【共同通信杯 2019/本命馬】

スポンサーリンク

◎フォッサマグナ
キャリア1戦でも初戦で見せたパフォーマンスが圧巻だったので、この馬を本命に。今回はステップレースということで、有力各馬はメイチでは挑んで来ないはず。となればここで賞金加算したい馬がしっかり仕上げて挑んでくると考えるのがセオリーで、この馬は中間からしっかりと乗り込まれている1頭。最終追い切りも時計の出にくいウッドコースで抜群の反応を見せたし、動きからはしっかり仕上がったと見て良さそう。血統的に距離が心配されているが、元々新馬戦も1600mを使おうと予定していたほどだし、陣営も距離はもう少し延びても大丈夫と言っているので問題ないと感じる。それに加えて今回は小頭数ということで追走も楽で競馬はしやすいと感じる。新馬戦で負かした馬は、後に重賞で好走した馬だし、この馬がここで好勝負してもなんら不思議ない。直線でこの馬の末脚が発揮出来れば好勝負になると思うし、春のGl戦線に行くためにもなんとしても賞金加算しておきたいところ。溜めれば切れると思うし、末脚爆発に期待。

 

【共同通信杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【共同通信杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【共同通信杯 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

【対抗・穴馬はこのバナーをクリック!】

スポンサーリンク

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサーリンク

【友達追加はこちらから!】友だち追加

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、取れないような馬券も取れることがあります。

調教の他に血統も頭に入れておければ活用できると思いますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも興味のある方はこの本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

【クイーンC 2019/本命馬】

スポンサーリンク

◎クロノジェネシス
前哨戦で仕上げが緩くとも、能力で補えると思うこの馬を本命に。前走は出遅れて、直線は大外を回した分、勝ち馬に先着を許したが、スムーズなら間違いなく勝っていたレースだった。負けて強しの内容だったし、Glを獲れる器の持ち主ということは証明されたはず。今回の1週前追い切り段階では軽い内容が目立ち、明らかにソフトな仕上げに映っていたが、最終追い切りでは馬也でも迫力満点の動きを披露。これだけ動けていれば十分前哨戦でも勝ち負け出来ると思わせる動きだった。今回は東京へ舞台を移すが、これもプラスに働くと感じる。アイビーSでは上がり3F32.5の末脚を見せただけに、今回もどんな末脚を見せてくれるのか期待感は高まるし、小頭数だから競馬もかなりしやすいと思う。Sペースになると想定しているが、極限の瞬発力勝負になればなるほどこの馬の持ち味が生きるレースになると感じるし、例えハイラップになったとしても、前走でGlの速いペースを経験済みのため何の問題もないと感じる。先週は上がり3F32秒台も出ているし、直線はかなり速い上がりが要求されるので、この馬からしたら絶好の条件だと思っている。輸送競馬もクリア済みだし、メンバーも手頃に感じることからも、不安な材料が見つからないくらい。桜花賞、優駿牝馬を春の目標としているだけに、ここで負けているようだと先々厳しくなると思うし、ここはしっかりと勝って牝馬クラシックに挑んで欲しい。

 

【クイーンC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【クイーンC 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

【対抗・穴馬はこのバナーをクリック!】

スポンサーリンク

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

スポンサーリンク

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、取れないような馬券も取れることがあります。

調教の他に血統も頭に入れておければ活用できると思いますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも興味のある方はこの本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

【東京新聞杯 2019/本命馬】

スポンサーリンク

◎インディチャンプ
近走、本格化の気配を漂わすレースぶりが目立つこの馬を本命に。3歳時から素質のある面は見せていたが、中々レースで実らず。3歳の夏過ぎからは身のこなしが上手になり、必要のない力を抜いて走る事が近走は出来てきたと陣営は述べている。それが同時に結果にも直結しているし、福永騎手とも手が合っている気がする。前走は休み明けでも末脚を伸ばして圧勝。準OPの器ではないことを証明したし、福永騎手も今年はGlでもやれると口にしていた事からも、Glllレベルなら十分にやれる能力の持ち主だと感じる。そもそも、3歳の未完成時も重賞で好走していたし、本格化した今ならもっと走れて良いはず。今回は中間の内容から気合が入っていて、1週前はサンライズノヴァに手応えで圧倒し、最終追い切りは調教駆けするレッドラウダを子供扱い。調教駆けするタイプとはいえ、最終追い切りは自己ベストだし、反応面の良さやフットワークの軽さがとても目立つ内容だった。今が全盛期間近と言わんばかりの内容だし、ステイゴールド産駒らしく、古馬になってから良くなるタイプということもあり、この1戦で他の4歳世代との力量関係が逆転することも十分に考えられる。福永騎手もGlを意識している馬だし、是非ここで賞金加算してGl戦線へ挑んで欲しい。

 

【東京新聞杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【東京新聞杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【東京新聞杯 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

スポンサーリンク

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

スポンサーリンク

【対抗・穴馬は私のブログランキングから!】

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

スポンサーリンク

【きさらぎ賞 2019/本命馬】

スポンサーリンク

◎アガラス
前走はハイレベルなレースで2着と地力があるところを証明したこの馬を本命に。前走は後方からの競馬になってしまい、最後の直線も馬群の間を縫いながら決してスムーズではない中で上がり最速の2着。1着の馬は後のホープフルSで3着、4着の馬も若駒Sを勝利するなど、ハイレベルだった事は言うまでもない。陣営も言うように今回の方が状態は上向いているらしく、しっかりと好走出来る仕上がりにはありそう。この中間も良い内容を消化出来ているし、最終追い切りも3頭併せの最内で余力十分の動き。中間も戸崎騎手が2度追い切りで跨っているので、感触も掴んでくれたはず。前走後はノーザンF天栄で調整され13日に帰厩。戻って来てから馬体も大きくなり、陣営も成長を実感している様子。馬の完成度はこのメンバーの中でも高い方だと思うし、左回り、小回り、重たい馬場とキャリアは浅くとも多様なコース、馬場でしっかり適応している辺りは柔軟性があって、3歳戦では強みになると感じる。今回は外目の枠に入ったが、出たなりに内の馬達を見ながらレースを進められるので、良い枠に入ったと感じる。今回は直線で詰まったりせずに、スムーズに捌けると思うし、力を出し切れれば好走必至の馬だと感じている。

 

【きさらぎ賞 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【きさらぎ賞 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

スポンサーリンク

 

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

スポンサーリンク

【対抗・穴馬は私のブログランキングから!】

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

スポンサーリンク

【根岸S 2019/本命馬】

スポンサーリンク

◎サンライズノヴァ
東京ダートが大得意なこの馬を本命に。能力的にも1番だと思うし、昨年はレコード決着のハナ差2着。前走は距離が長いことや内有利の中、外を回して6着と地力をみせたし、それでいて出来はあまり良くなかったみたい。それと比べると今回の出来は良いとみている。1週前追い切りはダンビュライトと併せ、最終追い切りは東京新聞杯で有力馬候補のインディチャンプに半馬身先着。終いの伸び脚も上々だったし、この馬にしては良い調整過程を踏めている。東京のダートは出遅れても勝つくらい、パフォーマンスの高さが目立つが、負ける時は大体3枠より内の時で、今回は6枠12番と外目の枠を引けた。後入れだし、例え出遅れてもスムーズな競馬が可能。前に引っ張る馬が何頭かいるし、このレース自体後ろから行く馬が有利なことからもこの馬に展開は向いてくれそう。他にも同型が何頭かいるが、この馬ほど好条件な馬は見当たらないし、仕上がりも良さそうなことから、この舞台では他を圧倒するくらいのパフォーマンスを見せて欲しい。

 

【根岸S 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【根岸S 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【根岸S 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサーリンク

【友達追加はこちらから!】友だち追加

スポンサーリンク

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサーリンク

【シルクロードS 2019/本命馬】

スポンサーリンク

◎セイウンコウセイ
3度目の正直を狙うこの馬を本命に。2年連続で2着と間違いなく舞台設定は合っているし、この時期も良く動く。最終追い切りでは池添騎手が思わず手綱を絞るほどの行きっぷりの良さをみせた。馬也でこんだけ動いたのは久々だし、高松宮記念を勝った時の行きっぷりと似ていた。師もこんなに時計を出すつもりはなかったと言っていることから、良い意味で師を裏切る走りを披露。出来はかなり良いと見ているし、外枠からスムーズに行ければ今年も好走可能と感じる。最近はハナに行けない状態が続いているが、この中間はゲートから積極的に調教をつけているし、最終追い切りの行きっぷりの良さがあればすんなりとハナに立てても不思議ないと感じる。しかし、今回は速い馬が数頭いるので、ハナを切れないかもしれないが、とにかくこの馬のスムーズさを欠かないことが大切だと思う。池添騎手は昨年の函館SSから手綱を取っているし、乗り方に問題はない。この馬の競馬が出来れば良い結果に繋がると思うし、馬場を味方に押し切って欲しい。

 

【シルクロードS 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【シルクロードS 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサーリンク

【友達追加はこちらから!】友だち追加

スポンサーリンク

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサーリンク

【愛知杯 2019/本命馬】

スポンサーリンク

◎レッドジェノヴァ
5歳になったが、伸び代はまだまだあるこの馬を本命に。エリザベス女王杯でも言ったが、この馬の本格化は5歳だと思っている。陣営も昨年のエリザベス女王杯の時に述べていたように、来年のエリザベス女王杯を獲りに行くための試金石の1戦ということからも今年がその本格化の気配を感じる年だと思っている。昨年の秋2戦は栗東で調整されていて、コース追いでは好時計を出していたが、美浦の馬が栗東で調教をすると時計が速くなるのは良くあること。今回は時計こそ目立たないものの、しっかりと乗り込まれているし、切れるタイプでないがスピード乗りは上々。ハンデも55.0kgなら恵まれたと思うし、鞍上をM.デムーロ騎手に代えてきたことも、本気度が伺える。前々走は古馬の強敵相手に2着と善戦したし、前走はチグハグな競馬でも終いはしっかりと伸びて、3着に迫る競馬。Glでもやれることを証明したし、牝馬限定のGlllなら能力は現状でも十分に通用するレベル。左回りは若い頃に経験していて、その頃はまだ馬が良くなかった頃なので、あまり気にする必要はないと思う。2000mや小回りコースも経験済みで、力の要る馬場にも対応可能。最内枠から五分にスタートを決めれれば、ロスなく好位で競馬が出来ると思うし、今の中京は切れる脚よりも好位から押し切れる馬が向いていると思うので、十分に押し切れるメンバーだと感じる。遅咲きの女帝候補がここを勝って今年を飛躍の年にしたいところ。

 

【愛知杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【愛知杯 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサーリンク

【友達追加はこちらから!】友だち追加

スポンサーリンク

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサーリンク

【東海S 2019/本命馬】

スポンサーリンク

◎インティ
目下5連勝と勢いのあるこの馬を本命に。一線級と走るのは初めてだが、自分でレースを組み立てて圧勝しているし、勝ち時計も優秀なところからも不安な点はない。前走も準OPで常に好勝負していたテルペリオンに0.8秒差をつけ圧勝。後にテルペリオンも1600万下を勝利したことからも、この条件に留まる器ではないことは一目でわかる。2走前の1000万条件のレースも、JBCレディスクラシックよりも0.3早い勝ち時計で、そのレースの2着に1.6秒差をつけて勝利していることからも、時期や展開は違えど、昨年のこの時点で重賞級だった可能性もある。5歳でも休んでた時期が長かった分、5連勝中の今も成長途上。着実に馬が良くなり、馬もほぼ完成してきたと陣営も述べているし、その裏付けとして、この中間は坂路で自己ベストを更新していることからも、調整過程はメンバー中で1番と言える内容をこなしている。最終追い切りは迫力満点だったし、調教通りなら良い走りに期待出来そう。今後Gl戦線で戦うためにも賞金を加算しておきたいところだし、試金石など言ってられない。Gllにしてはメンバーは手頃だし、試金石と言ってるのも謙遜だと思うので、ここはしっかりと好レースしてもらい、ダートのGl戦線に乗り込んで欲しい。

 

【東海S 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【東海S 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【東海S 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサーリンク

【友達追加はこちらから!】友だち追加

スポンサーリンク

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサーリンク

【アメリカJCC 2019/本命馬】

スポンサーリンク

◎ダンビュライト
適性面と仕上がり度が素晴らしいこの馬を本命に。近走は惜しいレースが続いていて、2走前のオールカマーはかなり仕掛け遅れて3着、前走は出遅れからあまり得意ではない瞬発力勝負に持ち込まれ4着と、個人的には過去2戦は負けて強しの内容だと思っていて、かなり評価している。この馬の今後のローテーションは不明だが、昨年と同様大阪杯に挑むのであれば、このレースを使ってから間隔が空くということで、このレースはしっかり仕上げて勝ちに来るレースだと思っている。調教も1週前追い切りでしっかりやって、最終追い切りは余力残しで行われたが、余力残しといってもサンライズノヴァにしっかり先着したし、手応えも迫力も併走馬より上回る好内容。昨年のアメリカJCCを見ても完勝だし、中山では良く走るなという印象。今回はジェネラーレウーノがマイペースで逃げると思っていて、緩むことのないラップを刻んでいくと想定している。となると後続の脚の溜める暇はなく、特に瞬発力勝負に持ち込みたい馬にとっては分の悪いレース展開になりやすいと思う。先週も中山は上がりが掛かっていたし、それは今週も変わることは無いと思う。そこで浮上するのがダンビュライト。長く良い脚を最後まで使えるし、坂でも止まらない。昨年のオールカマーはかなりハイレベルだと思っていて、レースは残り1200mから動いて長く脚を使う展開だったが、仕掛けどころがかなり遅れても終いは盛り返したし、追い出しのタイミングひとつでもっと差のない競馬になってもおかしくなかった。勝った馬は天皇賞を制し、2着の馬はその後のGlで善戦とレベルが高かったのは間違いない。今回は頭数が少なく、この馬の競馬が出来ると思うし、直線も上手く捌けると思っている。後は課題のスタートさえ出れば好勝負になって良いと思っているし、北村友一騎手の今年の重賞2勝目に期待したい。

 

【アメリカJCC 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【アメリカJCC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【アメリカJCC 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサーリンク

【友達追加はこちらから!】友だち追加

スポンサーリンク

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサーリンク

【京成杯 2019/本命馬】

スポンサーリンク

◎シークレットラン
中山適性バッチリのこの馬を本命に。中山のトリッキーなコースが初めての馬が多い中で2度も勝利経験があるのは好材料だと感じる。新馬戦こそ瞬発力勝負で能力を出し切れなかったが、その後は中山2000mで連勝し、前走は葉牡丹賞でスタート直後で挟まれる不利がありながら2歳日本レコードを叩き出した。それはレイデオロ、ジェネラーレウーノ等よりも優秀な走破時計。それも馬体を+12kg→+10kgと増やしながら好走し続けている点はかなりの成長や伸び代も伺える。中間の内容もかなり良いし、時計の掛かっている美浦の南Wで切れのある動きも披露している。最終追い切りも終い重点でエンジンを吹かす程度だったが、ロングスパートを得意とする馬なので、レースに行ってこそ動きの良さが際立つタイプだと思う。また、この馬と鞍上のレースぶりを見るとゴールドシップを見ているかのような気持ちにもなる。道中で自らまくり上げていける自在性も兼ね備えているので、ペースが極端に遅ければ自分から動けるし、流れるならじっくり構えられるのは強みとなる。今回は12頭立てということで縦長にはなりにくいと思うし、ペースも落ち着きそうなメンバー。例え後方でも前を射程圏に入れて競馬が出来ると思うし、メンバーを見渡す限り能力は上位。ここを勝ち切り中山巧者としてクラシック第1弾に挑みたい。

 

【京成杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【京成杯 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサーリンク

【友達追加はこちらから!】友だち追加

スポンサーリンク

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサーリンク