【ホープフルS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎サートゥルナーリア
過去2戦M.デムーロ騎手が50%の力も出していないという怪物候補を本命に。他のメンバーを見渡す限り、この馬含めて骨っぽいのが2~3頭しか見当たらず、Glにしては相手にも恵まれた印象を受ける。過去2戦のレース内容やレベルが懸念材料として指摘されているが、私は問答無用と考えている。緩い流れから終いの脚を重視した単調なレースが続いているが、むしろこの馬自体も過去2戦のレース内容は窮屈に感じていたと思っている。元々持つスピードが高いレベルにあるので、緩い流れで行きっぷりが良すぎて、引っ掛かって体力を消耗した可能性があるからだ。過去のレースをみても、Sペースで馬のスピードを殺すシーンが何度かあったし、スピードを持て余している感じがした。中間でもWコースで楽な手応えでラスト1F11.2という驚異的な時計を出したし、坂路でも馬也でかなりスピード感ある走りを披露しているように、元々持つスピードが他馬とは違う気がする。そのためペースは流れた方が良いし、スピードのギアが何段階かあるこの馬からしたら、ペースアップが激しい中山コースはむしろ歓迎だと感じる。コーナー4つで息も入れれると思うし、過去2戦よりもスムーズに競馬が出来るのではないかと感じている。今回はGlで過去2戦よりもペースも速くなると思うし、この馬のスピードを殺すことなく、マイペースでレースが出来そう。少頭数しか経験していないのも懸念材料として挙げられているが、これも問題はないと感じている。内に閉じ込められ行きたがる面を見せても、鞍上が手綱を絞り、しっかり我慢が効いていたし、道中出入りのあるレースでもしっかりと自分のレースが出来ていた。直線も狭い内を割ってくるなど、少頭数ながら良いレースをしてきたと思っている。頭数が増えた今回でも枠の並びを見る限り、隊列はすんなり決まりそうだし、スタートが良いので内の好位で競馬が出来るとみている。Glにしたら13頭立ては少頭数の部類に入ると思うし、レースはかなりしやすいと思う。お兄さん達と比べても操縦性はかなり良いらしく、折り合いもしっかりつくところは、かなり強みになると感じている。新馬戦よりも2戦目の萩Sでパフォーマンスをグッと上げたように、使う毎に良くなっているのは言うまでもない。前走2着のジャミールフエルテ騎乗のC.ルメール騎手も「自分の馬もかなり良い走りをしたが、勝ち馬がそれよりも、もっと伸びた。勝ち馬が強すぎた。」と評している辺りも好材料。それでいて50%の力しか出していないなら、100%出したらどうなってしまうのか。今回は更なるパフォーマンスの上昇を見込めるし、デビューからパートナーを組むM.デムーロ騎手が続けて手綱を取るのも好印象。中竹厩舎(角居厩舎)で最高傑作のウォッカ級と評されているだけに期待は膨らむし、ホープフルSが今年最後の中央重賞。それもGlなので、しっかりと的中させて新年を迎えたい。

スポンサードリンク

 

【ホープフルS 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【ホープフルS 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【ホープフルS 2018/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

友達追加はこちらから!友だち追加

スポンサードリンク

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【有馬記念 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎キセキ
今回は調教重視というよりは適性重視ということでジャパンCに続きこの馬を本命に推したい。調教が悪かったから適性重視にした訳ではなく、この馬の場合、秋4戦目ということで今回の調整過程はそこまで指標になり得ないと感じたため。この馬の秋のレースを見る限り、先行策を取り入れ、走りも馬体も本格化したことは間違いない。陣営も走りに体が追いついたと言っているし、春までとは別馬。個人的にフォームが凄くルーラーシップに似ていて、レースぶりはキタサンブラックのようだと、ジャパンCでは特に感じた。ルーラーシップは有馬記念で大きく出遅れながら3着と好走した歴を持ち、母父のディープインパクトも有馬記念を制しているように、この舞台に適性があるとみている。なぜ秋4戦目で本命に推すかといえば、陣営が疲労の回復はとても早く、天皇賞(秋)の後よりも良い状態と述べていたから。そもそも目に見える疲労があるなら回避すると思うし、出てくるからには走れる状態にあるとの判断に至ったからだと思う。この中間も他のジャパンC組よりも多く乗り込めているし、そういったところからも元気な証が伺える。ならば本命にせざるを得ないというか、ジャパンCのあのレースを見せ付けられ、それよりも大幅に状態が下がっておらず、疲労も心配ないと言うならば本命かなと言う感じ。もちろん終わってから疲労が残ってたなんて事もあるかもわからないが、追い切りの動きや調整過程を見る限り、1週前、最終追い切りと、やり過ぎず、やらなさ過ぎずの普段通りのキセキの調整が出来ていたと感じている。4戦目ということでそんなにガツガツやらなくても良いし、むしろこれだけやれていれば十分かなという判断。秋は毎日王冠から距離延長でパフォーマンスを上げ続けているように、今回も100mの延長と言うことで更にパフォーマンスを上げてくる可能性もあると感じる。この馬自体、あの泥まみれの菊花賞を外を周り続けて勝っているように、非常にタフでスタミナのある馬。ジャパンCは前走から400mの距離延長でパフォーマンスを上げてくると感じていたし、今回もそれは同様。天皇賞(秋)ではレイデオロに切れ負けしたが、中山に舞台を移し、2500mともなれば、瞬発力よりかは持久力勝負になると思うし、そこの力量関係が逆転することは容易だと感じる。川田騎手もレースを組み立てるようなことを言及していたし、おそらくこの枠やメンバーからも先手を主張すると思う。ハナを切るようなら後ろに脚を溜めさせないように逃げていくと思うし、番手での競馬ならスタミナを存分に生かした競馬をしてくると思う。とにかくジャパンCに似たようなレースをすれば馬券に絡んでくる1頭だと感じている。春に有馬記念と同舞台の日経賞では大敗を喫したが、このレースでは折り合いを欠いたし、本格化する前ということで、完全に度外視できる。むしろ個人的には中山のトリッキーなコースは向いていると思っている。小回りで直線は短いので十分に押し切れると思うし、枠順も7枠14番と外目に入ったが、先行するタイプの馬なのであまり気にしなくて良さそう。有馬記念自体、前目で競馬が出来るのは有利な傾向があるし、本格化した今なら、後続にも簡単に抜かされはしないとみている。ジャパンCもアーモンドアイ以外とは、ほぼ脚色が一緒。つまり、あのペースで逃げてもアーモンドアイ以外の後続と同じような脚を繰り出しているのだから本当に恐ろしい。今回も外枠から好発進を決め、この馬のラップを刻めば自ずと結果は良い方へ転がると信じているし、今年最後の大舞台で惜敗続きにピリオドを打ちたい。川田騎手にも日本人ジョッキーの意地を見せて欲しいし、アッと言わせる好騎乗に期待している。

スポンサードリンク

 

【有馬記念 2018/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

【有馬記念 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【有馬記念 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【有馬記念 2018/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

スポンサードリンク

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【阪神C 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎ジュールポレール
牝馬が活躍した年は最後のGllも牝馬ということでこの馬を本命に。この馬はリスグラシュー、ディアドラ、アエロリットといった強敵牝馬と互角にやり合ってきた一流馬。前走も牡馬混合のマイルCSで勝負所で後退する場面がありながら、最後は盛り返して0.3秒差の6着は立派。スムーズに捌けていたら馬券になっていた可能性も十分あったレースだと感じる。今回は乗り替わりでM.デムーロ騎手が手綱を取る。どうやら本人が前々から乗りたいと言っていたらしく、幸騎手の代打に抜擢。1週前追い切りに跨り好時計をマークしているし、乗り味はそこで掴んだと思う。M.デムーロ騎手が自ら乗りたいというほどだから期待せずにはいられない。血統的にも距離短縮でパフォーマンスを上げて良いと思っている。半兄にサダムパテックがいるし、サダムパテックは1400mの重賞勝ちもある。個人的にジュールポレールは長い直線より短い直線で脚を使う方が良いタイプだと思っていて、ヴィクトリアマイルは東京の長い直線で勝ちはしたが、終いの脚はリスグラシューの方が上回ってみえた。そういった面で今回、阪神の小回りに舞台を移すのは良いと思っている。ヴィクトリアマイルは幸騎手の絶妙な追い出しのタイミングで凌いだと思うし、追い出しのタイミングは今回も鍵になってくると思う。M.デムーロ騎手は近走はノリに乗っているし、その辺りの心配は無用。メンバー的にも、Gllにしては手頃だと感じるし、重賞2勝目を今年の最後で飾って欲しい。

スポンサードリンク

 

【阪神C 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【阪神C 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【阪神C 2018/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

友達追加はこちらから!友だち追加

スポンサードリンク

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【朝日杯FS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎アドマイヤマーズ
1強を崩せる可能性があるのはこの馬と思い本命に。最終追い切りでは坂路で自己ベストを更新。陣営も過去3戦、力は出し尽くした訳じゃないし、今回は、まだ見せてない面を見せるつもりと述べていることから、ここをメイチに標準を合わせているように感じた。前走は早目からメイショウショウブに並びかけられマークがかなりキツく、強制的に動きたくない位置から早めに動かされた。しかし、最後は力でねじ伏せた勝負根性は相当なもの。それでいて余裕残しの仕上げなのだから、かなりの伸び代を感じる。今回は1強ムードだが、その馬を負かすにはその馬よりも前で競馬をすることが得策だと考えている。グランアレグリアの瞬発力は相当なものだし、追い比べをしても全く及ばない可能性があるからだ。アドマイヤマーズは前目でも競馬が出来て、抜かせない勝負根性も兼ね備えている他、後ろで脚を溜めて鋭い差し脚で伸びてくることも可能。その器用がこのレースで存分に生きるのではないかと感じる。理想はグランアレグリアより前目で競馬をして先に抜け出し、そこからはこの馬の勝負根性を存分に見せて欲しいと感じる。例えその通りにいかなくても、切れのある差脚も兼ね備えているので、その自在性を生かしてほしい。メンバーを見渡す限り、鞍上にも恵まれた印象を受けるし、M.デムーロ騎手には完璧に乗ってもらいたい。1強ムードのグランアレグリアにも付け入る隙はいくらでもあるし、この馬の全力を尽くせば、勝ち切るシーンがあっても不思議ない。

スポンサードリンク

 

【朝日杯FS 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【朝日杯FS 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【朝日杯FS 2018/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

友達追加はこちらから!友だち追加

スポンサードリンク

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

【ターコイズS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎プリモシーン
3歳でも牝馬同士のマイル戦なら十分に通用するとみているこの馬を本命に。今の中山は上がり最速を使える馬が馬券に良く絡んでいる印象を受ける。プリモシーン自体、新馬戦以外は全て上がり3位以内ということで、終いの脚は確実。今回はハッキリと前に行く速い馬がいるので、ペースもそこそこ流れそう。そうなると浮上するのはこの馬。秋華賞で距離が若干長いと感じていたが、上がりはアーモンドアイに次いでの2位。それに加え、外枠から出遅れて、直線の追い出しも遅かったように、マイナス要因だらけの前走。マイルになれば更に切れが増すと思うし、中山へ舞台が変わるのも大きくプラスに働きそう。中山マイルはフェアリーSの重賞勝ちもあるし、まくるようなレースも可能。ゲートが出れば好位で脚を溜めれば良いし、あまりスタートが良くないのなら、後ろで脚を溜めるか、途中から動くレースも可能。後ろからの競馬でもレースプランはいくつかある馬だし、鞍上はマイルGlを勝利したビュイック騎手。彼もプリモシーンのレース映像を確認してどんな馬が認知したようだし、テン乗りに不安は感じない。最終追い切りも余力十分の良い動きだし、陣営も全体的に力強くなっていると成長を感じている。夏は古馬相手に重賞を勝っているし、このメンバーなら勝機は十分にあると感じている。休み明けも苦にしないし、調教を見る限り仕上がりは順調。来年期待の1頭なので、ここは豪快な差し切りで突き抜けて欲しい。

スポンサードリンク

 

【ターコイズS 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【ターコイズS 2018/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

スポンサードリンク

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【阪神JF 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎タニノミッション
キャリア1戦でまだ底を見せていないこの馬を本命に推す。ウォッカの仔にしては珍しく、かなり瞬発力があるタイプ。初戦は抜群のスタートを決めて、馬群の内目を追走。最後の直線は、ラスト250mまで前が壁で追えなかったが、追ってからの反応が素晴らしいの一言で、モレイラ騎手が手を軽く動かしただけで抜群の反応。ノーステッキで突き抜けた。それでも前走は乗り込みが甘かったらしいが、その前走と比べても今回はしっかりと乗り込み負荷をかけたことで、かなりの上積みを感じる。1週前追い切りでしっかりやって、最終追い切りは軽めだったが、追走する感じも、反応もかなり良い。最終追い切りはダート戦線で活躍する古馬クイーンマンボを子供扱いするほど。浜中騎手も追い切りに跨って、かなり良い感触を掴んだようだし、1度使った変わり身にはかなりの期待が持てる。枠順も偶数番の真ん中の枠を引き当て、レースを組み立てやすい枠に入ったと思う。前走はスローの決め脚勝負だったが、本来スピードがある馬なので、流れる競馬の方が合っていると思うし、今回は行く馬が多いので、展開も向くと思う。混戦模様の今回なら、ジョワドヴィーヴル以来のキャリア1戦での制覇も手の届く範囲にあると思うのでここを勝利し、無敗で来年のクラシックの有力角へ。

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【カペラS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎コパノキッキング
ダート短距離界の新星になりそうな、この馬を本命に。前走、前々走と連勝しているも、自分の形ではない競馬で勝利してきていると個人的には思っている。本来この馬の血統からもアメリカ色が強いことから、スピードに乗ったまま押し切る形がベストだと感じる。ただ、この2戦は枠も外だったことから脚を溜めて差す競馬に徹した。今回は内枠に入り、砂も被るのが苦手な馬なので、陣営としては前目で競馬をしたいはず。中山のダートはかなり流れるので、1000mでも強い勝ち方をしているこの馬からしたらベストな条件のように感じる。中1週でも調教の動きは悪くない。内枠から好発進を決め、前目で競馬が出来れば好勝負に期待出来そう。

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

スポンサードリンク

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【中日新聞杯 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎ギベオン
追い切りが今までで1番良いと感じたこの馬を本命に。前走は距離が長かったという声もあるが、師が言うには、初めての長い休養で走りに集中力がなかったとのこと。今回は追い切りを見る限り、中間の内容はかなり負荷がかけられている印象。最終追い切りも今まで見た中では1番良く見えたし、叩き2戦目の上積みは十分に感じる。しっかりやったこともあって、馬もピリッとしてきていて、古馬相手でも十分やれると歯切れの良いコメントも残している。確かに毎日杯もブラストワンピースの2着。3着以下は後の菊花賞3着をはじめ、古馬を相手に勝利を挙げた馬ばかりだ。NHKマイルにしても、後に古馬混合の重賞で勝利している馬や古馬相手でも引きを取らないレースをしている馬ばかり。以上のことから、ギベオン自体にかなりの潜在能力を感じる。メートルダールは菊花賞の叩き台のブラストワンピースに0.3秒差。ギベオンはクラシックに出るためにしっかり仕上げて賞金稼ぎに来たブラストワンピースに0.3秒差。そして今回、そこからの成長分を考えると、このメンバーで頭1つ抜けていても不思議ないと感じる。決め脚もあるし、前目で押し切る脚も兼ね備えているこの馬なら、どんな展開になっても良い競馬をしてくれそう。C.デムーロ騎手も同レースに連覇がかかっているので期待している。

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【チャンピオンズC 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎ルヴァンスレーヴ
巷で最強ダート馬と呼び声の高いこの馬を本命に。まず初めに、前走の南部杯を評価したい。休み明けとはいえ鉄砲でも走るゴールドドリーム相手に完勝。着差以上に強かったし、余裕もあったようにみえた。個人的に3歳でゴールドドリームを寄せ付けなかった点はかなり評価している。そのルヴァンスレーヴのことを鞍上のM.デムーロ騎手は今まで乗ったダート馬の中で1番強いと言うほど。それすなわち、ゴールドドリーム、サンライズソア、オメガパフュームよりも能力の高さは抜けているということにもなる。左回り+M.デムーロ騎手とのコンビ時は無敗ということもあり、強気なコメントが出て当然とも感じる。この馬は調教はあまり良く見せるタイプではなく、併せ馬でも遅れをとるほど。1週前もそんな感じで、中間の内容も決して良いとは言えない。ただ、濃霧の中で行われた最終追い切りでは軽く仕掛けただけで併せた馬に2~3馬身の先着を果たしたとの情報が入り、とても驚いていると同時に本命にしようと決断。併せ馬で先着出来るようになったということは、馬もレースを使われる度に良くなっている証拠。レースぶりをみても、確かに脚質にも幅が出ているし、スタートも良くなっている。その辺りの成長も踏まえて揺るがない本命となった。中京のコース形態や砂質、時計面が懸念点としてあげられているが問題ないと感じる。川崎、大井、東京、盛岡と様々なコース、砂質で圧倒的な強さを見せつけている。前走の南部杯も優秀な勝ち時計であるし、時計面の心配も無用。枠もかなり良い枠を引いたので、どんなプランも適用可能に感じる。ペースによって早仕掛けも出来るし、脚を溜めて最後で弾けさせることも可能。その辺りはこの馬の乗り方を熟知しているM.デムーロ騎手に託したい。理想は残り1000m辺りからの下りで加速していき、最後の坂は余力と惰性で押し切る形。3歳で最強ダート馬へ。そしてM.デムーロ、久々のGl制覇へ。

スポンサードリンク

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【ステイヤーズS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎リッジマン
異色のステイヤー、リッジマンを本命に推す。前走は入厩して10日で丹頂Sを勝利。外枠でも持ち味の操縦性を生かした良いレースだっだと感じる。今回も休み明けだが、ここを目標に丹念に乗り込まれている。最終追い切り考察でもトップタイのA+評価を与えたし、出来は前走よりも上昇している。中山での勝ち星はないが、いずれも適性のない距離でのレース。この馬は現在5勝をあげているが、そのうち3勝が2600m以上のレース。今年のダイヤモンドSではフェイムゲームの2着と長丁場では抜群の適性を誇る。更に鞍上は中山得意の蛯名騎手。動きどころを熟知しているし、この馬の操縦性やバテない無尽蔵のスタミナを生かせれば、かなり良い競馬になると思っている。今回斤量は増えるが、57.0kgで勝利しているし、あまり気にしなくて良さそう。ここを勝利して来年の長距離路線を盛り上げて欲しい。

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

スポンサードリンク

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク
スポンサードリンク