【宝塚記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

チャンネル登録よろしくお願いします!

 

 

 

 

【宝塚記念 2019/調教考察[2週前追い切り考察]】はこちらをクリック

 

 

 

 

レイデオロ 美南W 良 C.ルメール
2頭併入 53.7-40.1-13.0 馬也 A+
1週前追い切りの内容としては申し分ない動き。馬也でもスッと併せた馬に取り付いたし、馬也でも馬が自分から走る意欲を見せているあたりはさすが。しっかりと乗り込んでいるだけあるし、海外帰りでも状態面の不安は感じられない。4F追いというのもしっかりと仕上がりが進んでいる証だろうし、最終追い切りも楽しみ。

 

 

 

 

 

 

エタリオウ 栗CW 良 横山典
2頭併先 99.2-83.7-68.3-53.0-38.6-11.7 強め A+
1週前追い切りはとても良い内容を消化。長く良い脚を伸ばしているし、併走馬が来れば来るだけ伸びるイメージ。このひと追いで更に良くなるだろうし、最終追い切りも注目していきたい。

 

 

 

 

 

 

キセキ 栗CW 稍重 助手
単走 65.7-51.0-37.3-11.7 一杯 A
1週前追い切りはビッシリと追われて良い内容に感じる。良い時の動きと比べるとスピードの乗りにまだ良化の余地は残している気がするし、このひと追いで変わってくれば。最終追い切りも要注目。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

クリンチャー 栗CW 稍重 三浦
単走 83.9-66.9-51.2-36.9-11.6 強め A+
1週前追い切りの動きはかなり良く映る。元々調教は動くタイプではあるが、状態はとても良いと思うし、力の要る馬場になれば浮上してきても不思議ない。三浦騎手が美浦から駆けつけて乗りに来ている点も好感が持てるし、最終追い切りも楽しみな1頭。

 

 

 

 

 

 

スワーヴリチャード 栗CW 稍重 M.デムーロ
2頭併先 80.9-65.5-51.5-37.5-11.7 強め S
1週前追い切りの動きは申し分ない。道中促されるまではしっかりと折り合っていたし、促されてからの加速も破壊力満点。少し手綱を緩めただけでスッと加速したし、その後も豪快な伸び脚を披露。状態は海外帰りでも何の問題もないと感じる。順調な調整過程が踏めているし、最終追い切りも非常に楽しみな1頭。

 

 

 

 

 

 

アルアイン 栗坂 良 助手 ◆自己ベスト
2頭併先 50.8-37.6-24.9-12.6 強め A+
1週前追い切りの内容としては十分。栗坂で自己ベストをマーク出来たし、状態はかなり上がってきている印象を受ける。若干終いの脚は鈍っていたようにも映るが、これだけビッシリ追えれば最終追い切りが更に良くなりそう。最終追い切りも楽しみ。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

タツゴウゲキ 栗坂 良 助手
単走 54.6-39.9-25.9-12.8 馬也 B
元々坂路では時計を出せないタイプだし、1週前追い切りの内容としては悪くない。ただ、さすがに1年のブランクは割引しなくてはならないと感じる。長期休養明けで調教は動けていてもレースでは走らない馬も沢山いるし、過度に評価するのは禁物。最終追い切りではもう少し強めの負荷をかけて欲しい。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

マカヒキ 栗坂 良 助手
単走 51.9-37.7-24.5-12.1 一杯 A+
1週前追い切りの内容としては申し分ない。調教は動くタイプだが、ようやく本来のこの馬の走りに戻ってきた印象を受ける。時計面も良いですし、追われてからの脚捌き、反応も1週前追い切りの時点では合格点。終いの2Fも12.4-12.1の加速ラップを踏めてますし、このひと追いで更に良くなりそう。前走の走りも確実に良化してきている走りだったし、最終追い切りも非常に楽しみな1頭。

 

 

 

 

 

 

リスグラシュー 栗坂 良 助手
2頭併先 51.6-37.8-24.7-12.4 強め A+
1週前追い切りの内容はとても良い。調教は動くタイプではあるが、動きは相変わらず良い。併せ馬だったが、リスグラシューの勢いが良く、前で併せ馬をしている馬達を追い抜く勢いがあるほど。このひと追いで仕上がりも進むだろうし、最終追い切りも期待。

 

 

 

 

【宝塚記念 2019/調教考察[2週前追い切り考察]】はこちらをクリック

 

函館スプリントSとユニコーンSの対抗馬はこちらから

 

YouTubeも始めました!

チャンネル登録よろしくお願いします!

スポンサードリンク

優太の調教考察会場のYouTubeチャンネルはこちらをクリック !

 

記事内で疑問点や質問したい事があればTwitterサブアカウント(@yuta87oikiri2)のDMまで宜しくお願いします!
些細な事でも結構です!
本アカウント(@yuta87oikiri)のフォローも宜しくお願いします!

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

 

スポンサードリンク

【ユニコーンS 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

応援クリック宜しくお願いします

 

デュープロセス 栗CW 良 助手
2頭併先 82.5-66.3-51.7-37.6-11.5 強め A
1週前追い切りの内容としては十分。調教は走るタイプとはいえ、追われてからの反応も力強かったし、ダート馬ながら重苦しさみたいなものも見受けられない。フットワークやスピード感にはまだ良化の余地があると思うし、このひと追いでグンと上向いてくれば。最終追い切りも楽しみ。

 

 

 

 

 

ノーヴァレンダ 栗CW 良 北村友 ◆自己ベスト
2頭併先 79.7-65.5-51.6-38.1-12.0 強め A+
1週前追い切りの内容としては十分過ぎるくらい。この時計も自己ベストを約4秒も更新するほどの好時計だし、併せた相手も三田特別で2着と好走したヴィッセン(古馬2勝)ということもあり、併せ馬のレベルとしてもハイレベルだったと言える。追われるとジリジリと良い脚を伸ばしたし、ビッシリと追われたこのひと追いで中身も変わってきそう。最終追い切りにも要注目したい。

 

 

 

 

 

ワイドファラオ 栗CW 良 助手
2頭併先 86.2-69.3-53.3-39.2-12.1 強め A
1週前追い切りの内容としては十分。時計は平凡だが、間隔は詰まっているし、こんなもんで良い気もする。Glの疲労も感じさせず乗り込めているのは好感が持てるし、終いの反応も俊敏に映った。最終追い切りの動きにも注目。

 

 

応援クリック宜しくお願いします

スポンサードリンク

記事内で疑問点や質問したい事があればTwitterサブアカウント(@yuta87oikiri2)のDMまで宜しくお願いします!
些細な事でも結構です!
本アカウント(@yuta87oikiri)のフォローも宜しくお願いします!

スポンサードリンク

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

スポンサードリンク

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

【エプソムC 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

応援クリックよろしくお願いします!

 

 

 

ミッキースワロー 美南W 稍重 調教師
単走 67.8-53.0-38.2-12.6 強め A+
1週前追い切りの内容としてはかなり良い。ひと叩きされて動きが前走とは異なるし、今回の方がより高いパフォーマンスを披露してくれると思う。最終追い切りで更に良くなれば軸候補。最終追い切りも非常に楽しみ。

 

 

 

ソーグリッタリング 栗CW 重 浜中
3頭併先 82.7-66.5-52.0-38.1-11.8 強め B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。追われてかも反応はしたし、時計もしっかり出せている点は良い。ただ、調教ではかなり動ける馬なだけに、反応面はもう一息だった気もする。最終追い切りでどこまで。

 

 

 

カラビナ 栗坂 重 助手
2頭併入 56.3-40.9-26.9-13.1 馬也 A
1週前追い切りの内容としてはまずまず良い。時計面は平凡だが、動きや脚取りは悪くないし、最終追い切りでしっかりやってくれば問題なさそう。馬の前身姿勢も見受けられたし、最終追い切りで更に上向けば。

 

 

応援クリックよろしくお願いします!

スポンサードリンク

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

スポンサードリンク

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

スポンサードリンク

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【安田記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

【安田記念 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

今週末の重賞の対抗◯はこちらをクリック

 

 

 

アーモンドアイ 美南W 重 C.ルメール
3頭併先 83.7-67.4-52.5-38.8-12.7 馬也 A+
1週前追い切りの内容としては十分な内容。いつものように併走馬をグンと突き放すまでには至らなかったが、2週前追い切りでもかなり良い動きを披露しているわけだし、順調に仕上がりは進んでいる感じ。今回は幾らか軽めの調整に映ったが、逆に言えばそれだけ順調な調整過程を歩めているという事。最終追い切りをやればキッチリ仕上がると思うし、来週が非常に楽しみ。

 

 

 

サクラアンプルール 美南W 重 横山典
2頭併入 84.6-68.2-52.9-38.7-12.0 強め B
1週前追い切りの内容としては悪くない。良い時は併せた馬を置き去りにするが、今回は併せてからの伸びがこの馬にしてはイマイチ目立たなかったように感じた。ビッシリと追われた事で更に上向いてくれば。距離短縮も未知なところだし、最終追い切り次第で。

 

 

 

ステルヴィオ 美南W 重 助手
2頭併入 83.7-69.3-54.1-39.9-13.1 強め B
1週前追い切りの内容としてはまずまずだが、この馬のいつもの1週前追い切りと比べるとイマイチ覇気が足りない印象を受けた。促されても馬のリアクションは薄く、時計面も平凡。このひと追いでガラリ一変して欲しい。最終追い切りでどこまで上昇してこれるか。

スポンサードリンク

 

 

 

タワーオブロンドン 美南W 重 助手
単走 55.4-40.4-14.0 馬也 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。間隔が詰まっているという事で、軽めの内容となっているが、時計以上に動きは良く見えた。馬也でも馬自らが走る意欲を見せているように映ったし、後は最終追い切りでサッと仕上げれば、良い状態で本番へ向かえそう。最終追い切りは注目したい。

 

 

 

ロードクエスト 美南W 重 石川
単走 51.2-37.7-12.6 強め A
1週前追い切りの内容としては良さげ。馬の行きっぷりがとても良く見えたし、追い出されると、前で3頭併せをしているグループをまとめて差し切った。とはいえ調教は毎回良い動きをしてくるので過度に評価するのは危険だが、動きは良いので状態は良好と見ている。最終追い切りも注目したい。

 

 

 

ケイアイノーテック 栗CW 良 幸 ◆自己ベスト
2頭併先 81.3-66.2-51.2-37.4-11.7 強め B
1週前追い切りの内容としては悪くない。相変わらず調教では良い動きを見せるし、順調に調整が進められている印象。格下相手に併せ馬で先着を果たしたとはいえ、脚色を見るにまだ良化の余地はありそうだし、このひと追いでもう1段階変わってくれば。栗CWで追い切りを消化する事が少ないため、この自己ベストも過度に評価するのは禁物。

スポンサードリンク

 

【安田記念 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

今週末の重賞の対抗◯はこちらをクリック

 

ダノンプレミアム 栗CW 良 川田
単走 80.4-64.6-50.1-36.8-11.3 強め S
1週前追い切りの内容としては申し分ない。全体時計も優秀だし、追われてからも鋭く反応し、ダイナミックなフォームで迫力満点の動き。動きにはケチのつけ所がないし、ビッシリと追われたこのひと
追いで更に良化するようなら。最終追い切りも要注目していきたい。

 

 

 

ペルシアンナイト 栗CW 良 助手
3頭併入 81.9-67.0-53.1-38.7-11.6 一杯 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。追われてからの反応は格下相手に劣勢だったように見えたし、この馬の良い時の動きと比較すると、まだ良化の余地を残しているのかなという印象を受ける。ビッシリと追われたので、このひと追いで変わってくれば。最終追い切りの動き次第で。

スポンサードリンク

 

 

 

インディチャンプ 栗坂 良 福永
2頭併先 51.0-37.1-24.1-12.2 強め S
1週前追い切りの内容としてはかなり良いと感じる。併走馬は調教でも動くブラックスピネル(古オープン)だったが、追われてからのこちらの反応がケタ違い過ぎた印象。ラスト200mから追い出されるとグーンと伸びて約1秒も先着を果たした。それでいてインディチャンプの手応えには余裕が見受けられたし、このひと追いで仕上がりはかなり進みそう。1度使われて馬はかなり良くなっている印象を受けるし、最終追い切りもかなり楽しみ。

 

 

 

フィアーノロマーノ 栗坂 良 北村友
単走 51.5-37.4-24.0-11.8 強め A+
1週前追い切りとしては十分過ぎる内容。時計もしっかり出せているし、終いの2Fも12.2-11.8と加速ラップを刻めている点は評価。この馬は坂路で良い動きを見せるように、坂のあるコースでも止まらずに良い脚を使えるタイプだし、前走でも坂でも止まらない渋とさが生きたと思っている。今回もコース適性はあると思っているし、最終追い切りも引き続き期待したい。

 

 

 

モズアスコット 栗坂 良 坂井
2頭併先 54.5-38.1-24.1-11.7 強め A
1週前追い切りの内容としては悪くない。全体の時計は平凡だったが、追われてからの反応は良かった。欲を言うとまだ重苦しいところは少し感じるので、最終追い切りで更に軽快な動きを披露してくるようなら。

スポンサードリンク

 

 

 

ロジクライ 栗坂 良 武豊
2頭併先 50.2-36.2-23.9-12.3 強め A
1週前追い切りの内容としては十分。調教は元々かなり動くタイプだし、武豊騎手騎乗ならこれくらい動いてもそう驚かない。間隔は詰まっているが、馬の動きも悪くないし、好調を維持出来ている印象を受ける。併せた馬は調教でも動くシュウジ(古オープン)だし、決してレベルの低い併せ馬というわけでもない。このひと追いで仕上がりも進むと思うし、最終追い切りも楽しみ。

 

 

 

【安田記念 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

今週末の重賞の対抗◯はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【目黒記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

ブラストワンピース 美南W 良 助手 ◆自己ベスト
2頭併先 79.6-65.0-50.4-36.6-12.7 一杯 A+
1週前追い切りの内容としては十分。カルヴァリオ(古オープン)とは有馬記念の時も最終追い切りで併せていたが、その時よりもブラストワンピースの反応は良く映った。追われてからの伸びも力強かったし、ダイナミックなフォームで良い意味で重厚感のある走り。大阪杯から更にボリュームアップした印象を受けるし、急仕上げ感は否めないが自己ベストも更新。Gllでも順調に仕上がりは進んでいると感じるし、最終追い切りも非常に楽しみ。

 

 

【優駿牝馬 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

【優駿牝馬 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【優駿牝馬 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

 

【平安S 2019/本命馬】はこちらをクリック

スポンサードリンク

【平安S 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

【平安S 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

平安Sの対抗◯・穴馬★はこちらをクリック

スポンサードリンク

 

 

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサードリンク

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

 

【東京優駿 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

 

 

 

 

エメラルファイト 美南W 稍重 石川
2頭併先 69.3-54.0-39.8-12.5 強め B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。追走するまでは良い感じだったが、追われてからの反応はイマイチに映った。スピードの乗りは相変わらず良いが、まだ良化の余地はあると思うし、最終追い切りで切れが増してくれば。

 

 

シュヴァルツリーゼ 美南W 良 石橋
3頭併入 68.1-52.5-38.2-12.1 馬也 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。走りながら横の馬を気にするなど、まだ幼い面が抜け切れていない印象。遊び遊び走って終いはこれだけ脚を使えるのだから、ポテンシャルは非常に高いものがあると感じる。最終追い切りでどこまで。

 

 

ダノンキングリー 美南W 稍重 助手 ◆自己ベスト
2頭併先 79.8-65.7-51.9-38.2-12.7 一杯 A
1週前追い切りの内容としては上々。南Wでは初めての6F追いだが、5Fの自己ベストをまとめて更新。自己ベストを出したからか、終いの脚色はイマイチ。ビッシリと追われたこのひと追いでグンと上向いてくれば良いが。時計とは裏腹に私個人としての評価は案外。最終追い切りでどこまで上向くか注目。

スポンサードリンク

 

 

ナイママ 美南W 稍重 柴田大
単走 88.2-71.5-56.5-42.1-14.1 馬也 C
使い詰めだしローテーション的にもこれくらいしかこなせないか。最後は鞍上が軽く促すも、馬はあまり進まず。これだけ使われているので、馬の疲労が心配だし、もしダービーに出てくるのであれば、最終追い切りでその辺りは確認したい。

 

 

ニシノデイジー 美南W 稍重 助手
2頭併入 68.0-53.4-38.4-12.5 一杯 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。かなりしっかり追われるも、格下の馬と脚色は同じに。動きは自体は悪くないし、ビッシリ追われたこのひと追いで上向いてくれば。最終追い切りでどこまで。

 

 

ランフォザローゼス 美南W 稍重 福永
2頭併入 69.5-53.1-39.7-13.8 馬也 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。ゴーフォザサミット(古オープン)とハイレベルな併せ馬を消化出来たし、時計を抜きにして走りだけを見れば好内容と言える。時計面やラストの脚はもう少し伸ばして欲しかったが、間隔が詰まっているのと、この厩舎なので仕方がない。最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

 

 

アドマイヤジャスタ 栗CW 良 M.デムーロ
2頭併入 79.7-64.6-50.7-38.0-12.2 強め A
1週前追い切りの内容としては十分。併せ馬をした相手はアドマイヤエイカン(古オープン)だったし、相手よりも手応えは終始優勢。時計もそれなりに優秀だし、本番に向けて順調に仕上がっている印象を受ける。最終追い切りの動きが更に良化してくるようなら。

 

 

ヴェロックス 栗CW 良 川田 ◆自己ベスト
2頭併先 78.7-63.6-49.7-36.4-11.2 強め S
1週前追い切りの内容としては十分過ぎるし、動き自体は文句ない。かなりビッシリと追われたし、このひと追いでほぼほぼ仕上がり切ったと見ている。併せた相手はジェシー(古1600万下)という馬だし、併せ馬のレベルとしては高いものだったと思うが、その相手を子供扱いし、追われてからの反応も桁が違い過ぎると感じた。調教は動くタイプとはいえ、皐月賞前よりも良くなっていると感じるし、まだ上昇しているイメージ。前走よりは明らかに良い状態で出てくると思うし、一角崩しにかなり気合を入れて挑んでくるに違いない。最終追い切りも非常に楽しみ。

 

 

クラージュゲリエ 栗CW 良 水口
3頭併入 82.3-68.0-53.3-38.7-11.7 強め A
1週前追い切りの内容としては十分。併せた馬は3頭だったが、その内の1頭は早々に脱落。もう1頭は同レースに出走予定のサトノルークス(三オープン)だったが、追走する形から入って、終いは脚色が同じになり同入でフィニッシュ。この馬は約1秒追走していたし、内容としてはこちらの方が上に感じる。この馬の動き自体は近走の中では1番良く映ったし、良い頃に戻りつつあると感じる。最終追い切りで更に良くなるようなら楽しみ。

 

 

サトノルークス 栗CW 良 池添
3頭併入 83.2-68.3-53.5-39.1-11.7 強め B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。併せた馬は3頭だったが、その内の1頭は早々に脱落。もう1頭は同レースに出走予定のクラージュゲリエ(三オープン)だったが、この馬が先行する形から入り、終いの脚色は同じになり同入でフィニッシュ。最後は2頭の叩き合いで非常に濃い内容を消化出来たと思う。動きにはまだ良化の余地を残すが、このひと追いで上向いてくれば。

スポンサードリンク

 

 

サートゥルナーリア 栗CW 良 D.レーン
2頭併先 87.0-70.1-53.5-38.6-11.4 馬也 S
1週前追い切りの内容としては申し分ない。終い重点ではあったが、終いの脚は素晴らしいの一言。併せた馬の1頭はタニノフランケル(古オープン)で調教は動くタイプ。その馬は物ともせず、馬也でぶっちぎった。状態はかなり良く映るし、D.レーン騎手とコンタクトが取れたのも良い。元々のスピードが桁違いということで、追ったら案外という説も上がっているが、馬也でここまでスピーディーに走れてしまうのが凄い。この馬もある程度態勢は整っていると思うし、後は最終追い切りでどのような走りを見せてくれるのか注目したい。

 

 

タガノディアマンテ 栗坂 良 助手
キャンター C
使い詰めだしローテーション的にもこれくらいしかこなせないか。これだけ使われているので、馬の疲労が心配だし、もしダービーに出てくるのであれば、最終追い切りでその辺りは確認したい。

 

 

ダノンチェイサー 栗坂 良 B.アヴドゥラ
単走 62.5-46.1-30.1-14.4 馬也 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。ほぼキャンターというような内容だったが、馬が自分から走る意欲を見せていたし、状態面は問題なさそう。後は最終追い切りを池江流の仕上げでやれば仕上がると感じる。ほぼキャンターのような内容でも鞍上が自ら手綱を取っているのは好印象。

スポンサードリンク

 

 

メイショウテンゲン 栗CW 良 武豊
2頭併先 82.6-67.5-53.2-39.6-12.1 強め B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。追われてからの反応は相変わらずあまり良くないし、もう少し切れが増して欲しいところ。併走馬は手綱を持ったままだったし、本番同様の騎手が跨ってこの内容だと、物足りなさを感じる。最終追い切りでどこまで。

 

 

ヒーリングマインド 栗坂 良 助手
2頭併入 53.8-39.4-26.2-13.5 強め C
1週前追い切りの内容はイマイチ。かなりしっかり追われたが、馬からの反応は案外。ズブい面があるとはいえ、前走の最終追い切りよりも明らかに動きが悪いし、このひと追いで変わって欲しいところ。最終追い切りでどこまで。

 

 

ヒルノダカール 栗坂 良 亀田
キャンター C
中1週と言うことで軽めの調整程度。最終追い切りでどこまで。

 

 

リオンリオン 栗坂 良 助手
2頭併入 54.1-39.2-25.7-13.1 強め B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。間隔が詰まっていながらも、終いの脚をしっかり伸ばせたのは良い点。最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

レッドジェニアル 栗坂 良 助手
2頭併先 53.2-38.2-24.9-12.5 一杯 B
1週前追い切りの内容としては上々。格下とはいえ併せ馬でもしっかり先着を果たしたし、間隔が詰まっていながらも時計面は及第点。前走の状態はキープ出来てそうだし、最終追い切り次第。

 

 

ロジャーバローズ 栗坂 良 助手
単走 52.7-38.6-24.9-12.4 一杯 A
1週前追い切りは良い内容を消化出来たと思う。一杯に追われたが、それに対して馬もしっかり反応していたし、間隔が詰まっている中でもこれだけ追えた点は評価。この時計は自己ベストに迫る時計だし、このひと追いで最終追い切りが更に良い動きになれば。最終追い切りが楽しみ。

 

 

【東京優駿 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

 

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【優駿牝馬(オークス) 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

優駿牝馬の注目馬はこちらをクリック

 

アイリスフィール 美南W 稍重 石川
2頭併入 67.9-52.1-38.0-12.9 馬也 A
1週前追い切りの内容としては十分。終いは楽に併走馬と併入したし、余力も十分に感じられた。最終追い切りで更に良くなりそうな雰囲気もあるし、このひと追いで更に上向いてくれば。

ウインゼノビア 美南W 稍重 松岡 ◆自己ベスト
単走 82.6-66.8-52.3-38.2-12.1

エアジーン 美南W 良 石橋 ◆自己ベスト
単走 68.0-52.2-38.1-12.8 強め A
1週前追い切りは自己ベストを更新したし、内容としては良い。しかし、動きを見るともうワンパンチ足りない印象もあるし、癖とはいえ首の高さも目立っていた。しっかりと負荷もかけれたので、最終追い切りで更に良くなってくれば。

コントラチェック 美南W 稍重 助手
単走 44.6-13.7 馬也 C
1週前追い切りの内容としては物足りない。フラワーCから間隔が空いているのにこの内容はどうかと思うし、最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

シャドウディーヴァ 美南W 良 岩田康 ◆自己ベスト
3頭併先 50.3-36.6-12.5 強め A+
1週前追い切りはかなり良い動き。格下馬が相手とはいえ、2秒近く追走して先着したのだから大したもんだと思う。間隔は詰まっているが、なお上昇中という印象を受けるし、岩田康騎手が美浦まで調教をつけにきているのも好印象。最終追い切りで更に良くなってくればより楽しみ。

フィリアプーラ 美南W 稍重 助手 ◆自己ベスト
2頭併入 83.8-68.5-53.6-39.8-13.4 強め A
1週前追い切りは自己ベストを更新したし、状態は引き続き好調をキープしてそう。他の桜花賞組と比べても良い内容を消化出来ているし、前走からの上積も感じられる。最終追い切りも楽しみ。

シェーングランツ 美坂 稍重 助手
単走 59.8-43.7-28.4-13.9 馬也 C
1週前追い切りの内容としては軽いという印象を受けた。他の桜花賞組と比べても負荷としては物足りなく感じるし、最終追い切りでどこまで良くなるか。

スポンサードリンク

ジョディー 美南ポリ 良 武藤
2頭併入 66.8-52.3-38.6-12.2 馬也 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。普段見せるスピード感はそこまで感じられなかったし、状態も何とか維持出来ているイメージ。武藤騎手が念入りに調教に跨っているのは好印象。最終追い切りでどこまで良くなるか。

エールヴォア 栗CW 良 松山
2頭併入 83.9-68.2-52.4-38.2-12.1 強め B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。ビッシリと追われたが、馬の反応は案外。ビッシリ追われているので最終追い切りで軽快さが増せば。

クロノジェネシス 栗CW 良 北村友
2頭併先 85.1-68.9-54.0-39.9-12.6 馬也 A
1週前追い切りにしては十分な内容を消化。サマーセント(三500万下)を1.8秒も追走し、最後はしっかりと捕まえ切った。終い重点だが、他の桜花賞組と比べても濃い内容を消化出来ている。最終追い切りも期待したい。

 

優駿牝馬の注目馬はこちらをクリック

スポンサードリンク

 

ビーチサンバ 栗CW 良 福永
2頭併先 83.6-67.7-52.0-38.0-11.3 強め A+
1週前追い切りの内容としては十分過ぎる内容を消化。ポポカテペトル(古オープン)を1秒追走して0.4秒先着という、間隔が詰まっていながらもとても濃い内容を消化した。他の桜花賞組と比べても濃い内容を消化出来ているし、前走からの上積も感じられる。このひと追いで更に良くなると思うし、最終追い切りも非常に楽しみ。

フェアリーポルカ 栗CW 良 幸
単走 85.0-67.8-52.9-38.6-12.0 強め A
1週前追い切りの内容としては悪くない。追われても手応えには余裕が見受けられたし、脚取りもスムーズ。終い重点だが、動き自体は良いし、最終追い切りも楽しみ。

メイショウアステカ 栗CW 良 調教師 ◆自己ベスト
単走 81.7-65.6-51.9-38.6-12.5 強め A
1週前追い切りは自己ベストを更新。動きは悪くないが調教は動けるタイプに感じるので、過度な評価は禁物。最終追い切りで更に良くなれば。

スポンサードリンク

メイショウショウブ 栗CW 良 池添 ◆自己ベスト
頭併先 98.2-80.9-65.1-50.7-37.0-11.3

ラヴズオンリーユー 栗CW 良 M.デムーロ ◆自己ベスト
2頭併先 80.9-65.4-51.3-37.9-11.4 強め A+
1週前追い切りの内容としては十分過ぎるくらい。併走馬は京王杯SCに出走するエントシャイデン(古オープン)だったし、その馬を子供扱いしているように映った。一杯に追うエントシャイデンを尻目に、この馬が仕掛けられたのは終いだけ。このひと追いで最終追い切りが更に良くなれば、かなり楽しみ。

ルタンブル 栗CW 良 助手
単走 82.5-65.2-51.0-37.2-12.3

アクアミラビリス 栗坂 良 藤岡佑 ◆自己ベスト
2頭併先 52.7-38.6-25.1-12.2 馬也 A+
1週前追い切りは自己ベストを楽に更新した。調教は動くタイプと見ているし、過度な評価は禁物だと思うが、それを差し引いても良い内容の追い切りだった。併走馬は一杯に追う中、この馬は馬也でノーアクションで悠々先着。調教の動きを見ると上昇一途を辿っていると感じるし、最終追い切りも楽しみ。

シゲルピンクダイヤ 栗坂 良 調教師
2頭併先 53.7-38.9-25.0-12.2 強め A+
1週前追い切りはかなり良く映った。追われたのはラスト100m辺りからだが、併走馬を1.4秒も突き放した。格下馬が相手とはいえ、凄い脚力を披露したし、状態は引き続き絶好調を維持しているイメージ。最終追い切りも楽しみ。

ダノンファンタジー 栗坂 良 調教師
単走 56.7-41.0-25.9-12.9 馬也 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。この馬の好走パターンとしては1週前追い切りで速い時計を出してくるのがパターンな気がしている。桜花賞から間隔が詰まっている事や、ある程度体が出来ているというのはあるかもしれないが、今回の1週前追い切りはいくらか軽い気がする。他の桜花賞組と比べても軽い内容だし、上積はそこまでないと感じる。最終追い切りでどこまで。

ノーワン 栗坂 良 坂井
2頭併先 52.0-38.5-25.0-12.5 強め B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。ビッシリ追われたのでこのひと追いで変わってきそう。格下馬相手とはいえ、追走する形から最後はしっかりと先着した点を評価。間隔は詰まっているが攻めた内容が消化出来ているし、最終追い切りでどこまで。

 

 

優駿牝馬の注目馬はこちらをクリック

スポンサードリンク

【ヴィクトリアマイル 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

ヴィクトリアマイルの注目馬はこちらをクリック

【ヴィクトリアマイル 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

 

アエロリット 美南W 重 助手 ◆自己ベストタイ
2頭併入 50.5-37.0-12.7 強め A
1週前追い切りはスピード感を感じられる走り。まだ1週前ということで本来の動きではないと思うが、しっかり追われたので、最終追い切りは軽快さが増してくると感じる。海外帰りでも仕上がりは順調に進んでそうだし、最終追い切りの動きも楽しみ。

キャナルストリート 美南W 重 助手 ◆自己ベスト
単走 81.1-65.8-51.1-37.4-12.6 馬也 A+
1週前追い切りは約2年ぶりに自己ベスト更新ということで、今の充実ぶりが調教でも反映されていると感じる。フットワークも軽く、状態はとても良さそう。連勝中の勢いも怖いし、最終追い切りで更に良くなるようなら。

ノームコア 美南W 重 助手 ◆自己ベスト
3頭併先 51.1-37.3-12.8 一杯 A+
1週前追い切りの内容としては十分。自己ベストも更新しているし、馬の充実ぶりが伺える。スピード感も十分に感じられたし、このひと追いで仕上がりは整いそう。最終追い切りも楽しみ。

スポンサードリンク

プリモシーン 美南W 重 助手
単走 84.0-69.2-53.7-39.2-12.7 馬也 A
1週前追い切りはとても良い脚裁き。全体の時計は平凡だが、終いの脚はかなり目立つものだった。このひと追いで最終追い切りが更に良くなれば楽しみ。

フロンテアクイーン 美南W 重 三浦
3頭併先 67.3-52.1-37.7-12.5 馬也 A+
1週前追い切りはとても良い動き。軽く促されただけで抜群の反応を見せたし、ここ最近では1番良い動きに感じた。脚の回転も速く、手応えも終始余裕だった。最終追い切りもかなり楽しみ。

ソウルスターリング 美坂 重 助手
単走 55.2-40.7-26.9-13.5 馬也 B
1週前の内容としてはまずまず。直線も左にモタれるシーンが目立ったし、久々の割には負荷もイマイチかかっていないように感じた。最終追い切りでどこまで変わるか。

スポンサードリンク

アマルフィコースト 栗CW 重 助手
単走 84.8-68.1-52.7-38.2-11.6

 

ヴィクトリアマイルの注目馬はこちらをクリック

 

カンタービレ 栗CW 重 M.デムーロ
3頭併先 85.2-68.1-52.6-38.0-11.5 馬也 A
1週前追い切りの内容としては十分。終い重点とはいえ、終始手応えには余裕が見受けられたし、合格点を出せる内容。同レースに出走予定のサトノワルキューレとハイレベルな併せ馬を消化出来たし、このひと追いで仕上がりは進みそう。最終追い切りも楽しみ。

ミエノサクシード 栗CW 重 川島
単走 79.6-64.1-49.9-37.1-11.7

サトノワルキューレ 栗CW 重 助手
3頭併遅 85.0-67.8-52.3-37.7-11.6 馬也 A
1週前追い切りの内容としては十分。同レースに出走予定のカンタービレとハイレベルな併せ馬を消化。遅れをとったとはいえ、手応えは余裕だったし、全く気にならない。調教は動くタイプとはいえ、状態は良さそうだし、最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

ラッキーライラック 栗CW 重 助手
2頭併先 82.7-65.8-51.4-38.0-11.6 強め A
1週前追い切りを見る限り、前走の出来を維持出来ている印象。追われてから併走馬に取り付くまでは良いのだが、追われてからの反応が絶好時と比べると見劣るイメージ。最終追い切りで更に切れが増せば。

クロコスミア 栗坂 重 助手
単走 52.8-38.5-25.2-12.5

スポンサードリンク

ミッキーチャーム 栗坂 不良 調教師
単走 59.2-43.5-29.0-14.7

メイショウオワラ 栗坂 重 助手
単走 58.7-43.6-28.4-13.9

レッツゴードンキ 栗坂 重 岩田康
単走 50.4-36.9-24.3-12.3

レッドオルガ 栗坂 重 北村友
2頭併先 54.3-38.5-24.9-12.2 強め A
1週前追い切りの内容としては十分。併せ馬でも先着を果たしたし、ビッシリ追われたこのひと追いで仕上がりは進みそう。最終追い切りの走りにもかなり期待している。

ワントゥワン 栗坂 重 助手
2頭併先 53.5-39.0-25.1-12.5 一杯 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。かなりしっかりと追われてヒーズインラブ(古オープン)になんとか先着。まだこの馬本来の動きではない気がするし、このひと追いで変わってくれば。

 

【ヴィクトリアマイル 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

ヴィクトリアマイルの注目馬はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【NHKマイルC 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

NHKマイルCの注目馬5頭はこちらをクリック

 

 

インテンスライト 美南W 稍重 菊沢
2頭併先 53.0-38.7-12.9 強め B
1週前追い切りの動きとしてはまずまず。併走馬に先着を果たしたのは良いと感じるが、動きにはもうワンパンチ欲しい印象を受ける。最終追い切りでどこまで上昇してくるか。

グランアレグリア 美南W 良 助手
単走 72.7-56.6-42.2-13.5 馬也 A
1週前追い切りの内容としては十分。馬也で余力も感じられたし、それでいてスピード感も感じられる走り。前走は牝馬相手だが完勝した桜花賞。今回は朝日杯以来の男馬との対決。朝日杯は男馬にあっさりと敗れたし、マークが更にキツくなりそうな今回は前走より厳しい戦いを強いられる可能性も。とはいえ、東京コースは合っていると思うし、無理なく前目でスピードを生かした競馬が出来れば、変則2冠達成も十分考えられる。最終追い切りも楽しみ。

ピースワンパラディ 美南W 良 戸崎
2頭併入 53.7-38.7-13.1 B
青葉賞の最終追い切り、NHKマイルCの1週前追い切りの動きとしては悪くない動き。賞金を青葉賞で加算出来ても、連闘での出走となるとさすがに厳しい印象を受ける。最終追い切り次第で。

ヴァルディゼール 栗CW 良 北村友
2頭併先 83.2-67.0-51.7-37.5-11.8 強め B
1週前追い切りの動きとしてはまずまず。追われてからの反応は絶好時までとはいかないが、しっかり併走馬に先着した点は評価。東京で、より瞬発力を求められるとどうかと思うし、最終追い切り次第で。

スポンサードリンク

ケイデンスコール 栗CW 良 助手 ◆自己ベスト
2頭併入 81.5-65.9-51.4-37.5-12.7 一杯 B
1週前追い切りの内容としては悪くない。自己ベストも更新し、状態は悪くなさそうだが、終いはバタバタだったように、スタミナ面が心配。全体時計を縮めただけで終いがこれだけバタバタになっているのを見ると、Glのマイル戦では手を出しづらいと感じてしまう。最終追い切りでどこまで良くなるか。

ダノンチェイサー 栗CW 良 川田 ◆自己ベスト
3頭併先 82.4-67.6-53.7-38.9.-11.9 A
1週前追い切りの内容としては十分。自己ベストも更新したし、良い状態にありそう。追われてからの反応も良かったし、マイルでハマれば激走もあると感じる。ただ、今までとは相手が異なるし、その辺りは心配。最終追い切りで更に良くなれば。

ハッピーアワー 栗CW 良 吉田隼
単走 82.9-65.3-50.5-36.9-12.1 強め A
1週前追い切りの内容としては十分。調教は動くタイプだが、追われてからの切れは前走以上に感じたし、1週前でこれだけ動けていれば文句ない。マイルも守備範囲だし、重賞を勝った勢いのまま、善戦も期待。最終追い切り次第では。

スポンサードリンク

マイネルフラップ 栗CW 良 川須
3頭併先 81.0-64.6-50.3-37.1-11.9 強め A+
1週前追い切りの内容としては申し分ない。調教駆けするアドマイヤリアルを圧倒したし、自慢の末脚が府中の舞台で炸裂する可能性は大いにありそう。走りも幼さが抜けてきている印象を受けるし、この舞台で一変に期待。最終追い切りが良ければ。

ワイドファラオ 栗CW 良 助手
3頭併遅 85.8-68.7-53.4-39.0-12.2 強め B
1週前追い切りの内容はまずまず。併走馬に置かれたのはやや気掛かり。血統的にも今の東京の軽い芝は合わない気がするし、前走は重賞でも相手や展開にも恵まれた感がある。今回は相手が強くなるし、最終追い切りでどこまで。

 

NHKマイルCの注目馬5頭はこちらをクリック

 

アドマイヤマーズ 栗坂 良 助手 ◆自己ベスト
単走 52.0-38.4-25.2-12.5 馬也 A+
1週前追い切りの内容としては十分過ぎる内容。馬也で自己ベストを更新したし、明らかにNHKマイルが本命だったんだなと感じさせる動き。調教の動きは毎回地味も、今回は明らかに良く映った。皐月賞を使い、グンと良くなっているし、最終追い切り次第では重たい印も必要になってくる。

スポンサードリンク

グルーヴィット 栗坂 良 助手
2頭併先 54.3-39.2-25.2-12.2 強め A
1週前追い切りの内容としては十分。追い切りは動くタイプだし、過度な評価は禁物だが、それでも動きは悪くない。前走も初の芝でいきなり重賞を2着とセンスは感じられる。相手は強くなるし、距離も延びて厳しいとは思うが、最終追い切り次第で。

ファンタジスト 栗坂 良 助手
単走 56.4-40.8-27.0-13.3 馬也 B
1週前追い切りは軽めの調整程度。皐月賞から間もないし、疲労やテンションを考えてこの程度なのか、同じ皐月賞組のアドマイヤマーズと比べると明らかに物足りない。こちらは皐月賞でも粗方出来上がっていた印象を受けるし、大きな上積も見込めなさそう。最終追い切りでどこまで良くなるか。

プールヴィル 栗坂 良 助手
単走 52.7-38.1-25.3-12.6 馬也 A+
1週前追い切りの内容としては十分。調教は相変わらず動くなという印象はあるが、桜花賞の最終追い切りよりも良く見えてしまった。コース替わりが良い方へ出れば前走以上のパフォーマンスも。相手は牡馬も混じるが、前走はGlで逃げて渋とかったし、今回も前走同様スピードを生かしてどこまで。最終追い切りも楽しみ。

スポンサードリンク

ミッキーブラック 栗坂 良 助手
単走 55.1-39.7-25.7-12.9 強め B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。追われてからの反応もイマイチだし、近走もこの馬らしい走りが見られていない。前走を見てもマイルは合ってない印象があるし、能力的にもどうか。最終追い切りでどこまで。

ロードグラディオ 栗坂 良 助手
単走 58.3-43.0-28.3-14.4 馬也 B
1週前追い切りはまずまずの走り。軽めの調整程度だったが、やや物足りない内容に感じる。東京で求められる切れを兼ね備えているかは微妙なところだし、最終追い切りでどこまで良くなるか。

 

NHKマイルCの注目馬5頭はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

【青葉賞 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

青葉賞の注目馬はこちらをクリック

 

 

ピースワンパラディ 美南W 良 助手
2頭併入 83.4-67.7-53.4-39.0-12.7 馬也 A
1週前追い切りは悪くない。馬也で終始余裕が見受けられたし、追えば伸びそうな雰囲気は感じられた。左回りの直線が長いコース形態は合ってそうだし、最終追い切り次第では。マイルとはいえ、連勝の勢いは不気味。

ランフォザローゼス 美南W 良 杉原
2頭併入 54.3-39.5-12.5 強め A
1週前追い切りの内容としては悪くない。促されるとしっかり反応したし、状態は引き続き良さそう。重賞でも走れることを証明しているし、前走後にO.マーフィー騎手が長い距離の方が良いと述べていたし、この舞台設定は合っていると思う。最終追い切り次第で。

キタサンバルカン 美坂 良 大野
2頭併先 52.8-38.5-25.3-12.6 強め A+
1週前追い切りの内容はとても良い。追われてからの反応も良かったし、状態は悪くなさそう。決め脚を持つタイプなので、東京コースは合っているし、重賞でも楽しみ。最終追い切り次第で。

スポンサードリンク

ウーリリ 栗坂 良 福永
2頭併入 55.3-40.8-26.6-12.7 馬也 A+
1週前追い切りはとても良く映る。タイムも自己ベストタイだし、調教駆けするトップオブメジャーに手応えで圧倒。以前はポリトラックの調教が目立っていたが、今回の中間は坂路とCWのみで調整が行われている。使う毎に良くなっていると福永騎手も言っているし、今回も更に上昇して臨んで来そう。陣営も距離は長い方が良いとずっと述べていたし、東京の2400mは適性のある舞台だと思っている。最終追い切りも非常に楽しみ。

スポンサードリンク

 

今週末の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

青葉賞の注目馬はこちらをクリック

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク