今回は後ろから来る馬が強力なので、前目でいかに余力を残して運べるか。

【東京新聞杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【東京新聞杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補は私のブログランキングから!】

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

スポンサードリンク