【チャレンジC 2018/本命馬】

スポンサーリンク

◎ダッシングブレイズ
追い切りの動きが格段に良いこの馬を本命に。元々調教駆けするタイプとはいえ、今回は今までみた中で1番良いくらい。叩き2戦目で状態は確実に上向いていると感じる。距離に若干の不安があるが、今の出来ならこなせても不思議ない。裏付けとして、年齢的にズブさが出ているのか、前走は追走に苦労したとジョッキーが言っていたこともあり、6歳の今なら距離延長がプラスに出ることも考えられる。更に阪神は3-0-0-0とコース適性は抜群だし、斤量が2kg減るのも魅力。開幕週の馬場やそこそこ速い時計にも対応出来るし、チャレンジC自体、差追脚質の馬が好走を続けており、この馬もピッタリ該当するように感じる。ここはメイチの仕上げとみているし、近走の凡走による人気薄の今回が買い時と踏んでいる。鞍上は昨年のこのレースでデニムアンドルビーを2着に導いたC.デムーロ騎手を従え、態勢は整ったように思う。昨年のエプソムC以来の重賞2勝目を飾ってほしい。

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

スポンサーリンク

本命候補はこちらから!

スポンサーリンク

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ジャパンC 2018/本命馬】

スポンサーリンク

◎キセキ
現在著しい成長を遂げているこの馬を本命に。これからアーモンドアイという最強牝馬がいる中で、この馬を推す理由を述べていく。まず、秋3戦目にもかかわらず、この中間で坂路とCW併用でかなりの本数をこなせている点。ちなみに回避したマカヒキは出走登録時点でポリトラックで軽めの調整しか出来ていない。それに比べて毎日王冠、天皇賞(秋)とタフなレースが続いているこの馬は元気過ぎるくらい。調教後の馬体重も前走と比べ14kg増えているし、輸送で減りすぎなければプラス体重で臨めそう。すなわち、疲労がなく状態の良い証だと感じる。やはり菊花賞馬ということで距離が延びてパフォーマンスを上げてくる可能性が高そうだし、スタミナを生かす競馬をすれば十分勝機はあると感じている。これは個人的な見解だが、アーモンドアイは前走の方が1週前追い切り、最終追い切り共に良く見えた。変わってキセキは今回の最終追い切りを見ると前走より更に動きが軽快になっていて、もうワンランク上昇が見込めそう。とはいえ最大の敵はアーモンドアイで間違いない。ただ、冒頭でも言ったようにキセキの成長は現在右肩上がりで、状態もこの秋で1番良いと師は歯切れの良いコメントを残している。個人的にもキセキはルーラーシップ同様、成長が遅めの晩期完成型とみている。成長面、距離面でパフォーマンスの上昇が見込めるなら、抜け出して押し切るシーンも十分にあると思っている。もちろん、アーモンドアイが内でゴチャついたり、直線追い出しが遅れるなど「運」の要素も少しはカギを握りそうだが、競馬は何が起きるかわからない。外国馬がどんなレースをしてくるのかは未知だし、スワーヴが途中で動いてペースが乱れる可能性も否めない。また、サトノ2頭の動きも不気味。陣営はどの馬もアーモンドアイを負かそうと試行錯誤を練ってきていると思うし、古馬との初対戦でスムーズに競馬をさせてもらえるかと言われれば疑問。そんな中で浮上してくるのがキセキだと思うし、川田騎手が道中スムーズでスタミナの生きる競馬をすれば頭まであって良いのではないかと思っている。本格化したこの馬の真骨頂を見せつけてほしい。

 

友達追加はこちらから友だち追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考になりましたらクリックお願いします

スポンサーリンク

参考になりましたらクリックお願いします

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【京阪杯 2018/本命馬】

スポンサーリンク

◎ワンスインナムーン
スプリンターズSの本命馬を再度本命に。前走はかなり好仕上がりとみて本命を打つも、かなりのハイラップに泣かされた。それでも負けて強しの内容で、稍重にもかかわらず、前半の3Fを33.0秒で入り、終いはファインニードルに0.4秒差。着差ほど負けていないし、かなり良い内容だったと感じている。前走が目一杯の仕上げかと思っていたが、この中間も前走と同様か、もしくはそれ以上の質の濃い内容をこなしている。最終追い切りもかなりスピーディーな動きで仕上がりに抜かりはない。このレースは前に行く馬が有利という点からも、脚質的に向いていると思うし、それほどレベルの高いメンバーが揃ったとも思えない。外枠からこの馬のペースで運べれば勝ち負けして良いと思っている。オーバーペースになるのが怖いが、2走前に跨って勝利している大野騎手なので問題なさそう。この馬にとっての初重賞制覇をこの舞台で飾ってほしい。

 

友達追加はこちらから友だち追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク

競馬ブログランキングの登録はこちら

スポンサーリンク

参考になりましたらクリックお願いします

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【京都2歳S 2018/本命馬】

スポンサーリンク

◎ブレイキングドーン
前走を放馬で除外になり、今回は実質4カ月ぶりのレース実戦となるこの馬を本命に。前走は放馬で回避したが、その分この中間の乗り込み量は豊富で仕上がりもかなり良さそう。初戦から力は出せる出来にあるとみている。京都開催は最終週ということで先週までの芝の成績を振り返ると道悪に適した馬が好走しているような気がする。この馬はデビュー戦を稍重で圧勝しているので、その点では心配無用と感じる。またそのメイクデビューはアドマイヤジャスタが出走していたが0.5秒も離して楽勝した。その後アドマイヤジャスタは未勝利→紫菊賞を連勝してOP入りを果たしている。その能力を買って、キャリア1戦でも本命に添えたいと感じた。追い切りを見る限り若干ズブいところがあるようにも感じるので、ロングスパートが決まりやすい京都の内回りも歓迎。昨年の1.2着馬のような競馬をしてくれれば勝ち負けになると思っている。今回は頭数も少なく、メンバーも揃ったようには感じないので前目でスムーズに運べそう。自分の競馬に徹して馬の能力を最大限に発揮してほしい。

 

友達追加はこちらから友だち追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク

競馬ブログランキングの登録はこちら

スポンサーリンク

中央競馬ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【マイルCS 2018/本命馬】

スポンサーリンク

◎モズアスコット
国内マイルGl、2連覇を目指すこの馬を本命に推す。安田記念の前まではGl挑戦に向け賞金加算に専念。たくさんレースに出走せざるを得ない状況で、中途半端な仕上げが裏目に出て惜敗が続き、結果的に安田記念の前週までレースを使う羽目に。しかし、連闘で臨んだ安田記念は道中不利がありながら完勝。賞金が足りている今回は調整過程にも余裕があると感じる。スワンSも負けはしたが、レース内容からみても無理して追走させていないし、競馬をしたのは最後の直線のみ。明らかに余裕残しの先を見据えたレース、仕上げだったことは確か。今回の追い切りでは、前走の追い切りと比べても見違える動きだし、ここが目一の仕上げとみている。この馬は馬群に揉まれても怯まないし、直線も間を割って伸びて来れるので、この枠は歓迎。ロスなく好位で立ち回り、直線で前が空けば好勝負ができると感じている。今回はペースも平均からやや遅いくらいだと想定しているので、先団なのか、後方からなのかは、名手の好判断に期待している。どちらにせよ、どんな競馬も出来るタイプだと思っているので、その辺りは特段心配していない。C.ルメール騎手は前走、レーヌミノルが作った前半600m34.7というペースが忙しかったと言っていたので、今回想定している落ち着いたペースの方が走りやすい条件かもしれない。よって、以前までは速い流れの方がこの馬に合っていて、1400mを中心に使われていたが、今は1400mはむしろ忙しいくらいで、マイルがベストの舞台というのも筋が通っていて頷ける。今がこの馬の全盛期と感じているし、数いる有力馬を蹴ってC.ルメール騎手が騎乗するのもかなり心強い。ここを勝利し、堂々と国内マイル王へ。

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク

競馬ブログランキングの登録はこちら

スポンサーリンク

中央競馬ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【東スポ2歳S 2018/本命馬】

スポンサーリンク

◎カテドラル
ここ2戦、かなりハイレベルなメンバーに勝利し、未だ無敗のこの馬を本命に。新馬戦は前評判の高かったメンバーを相手に完勝。未勝利で負かしたブラヴァスやトーセンカンビーナはすぐに未勝利を抜け出している点からも、レベルが高かったことは間違いなさそう。続く2戦目もダントツの1番人気ヴェロックスを封じ込め2連勝を飾った。前走は最終追い切りをしっかりやった程度で、中間の内容は平凡だったことから、目一の仕上げだったとは思えない。馬体重もヴェロックスは-4kgで臨んで来たのに対し、カテドラルは+10kgと数値からも余裕残し+成長分と言うことが確認できる。今回は中間からかなり良い内容をこなしている印象を受けるし、最終追い切りは坂路で軽快かつ豪快な走りを披露。Wコース、坂路コース問わず、良い動きを披露できるのは器用さも伺えて好印象だし、仕上がりは上向いている印象で状態は右肩上がり。先週は東京の芝のレースでヴァーミリアン産駒が1着になるなど、力の要る馬場になってきているように感じた。その点で半兄にジェベルムーサを持つこの馬は今の馬場は合うのではないかと感じる。今回はハナを主張しそうな馬が1~2頭いるので、その後ろの好位で競馬を進めれば、直線で楽に抜け出してもおかしくない。ワグネリアンと同じローテーションで一気に来年のクラシックへ名乗りを上げたい。

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク

競馬ブログランキングの登録はこちら

スポンサーリンク

中央競馬ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【エリザベス女王杯 2018/本命馬】

スポンサーリンク

◎モズカッチャン
昨年の覇者でこのレース連覇のかかるこの馬を本命に。最終追い切りの前までは正直仕上がりに不安があって、1週前追い切りの動きも重たく映ったのが本音。しかし、最終追い切りは調教駆けしないタイプのこの馬にしては、かなり良い動きを披露した。ほとんど馬也で併走馬を圧倒したし、追えばかなり伸びそうな雰囲気があったので、この追い切りで軸にする決心がついた感じ。熱発で府中牝馬Sを回避して、ローテーションに不安の声があがっているものの、陣営から不安の声は聞こえてこない。この中間も坂路でかなりの本数をこなしているし、1度使えなかったからといって悲観する必要はなさそう。3歳時は叩き良化型のイメージがあったが、今年の札幌記念は海外帰りの休み明けでもかなり良いパフォーマンスを披露した。4着以降は差が広がっていたし、2着にはダービー馬マカヒキ、1着のサングレーザーは後の天皇賞(秋)で2着とかなりハイレベルなレースだったと感じる。8枠15番でスタートもあまり良くなく、後方からの競馬を余儀なくされたが、いつもの先行から抜け出す形とは打って変わって、豪快な追い込みでも能力を出せたことは大きな収穫。年齢を重ね、ズブくなっているらしいが、京都の外回りなら下り坂を利用してスムーズにギアチェンジが可能。枠も4枠7番と良い枠に入ったし、好スタートを切れれば前目で昨年のような競馬をすれば良いし、遅れたなら焦らず後方で脚をためて、前走のような競馬をすれば良いだけ。鞍上のM.デムーロ騎手はGl勝利から遠ざかっていて、かなり勝利に飢えているはず。ゲートを出たら、あとは名手に託すのみ。ここでC.ルメール騎手のGl連勝記録を止めるとともに、モズカッチャンの同レース2連覇とM.デムーロ騎手自身久々のGl制覇を。

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク

競馬ブログランキングの登録はこちら

スポンサーリンク

中央競馬ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【福島記念 2018/本命馬】

スポンサーリンク

◎エアアンセム
前走がかなり良い競馬をしたこの馬を本命に。前走は後の天皇賞(秋)の覇者、レイデオロに迫る勢いで伸びてきたが、最後は失速しての4着。ただ、レイデオロより外を回したし、この馬自身2200mは若干長かった印象。ただ、他にもアルアインやダンビュライトなど、一流が揃っていた中でこの結果なら十分過ぎる内容。2000mの小回りコースは得意舞台だし、このメンバーならあっさり勝ってもおかしくないと感じる。追い切りも時計の掛かっている栗東坂路を馬也で軽快な動きを披露したし、状態面は好調を維持出来ている印象。枠も1枠1番とロスなく立ち回れるのも好材料。メンバーを見る限りペースもかなり流れそうだし、福島は時計が出ているので、高速決着にも対応可能で、早仕掛けになる可能性もある今回はこの馬自身の自在性も強みになると感じている。田辺騎手が上手くエスコートしてくれれば、かなり良い競馬になるのではないかと期待している。

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク

競馬ブログランキングの登録はこちら

スポンサーリンク

中央競馬ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【武蔵野S 2018/本命馬】

スポンサーリンク

◎ウェスタールンド
前走で負けて強しの競馬をしたこの馬を本命に。シリウスSは最後に内から鋭い脚で伸びてきて、更に外へ進路を取り直してクビ差の2着。勝ち馬と3着馬は、後のJBCクラシックで好走を果たした馬。ハイレベルなレースで負けて1番強い競馬をした馬がこの馬だと感じる。中間も乗り込めているし、最終追い切りも映像は確認出来ていないが、時計の出にくい栗東坂路で4F51.6は、かなり動けていると思えるし、出来は前走より更に上向いている印象。前走の脚の余し方を見る限り、東京コースは間違いなく合うと思うし、極端に速い流れにならなければ、マイルでも脚をしっかり溜めれると思う。前走は後方一気だったが、前目でも競馬が可能だというのが個人的に好材料。前目でも後方でも速い上がりを使えるので、かなり良い競馬を期待している。ただ、東京マイルで追走に苦労する可能性は否めないので、出来れば外目の枠が欲しい。東京メインは2週連続でオドノヒュー騎手に託す。

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク

競馬ブログランキングの登録はこちら

スポンサーリンク

中央競馬ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【デイリー杯2歳S 2018/本命馬】

スポンサーリンク

◎アドマイヤマーズ
2連勝で能力の高さを既に実証済みのこの馬を本命に。新馬戦では後の新潟2歳Sの覇者となるケイデンスコールを凌いでの1着。外から被されてもうひと伸びした勝負根性は2歳では非凡なモノを持っていると感じた。続く中京2歳Sでは桁違いの脚で完勝。今回は休み明けになるが、仕上がりは良好とみている。中間もしっかり乗り込まれているし、最終追い切りも馬也で軽快な動きを披露した。手綱を緩めればいつでも伸びそうな感じも見てとれた。先週から京都はサンデー系の馬が好走していて、この馬も、もちろん該当する。後ろからいっても上がりをしっかり使えるし、前目でも競馬が出来るというのは強み。今回は小頭数で競馬がしやすいと思うので、能力は全て出し切れるレースになると思う。最近のM.デムーロ騎手の心理状況からも、Gllの方が楽に乗れると思うし、GlよりはGllにグレードが落ちた方が、今は買いと感じる。強い競馬で初重賞制覇を。

 

友達追加はこちらから友だち追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク

競馬ブログランキングの登録はこちら

スポンサーリンク

中央競馬ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク