【東スポ2歳S 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎カテドラル
ここ2戦、かなりハイレベルなメンバーに勝利し、未だ無敗のこの馬を本命に。新馬戦は前評判の高かったメンバーを相手に完勝。未勝利で負かしたブラヴァスやトーセンカンビーナはすぐに未勝利を抜け出している点からも、レベルが高かったことは間違いなさそう。続く2戦目もダントツの1番人気ヴェロックスを封じ込め2連勝を飾った。前走は最終追い切りをしっかりやった程度で、中間の内容は平凡だったことから、目一の仕上げだったとは思えない。馬体重もヴェロックスは-4kgで臨んで来たのに対し、カテドラルは+10kgと数値からも余裕残し+成長分と言うことが確認できる。今回は中間からかなり良い内容をこなしている印象を受けるし、最終追い切りは坂路で軽快かつ豪快な走りを披露。Wコース、坂路コース問わず、良い動きを披露できるのは器用さも伺えて好印象だし、仕上がりは上向いている印象で状態は右肩上がり。先週は東京の芝のレースでヴァーミリアン産駒が1着になるなど、力の要る馬場になってきているように感じた。その点で半兄にジェベルムーサを持つこの馬は今の馬場は合うのではないかと感じる。今回はハナを主張しそうな馬が1~2頭いるので、その後ろの好位で競馬を進めれば、直線で楽に抜け出してもおかしくない。ワグネリアンと同じローテーションで一気に来年のクラシックへ名乗りを上げたい。

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

中央競馬ランキング

スポンサードリンク

【エリザベス女王杯 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎モズカッチャン
昨年の覇者でこのレース連覇のかかるこの馬を本命に。最終追い切りの前までは正直仕上がりに不安があって、1週前追い切りの動きも重たく映ったのが本音。しかし、最終追い切りは調教駆けしないタイプのこの馬にしては、かなり良い動きを披露した。ほとんど馬也で併走馬を圧倒したし、追えばかなり伸びそうな雰囲気があったので、この追い切りで軸にする決心がついた感じ。熱発で府中牝馬Sを回避して、ローテーションに不安の声があがっているものの、陣営から不安の声は聞こえてこない。この中間も坂路でかなりの本数をこなしているし、1度使えなかったからといって悲観する必要はなさそう。3歳時は叩き良化型のイメージがあったが、今年の札幌記念は海外帰りの休み明けでもかなり良いパフォーマンスを披露した。4着以降は差が広がっていたし、2着にはダービー馬マカヒキ、1着のサングレーザーは後の天皇賞(秋)で2着とかなりハイレベルなレースだったと感じる。8枠15番でスタートもあまり良くなく、後方からの競馬を余儀なくされたが、いつもの先行から抜け出す形とは打って変わって、豪快な追い込みでも能力を出せたことは大きな収穫。年齢を重ね、ズブくなっているらしいが、京都の外回りなら下り坂を利用してスムーズにギアチェンジが可能。枠も4枠7番と良い枠に入ったし、好スタートを切れれば前目で昨年のような競馬をすれば良いし、遅れたなら焦らず後方で脚をためて、前走のような競馬をすれば良いだけ。鞍上のM.デムーロ騎手はGl勝利から遠ざかっていて、かなり勝利に飢えているはず。ゲートを出たら、あとは名手に託すのみ。ここでC.ルメール騎手のGl連勝記録を止めるとともに、モズカッチャンの同レース2連覇とM.デムーロ騎手自身久々のGl制覇を。

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

中央競馬ランキング

スポンサードリンク

【福島記念 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎エアアンセム
前走がかなり良い競馬をしたこの馬を本命に。前走は後の天皇賞(秋)の覇者、レイデオロに迫る勢いで伸びてきたが、最後は失速しての4着。ただ、レイデオロより外を回したし、この馬自身2200mは若干長かった印象。ただ、他にもアルアインやダンビュライトなど、一流が揃っていた中でこの結果なら十分過ぎる内容。2000mの小回りコースは得意舞台だし、このメンバーならあっさり勝ってもおかしくないと感じる。追い切りも時計の掛かっている栗東坂路を馬也で軽快な動きを披露したし、状態面は好調を維持出来ている印象。枠も1枠1番とロスなく立ち回れるのも好材料。メンバーを見る限りペースもかなり流れそうだし、福島は時計が出ているので、高速決着にも対応可能で、早仕掛けになる可能性もある今回はこの馬自身の自在性も強みになると感じている。田辺騎手が上手くエスコートしてくれれば、かなり良い競馬になるのではないかと期待している。

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

中央競馬ランキング

スポンサードリンク

【武蔵野S 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎ウェスタールンド
前走で負けて強しの競馬をしたこの馬を本命に。シリウスSは最後に内から鋭い脚で伸びてきて、更に外へ進路を取り直してクビ差の2着。勝ち馬と3着馬は、後のJBCクラシックで好走を果たした馬。ハイレベルなレースで負けて1番強い競馬をした馬がこの馬だと感じる。中間も乗り込めているし、最終追い切りも映像は確認出来ていないが、時計の出にくい栗東坂路で4F51.6は、かなり動けていると思えるし、出来は前走より更に上向いている印象。前走の脚の余し方を見る限り、東京コースは間違いなく合うと思うし、極端に速い流れにならなければ、マイルでも脚をしっかり溜めれると思う。前走は後方一気だったが、前目でも競馬が可能だというのが個人的に好材料。前目でも後方でも速い上がりを使えるので、かなり良い競馬を期待している。ただ、東京マイルで追走に苦労する可能性は否めないので、出来れば外目の枠が欲しい。東京メインは2週連続でオドノヒュー騎手に託す。

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

中央競馬ランキング

スポンサードリンク

【デイリー杯2歳S 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎アドマイヤマーズ
2連勝で能力の高さを既に実証済みのこの馬を本命に。新馬戦では後の新潟2歳Sの覇者となるケイデンスコールを凌いでの1着。外から被されてもうひと伸びした勝負根性は2歳では非凡なモノを持っていると感じた。続く中京2歳Sでは桁違いの脚で完勝。今回は休み明けになるが、仕上がりは良好とみている。中間もしっかり乗り込まれているし、最終追い切りも馬也で軽快な動きを披露した。手綱を緩めればいつでも伸びそうな感じも見てとれた。先週から京都はサンデー系の馬が好走していて、この馬も、もちろん該当する。後ろからいっても上がりをしっかり使えるし、前目でも競馬が出来るというのは強み。今回は小頭数で競馬がしやすいと思うので、能力は全て出し切れるレースになると思う。最近のM.デムーロ騎手の心理状況からも、Gllの方が楽に乗れると思うし、GlよりはGllにグレードが落ちた方が、今は買いと感じる。強い競馬で初重賞制覇を。

スポンサードリンク

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

中央競馬ランキング

スポンサードリンク

【アルゼンチン共和国杯 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎パフォーマプロミス
追い切りが抜群に良いこの馬を本命に。前走は感冒で回避したが追い切りはしっかりやっていたので、その点では乗り込み量が豊富で今回の仕上がりは良さそう。東京2500mは目黒記念で走っていて、今回出るメンバーにも先着を許しているが、その時とは仕上がりが全く異なると感じる。目黒記念時は宝塚記念を見据えた仕上げに見えたし、その割に0.1秒差の3着は、やはり能力がある証拠だと思う。宝塚記念は馬場や道中のペースから脚が溜めれなかったと鞍上は言っているし敗因は明らか。今回は枠も良いし、それほど速いペースにもならないと思うので、じっくり脚を溜めれると思う。斤量は前走よりも2kg軽くなるし、末脚を持続する力はメンバーの中でも上位。ここを勝利して重賞2勝目を飾りたい。

スポンサードリンク

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

中央競馬ランキング

スポンサードリンク

【京王杯2歳S 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎ファンタジスト
前走は+16kgでも重賞で高いパフォーマンスを発揮したこの馬を本命に。武豊騎手も距離延長は大丈夫と言っているし、200mの延長は無難にこなしてくれそう。追い切りは中間の内容が素晴らしく、最終追い切りも栗東坂路が時計が出にくい馬場だったことを考慮すれば十分な動き。中京のメイクデビューを見る限り左回りは問題ないと思うし、小頭数ということで、この馬にとってスムーズな競馬が出来ると思う。デビュー以来、上がり最速はマークしていないものの、個人的には溜める競馬をすれば、かなり切れる脚を使うと思っている。ここを勝って無敗で朝日杯FSへ駒を進めたい。

スポンサードリンク

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

中央競馬ランキング

スポンサードリンク

【ファンタジーS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎ダノンファンタジー
新馬戦では後の重賞勝利馬のグランアレグリアに敗れるも、2戦目では順当に未勝利を脱出したこの馬を本命に。休み明けの未勝利を+18kgで圧勝し、ここへ向け態勢は整っている感じ。中間の内容も良いし、最終追い切りも時計の出にくい栗東坂路でラスト1F12秒台を楽々マークした。かなり能力は高いと思うし、小頭数の今回は自分の競馬が出来ると思うので能力を十分に発揮できそう。ここで勝ち負け出来れば、グランアレグリアは朝日杯へ参戦の表明を出しているので、2歳女王への道が開ける。今後を占う意味でも、ここは好走を期待したい。

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

中央競馬ランキング

スポンサードリンク

【天皇賞(秋) 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎スワーヴリチャード
このレースに1番標準を合わせて来ていると感じるこの馬を本命に。中間の内容、最終追い切り、どれを取ってもメンバーの中で頭抜けていると感じる。あれだけしっかりやっても調教後の馬体重は530kgと太め感もなく肉体的な成長も著しいと感じる。今回は展開も読めない中、差しても良し、先行しても良し、途中から動いても良しという自在性はかなり強みになると感じる。休み明けでも仕上げて挑めば走るタイプだし、追い切りの動きを見る限り態勢は整いきっている印象。2000mなら3-1-0-1、東京コースなら2-2-1-0と適性面も申し分ない。M.デムーロ騎手も重賞で惜敗続きなので、ここらで終止符を打ちたいところ。中距離最強を証明して欲しい。

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

クリックのご協力お願いします

スポンサードリンク

【スワンS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎モズアスコット
マイルCS→香港遠征とのプランが発表されていて、今回は本番前のステップレースとわかっていても本命を打ちたい。モズアスコット以外のメンバーを見渡す限り、OPレベルといっても過言ではないメンバー構成だし、この馬自体、頭一つ二つ抜けている印象。約5ヶ月の間隔が空くのは初めての経験で休み明け走るのかは、まだわからないが、中間の内容、最終追い切りを見る限り、前哨戦としてはかなり仕上がっているように感じるし、能力は出せる状態にあると思う。さらに、ルメール騎手はアルテミスSにお手馬が複数頭いたし、来年の牝馬クラシックを占う大事なレースだったにも関わらず、スワンSを選択したので、その辺りもかなり好印象。今回は小頭数で馬群もぎゅっと詰まると思うので、どの位置からでも良い競馬が出来ると思う。Gllで1着賞金は5900万だし、このメンバーならボーナスレースのようにも感じる。しっかりと勝って、大舞台へ繋げて欲しい。

スポンサードリンク

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

クリックのご協力お願いします!

スポンサードリンク