【京成杯 2019/本命馬】

スポンサードリンク

◎シークレットラン
中山適性バッチリのこの馬を本命に。中山のトリッキーなコースが初めての馬が多い中で2度も勝利経験があるのは好材料だと感じる。新馬戦こそ瞬発力勝負で能力を出し切れなかったが、その後は中山2000mで連勝し、前走は葉牡丹賞でスタート直後で挟まれる不利がありながら2歳日本レコードを叩き出した。それはレイデオロ、ジェネラーレウーノ等よりも優秀な走破時計。それも馬体を+12kg→+10kgと増やしながら好走し続けている点はかなりの成長や伸び代も伺える。中間の内容もかなり良いし、時計の掛かっている美浦の南Wで切れのある動きも披露している。最終追い切りも終い重点でエンジンを吹かす程度だったが、ロングスパートを得意とする馬なので、レースに行ってこそ動きの良さが際立つタイプだと思う。また、この馬と鞍上のレースぶりを見るとゴールドシップを見ているかのような気持ちにもなる。道中で自らまくり上げていける自在性も兼ね備えているので、ペースが極端に遅ければ自分から動けるし、流れるならじっくり構えられるのは強みとなる。今回は12頭立てということで縦長にはなりにくいと思うし、ペースも落ち着きそうなメンバー。例え後方でも前を射程圏に入れて競馬が出来ると思うし、メンバーを見渡す限り能力は上位。ここを勝ち切り中山巧者としてクラシック第1弾に挑みたい。

スポンサードリンク

 

【京成杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【京成杯 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【日経新春杯 2019/本命馬】

スポンサードリンク

◎サラス
今回は混戦ムードで抜けた馬がいない中、どの馬にも不安要素があり、消去法で浮上したこの馬を本命に。まず魅力に感じたのが斤量。49.0kgで出走出来るのはかなりの魅力と感じた。また、2走前にパリンジェネシスという馬を抑えて1着を取ったが、そのパリンジェネシスはムイトオブリガードと1着同着と好勝負を演じたことのある馬。だとしたら斤量差だけでもこの能力差がひっくり返ることも考えられる。それに加えて今の京都の馬場もサラスに味方するのではないかと感じる。前走は阪神開催2週目の馬場で馬場状態が良かった分、終いは前に行くシュペルミエール等が止まらない状況だった。しかし、今開催の京都の馬場は昨年の開催に続き非常にタフな馬場で上がりの掛かる馬場。それでいて上がりは上位の馬が馬券になっていることからもこの馬にピッタリだと思うし、明け4歳馬ということもあり、成長一途の今、このメンバーで様々な面で恵まれた印象を受けるし、立ち回り次第では十分にやれる馬だと思っている。松若騎手が続けて乗るのも非常に魅力的だし、血統背景を見る限り、この舞台設定も申し分ない印象を受ける。この中間の内容も悪くないし、最終追い切りの映像は見られなかったが、栗東坂路でラスト1F12.0を馬也でマーク出来ているし、この馬史上1番の出来に感じる。終い重点はいつも通りだし、この馬らしい調整過程を踏めていて、なおかつ状態や成長が右肩上がりというイメージ。少し思い切った本命馬になったが、メンバーレベルや他馬にも不安要素があるので、この馬でも十分にやれると感じている。

スポンサードリンク

 

【日経新春杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【日経新春杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【日経新春杯 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【フェアリーS 2019/本命馬】

スポンサードリンク

◎アクアミラビリス
抽選前から本命と決まっていたが、有力馬が抽選に漏れ、個人的に堅軸となったこの馬を本命に。まだキャリア1戦で未知な部分が多いが、1番の決め手となったのは新馬戦でアクアミラビリスに次ぐ2着だったスイートセント騎乗のC.ルメール騎手のコメントだ。勝ち馬が強すぎたとアクアミラビリスの事を評していて、かなり良い馬ということを再認識。M.デムーロ騎手も半姉のクイーンズリングに凄く似ていてビックリと述べていて、早くも名牝である姉の片鱗を感じさせている。その新馬戦は2番手からノーステッキで楽々1着。時計が平凡だが、これはペースの問題であって流れれば普通に追走が出来ていたと思う。スタートでワンテンポ出遅れて、出していっても引っかからなかったし、折り合い面も心配ない。出遅れて最初で脚を使ってもラストは脚を余してたくらいだったし、何ならしっかり追えば更に伸びたと思っている。今回は有力どころが抽選で漏れて人気が集まりそうだが、逆らいたくないと感じさせる能力の持ち主。他を見渡してもメンバーレベルはそこまで高くないし、関西圏からわざわざ輸送をし関東圏へレースをしに来るということは、それなりの自信があって賞金加算をしに来ていると思う。スタートさえ五分に出てくれれば、かなり良い競馬をしてくれると思ってるし、M.デムーロ騎手には2019年重賞初勝利をここで決めてもらいたい。

スポンサードリンク

 

【フェアリーS 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【フェアリーS 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【シンザン記念 2019/本命馬】

スポンサードリンク

◎ヴァルディゼール
今回、馬場や展開の恩恵を1番受けれそうなこの馬を本命に。この馬自身、デビュー戦は鮮やかな先行押し切りでの勝利。2戦目も先行するとなると同型が少ない今回はかなり優位にレースを進められるのではないかと感じている。運も良い事に両サイドは追い込みの馬で、ハッピーアワーには出遅れ癖もあることから、スムーズに先手を主張出来そうな枠の並び。外から競りかけられなければハナを主張しても良さそうなメンバー構成だし、とにかくマイペースでレースを運べそうな点は好材料。メイクデビューは京都1600mの内回りでエンジンの掛かりが悪かったらしいが、外回りに変わることでその心配もないし、むしろ良い方へ転がりそう。最終追い切りも、追われてから脚の回転がとても良く映ったし、反応も上々。1度使われて馬も変わってくると思うし、更なる上積みにも期待出来る。鞍上も続けて北村友一騎手が跨るし、特に不安な材料もない。少頭数だし、メンバーも手薄だと思うので、スムーズに自分の競馬さえ出来れば、キャリア2戦目の重賞で好走しても不思議ないと感じている。

 

【シンザン記念 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

スポンサードリンク

【シンザン記念 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【京都金杯 2019/本命馬】

スポンサードリンク

◎カツジ
全兄と同じく、古馬になってからの成長に期待が持てるこの馬を本命に。この馬自体、3歳から重賞で好走を果たしているが、これからがこの馬の本当の素質開花だと思っている。前走のマイルCSではその片鱗を見せたというか、今までで1番強い競馬をしたと感じている。上位3頭は内枠の3頭で、内をロスなく前目で運べたのが好走要因。この馬自身も8枠ながら松山騎手の好騎乗で上がり最速の4着と大健闘。前が止まらない中で良く差し込んで来たと思う。枠と位置取りの差が全てであって、そこ次第では、あわよくば頭まであったレースだったとみている。それくらい京都外回りのマイルに適性があるということだろうし、それと同時に本格化の気配も感じた。マイルCSの時は最終追い切りでかなり良い動きだったが、それはオーバーワークだった可能性もあっらしく、今回は負荷をかけ過ぎず馬のテンションに気を使いながら調整が進められている。普段よりリラックスして出走出来れば更なる良い動きに期待も出来そう。とはいえ、軽過ぎる調整という訳でもなく、絶妙な調整がなされていると思う。年末年始を挟み、本追い切りの後も1本追い切ったが、終いの脚を確かめる程度の調整。馬也で軽快かつ迫力もある走りを披露したし、仕上がりはマイルCSの状態を維持出来ている印象を受ける。最強4歳世代だし、期待は膨らむばかりだし、年始1発目で重賞2勝目を飾って欲しい。

スポンサードリンク

 

【京都金杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【京都金杯 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【中山金杯 2019/本命馬】

スポンサードリンク

◎タイムフライヤー
良い頃の走りに徐々に戻りつつあるこの馬を本命に。ホープフルS以降はこの馬らしくない走りが続いたが、夏が明けてからの2戦は負けて強しの好内容だったと感じている。神戸新聞杯は上位に来た馬達は600m付近からしっかり追い出しを開始出来ていたが、この馬は不運なことに、前にメイショウテッコン、横にビッグスモーキーと蓋をされる形になり、まともに追えたのは残り400m付近から。その時には後続の脚にエンジンが点火し、飲まれてしまう形になってしまった。続く菊花賞は折り合いに専念して終いは一瞬だが突き抜けるかというシーンもあった程、見せ場は十分だった。しかし、レースぶりを見る限りは距離が長かったと思うし、この距離短縮は良い方に出ると思っている。菊花賞でしっかりと折り合えたのだから、和田騎手が続けて乗ることもあるし、折り合い面はあまり気にしなくても良さそう。中山の2000mはホープフルSでかなり強い競馬をしているし、舞台設定は申し分ない。2歳でGlを制したが、私はこの馬が良くなるのはこれからかなと思っているくらい。この中間も山元トレセンに放牧され、放牧先でもしっかり乗り込まれて引き締まった体で入厩した模様。帰厩してからも栗東トレセンでもしっかりと負荷がかけられているのはかなりの好印象。しっかりやっているのに馬体重は増えているし、これは成長分と言って良さそう。得意な舞台、そして本格化した今なら好走する可能性は十分にありそう。

スポンサードリンク

 

【中山金杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【中山金杯 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

【新馬戦 2018(12月28日)/本命馬】

スポンサードリンク

【12月28日(金)】

阪神4R MD阪神 D1800m 11:35~
◎スマートフルーレ

中山5R MD中山 芝2000m 12:10~
◎ライル

阪神5R MD阪神 芝2000m 12:25~
◎ディスモーメント

中山6R MD中山 D1200m 12:40~
◎シゲルアパライト

 

【新馬戦 2018(12月28日)/最終追い切り考察】はこちらをクリック

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

スポンサードリンク

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【ホープフルS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎サートゥルナーリア
過去2戦M.デムーロ騎手が50%の力も出していないという怪物候補を本命に。他のメンバーを見渡す限り、この馬含めて骨っぽいのが2~3頭しか見当たらず、Glにしては相手にも恵まれた印象を受ける。過去2戦のレース内容やレベルが懸念材料として指摘されているが、私は問答無用と考えている。緩い流れから終いの脚を重視した単調なレースが続いているが、むしろこの馬自体も過去2戦のレース内容は窮屈に感じていたと思っている。元々持つスピードが高いレベルにあるので、緩い流れで行きっぷりが良すぎて、引っ掛かって体力を消耗した可能性があるからだ。過去のレースをみても、Sペースで馬のスピードを殺すシーンが何度かあったし、スピードを持て余している感じがした。中間でもWコースで楽な手応えでラスト1F11.2という驚異的な時計を出したし、坂路でも馬也でかなりスピード感ある走りを披露しているように、元々持つスピードが他馬とは違う気がする。そのためペースは流れた方が良いし、スピードのギアが何段階かあるこの馬からしたら、ペースアップが激しい中山コースはむしろ歓迎だと感じる。コーナー4つで息も入れれると思うし、過去2戦よりもスムーズに競馬が出来るのではないかと感じている。今回はGlで過去2戦よりもペースも速くなると思うし、この馬のスピードを殺すことなく、マイペースでレースが出来そう。少頭数しか経験していないのも懸念材料として挙げられているが、これも問題はないと感じている。内に閉じ込められ行きたがる面を見せても、鞍上が手綱を絞り、しっかり我慢が効いていたし、道中出入りのあるレースでもしっかりと自分のレースが出来ていた。直線も狭い内を割ってくるなど、少頭数ながら良いレースをしてきたと思っている。頭数が増えた今回でも枠の並びを見る限り、隊列はすんなり決まりそうだし、スタートが良いので内の好位で競馬が出来るとみている。Glにしたら13頭立ては少頭数の部類に入ると思うし、レースはかなりしやすいと思う。お兄さん達と比べても操縦性はかなり良いらしく、折り合いもしっかりつくところは、かなり強みになると感じている。新馬戦よりも2戦目の萩Sでパフォーマンスをグッと上げたように、使う毎に良くなっているのは言うまでもない。前走2着のジャミールフエルテ騎乗のC.ルメール騎手も「自分の馬もかなり良い走りをしたが、勝ち馬がそれよりも、もっと伸びた。勝ち馬が強すぎた。」と評している辺りも好材料。それでいて50%の力しか出していないなら、100%出したらどうなってしまうのか。今回は更なるパフォーマンスの上昇を見込めるし、デビューからパートナーを組むM.デムーロ騎手が続けて手綱を取るのも好印象。中竹厩舎(角居厩舎)で最高傑作のウォッカ級と評されているだけに期待は膨らむし、ホープフルSが今年最後の中央重賞。それもGlなので、しっかりと的中させて新年を迎えたい。

スポンサードリンク

 

【ホープフルS 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【ホープフルS 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【ホープフルS 2018/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【新馬戦 2018(12月28日)/最終追い切り考察】

スポンサードリンク

【12月28日(金) 中山 5R 2000m】

エレガントクラウン 美浦 南W 良
3頭併遅 52.9-38.3-13.3 馬也 B
併走馬に遅れはしたが、馬也だったし、追えば反応しそうな印象を受けた。動きは悪くないし、初戦から善戦も。

グランヴィスタ 美浦 南W 良
単走 55.7-41.7-13.8 馬也 B
馬也でも余力のある動き。時計はパッとしないが、初戦から力は出せそうな印象。初戦から善戦も。

ライル 美浦 南W 良
2頭併先 69.1-54.3-39.1-12.9 G前追 A+
軽く仕掛けられるとしっかりと反応。併走馬より手応えも良かったし、動きも軽快だった。初戦から勝ち負けに期待出来そうな動き。

【12月28日(金) 中山 6R D1200m】

テンフライト 美浦 南W 良
単走 53.0-39.5-14.2 G前追 B
走りが若干硬く映るが、スピード感は感じられる。初戦から善戦も。

ソルヴィクトリア 美浦 坂路 良
2頭併遅 54.5-39.6-26.0-13.0 G前追 B
併走馬に遅れはしたが、動き自体は悪くない。初戦から善戦も。

【12月28日(金) 阪神 5R 2000m】

ディード 栗東 CW 良
2頭併遅 81.5-67.1-53.2-39.9-13.7 G前追 C
しっかり追われるも反応面はイマイチ。時計は悪くないが、動きはまだ重たく映る。善戦までか。

スポンサードリンク

ディスモーメント 栗東 坂路 良
2頭併入 53.4-38.9-25.4-12.6 馬也 A+
馬也でも一杯に追う併走馬に抜かれない勝負根性を見せる。動きはかなり良いし、初戦から好勝負に期待したい。

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【有馬記念 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎キセキ
今回は調教重視というよりは適性重視ということでジャパンCに続きこの馬を本命に推したい。調教が悪かったから適性重視にした訳ではなく、この馬の場合、秋4戦目ということで今回の調整過程はそこまで指標になり得ないと感じたため。この馬の秋のレースを見る限り、先行策を取り入れ、走りも馬体も本格化したことは間違いない。陣営も走りに体が追いついたと言っているし、春までとは別馬。個人的にフォームが凄くルーラーシップに似ていて、レースぶりはキタサンブラックのようだと、ジャパンCでは特に感じた。ルーラーシップは有馬記念で大きく出遅れながら3着と好走した歴を持ち、母父のディープインパクトも有馬記念を制しているように、この舞台に適性があるとみている。なぜ秋4戦目で本命に推すかといえば、陣営が疲労の回復はとても早く、天皇賞(秋)の後よりも良い状態と述べていたから。そもそも目に見える疲労があるなら回避すると思うし、出てくるからには走れる状態にあるとの判断に至ったからだと思う。この中間も他のジャパンC組よりも多く乗り込めているし、そういったところからも元気な証が伺える。ならば本命にせざるを得ないというか、ジャパンCのあのレースを見せ付けられ、それよりも大幅に状態が下がっておらず、疲労も心配ないと言うならば本命かなと言う感じ。もちろん終わってから疲労が残ってたなんて事もあるかもわからないが、追い切りの動きや調整過程を見る限り、1週前、最終追い切りと、やり過ぎず、やらなさ過ぎずの普段通りのキセキの調整が出来ていたと感じている。4戦目ということでそんなにガツガツやらなくても良いし、むしろこれだけやれていれば十分かなという判断。秋は毎日王冠から距離延長でパフォーマンスを上げ続けているように、今回も100mの延長と言うことで更にパフォーマンスを上げてくる可能性もあると感じる。この馬自体、あの泥まみれの菊花賞を外を周り続けて勝っているように、非常にタフでスタミナのある馬。ジャパンCは前走から400mの距離延長でパフォーマンスを上げてくると感じていたし、今回もそれは同様。天皇賞(秋)ではレイデオロに切れ負けしたが、中山に舞台を移し、2500mともなれば、瞬発力よりかは持久力勝負になると思うし、そこの力量関係が逆転することは容易だと感じる。川田騎手もレースを組み立てるようなことを言及していたし、おそらくこの枠やメンバーからも先手を主張すると思う。ハナを切るようなら後ろに脚を溜めさせないように逃げていくと思うし、番手での競馬ならスタミナを存分に生かした競馬をしてくると思う。とにかくジャパンCに似たようなレースをすれば馬券に絡んでくる1頭だと感じている。春に有馬記念と同舞台の日経賞では大敗を喫したが、このレースでは折り合いを欠いたし、本格化する前ということで、完全に度外視できる。むしろ個人的には中山のトリッキーなコースは向いていると思っている。小回りで直線は短いので十分に押し切れると思うし、枠順も7枠14番と外目に入ったが、先行するタイプの馬なのであまり気にしなくて良さそう。有馬記念自体、前目で競馬が出来るのは有利な傾向があるし、本格化した今なら、後続にも簡単に抜かされはしないとみている。ジャパンCもアーモンドアイ以外とは、ほぼ脚色が一緒。つまり、あのペースで逃げてもアーモンドアイ以外の後続と同じような脚を繰り出しているのだから本当に恐ろしい。今回も外枠から好発進を決め、この馬のラップを刻めば自ずと結果は良い方へ転がると信じているし、今年最後の大舞台で惜敗続きにピリオドを打ちたい。川田騎手にも日本人ジョッキーの意地を見せて欲しいし、アッと言わせる好騎乗に期待している。

スポンサードリンク

 

【有馬記念 2018/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

【有馬記念 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【有馬記念 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【有馬記念 2018/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク